もぐまま さん プロフィール

  •  
もぐままさん: マイ巡礼
ハンドル名もぐまま さん
ブログタイトルマイ巡礼
ブログURLhttp://kamakuratrip.blog.fc2.com/
サイト紹介文好奇心主婦もぐままの観音巡礼珍道中。いよいよ日本百観音(西国・坂東・秩父)満願を目指します。
自由文大阪市出身、横浜市在住。しがない主婦が寺社巡礼に目覚める。人生のたそがれを感じる今日この頃、あの世とこの世の狭間を旅します(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/01/07 23:05

もぐまま さんのブログ記事

  • ハス 開花中継 2日目(1)
  • 昨日、我が家で初めて咲いたハスの花、「黄陽」。1日目午前9時午前11時30分午後6時そして今日2日目。小雨模様です。午前5時50分午前6時30分午前7時クローズアップを撮っていたら・・・ぱっかーん、ゆらゆら・・・花びらが開く瞬間を目の当たりにしました。午前8時緑を強調した風景モード撮影ですが・・・色味はこちらが近いかも?この「黄陽」の花を一言で表現すれば・・・「桃」! [続きを読む]
  • ハスの花が咲きました!
  • 今朝、ハス「黄陽」の花が咲きました!昨日の時点で、つぼみがふっくらふわふわになっていたけれど・・・画像はおとといのものです。ここのところカメラの調子が悪くて、昨日はシャッターが切れなくて、気温も低めで、まさか今日咲くとは思わず、昨日他のカメラで撮らなかった(汗)。でも、これ、まだ咲きそうな色に見えないじゃないですか。油断してた〜(^^;)この黄陽、花弁に緑を残すような品種だったんですね。9時ごろをピーク [続きを読む]
  • 三十三所観音巡りの山道 西国薬師 第24番 神積寺
  • (4月30日の追いかけ更新です。)大阪市内から車で、西国四十九薬師霊場・第二十四番札所の妙徳山神積寺(じんしゃくじ)にやってきました。人影もない(!)静かなところです。白くて、古くて、長い塀伝いに参道を歩くのですが・・・どこにお寺の本堂があるのでしょう(・ω・。≡。・ω・)塀の切れるところに、あったあった、立派な門。えーっと、江戸時代中期の悟真院唐門となっています。入らせていただきます。え?がらんとし [続きを読む]
  • 西洋アジサイ、アナベルを1本・・・
  • 梅雨の曇天の下、ハス「黄陽」のつぼみが順調に育っています。どれくらいの大きさになると咲くのか、よくわからないのですが。ピンク色には染まっていないのでまだまだかな(^^)後ろに見えている紫のお花は小型のアガパンサス。アナベルを1本切って、お酒の瓶に活けてみました。かわいい(*´ω`) [続きを読む]
  • ハスにつぼみが!
  • しばらく関西に行っており、昨夜帰宅。今朝、お庭がどうなっていることやら、と点検。いろいろと枯れている様子・・・と・・・ぬおおおお〜〜( д) ゚ ゚小さい鉢のハスに花芽が出ています(゚д゚)!立ち葉は大きくなく、たった4枚出ているだけなのに。この分では間違いなく我が家で初のハスの花が見られそうです!まあ、タネから育てているのじゃなく、昨年苗で買った「黄陽」ですが(^^;)鉢が小さく、蓮根も小さい目のを植えたはず。 [続きを読む]
  • トランプ大統領の書簡を「大阪弁」で翻訳しました
  • 5月24日付けのトランプ大統領の、金正恩委員長への米朝首脳会談中止に関するこわーい書簡が話題になっていますが、お読みになりました?しろうと翻訳がちょっとできるもぐまま、暇だったので、脳トレのため翻訳してみました。ちゃんとした翻訳はニュースサイトなどにあるので、大阪弁でどうでっしゃろ。ホワイトハウス オリジナル(訂正版)一部自分の使わない大阪弁が含まれています。 [続きを読む]
  • 日本百観音の梵鐘 秩父観音 第17番 定林寺
  • 秩父三十四観音第十七番札所の実正山定林寺(じょうりんじ)にやってきました。向かって右手に鐘楼があり、鐘をつくことができるので、まずはつきます(^^)「ゴーーーン」この銅鐘は宝暦8年(1758)の鋳造で、西国・坂東・秩父の日本百観音の本尊と御詠歌が浮き彫りにされていて、県指定重要文化財となっています。観音堂(本堂)内陣の周りが回廊になったお堂です。江戸時代の建物で、格天井に花鳥画が描かれていて、当初はきらびや [続きを読む]
  • 名刺を集める大黒天?! 秩父観音 第16番 西光寺
