ojisan さん プロフィール

  •  
ojisanさん: 日本みつばちを養蜂する養蜂指導インストラクター日記
ハンドル名ojisan さん
ブログタイトル日本みつばちを養蜂する養蜂指導インストラクター日記
ブログURLhttp://nihonmitsubachi88.blog.fc2.com/
サイト紹介文横浜で日本みつばちを養蜂する(社)日本在来種みつばち協会認定のミツバチ養蜂インストラクターのブログ
自由文日本みつばち養蜂歴3年、横浜市の(社)日本在来種みつばち協会認定の養蜂インストラクターです。色々な巣箱での日本ミツバチ養蜂の実践記録、巣箱、周辺の蜜源、みつばちの分蜂といった養蜂事業の実態を紹介します。日本ミツバチの養蜂は都市部でも可能で、銀座のビル屋上での蜂蜜の生産は有名で、中高年、老後の趣味や副業、独立開業ビジネスとして人気が高まっています。初心者への出張によるミツバチ養蜂指導も行います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/09 01:06

ojisan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本みつばち観察記録(2018年11月8日)
  • 伊都キャンパス内にニホンミツバチの巣箱を設置しました。来年の実証試験に使用する予定ですが、2群のうち1群は冬を越せるかどうか微妙です。この2群は山田緑地ミツバチの会のOさん、Nさんから譲り受けたものです。ありがとうございました。10月27日(土)〜28日(日)、つくば市のつくばイノベーションプラザにて第27回日本ダニ学会が開催されました。「アカリンダニ寄生がニホンミツバチの飛翔能力に与える影響」という演題で [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年8月6日)
  • ハチ達は暑さに負けず元気でいるかしら? 随分無責任な言葉で始まりましたが、横浜に置いているハチ達が心配です。伊勢原(雨岳文庫)に置いている群(3群)は自然の会のKさん達の協力で最低限の暑さ対策を実施しましたが、横浜旭区の群(4群)は県畜産保健所の検査(7/12)以降そのままなので、何の暑さ対策もしていません。昨年まではこのままで夏を乗り切ることが出来ていましたが今年はどうか?心配です。 早く横浜に帰っ [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年6月15日)
  • 雨岳文庫(伊勢原市)にて採蜜をしました6月10日(日)雨岳文庫の梅狩りのイベントに合わせて日本みつばちの採蜜(2群)を予定しました。??の予報でしたがお蔭様にて午前中は降られることもなく無事採蜜ができました。梅狩りに参加された方にも採蜜を見学いただき、採りたての蜂蜜を賞味していただき、大変好評でした。時間がなくて空の重箱を継ぎ足さないまま帰ってきましたが、次回(7月下旬?)まで待ってくれるでしょうか [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年5月22日)
  • 皆様の分蜂群捕獲の状況は如何ですか? 4月から福岡市内に移転したため神奈川県下に設置した待ち箱のチェックが進みません。10ヶ所、24箱を設置しましたが5月2日現在、捕獲を確認出来たのはまだ2群(下の写真)です。 2つの巣箱とも何年も営巣箱として使用していますので近くに置いた未使用の巣箱より蜂は好んで選択したようです。 5月26に横浜に戻りますので新しく確認できる群がいるかどうか、楽しみです。5月15日 家 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年3月20日)
  • 春風ここち良い今日、明日はまた冬に戻ってしまうようですが、20度を超える日もありすっかり春の気配が感じられます。庭の草木の花も例年より早く開花しそうです。ウメは終わりましたが今はアンズ、スモモが満開になっています。モモの蕾も大きくなり2〜3日後には開花しそうです。道路に面した垣根のサザンカの根元に季節の野草を植えています。今はカタクリ、シュンラン、ショウジョウバカマが咲いています。4月から私のわがまま [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年3月6日)
  •    待ち箱作り まもなく分蜂の季節がやって来ます。 今年も新しい待ち箱(重箱です)作りに挑戦しました。 今年の主な改良点は下記3点です  ①サワラ材を使用  ②天板部分にメントール等が置ける空間を確保  ③重箱下段部は巣門以外に左右側面に開放空間を確保①サワラ材を使用 先輩達から巣箱はスギ材よりサワラ材が良いという話を聞いていました。 実際にスギ材は湿気が取れにくいがサワラ材は湿気がこもらないよ [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2018年1月8日)
