Kpapa! さん プロフィール

  •  
Kpapa!さん: しったかぶりぶり
ハンドル名Kpapa! さん
ブログタイトルしったかぶりぶり
ブログURLhttps://ameblo.jp/hosannahs/
サイト紹介文まあ、タイトルのとおり、色々知ったかぶってます(^^;
自由文クリスチャンです。
でも、結構、クリスチャン内での一般論に、
反発してます(^^;
例えば、進化論と想像論の関係とか。

議論は好きです。暴論もちょっと好きw
でも、ただのののしり、罵声、恫喝はNG。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/01/08 01:43

Kpapa! さんのブログ記事

  • 『フォトンベルトの真相』読書感想文
  • まあ、“フォトンベルトの真相”って本はいわゆる、トンでも本なわけで、それにいちいち突っ込むのも大人気ないのだけど。だって、突っ込むのが好きなんだもん。 21ページ目に「続に言う、ぶっ飛び情報」と人の話を揶揄しておきながら、ご本人のこの著書も、ずいぶんぶっ飛びな内容である。 まず、「フォトンベルトとは何ぞや?」という方の為に軽く説明すると、銀河系に帯状に存在していると一部の人が主張しているもので、高エ [続きを読む]
  • 「誰も知らない憲法9条」潮匡人著 読書感想
  • 基本、改憲派の人だけど、改憲派にも対しても、護憲派にも対しても、「あんたら、わかって持論ぶってる?」と問いかけている内容。憲法について、学校でどう習ったか?小5・6年の時の担任は、安保闘争時、学生運動に身を置いていたことを隠そうともしない人で、いかに自分たちが日本の事を思って戦ったかを涙ながらに語る人だったが、そんなもん小学生には崇高すぎて伝わる訳もなくwそんな先生でさへ憲法についてどんな教え方 [続きを読む]
  • 風に立つライオン
  • 「風に立つライオン」といえば、言わずと(知ってる人には)知れた、さだまさしの名曲のひとつですわなぁ。僕が「風に立つライオン」に出会ったのは、25歳の時でしたさ。某求人広告代理店で、上司となった同い年の女性に、「誰の歌が好き?」と聞かれて、知ったげに(知ったかぶって)、「さだまさし」と答えた。実はそう答えた当時、さだまさしの曲は、「道化師のソネット」と「関白宣言」くらいしか知らなかったというwところ [続きを読む]
  • 事故紹介(13)
  • 快晴の夕刻。徒歩で移動していた。仕事帰りだが、夏真っ盛りで、6時台はまだまだぜんぜん明るい。服装は、下はカモフラの短パン、上は、白地に赤の花柄のアロハ、背中にはオレンジ色のリュック、靴は白系のトレッキングシューズ。街中でなら目立たない格好ではないはず。何故か気分が良くて、鼻歌交じりに片側二車線、(右折専用車線も合わせると三車線)両方合わせて五車線の広い横断歩道を歩いていた。交差点のそれぞれの角に [続きを読む]
  • 「撃墜王は生きている!」井上和彦著 読書感想
  • 初版は単行本で2015年5月に発売されたものだけど、その時は気が付けなくて、今年7月に文庫本で出ていたので、9月に入手。面白い。という感想が適切なのかどうか、悩ましいところだけど、面白い。爆撃に逃げ回っていただけの民間人の方々の戦争体験とは全く別な戦争体験がここにある。という感じ。こういう体験記はもっともっと出版されてしかるべきだったろうに、気が付くのが遅すぎた感が否めない。自分の体験を出版できたのは僅 [続きを読む]
  • 広島
  • 「広島」ぁいうと、「仁義なき戦い」の菅原文太と「広島焼き」を連想する人は多いんじゃが、両方とも間違っちょるw 菅原文太は宮城県仙台市の人じゃし、映画「仁義なき戦い」に出演するまで、広島に来たことさへない。しかも彼の広島弁は、えらい、ええ加減じゃ。広島人は「じゃけん」とはめったに言わん。言うにしても「じゃけぇ」じゃ。 ほいで、「広島焼き」なる食べ物は広島にはない。大阪のお好み焼きを「大阪焼き」とは [続きを読む]
  • 360人のマーチ
  • 360人の人がいたとして、 その全員が、同じ方向にまっすぐ進むとしたら、 その先に何が待っているかで、 その360人全員の運命が決まってしまう。 崖なら全員が落ち、 壁なら全員が行き止まり、 ぬかるみなら全員がドロドロになりなる。 では、360人全員が、それぞれ360度を1度ずつずらして進めばどうか?誰かは崖から落ち、誰かは壁にぶつかり、 誰かはぬかるみにはまるかもしれないが、 まっすぐ何の障害もなしに [続きを読む]
  • 海外生活論