  • 秩父三十四観音第十六番札所の無量山西光寺(さいこうじ)です。「千手尊」というのぼりがかっこいいです!ご本尊は千手観音です。境内から見えている藤と、春でも赤いカエデ(ノムラモミジという品種?)が目を引きます。山門には菊の御紋でしょうか。本堂は宝永7年(1710)の再建。小ぢんまりとした静かな境内です。本堂内は撮影禁止なのですが、千匹猿が美しく飾られています。内部の欄間には釈迦涅槃像と左右に十大弟子の彫刻 [続きを読む]
  • 神仏習合の歴史を物語る 秩父観音 第14番 今宮坊
  • 車で、秩父三十四観音第十四番札所の長岳山今宮坊にやってきました。本堂(観音堂)本来は長岳山正覚院金剛寺といい、平安時代の開創の、修験道の末寺でした。後に、八大権現社という神社を管理する別当寺となり、同じ境内に神社と観音堂がありました。しかし、明治の神仏分離により今宮神社と今宮坊に別れ、修験道廃止令で今宮坊は無住となり、観音堂のみが残りました。現在では地元の護持会が維持管理をしているそうです。欅(ケ [続きを読む]
  • ユリの花が咲きました
  • 今朝ユリの花(アジアティック・ハイブリッド)が咲きました。香りはほとんどありませんが(むしろ強いのは苦手)、うちのはとっても色が鮮やかで、ほったらかしでも毎年たくさんのつぼみがつきます。丈夫で華やか、手抜きガーデナーにはぴったりです( *´艸`)隣に植えている西洋アジサイのアナベルの開花はまだもう少しかかりそう。初めてのショウガは無事発芽しました。ミニトマトは留守中脇芽摘みができなかったので、結果的に [続きを読む]
  • 5月26日のアド街は「鎌倉 二階堂」
  • 5月26日夜9時放送の「アド街ック天国」は鎌倉 二階堂。番組HP鎌倉 二階堂に初出没!幕府の上流武士たちが暮らした山の手歴史的風土保存区域に指定蛍にも出会えるひっそりと構える美食の店もということです。ちょっとマニアックなところにきましたね(*^^*)杉本寺覚園寺 瑞泉寺 鎌倉宮荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)永福寺跡(ようふくじあと)護良親王墓天園ハイキングコースや紅葉の秘境・獅子舞なんかはどうですかね。おいし [続きを読む]
  • 牡丹の寺 秩父観音 第15番 少林寺
  • (4月22日の追いかけ更新をしています。)秩父鉄道の踏切を渡ると秩父三十四観音第十五番札所の少林寺です。『牡丹の花が見頃です。』毎年5月上旬(2018年は4月27日から5月5日)少林寺では「牡丹まつり」が行われます。(9時〜16時 入園無料)踏切を渡り、石段を上がると山門です。三つ鱗(みつうろこ)の家紋?なるほど、母巣山(ははそさん)少林寺は臨済宗建長寺派の寺院であり、鎌倉建長寺の寺紋、そして建長寺を開いた執権 [続きを読む]
  • 秩父巡礼開創の十三権者像 秩父観音 第13番 慈眼寺
  • 秩父三十四観音第十三番札所・旗下山慈眼寺(じげんじ)です。手水舎で清めていると、藤棚からふんわりと甘い香り・・・(*´ω`)本堂です。四角っぽいフォルムは1番札所・四萬部寺(ブログ記事)に似ているなぁ、と思ったら、慈眼寺の本堂は明治11年3月の秩父大火で焼失、明治34年に四萬部寺を模して再建されました。向背の「玉巵弾琴(ぎょくしだんきん)」の彫刻玉巵は中国の太真王夫人で、琴を弾き、白龍に乗って空を飛んだの [続きを読む]
  • レトロな街並み散歩とB級グルメ 秩父・番場通り
  • 「道の駅ちちぶ」でお蕎麦を食べて、観音巡礼再開。最寄りは第15番札所の少林寺で、歩いても知れているのですが、混雑している道の駅に車を置いていくのも気が引けるので、車で移動。途中、観音巡礼バスツアーと思われるご一行様見かけ、バスを降りてこの周辺のいくらかの札所に向かわれる模様。このあたりの札所はそれぞれ数百メートルの距離ではあるのですが、暑いのでご苦労さまだなぁ、と。少林寺の駐車場に車を止め、お手洗い [続きを読む]
  • 花と仏像の寺 秩父観音 第12番 野坂寺
  • 秩父三十四観音巡礼、羊山公園の芝桜の丘(ブログ記事)から、羊山公園の西の麓にある、第十二番札所・仏道山野坂寺(のさかじ)に車でやってきました。羊山公園からすぐのところなのに、ここにはあの人混みはみじんもなく、とても静かです。野坂寺は花の寺、仏像の寺だというのですが・・・駐車場に見事な白藤が咲いていました。参道の手前にお寺の目印になるような大きな柳の木があり、短い参道を抜けると山門です。山門には花頭 [続きを読む]
  • 色鮮やか!秩父・羊山公園の40万株の芝桜!
