ふーみん さん プロフィール

  •  
ふーみんさん: がんになってもぽじぽじいこか
ハンドル名ふーみん さん
ブログタイトルがんになってもぽじぽじいこか
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/clippership
サイト紹介文53歳、食道がんが見つかる。抗がん治療の後、食道全摘出手術、リハビリ日々のことなど。
自由文当たり前のことが当たり前にあることがとっても大変な世の中。それを実感してこども返りしているわたしです。
がんという病気にならなかったら気がつかなかった、気がついても止められなかった事ばかり。
一人で頑張っていたのですが、病気になったらすごくたくさん、温かい思いやりに囲まれていた事に気がついた。
当たり前体操。心から踊りたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/01/07 16:07

ふーみん さんのブログ記事

  • 6年目のスランプか?
  • 6年経って、文句はいえないけど、楽じゃないこうして生きていられる事に感謝しています。それはそうなんです。周囲も元に戻ったという風に理解しがち。まあ、説明しない私もいけない。よくなる部分もあるけどやっぱり今でも詰まることもあるし、給食のメニューによってはダンピングも起こす。体力は確実に落ちている。わたしも手術するまでは、病気は治るものだと思っていた今は病気の状態ではない。健康診断では痩せ過ぎの要観察 [続きを読む]
  • ヒガンバナが土手とかに一斉に咲きだした
  • ヒガンバナに毎年ハッとする毎年ったって、田舎に移り住んでからだけど。暑い年もそうでもない冴えない夏でも、この時期にきっちりヒガンバナは咲く。葉っぱもなくスッと花が咲く。赤いあかい花が土手や畦を染める。夕暮れ時など違う世界に来たような感覚になる。この世の花と思えない時もある。が、この世の花で、日照時間が昼と夜が一緒になることを感じると花を咲かせるんだけど。余談なんですが〜歌えない歌がある子供の頃、友 [続きを読む]
  • 激動、明日はわからないと実感して
  • 連続性に結構裏切られております全然心の整理なんか出来ないままぐちゃぐちゃに生きています。わかんないよねえ〜〜〜明日なんか。幸い、私は子どもが独立し、好きな仕事をしている様なので一番大事なものはあるよん。ありがたい。これだけで自分が生きていける。だって、本当に一人で生きてるんだもん。アヒルママ、介護申請介護認定って毎年行うんですね。要支援1〜2、その上が要介護1〜5アヒルママは要介護1です。体は元気 [続きを読む]
  • 自分が楽しくして、自分を嫌いにならない
  • 体調が悪いとやですがスルー起きたら、起きられなくて、お腹が下痢下痢。で、起きて、トイレばっか行ったら干からびてしまった。多分、新サンマ塩焼き。脂っこい魚はどうもダメになってしまった。でも、休んでればいいんだし、ふてません。掃除ができないし、あれこれございますがこんなことはよくあったと言い聞かせ。お腹の調子はやっぱ弱いかなあ。今でも。でも、気にしないでトイレとテレビとソファで過ごす。自分で楽しくしな [続きを読む]
  • ただただ遠くに行きたいのか
  • 夜な夜な書いていた友へのレクイエムがなくなるバックアップとってるのに!外付けHDもちょうど壊れ。クッソ〜〜おはしたない友は気に入らなかったのだろう。もっと自分を覚えていて、と魔法を使ったのかもしれない。紙で書いてみるわ(もっと無くしそう)でも夢に出て来てるもん、そっかと思うこともあるのよ。そんなままふて寝をして朝出かけよう、と思えるのはいいことだ、ねばならない、じゃなくて、自分に欲求が出てきて。速攻 [続きを読む]
  • イラストなき投稿
  • 家電が色々ダメでしてねえお誕生会でペープサートをやろうと広島民話をプリントアウトし始めたら紙詰まり。豆腐と味噌が喧嘩してこんにゃくが取り持つ話。どうにもならない。またか〜〜〜紙詰まりだけでスキャンもできないのよねで、不自由な私です。絵を描くことで始まるブログ書き。生活の質が下がってます。プリンタって超安くなり高機能になってるが、すごく静かになってもいる。でも壊れやすさにはちょっと立腹。色々壊れる、 [続きを読む]
  • 夏休みとシエスタ、この国には必要かも
  • この夏は休みを休んだ休みたかった。これはふーみん的にはあんまりなかった事で、でもどこかに行こうとかより、家のことをゆっくりしようと。どんなに休んでもダラダラし、自分を責めるほど何もできない。飛び飛びの休みをしばらく取り、母の色々な事務手続きをしたり、fireTVでいっぱいいろ観た。阿部寛全部見たと思う。トリックとか結婚できない男とか、テルマエロマエとか、この美形の俳優は胡散臭い役をやらせるとすんぐい可愛 [続きを読む]
  • 続けるコツは、辞めないこと
  • 苦手部分の底上げができない〜〜まあ、得意もあるから苦手もあるんですけど。それで済む世の中ではもちろんございませんわ。よほど卓越し、幸運に恵まれた人は、一芸にぬきんでれば生きられる。でもそれも楽なことじゃないとは思う。私のような一労働者は全部クリアしなくちゃいけないんだよ〜〜何が苦手かってピアノに決まってるじゃないですか。聴くのは大好きで、Jazzはpiano特に好きです。子どもたちは自分のツール、友達にな [続きを読む]