  • 自分の名前で検索をかけると、 割と古い2chのスレの中に、僕の海外生活自慢について、批判している方がいた。 自慢しているつもりはないのだがな・・・・それに、手放しで 生活した国を擁護や評価してもいないのだがな? あくまでも、僕の受けた印象を書いているだけだし、 明らかに間違った情報に対して、 それは違うと書いているだけなのだが…。 生活経験者の批判を、生活経験者がするなら、 それは筋が通っていると思われる [続きを読む]
  • 無施鍵の豪邸
  • 憲法9条がすばらしいとか言う人の家って、きっと出かけるときも寝るときも、家に鍵なんか、かけてないんだろうねと。 およそ一世紀前、人の家の玄関のカギを半ば無理やり開錠させて、自分家の軒同然にして住み込み、さらに隣の家の玄関を蹴破って入り込み、好き放題していたら、しゃしゃり出てきたガードマンにこてんぱんにされて、その際に自分家が、めちゃくちゃになった上に、そのガードマンが、「おまえん家、鍵禁止」って言 [続きを読む]
  • 謝罪ツアー
  • 72年より以前、日本が朝鮮半島の併合やシナに軍事介入した件に関して、謝罪ツアーを慣行している方々がいる。 正直、なんと恥ずかしいことをしているのだろうかと思ってしまう。 では、自分と同じ出身地のならず者が他県で犯罪を起こしたら、謝罪ツアー参加者たちは、その県まで行って、謝罪するのだろうか? 「いや、個人がするのと、政府がするのとではレベルが違う」という人もいるだろうが、その人に聞きたい、 では、自分が [続きを読む]
  • 騒がしきかな麗しき声
  • 昔、僕の住んでいたアパートのすぐ側には、中学校があった。 授業時間中はそうでもないのだが、放課後になると、勢い、元気な声や、ブラスバンドの練習音が聞こえてくる。実は僕はけっこうこの、声とか音が好きだ。 体育系の部活で、声を出している生徒たちの声を聞いていると、こっちまで、元気がもらえた気になる。 ブラスバンドの、ちょっとへたくそな音には、初々しさを感じるし、演奏練習での息のあった演奏を聴いていると、 [続きを読む]
  • 自業自得への寄付
  • アメリカ、カルフォルニアに住むとある男性。彼は、交通違反のために裁判所に出向くように命令されていたのに、出廷しなかったとの理由で、しばらく留置所で生活することになった。その間、飼い犬の世話をしてくれる人がおらず、アニマルシェルターに引き取られる運た。 その後、留置所から戻った男性は、アニマルシェルターに犬を引き取りに行ったが、ここで問題が発生する。400ドルの手数料を支払わないと、犬を返してもらえな [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地
  • 谷中村跡。この場所は現在、渡良瀬遊水地として、整備され、ラムサール条約に登録されている。 谷中村は、足尾鉱毒事件において、鉱山や明治政府を相手取り、戦った村で、それを煙たく思った政府によって、人口2700人、戸数450戸の村は廃村に追い込まれた。鉱毒訴訟を主導し、谷中村廃村の折には、村の存続を要望して活動した議員がいる。田中正造である。彼は、鉱毒訴訟と、村の存続のために、当時の天皇に直訴をしようとして、 [続きを読む]
  • コンビニの食品廃棄
  • コンビニでサンドイッチを買ったわけだが、レジに持っていくと、バーコード読み取り機を当てたとたん、そのサンドイッチを交換すると言い出す。理由は賞味期限が近いからだと。 僕は「いや、そのままでいいよ。」と言ったのだが、他の店員とのすばやいコンビネーションで、新しい商品と交換されてしまった。 まさに「じぇじぇじぇ!?」だ。 その賞味期限の迫ったサンドイッチは、たぶん、規則で店員が持ち帰るとか禁止のはずだか [続きを読む]
  • 腐らないフライドポテト
  • 某有名バーガーショップの食品類がどのくらいで腐敗するかの実験をした動画があった。どれだけ防腐剤が使わされているかを実証したい実験らしいのだが、なかなかチープな実験である。 それぞれの食品は別々の密閉できる瓶に収納されるのだが、バーガーには、素手で触れているのに、フライドポテトは一切手を触れていない。この時点で付着する雑菌の量は桁違いである。さらに他のバーガー類を見れば分かるとおり、入れられた瓶が水 [続きを読む]
  • ついったーで
  • 米国の要求に従い、日本が攻撃されても無いのに世界中に切れ目無く自衛隊を派遣し続けるのか?マケインが既に要求しているように中東の無限戦争に参加か?、私達の税金と若者の命は湯水のように消えてゆく。6人に一人の子供の貧困、福一封印もせず放射能垂れ流し、被災者救済もせず米国の戦争のために と呟いておられる方がいらしたので、 想像力のたくましいのは尊敬しますが、その想像力を今直ぐ隣にある危機には向けてはいた [続きを読む]
  • 恋の予感?