  • お天気がいいので(むしろ暑そうですが(汗))、秩父三十四観音巡礼の続きを打つことに。ちょうどこのシーズン、ネットで羊山公園の芝桜(シバザクラ)の美しい画像がちらちらと見受けられ、すぐそばまで行っててこれを見逃すことはないなぁ、と運転手もぐぱぱに相談。渋滞覚悟でともかく羊山公園を目指して出かけることにしました。とびきり早朝に出発したわけではないので、現地近くになるとやはり渋滞です(>_それでもどうにか [続きを読む]
  • ショウガ始めました
  • 今年のベランダキッチンガーデンはショウガを始めようと(^^)種ショウガをホームセンターに買いに行ったら、違うものを買ってしまい(^^;)シソ、クレソン、セロリ、クリーピングタイム、ミニトマト、そしてレモンイエローのペチュニア(^◇^)ひとつ98円なり(*^^)vそそ、ショウガ。ショウガは品種により、大・中・小とあるそうなんですが、選んだのは中ショウガの「三州しょうが」。プランター栽培では小さ目のほうが育てやすく、こ [続きを読む]
  • 材木座海岸と和賀江島をブラタモリ
  • 光明寺から海に出るとそこは材木座海岸。お天気は最高だし、うーん、爽やか!材木座海岸に来たらブラタモってみたかったのです(^◇^)#5 鎌倉 〜800年前の『まちづくり』とは?〜 海側のまちづくり (番組HP)材木座海岸には古い時代の器のかけらがたくさん落ちている、ってやってたんです。ホンマカイナ?海岸を歩きながらお宝さがし。クラゲ発見。結構な大きさです。そして、ちょいちょいサザエが落ちています。これまた大きい [続きを読む]
  • 鎌倉 光明寺の観桜会(2) 大聖閣と山門公開
  • 鎌倉光明寺の観桜会では、大聖閣(たいしょうかく)が公開され、抹茶席が設けられるとのことで、見に行ってみます。記主庭園の大聖閣と桜、蓮池に浮かんだ花びらが素晴らしい絵を描きます!大聖閣の2階の窓が開いており、回廊が遥拝所となって阿弥陀三尊をお参りすることができます。回廊と善導大師像お茶よりお酒の好きなもぐぱぱは、基本的にお抹茶とか興味はなさそうなんですが、特別公開の時でないと大聖閣内を参拝できないの [続きを読む]
  • 鎌倉 光明寺の観桜会(1) 寺集(てらつど)
  • 春分の日が積雪で、ブルブルっと寒さを感じた後、暖かな晴天続きで桜の開花がどんどん進み(横浜の開花は3月19日)、雨が降らなくっても暖かいと花期は短いものなんですね、今週末でお花見はぎりぎりだろうと、もぐぱぱとやってきました、鎌倉材木座にある光明寺。総門わんこ連れでお花見の人々もたくさん。山門(三門)鎌倉に現存する最大の山門(三門)で、弘化4年(1847)の再建です。知恩院(ブログ記事)や善光寺(ブログ記事 [続きを読む]
  • ハスの植え替え 今年こそ花を咲かせます!
  • 3月21日、春分の日の横浜の雪・・・びっくりしました(^^;)そしてその後、ソメイヨシノがぼつぼつ咲いてきたので、ハスの植え替え時期となりました。昨年、花が終わった「黄陽」という品種を購入し・・・冬越ししたのがこれです。そして、レンコンを取り出してみました。おお〜、食用レンコンのように、ころころと丸いのができていました。植えていた田んぼの土に、残しておいた新しい田んぼの土を追加、腐葉土少々を加え・・・泥の [続きを読む]
  • 「仁和寺と御室派のみほとけ」展@東京国立博物館 平成館
  • 3月11日まで東京国立博物館(平成館)で開催の「仁和寺と御室派のみほとけ」展に行ってきました。夜間開館の土曜日、4時過ぎに入館しましたが、平成館前に少しだけ列ができていて、会場内はそこそこ混んでいました。仁和寺(にんなじ)は光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願、次の宇多天皇が仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院です。前半は仁和寺の歴史的、芸術的な宝物や文書(もんじょ)が中心。仁和寺ゆかりの天皇の宸 [続きを読む]
  • 金沢文庫 運慶展 〜鎌倉幕府と霊験伝説〜
  • 行ってきました、金沢文庫の特別展「運慶」。チラシのキャプションとして「鎌倉ナクシテ運慶ナシ」最新の研究成果から大仏師運慶を読み解く重要文化財指定記念公開曹源寺十二神将像開催は3月11日(日)までです。特別展「運慶−鎌倉幕府と霊験伝説−」は1月13日(土)から3月11日(日)まで開催します。当館には駐車場はありません(障がい者用を除く)ので、ご来館には公共交通機関をご利用ください。皆さまのご来館をお待ちして [続きを読む]
  • 聖武天皇勅願所 西国薬師 第17番 国分寺
  • 日本一長いアーケード商店街として有名な大阪・天神橋筋商店街。その商店街の北端にあたるのが天神橋筋六丁目で、ほど近いところに西国四十九薬師霊場の第十七番札所・護国山 国分寺(こくぶんじ)はあります。地元では長柄(ながら)国分寺と呼ばれています。2016年の真田丸ブームで、大阪の土地を見て回ったり、改めて生まれ育った大阪のことを学んだのですが、大阪城のある上町台地の北側は湿地になっていて北の守りとなってい [続きを読む]