  • 働きたいと思う
  • 働きたいと思うまでに6年この時期、6年前に手術を受けた。3月から無給職場労働リハビリし、4月からちゃんと働いた。随分時短してくれて、でも働き出すと、一日いた方が楽な部分もある。一番大変な時間を過ごすのだが、コニュニケーションが取れないとなかなか難しい。1日働く方が仕事的には圧倒的に楽。でも、体を持っていけず、よく倒れ、肉体的疲れ感で呪縛のように仕事を感じたこともあった。生きていられるってことは働か [続きを読む]
  • 手術痕、刺青、ピアス
  • 傷つけるということ基本的に生命体は傷つけることは嫌だと思う。私なんか、拷問とか最も嫌なジャンルだ。こういうの考える神経が憎い。小5〜6の頃水いぼを見つかり、医者で一個ずつ切られたり、ひょうそうの手術をして爪を剥がされ、日々、ガーゼを替えるのだが痛すぎて、身にあまるものだった。でもほっておくと指を失うと言われて必死で我慢した。すごいストレスだったよ。手術痕切らないで済めば切りたくない。それが本心だと [続きを読む]
  • 夏が後姿を見せた(術後6回め)
  • どんな猛暑も弱みを朝方見せだす今年は猛暑で(私のオペの年も暑かったらしい)暑いなあ、と実感した。しかし小学校、幼稚園はエアコン設備ないし、準じた保育園も乳児室しかエアコンないところも多く、暑い中働いてきたんだよね、ずうっとそうだったよ。国家の基準を大いにクリアしているがひしめき合う暑さ!でも、楽しかったと、当時の子供も言うし、私もそう思う、疑似家族。今はエアコン完備です。じゃなかったらもう頑張れな [続きを読む]
  • 暑さの中、捨て神降臨
  • 物欲にボケて過剰な母に傷つくとまあ、認知症というものはだいぶ勉強したつもりでも、相手が母親だと心が重く殺伐となる。みんな通る道なのかもしれない。そうはいっても。取りあえず、私はものをなるべく減らそう(いらないものは探せばいっぱいある)とストレスを前向きに。去年今頃、幼稚園教諭の試験が終わり、母の進行した認知症に気がついたのだった速攻で動き、 介護認定を取って有料ホームに入れるまでは嵐のような忙しさ [続きを読む]
  • 昨日のように今日はこないんだと今更実感
  • 日々是驚日結構そういう感じがありながら育ってきたんだが、やっぱそうだなって思う。明日への自信のなさや不安を持って、抱えきれず、でも世の中には不満がいっぱいで、大人はバカだと思い夢はあっても何の手がかりも世の中とのすり合わせもなく若い頃を過ごしたように、私は思う。こういう余計な話しだすと年寄りなのかも朝起きたら迷い犬が庭の花壇掘るわ。生えていた雑草を食うわ(今思えば腹が減っていたんだろう)迷っただけ [続きを読む]
  • デジタル気温計買ってみた
  • まずは、広島に祈りますあのような殺戮がなくなりますように。広島の心は強い。がんサバになってみると言葉も何もかも無くしてしまうような事態に対して柔らかく優しい心で色々な活動がなされている。色々な政党が利用できない広島の心があるようにいつもいつも感じる。単純さを生きてみたいと思う。核兵器をなくすには兵器で対応するのではない。今は経済で対応している。ジョンレノンのイマジンを私は心からいいと思っている。グ [続きを読む]
  • 映画三昧をしてみた(3本立て)
  • やらなくちゃいけないことが明確に見えない日々休日の自由はやっと少しづつこの頃もらったようなもんで。休みの生活でも毎回、初めてできた、初めて食べても平気だとか感謝し驚く。何してどうしていいかウロウロ。Escape of freedom 何だろうか。厳しい中で頑張ると自由時間がぼうっとしてしまうんだろうか。もうじき仕事を辞める。だろう。どう生きていこうか初めて進学生ののように悩む。退職後を今から考えんと休みの日はダラダ [続きを読む]
  • 超、暑中お見舞い申し上げます
  • ゴクゴク飲めないからなあ術後の夏バテはおそらく水分不足に由来すると思う。胃というプールは本当に大事なもんで一気に飲み貯めもできない。そういつもいつも自分の体調ばっかり考えて仕事なんかできませんわ。でしょ?今年は超暑く、みんなもバテて市民権を得たような感じ。みんなお疲れで体調わるし。健康のスタンダードがわるくなったときに、無理してる人に声も掛け合えるし。なんでこんな暑いの。かつて経験したことのない夏 [続きを読む]
  • 本当に好きなのかも
  • 食べ物に興味が強い幼い頃から食べるに関連したことが大好きなのだ。東京に生まれ田んぼなどどう作るかも知らなかったが台所が大好きだった。お手伝いも大好きだった。全てが面白かった。大好きなぬか漬けきゅうりに塩をまぶす事とか、その樽をこっそり見たり、鰹節をかいたり、美味しい魚屋さんに大皿を持って(なんと風呂敷に包んであった)「中トロとカツオとアジのたたきをください」なんか記憶は自分が払った感はなく曖昧さが [続きを読む]
  • そだ、Beerだ!