  • C社での話し。同僚を僕の車に載せて、遊びに行ったり、家に送ったりを、頻繁にしていた。男女関係なく。 ただ、特に社内での一番付き合いの長いであろう女性(仮にF子としておく)を家に送ることは飛びぬけて多かったことは事実だ。特に他意はないが…。 他の女子だって、乗せていたし、何故か車の中で僕に色々相談してくる女子もいた。車で二時間以上かかる実家まで、送った女子もいる。そうしてあげたかっただけである。それ [続きを読む]
  • 小説書きでしたw
  • いやマジでww 今は無きC社という広島ではちょっとは知れるまでになったが、放漫経営が祟って、某銀行がトドメを刺した形で、倒産しちゃった会社があったのさ。 今、世間のモバゲーでも超有名なとあるゲームを作った会社さ。 現在は、権利のすべてが他社に移譲されているんだけどね。そのC社がまだマニアの間でしか有名でなかった頃、ミニゲームの詰め合わせソフトをMSX用で出していたんですわ。 月給がたまに遅配したりす [続きを読む]
  • イラスト改変事件
  • 一番最初に世に発売されたMSX2/2+版の某超有名ゲームのパッケージ用イラストは、イラストレーターの女性に書いてもらったものだが、最初、彼女独特の淡い色彩で描かれていた。 初めてのパッケージイラストだったためか、印刷に適さないほどの淡さだったため、着色しなおしてもらおうと、彼女を探したが、すでに家に帰っていた後だった。しかし、イラストは急を要しており、明日の朝一で印刷屋に出さないといけないモノだったため [続きを読む]
  • 絵師の壊死w
  • 個人的に、C社内で一番絵師として飛びぬけた才能が有ると信じてやまない男がいた。 彼は休み癖遅刻癖が甚だしい、普通の会社なら即効クビ間違い無しの人物であるのだが、彼の才能が惜しいと思うスタッフは多く、基本、そんな彼に説教をする人物はいなかった。 しかし、流石に三日間も無断欠席、電話にも出ない。という状況があって、これはサボりでは無く、もしかしたらヤバイ状態じゃないのか?と思った社員たちで、彼の家まで [続きを読む]
  • 本当にあった怖い話
  • C社でのこと。韓国に進出することになった折、 韓国のソフト開発会社三社が候補してきて内二社から手厚い歓迎をうけたのだが(事務所での話だけだったのはサムスン)、内一社は、社長を含めた我々視察団をおさわりバーの個室に招待。宴の後、ホテルに戻ると、そのバーの女性スタッフがホテルの部屋にやって来るという事態が。 社長がすぐに全員を社長の泊まっている部屋に集めて、彼女たちはそのまま帰そう。ということになり、 [続きを読む]
  • 事故紹介(12)
  • 場所は韓国。曇り空の薄暗がり、片側一車線の日本で言うなら農面道に当たるだろう道。 他に走行する車があまりなく、しかも事故の直前には全く車がいない状況。車は、スズキのアルトをライセンス提携で韓国仕様にした軽自動車サイズの車。韓国では国民車と呼ばれている。5ドアで、エンジンは800cc。ハンドルはアメリカと同じで、左にある。ベルトはしていない。妻と子供は後席でうつらうつらしている。 走行車線の反対側にあるガ [続きを読む]
  • 事故紹介(11)
  • 朝、空港入口付近。小雨の降る片側二車線の若干の上り坂。 家族(妻と子供)を乗せて、空港に向かっていた。妻(韓国人)の兄が急死した知らせを受けて、急遽、韓国に行くことになったのだ。 緊急の事態があったので、焦って運転していた。 交差する空港の道を横切ろうとしたその瞬間、ワゴン車(営業車)がノーブレーキで横道から飛び出してきた。 とっさにブレーキと急ハンドルを切ったのが間違いだった。以前、キャロルをつぶ [続きを読む]
  • 事故紹介(10)
  • 軽自動車を買い換えて、数ヶ月。道は片側二車線の橋を越えた後の若干の下り。夕方間近の天気は晴れ。 一人で、ドライブに出かけた帰り道だった。内側の車線を前に3台、後ろに1台が結構車間を詰めた感じで走っていると、一番前の軽四輪が、いきなり右にウインカーを出して急ブレーキをかけた。後続は、二台目がギリギリでストップしたようだが、三台目が二台目に接触。次の俺の車はかろうじて(たぶん数センチで)、三台目の車にぶ [続きを読む]