ふーみん さん プロフィール

  •  
ふーみんさん: がんになってもぽじぽじいこか
ハンドル名ふーみん さん
ブログタイトルがんになってもぽじぽじいこか
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/clippership
サイト紹介文53歳、食道がんが見つかる。抗がん治療の後、食道全摘出手術、リハビリ日々のことなど。
自由文当たり前のことが当たり前にあることがとっても大変な世の中。それを実感してこども返りしているわたしです。
がんという病気にならなかったら気がつかなかった、気がついても止められなかった事ばかり。
一人で頑張っていたのですが、病気になったらすごくたくさん、温かい思いやりに囲まれていた事に気がついた。
当たり前体操。心から踊りたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/01/07 16:07

ふーみん さんのブログ記事

  • ストレス源からどう離れるか
  • 逃げても余計しんどく。向かうしかない私の場合は逃げると、逃げていることが重荷になってしまいます。かっこ悪くても戦った方が自分の気持ちが楽。母はストレス源だとがんになるまで気がつかなかった母にがんを隠すとその行為が自分を楽にした。もう自分をひどく責めなくなった。今回、母とまた向き合うことになった。それは逃げようもなく、ひたすら疲れてしまった。やりきった、母から再び距離を置くと心が平穏にこんなに寝る前 [続きを読む]
  • また一つ秋を生きられる
  • 急に秋めいてきたやはりありがたいと感じ入ってしまう。がん後は季節の変化に今生きてる感を感じ入ってしまう。みんないろいろあって生きてるそれって家を離れ、病棟で治療を受けながら、私だけががんじゃないんだと知って。でも自分のことだけ考えられていたんだったなあ。それでいいんだけど。みんないろいろあるんじゃ。ブログのおかげでいろいろ知ったなあ。孤絶感母を施設に入れ、物の多い家に戻り、一人片付けていると世の中 [続きを読む]
  • 母入所、最大のストレスかもしれない
  • 生きるってこんなに大変なものなの、と思った大げさ?母が入所して可哀想だから悲しいんじゃない。こんなに大迷惑な母親が私の親で、親だからお盆明けから休みを返上しているが、まだ終わらなくて、かつ、彼女は私にいっぱい要求を言ってきているかなあ。ともかく頑張り続けていますが親の問題ってこんな大変なのかと思い知るのでした。入所まで幸いなことに本人ボケて困り入所を希望。それは救い泣いて暮らせない、施設に行きたい [続きを読む]
  • 自分以外に対応している(非常に厳しくある)
  • 母の有料ホーム入所日告知ホームから職員が母のところに訪問。立ち会うために休みを取る。母は今の生活が無理なことを痛感している。私にだけは「今から死ぬから!ご飯作るから、食べたら死ぬ」などと自分ができないことをぶつける。それはさっぱり忘れている。この繰り返しが続いていた。職員は仕事とはいえ、頭が下がる。母に言いたいだけ言わせる。延々と自慢だけ話す母。子供としては恥ずかしい限り。母、すんなり。ところが〜 [続きを読む]
  • 敵は身内にあり(私の場合)
  • どうもねえ、何かことを起こすときに反対するのは身内結婚するといえば反対され、そんな嫌いな男なら離婚するといえば賛成してくれ。が、反対する。まあ、最終的には「そうだね、仕方ないね」と認めてくれるんだが。面倒なので言わないことはいっぱいある。がんは言わなくて正解本当に面倒くさいことは避けたほうが楽だった。外野に飛ぶホームランは打たせない!前進守備で戦い尽くす!なので外野守備なし!のびのびと戦えた気がす [続きを読む]
  • 君は明日をどう生きるんだい、と自分に問いかけ
  • 明日、君はこの問いってさあ、がん告知の後考えた大きな漠とした問題だ。今更もう一回考えさせられている。明日、君はどう生きるんだい?バカな頭で考えさせられている。自分するしかないいっぱい、電話がなる。アヒルママは「私健忘症になっているので、どうしようか。精神科に行きたい」とかさっきのことも忘れてる。認知症って言うんだよ、隠していた時より今はいいね、早く入ろうね。子供に言うように話すストレス伯母が「引っ [続きを読む]
  • 金木犀が香る、はっとする
  • ここ何日か、香り始める目で見て美しいのは桜、香りで癒されるのが金木犀。秋はいい香りで始まるんだ。あとは急に寒くなっていくんだ。今年も金木犀の香りにはっとして、嬉しく思う。結構わたくし、こたえているようで母の認知症発見、対処、この間の生活。体調に現れています。平日家に帰ってもまあ、大騒ぎで。幸いなことは母が施設に入所を希望していること。私が悪人になって有無を言わせず入所させなくて済むのはありがたい。 [続きを読む]
  • 自分に甘く