  • さすがに体が蓄熱してきた別の言い方をすれば、皆様の設定温度に慣れてきたともいう。あんなに寒かったのに、結構平気になってきた。そうしたら、バテ始めた。そうだ、夏になったらBeerって言ってたんだあんまり耐性無かったんだと知ったのでした。でもきっとやめないだろうなあ。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 思えば大人になれたもんだ
  • おかげさまで強くなり気がつけば、身体はもと通りではないけれど、精神的にだいぶ大人になりました。人格者ではないので(アヒルママの血を引く私、わがままなのですね)今でもとんがっていますが、不安感や自分を責めることがなくなってきたなあ、と驚いている。これはがんのおかげかもしれない。カニコHOS.入院中、カニコ文庫にはずいぶん救われた。寄贈図書がたくさんあった。佐野洋子さんの本を見つけた。「俺は猫だぜ」という [続きを読む]
  • 固いアイスと害虫駆除でした
  • 岩のように固いアイス大袈裟な表現ではありますが。固いアイスクリームなんです。自家製アイスクリームって、固いのです。とっても。言い訳。純正生クリーム、卵黄、エバミルク(濃縮牛乳)で作ると、どうしたって固い。柔らかくするにはスターチを、要は糊と牛乳を入れればいいんだけど、どうしてもそうしたくない。市販アイスじゃない風味を感じたいんだもん。さらに言い訳すると、新幹線のアイス固いじゃん。ハーゲンダッツだっ [続きを読む]
  • 興味本位で霊視を
  • 暑気払いに中華中華街に友と出かけて、力一杯あれこれいただく。フカヒレとか、エビ、イカ、クラゲ、肉、野菜。蒸し物、和え物、炒め物、揚げ物、もうまんべんなくいただく。一人だとこんな品数はいただけません、嬉しいな。あまりにお腹がいっぱいだとあとはもうどうでもよくなり、買い物は中止。でも、食材はいろいろ購入しちゃうけど。そんな時に友に誘われ、霊視を。面白半分に誘われて試してみることに。座るとこう言われ「あ [続きを読む]
  • しっかり食べる、選ばず食べる
  • 栄養バランスよく、しっかり食べたい労働や気温により異なるけれど、まあ、その辺は大雑把に。必要とされる栄養はしっかりとりたいもの。あれはいけない、これはいけないと勝手に決めて偏った食生活はしたくない。それって、選んでいるじゃない。食べ物はいただくもので、これはどうのこうのいうのは好まない。今となっては一気に食べるとダンピング起こすもの、むせて食べられないものなどあるが、かなりかなり頑張って食べている [続きを読む]
  • エアコンが馴染めないこの頃
  • エアコンに救われてもいますこれは否定しないのですが、どうも体調がよろしくないのです。温度変化がきついのでしょうか?以前にもまして暑さに対して強くなり、これは術後痩せたせいなのか、加齢により感覚が鈍くなったのか海辺の田舎では夕凪の風がぱたっととなった時以外はそんなに過ごしにくいとも思わないのです。冬の寒さに比べれば心は穏やかです。エアコンでストレスを軽減している部分も大きいとは思います。風のない部屋 [続きを読む]
  • 今日が休みでよかった
  • 大人になったものだ、私子どもの頃は休み中に伏せってしまうと勿体無いと思った。休みはなんか楽しい。休みに伏せってしまうと、で、月曜日に学校に行けるかな、ってくらいに回復すると全く休みのない子どもになって辛いのだ。しかし、社会人になった私は休みまで頑張って倒れないように頑張っている。変わったよな。偉いよな。相変わらずダメで明日には治しますなんか弱くなったなあにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 激しい七夕
  • イラストからまいりますびっくりです。何もないのが普通で、明日はくるものだというのは幻想だと知っている私でも、衝撃です。治水、危機管理について考えてしまうこういう天災は常に長いスパンで起きている。昔はここには住んじゃいけないと言われた所が土地開発されてしまったり、江戸時代津波で流されたところに集落ができていたりする。ヨーロッパは危機管理意識が高いな、といつも思う。スイスは戦争放棄はしているが徴兵制は [続きを読む]