あさかの さん プロフィール

  •  
あさかのさん: 今に見る安積開拓と安積疏水
ハンドル名あさかの さん
ブログタイトル今に見る安積開拓と安積疏水
ブログURLhttp://ygityu.blog67.fc2.com/
サイト紹介文安積(あさか)開拓。これは安積野(福島県郡山市)を舞台とした明治政府の一大国家プロジェクトである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/01/10 17:50

あさかの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 30−11.橋本 半之丞
  •    橋本半之丞( 〜文久元年 1861)は、磐前郡神谷作村の鈴木家に生まれる。半之丞は長じて、当時、磐城で使われ始めていた土摺臼の製造技術を学ぶとともに、その先進地であった仙台などに赴いて技術を磨き、土摺臼製造を職業とした。  田中正能氏によれば、半之丞はその後、土摺臼の命と言われる粘土を求めて各地を歩いた後、郡山の香久池、七つ池付近で良質の粘土を探し当てた。そして小原田の橋本家の養子となり、橋本姓を [続きを読む]
  • 30−10.伊藤直記
  •                 伊藤直記(文政9年 1826〜大正4年 1915) 伊藤直記は、田村郡荒和田(現船引町)の本田半左衛門の二男として生まれたが、伊藤家の養子となる。17歳の時、和算の最上流佐久間朴斎・庸軒親子に師事し、後に上京して西洋測量術や西洋数学(洋算)を修めた。 三春藩では苗字帯刀を許されて算術を教え、明治4年には士族扱いとなる。廃藩置県後、三春県はじめ磐前県、若松県(この時に測量司に合 [続きを読む]
  • 30−9.渡邊 閑哉
  •    渡邊 閑哉(寛政10年 1798〜明治6年1873)  渡邊儀右衛門(閑哉)は、二本松領下長折村(旧岩代町)の名主の第4子として生まれる。幼少時から学問を好み、国学、儒学、算学などを修めた経世家として知られている。閑哉は隠居後の号である。  閑哉は、若くして布沢村、鈴石村の名主を任され、貧しい村を立て直したとされる。天保の飢饉を経験した閑哉は、他藩から馬鈴薯を取り寄せて荒地に植えさせたり、安政年間の [続きを読む]
  • 30−8. 石井 貞廉
  •  石井貞兼(さだゆき 天保3年1832〜明治24年1891)は米沢藩士族で、明治6年3月、福島県少属として着任。県開拓掛の安積開墾所に勤務し、同藩士族の中條政恒の輩下にあって、開拓の草分け時代に活躍した。 石井は開成館の建設と同時に近くに建てられた3戸の県の官舎のうちの一つに住んだ。この官舎は明治9年6月の天皇行幸時には木戸孝充ら随員5人の宿舎にもなったとされるが、現存しない。(3戸のうち今も残っているのは [続きを読む]
  • 30−7.齋藤 万吉
  •  齋藤万吉(文久年1862〜大正3年1914)は、日本における農業経営学の先駆者として有名であるが、現在の開成館が「開成山農学校」として利用された一時期、当校で教鞭をとっている。 齋藤は、二本松藩士の家に生まれるも戊辰戦争(当時6歳)で家を焼かれるなど生活は厳しく、親戚の世話で時の県令・安場保和の書生となり、14歳の時、安場の勧めで駒場農事研修所(後の駒場農学校)入学して近代農業を学んだ。 その後、、明治 [続きを読む]
  • 30ー6.安積疏水管理用発電所
  •  写真は、国営の新安積農業水利事業の中で建設されたもので、新安積疏水幹線水路(落差約90m)を利用した小水力発電所である。年間の発電能力は、約874kw(約2600世帯分に相当)であるが、その電力は安積疏水土地改良区によって、疏水全体の頭首工(水門)管理などに利用されている。平成16年4月運用開始。(逢瀬町多田野大久保地内) [続きを読む]
  • 30-5.安積疏水・円筒分水工
  •  写真は、安積疏水路の一つである白江幹線末端に造られた円筒分水工である。稲田・泉田分水工と呼ばれる。 これは径4mほどの小さなものであるが、サイホン式で円筒の中央部に水を湧き出させ、それを側面の穴の数によって一定比率に分水する仕掛けの施設である。(写真手前が2つの地域に流れる分水路) 福島県土地改良事業団体連合会の資料によれば、この施設は、国営新安積開拓事業の中で昭和31年に造られたとされる。(須 [続きを読む]
  • 30−4.明治天皇ゆかりの場所など
  •   写真は、安積開拓(疏水)に係る明治天皇のゆかりの場所などである。A−1:金透記念館(金透小学校敷地内)  明治9年の奥羽御巡幸の折に、ご休息場所となった郡山小学校(現 金透小学校)の玄関とポーチ部分である。現在、復元され「金透記念館」として保存されている。A−2:開成館内の御座所(開成館3階)  上記の郡山小学校で休息された後、郡山での行在所となった開成館内の御座所である。B−1,浄土真宗本願寺 [続きを読む]
  • 過去の記事 …