もぐまま さん プロフィール

  •  
もぐままさん: マイ巡礼
ハンドル名もぐまま さん
ブログタイトルマイ巡礼
ブログURLhttp://kamakuratrip.blog.fc2.com/
サイト紹介文好奇心主婦もぐままの観音巡礼珍道中。いよいよ日本百観音(西国・坂東・秩父)満願を目指します。
自由文大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/01/07 23:05

もぐまま さんのブログ記事

  • 東山魁夷展@国立新美術館
  • 国立新美術館で開催中の『生誕110年 東山魁夷展』(HP)に行ってきました。六本木にある国立新美術館は今回初めて訪れました。12月3日までの開催で、なんとかギリギリ間に合いました。東山魁夷は若い頃から大好きで、長野県信濃美術館 東山魁夷館に行きたいという夢も叶っております(^^)ブログ記事 善光寺御開帳 長野県信濃美術館 東山魁夷館会期終了が目前で、平日でも混んでいるようだったので、午後の遅い時間に行ったのですが、 [続きを読む]
  • 生姜収穫祭
  • そんなたいそうなものではなく、プランターで栽培、収穫したショウガをお料理していました(^◇^)ブログ記事 生姜の収穫(全部で1.2キロ収穫。)この採れ立てのショウガのことを新生姜、数か月貯蔵したものをヒネ生姜というのですが、あれ?スーパーに新生姜として並ぶのは夏じゃなかったっけ?調べてみたら、夏場の新生姜の多くはハウスものらしいです。露地ものの本当の旬は10月から11月にかけて。そうなんだけど、ハウスもの [続きを読む]
  • 生姜の収穫
  • 今年初めて植え付けたショウガを収穫しました。ブログ記事 ショウガ始めました左側のプランターは当初日当たりが良すぎて生育が良くなくてこちらに移動、右側のプランターは最初からここのフェンス前。ショウガは半日陰がいいんですよね。右は最初はよく育ったのですが、途中で成長が逆転してしまいました。右手が西で、西日がすごいんです。それには気づいたのですが、狭いテラスなので最適な置き場所というのがなかなか(^^;)で [続きを読む]
  • 上野の森に残る江戸 上野東照宮
  • 東京国立博物館のついでに上野東照宮へ。もっと奥まったところにあるのかと思っていたのですが、噴水池を抜けたらすぐでした。上野公園のほぼ全域が寛永寺(ブログ記事)の旧境内で、最盛期は今の上野公園の2倍の面積だったそうで、その繁栄ぶりが偲ばれます。上野東照宮の現在の御祭神は徳川家康(東照大権現)、吉宗、慶喜です。家康危篤の病床に招かれ、駿府城にいた津藩主藤堂高虎と天台宗僧侶天海僧正は、三人一処に末永く鎮 [続きを読む]
  • 京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」展@東京国立博物館
  • 東博に行ってきました。京都・大報恩寺(だいほうおんじ)、通称千本釈迦堂。(大報恩寺って聞いたら、どこ?って思いますよね。)京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」(HP)千本釈迦堂 大報恩寺は残念ながらまだ参拝できていないのですが、鎌倉時代初期の安貞元年(1227)に義空上人により開創されました。本堂(釈迦堂)には応仁の乱の際の刀傷がたくさん残っているということですが、その応仁の乱でも奇跡的に焼失を免れて、 [続きを読む]
  • 茅ヶ崎をブラタモリ
  • 茅ヶ崎市美術館で11月4日まで開催されている小原古邨(おはらこそん)展(ブログ記事)、もぐままは原宿・表参道にある太田記念美術館からのお知らせで、初めて小原古邨のことを知ったのですが、今回見逃しても、その太田記念美術館で来年2月から3月にかけて「小原古邨」展が開催予定です。来年2019年2月1日から3月24日に太田記念美術館で開催予定の「小原古邨」展につきまして、HPに簡単な概要をアップいたしました。明治末から大 [続きを読む]