  • 自分に甘くすることを心がけています生きてくにはそれが一番な気がします。自分のスタンダードを下げる。いいんだよ、と思うようにするどこも悪くないじゃん、いいんだよ。明日から頑張ればいいんだ。忙しく東京行ってたら下のおばさん(アヒルママ同い年、一人暮らし)を仕事後お菓子屋なんかを持って訪ねる。いつもしばしば顔を見に行くのに、二週間くらいご無沙汰。一週間くらいバテてフラフラだったそうだ。「脳腫瘍で死ぬ」と [続きを読む]
  • 今日はストレスを生きている
  • 降って湧いてくる災難ってあるこのほぼ全部が、私が一人暮らしだから行われているここと思う。日に何回もかかってくる無言電話。なかなか取り合ってもらえず何年も苦しみ、生活相談課にいき、犯人を特定してもらった。とんでもない奴がいるものだ。なんと会社の電話を使ってのイタズラだった。で、この件は解決。次なんですが〜〜〜一回は警察を呼んで厳重注意してもらったんだが。やじゃない?ブツブツ「〇〇さん、出てこいや」「 [続きを読む]
  • 的外れじゃなかった努力みたいです
  • 楽な仕事はないと思うだって仕事だもん。ストレスも溜まる、だから強くなる。時間も切り売りする、だからオフが待ち遠しい。つい先日までリハ体で仕事をすることにハアハア言ってたら、今回は仕事しながら母の件。まあ、いろいろなことが降って湧いてくるものだと思います。昨夜は仕事後東京へ中央道事故渋滞。ま〜、ほんの少しの距離なんだが(幡ヶ谷で降りる)延々時間を費やす。いいこと考えよう。オートマ車はいいな。最初に乗 [続きを読む]
  • ダメダメな一日を甘受
  • 案外強がっていても弱いんだと思ったよ知らないうちにこたえていた自分に気がつく。確かに休日って全部母の要件で遠出。車の運転、苦でなくてよかったわ高速がなかったら行かれないわ、でも請求が怖いわそんなことがこたえているのではない。心は無くして海と一体になってヨットでクルーズする方がよっぽどしんどいっちゃあしんどい。でも爽快感しかない。請求書の怖さは今に始まった事ではない。いつも思いもよらぬ出費に翻弄され [続きを読む]
  • 再び怒涛のような日々
  • がん治療になって生活が一変仕事を休んで東京のHOS. 通ったり入院したり。ぽっかり非連続な日々であった。私にはその非連続は案外すんなりで、新しいステージに登ることができた。今似たような感じただ違うのは、仕事は休んでいない。週末はずうっと先月末から母の件で東京や近郊都市に行っている。普通の生活じゃなくなってるんだなあ。嫌なことばかりじゃない田舎の生活にはなかなか慣れられない部分がある。いいところも享受し [続きを読む]
  • 私とて人の子なんだとこの期に及んで思う
  • いや〜〜〜心のタガが緩んでますねえこういう感じあったなあ。産後。くだらないドラマでも、涙腺がどっと活躍してしまう。感情が激しくなってしまう。自分で抱えきれない。今、ちょっと似た感覚なんです。ラッキーなことに、今を知るかのように全てが優しいのだ私が言えないこと(決まったらいう、今はあまり言いたくない)を抱えているのを知るように優しさが包んでくれていて、感謝し尽くしている。160万が枕って何?すごいねえ [続きを読む]
  • 有料老人ホーム見学な一日
  • 同じ金額でも色々あり管轄する行政は色々あると思いますが、私立はそれぞれ個性もあり。本当に嫌な空気のところもあった。個人の状態に応じてフロアを分けて家庭的なところもあった。行く前は眠れず朝起きても考えると変な汗を脇の下にかいている。ありがたいことに友が一緒に行ってくれた。ベネッセ経営のところと小規模なところの2個に絞る。私と友は後者がいいと思う。施設長が情熱がある。夢を叶えることを考えて、自宅に行き [続きを読む]
  • 長い長いリアルな夢を見た
  • 本当にたまにしか見ない起きてもすべて覚えてる夢覚えているのは途中から。災害後みたいなところで、でも上海なのだ。黒い服を着た女の子、私の子供時代が「お金欲しい」という。財布を開けると16,000円しかないので10,000を差し出すといらないと言われる。15,000円を出す。300万ないとダメなんだ。消えちゃう。子供を探すうちに荒れた街に男の3兄弟がいる、いい子達なのにどんどん転落していく。私にはそれを仕切る女が見える。 [続きを読む]
  • 今までの時間に気がつく
  • ねえねえ!今の倍も生きるか?何をしようか、どう誰と生きようかそう考える。でしょ?私ねえ、今問題抱えだらけの子供と一緒にいるのは楽しい。楽しいとも違うかな。子供の苦しみを分かち悩むどうしたらいいか考えあぐねる。それだけだが本当に困ってどうしたらいいか苦しむとあっけなく子供が変わるんだよねえ。これは個別計画という困難なものの中で実感する。心が通じるってそういうレベルじゃないのかなあ。そういう心と過ごせ [続きを読む]