  • 「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館
  • 小原古邨展@茅ヶ崎市美術館、入場制限中。20〜30分待ちだそうです。NHKで放送されてから混雑が始まったそう??庭園の中の瀟洒な美術館。 pic.twitter.com/PKFxBE2YiE― もぐまま (@kamakuramogura) 2018年10月31日「花と鳥のエデン」小原古邨展@茅ヶ崎市美術館、NHK「日曜美術館」の放送の前に行くつもりだったのですが、風邪をひいてしまい、出遅れました。いよいよ11月4日までです。明治から昭和時代の画家・小原古邨(おはら [続きを読む]
  • 秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(2)
  • 秩父観音巡礼の帰り、彼岸花が咲いているという、横瀬町の寺坂棚田に寄ってみました。武甲山のふもと、第9番札所 明智寺(ブログ記事)近くにある三菱マテリアル横瀬工場がよく見えます。秩父の夜景や雲海を撮影される写真家のかたがいらっしゃいますが、この三菱マテリアルの明かりがいい仕事をしますね(^^)武甲山、また来るよ〜♪ブログ記事 秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花(9月17日) [続きを読む]
  • 再び参拝 秩父観音 第25番 彼岸花の久昌寺
  • 今回の秩父観音巡礼、第24番札所の法泉寺(ブログ記事)でとりあえず打ち止めなのですが、第25番札所の久昌寺(きゅうしょうじ)に来ております。久昌寺には昨年2017年5月21日にすでに参拝しております(ブログ記事)。自分の失敗についてあまり書きたくはないのですが・・・(;・∀・)もぐまま、平成26年の甲午総開帳の台紙に現在も配布されている散華を集めていて(ブログ記事)・・・前回帰宅して、台紙に散華を貼ろうとしたら、 [続きを読む]
  • 直立はしごのような石段、武甲山を眺める境内 秩父観音 第24番 法泉寺
  • 秩父観音第二十四番札所、光智山 法泉寺(ほうせんじ)です。直立はしごのように見える・・・116段の石段。よっこらせっと。上りきると・・・武甲山の絶景が待っていました。観音堂江戸中期のもので、左右に仁王像が祀られて、仁王門と観音堂がひとつになった珍しい造りになっています。境内には観音堂と納経所、眺めのよい休憩所と・・・平和観音と六地蔵。ぐらいしかないあっさりとした境内です。法泉寺のご本尊は聖観世音菩薩。 [続きを読む]
  • 只今、比叡山延暦寺から生放送中
  • とっくに始まっていますが、10月6日午後7時までニコニコ生放送で延暦寺からの中継をやっています。素敵です!比叡山延暦寺を9時間かけて巡る生放送(住職による解説付き)【伝教大師最澄 1200年大遠忌】※放送終了後、タイムシフトで視聴できるようになりました。大雨が降ったり、また晴れたり、電波が途切れたり、比叡山の厳しさを反映した放送になっております(;・∀・)大阿闍梨様のご出演は午後6時からのようです。もぐまま、比 [続きを読む]
  • 江戸巡礼古道の十三権者像 秩父観音 第23番 音楽寺
  • 秩父ミューズパークの駐車場に車を止めて、秩父観音第二十三番札所の松風山 音楽寺(おんがくじ)へ。坂道を上がっていくとまず見えてきたのが音楽寺の納経所。さらに進んで行くとお稲荷さんがあり・・・石段を上がったところに観音堂がありました。六地蔵と・・・隣に、ちょっとひょうきんな表情にも見える龍神さまの手水。御影松 さすがに、西国の善峯寺の「遊龍の松」(ブログ記事)ほどじゃないですが、なかなか立派なものです [続きを読む]
  • 醍醐寺展@サントリー美術館に行ってきました
  • 9月19日から、六本木・東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で開催されている「京都・醍醐寺」真言密教の宇宙(HP)に行ってきました。真言宗醍醐派の総本山・醍醐寺は、貞観16年(874)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音と如意輪観音を笠取山頂上に迎え開山されました。(もぐまま撮影)仏像好きのもぐままベスト3は・・・1. 如意輪観音坐像平安時代 重要文化財メインビジュアルともなっている優美な如意輪観音 [続きを読む]
  • 我が家の白萩
  • 昨年小さな苗で買った白萩が咲きました。どこかのお寺みたいになったらいいな、って。そしたら2mにもなり、とんでもなく枝が暴れて・・・(^^;)以下は久々にいい天気だった昨日の写真。今来ている台風で散ってしまいますね。皆様もお気をつけて。 [続きを読む]
  • ユルユル金剛力士像 秩父観音 第22番 童子堂(永福寺)
  • 秩父観音第二十二番札所 華台山 童子堂にやってきました。茅葺き屋根の仁王門です。怖くない金剛力士(!)像(*^^*) 童子堂というお堂の名前から仁王門や仁王像の素朴さやユルさがなんとも秩父らしくていいですね(^^)境内地あたりには畑が広がっており・・・とげぬき地蔵尊身代り地蔵尊と・・・?!これはどう見ても古墳?ですかね。明治43年に当地、永田城跡に移転してきたお堂ということで、元々何らかのいわれのある土地なのか [続きを読む]
  • 八幡神伝説の寺 秩父観音 第21番 観音寺(矢之堂)
  • 秩父観音巡礼第二十一番札所の要光山 観音寺は道路に面して建つこぢんまりとしたお寺です。観音寺は通称「矢之堂(矢の堂)」。本堂は大正12年の火災で焼失、その後の仮堂のままだそうです。ここからも武甲山が見えます。ひときわ目を引く二本の木。八幡宮です。縁起によると、行基菩薩が当地を訪れた時、八幡神のお告げにより神木で観音菩薩を作りました。すると、邪神や悪魔たちが「住むところがない」と大いに怒って暴れ回りま [続きを読む]
  • 苔むす岩の上の観音堂 秩父観音 第20番 岩之上堂
  • 秩父三十四観音第二十番札所 法王山 岩之上堂に向かいます。昔は19番の龍石寺から荒川を渡し舟で渡ったそうですが、明治18年に秩父橋ができて渡し舟はなくなりました。車で秩父橋を渡ります。駐車場から岩之上堂へは階段を下っていきます。武甲山が見え、良い眺めです(*^^*)観音堂は渡しのあった荒川のほうを向いているので、後ろから回り込むことになります。涼やかな水音が聞こえるので行ってみます。なるほど、すぐそばに荒川が [続きを読む]
  • 巨大岩盤に立つ観音堂 秩父観音 第19番 龍石寺
  • 秩父三十四観音第十九番札所 飛淵山 龍石寺(りゅうせきじ)に到着。広々と視界が開けたところに観音堂が見えました。岩肌がむき出しになっているところがあり・・・荒川東岸の巨大岩盤上に立つ観音堂です。ご本尊は室町時代のものといわれる千手観音。観音霊験記本尊は京都から飛来した弘法大師作のもので、干ばつの折、天皇の勅により弘法大師が祈願をすると神泉苑から小竜が昇天、岩盤が二つに割れ大竜が雲を起こして大雨が降っ [続きを読む]
  • 回廊のお手綱で観音様と結縁 秩父観音 第18番 神門寺