  • 喉のつまりとそわそわ落ち着かないことに思う
  • 5年経っても喉が詰まることがあるこれが不思議でもう詰まることがなくなったなあと思うと、詰まるやすくなってしまったり。どうしてかいくら考えてもわからない。原因→結果がないんだよね。まあ、悪くしたい生活を送れば普通の人よりガンガン悪くなる体力ない人間ですが。この辺が腸閉塞と似てる。喉のつまり食事の後半では起こらない。術後しばらくは一口目で起きてしまったが、この頃は少し食べ始めた3分くらいで起きる。起きな [続きを読む]
  • 元気になったら介護問題が降ってきた
  • 辛かったり困ったり迷ったりしたら話すそうはいっても本当に辛いことはなかなか話せませんよね。でも違うこと、周辺話しただけでだいぶ救われる。こうして見てると世間の人はいろんなことを乗り越えてきていて偉いなあと思ってしまう。人ってそれだけで結構やれるんだなあ、変われるんだなあと思う。こんな感じで過ごす介護について補足すると、介護保険料を払っていることが前提で、要介護は1〜5にランキングされ、もう少し軽症 [続きを読む]
  • いいことばかりはありゃしない〜
  • いいことばかりはありゃしない〜〜♪,がんで亡くなったキヨシローのフレーズが時々心に湧いてきます。私はいいことが続きすぎて。こんな感じでございます、しっぺ返しも車ねえ。絶対自分でぶつけてない。高速でぶつけたら相手も怒るでしょう?私がひちの心に鈍感な女でも車はぶつけない、すらない。やだな〜〜とりあえず動くわたくしは貧乏人なんですが、母から一銭ももらわんなので。ホントいいこ。学費かかってないもん。ちなみ [続きを読む]
  • ドライブで見つけ
  • ドライブは嫌いじゃないどのみちもそれなりに好きだが、秋の甲州街道なんか好きよ。郊外に伸びる道が好きだし、首都高も好き。朝、日が出るなかを走る首都高なんてビルの窓が反射して本当に美しい。どこかに移動する目的がないと運転しないからそれほどクルマ好きではないのかもしれないけど。行くたびに東京の大変化を実感する前回の東京オリンピックの頃、私はまだ学校に行っていなかった。白黒テレビで自衛隊の飛行機が5輪を描 [続きを読む]
  • おかげさまでサクサク(超意外展開)
  • ここでカミングアウトし、色々な声で支えられたおかげでまた不毛なんだろうなあ、でも何もしないことはできないもんなあ。そう思ってました。つらい心に温かい言葉をいただいて、自分サイドの暗さは置いといて〜ってことができました。染み入りましたもん。事前準備万端。伯母に来てもらう。玄関先ロックアウトされた地域包括センター員から母のホームドクターから声をかけてもらう。まずお隣さんにお菓子をいつも色々お世話になり [続きを読む]
  • 超頑張りの意味(暗いが越している)
  • ムートンもう一枚も洗った1,5頭分かける2枚だから3頭分洗ったんだ。羊に遊んでもらった。なんなんだろ。被毛で覆われた生き物って愛おしくない?生き物飼える環境ではないからムートン洗いで満足することにする。友らと過ごす意外と暗くなってる自分に気がつく私は母のことがネックで、この歳になってもぐらつく。子供はどんな親でも愛情を望み、母親を愛する。十分愛された子供は社会に出ていっぱい好きな人たちを見つける。こ [続きを読む]
  • ムートン洗ってみる(現実逃避)
  • 現実逃避は得意な方パターンもいっぱい持ってる。えへん。試験前になると家事に勤しむ現実逃避に始まり、セーターの毛玉を一個一個とったり、色鉛筆をナイフで全部削ってみたり。いいんです。嫌なことからいっときでも逃げられるんならそれでいい。大事なことだ、と肯定してるんだからどうしようもない。ハッピー2個のご褒美後は母問題だよなあ。いいことばかり続くことはあまりないんだった。母がかなり大幅に認知症が進みもうど [続きを読む]
  • 5年後検診
  • 検査前は食べられないので昨夜は遅くまで食べたり飲んだり。長く食べられない飢餓感があるのでしょうか?11;30からのエコーなのでもらった検査前の注意事項20時以降は食べないで、を無視(よいこは真似しないでください)だらだら遅くまで食べます。紅茶も淹れてサクサククッキーを食べて 24時就寝。実は朝が遅いってすごく自分へのプレゼントで9時出発は気持ちの余裕。お洗濯もしてしまう。小さな喜びである。友と行くありがたい [続きを読む]
  • おだやかに過ごせた一日
  • 気がついたら気持ち穏やかいつもと変わらない、逆流で起きたりする1日のスタート。なのに、とても安らかな気持ちが支配する。なぜかな多分試験の終わりの通知。勉強がよほど嫌いなんだと再認識漠然と激しい重荷だった母の件が少し整理できたこと。これはブログに感謝しかない。本当に心に響き、考え方がつかめてきた。事態は全然良くないけど、その全てを自分のせいにすることはない。同居をしようと家を建てたのに、田舎は嫌と言 [続きを読む]