  • 秩父三十四観音第十八番札所 白道山 神門寺(ごうどじ)にやってきました。秩父の中心地からも近い、国道140号に面したこぢんまりとしたお寺です。元々は修験道のお寺で神戸山長生院といい、今宮坊(ブログ記事)に属していました。江戸中期寛政年間に焼失し、観音堂のみ再建されました。観音堂は当地の名工、藤田若狭の手によるものと伝わります。本尊は聖観音菩薩立像。両手に蓮華を持つ珍しい像で、室町時代の作といわれます。 [続きを読む]
  • 秩父産のかぼすでチキンソテー
  • 秩父三十四観音巡礼、道の駅果樹公園あしがくぼに立ち寄った時に農産物直売所で地元産の野菜を手に入れました。この夏の猛暑や度々の台風の影響からか、今もってスーパーの野菜がお高くって・・・。助かります!(*^^*)巡礼の道中にも無人の販売所などあり・・・普段、かぼすはほとんど使わないのですが、新鮮だしいいなぁ。ということで1袋。秩父の農産物でおかずを作りました。かぼすチキンソテー(レシピ)と、甘長とうがらしと [続きを読む]
  • 秩父・横瀬町 寺坂棚田の彼岸花
  • 秩父三十四観音の続きを巡礼してきました(^^)道の駅果樹公園あしがくぼ(HP)の掲示板に、横瀬町にある寺坂棚田の彼岸花まつり(9月23日)の案内が出ていたので、巡礼の帰りに見に行ってきました。埼玉県内最大級の棚田だそうです。秩父の原風景が残っているのですね!彼岸花まつりは・・・平成30年9月23日(日) 10:00〜15:00頃(1日だけの開催)小雨決行横瀬町寺坂棚田(横瀬町大字横瀬1854番地先)寺坂棚田南側駐車場は利用で [続きを読む]
  • ハスの種まきから1か月半 来年へのハス計画
  • 7月25日にハスのタネを蒔き、ふたつが芽を出しました。8月9日に植え付け。そしてひと月半を経過した現在・・・じゃーん。台風で葉の一部が破れましたが、しっかりした立葉が出て、他のハスが終了する中、スクスクと成長しております。一方、今年花をひとつだけ見せてくれた、苗から育てている「黄陽」。葉は乱れ、根っこが成長してきて、ウォータースペースがほとんどなくなっています。朝、水を満たしても、夕方には干上がってい [続きを読む]
  • 靖国神社から千鳥ケ淵戦没者墓苑へ
  • プライベートなお参りのため、靖国神社で玉串を捧げてきました。靖国神社本殿への参拝を昇殿参拝と言っていたように思うのですが、HPを見てみると、正式参拝と表現されています。今年は9月中旬に入ってぐっと涼しくなりました。本殿の大きな鏡の前で神官による祝詞が奏上され始めたとたん、外からふわーっと涼やかな風が何度も吹き込んできて、ちょっと神秘的でした。今年はセミの声は聞こえませんでした。参拝後、赤い杯にちょこ [続きを読む]
  • 日本三体厄神の一つ 門戸厄神 西国薬師 第20番 東光寺
  • 関西に来てもなかなか時間が取れず、ひとつずつ刻んでいる西国薬師巡礼、第二十番札所 松泰山 東光寺(とうこうじ)にやってきました。阪急今津線 門戸厄神駅から北西へ700メートル、西国薬師の札所の中ではアクセスの良い札所のひとつです。住宅地の坂道を上り、小高い山の上に東光寺はありました。表門への入り口となっているのが男厄坂と呼ばれる42段の石段。猛暑の中、ここまで歩いてくるだけでも大汗で、最後の石段で厄を落と [続きを読む]
  • 今年6月から完全公開 名古屋城 本丸御殿
  • テレビの番組で見て以来、訪れてみたいなぁ、と思っていたのが名古屋城 本丸御殿。本丸御殿は尾張藩主の住居として慶長20年(1615)に徳川家康の命により建てられました。後に、将軍上洛時のお成御殿として上洛殿が増築され、秀忠、家光、家茂の3人が宿泊しています。昭和5年、天守とともに国宝に指定されましたが、昭和20年の空襲で全焼しました。平成21年から復元工事が開始され、平成25年に玄関と表書院、平成28年6月には対面所 [続きを読む]