  • ずいぶん長い間このブログをお休みしました。4ケ月ぶりになります。昨年6月末にて退職し少しはミツバチに時間が取れるのではないかと思っていましたが雑用に追われてミツバチとゆっくりつき合う時間はなかなか確保できません。その間、身内の突然の不幸があり心の余裕も無くなっていたみたいです。さて現在(1/7)営巣群は4群います。1群は蜂の数が少なく問題がありますが他の3群は大丈夫そうです。問題のある群です。奥の方 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年9月5日)
  • 9月に入ったら急に寒くなりました。あと10日もすれば巣箱にオオスズメバチが偵察に来るでしょう。1)養蜂場の巣箱の状況確認を8月中旬からしています。  現在8群います。  今年は9群捕獲出来た事になります  1.長崎県佐世保市内及び南島原市内の巣箱(重箱式)    いずれも2017年春捕獲群    両群とも蜂の姿無し→佐世保群はスムシ被害少なく採蜜した            南島原群はスムシ被害大 きく採蜜 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年7月17日)
  • 10日前からニイニイゼミの鳴き声が聞こています。毎日暑い日が続いていますがまだ梅雨明け宣言がありません。今年は花の開花や昆虫の初見日がいつもの年と異なっています。公園のサルスベリやカクレミノの花が開花し8月上旬の感じです。我が家から直線距離200mのS邸の庭のサクラの樹洞に日本みつばちの営巣群を見つけました。春に庭のスモモに日本みつばちが来ているとこのブログでも書きましたがどこかに別の越冬した営巣群がいる [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年6月18日)
  • 今日は(18日・日曜日)の午後から雨が降り出しました。空梅雨もようからやっと暦通りに梅雨に入ったようです。鎌倉にお住いのよみうり受講生Yさんからの報告鎌倉市内のお寺のお墓にいた営巣群を捕獲しYさん宅にて飼育中。幸いなことに毎日活発に蜂が出入りしているとの報告を受けました。捕獲後もう2週間以上経過していますのでハチマイッターを外すことにしました。このまま順調に蜂群が隆盛になることを期待しています。伊勢原 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年6月4日)
  • 6月に入りました。私事ですが6月末で退職をします。やっと49年間のサラリーマン人生もゴールまじかです。退職後は日本みつばち三昧と行きたいところですが年に逆らって前向きに生きていきたいとまだ思っています。前の会社の同期の葬式に参列しました。サラリーマンとして代表取締役まで登り詰め、仕事一筋の人生だっだと私には思われますが彼なりに自分の人生を納得していたようです。先月ジベレリン処理をした庭のグミが色づいて [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年5月25日)
  • 分蜂群捕獲(3)分蜂の季節も終盤戦です。サッカーで言えば残り10分を切った感じです。皆様の今年の捕獲状況は如何ですか?よみうりカルチャーの受講生の方からは残念ながらまだ良いニュースはありません。その他は3〜4名の方からは捕獲出来たという情報をいただいています。厚木、伊勢原地区に設置した待ち箱のチェックにやっと行くことが出来ました。毎年捕獲出来ている厚木市内の栗園の待ち箱に1群及び今年初めて設置させていただ [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年5月14日)
  • 分蜂群捕獲(2)ゴールデンウイークはあっという間に過ぎ去り分蜂シーズンも後半に入りました。皆さんの捕獲状況は如何ですか? 昨年春に雨岳文庫(伊勢原市)にて開催した巣箱(待ち箱)作製講習に参加されたWさんの待ち箱に蜂が入ったという嬉しい連絡がありました(誘引剤使用)。Wさんおめでとうございます。私は4月末から長崎に行きました。4月上旬に南島原市内に設置した待ち箱に分蜂群が入りました(下の写真)。写真には [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年4月15日)
  • 分蜂群捕獲やっと横浜も桜(ソメイヨシノ)が満開になりました。でも植物の種類によっては1〜2週間開花が遅れています。庭のアケビは満開で良い香りを漂わせていますが例年の3月下旬の頃の状態です。スモモの花は散ってしまいましたがモモやアンズの花はまだ少し散らずに残っています。例年なら4月上旬に咲くはずのグミの花が満開になったのでジベレリン処理を施しました。少し遅れましたが厚木市内の蜜柑園に行き、予定していた分 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年4月10日)
  • 分蜂の季節になりましたね皆さんの地域ではもう分蜂が始まっていますか?私はまだ待ち箱の設置が予定通りに終わっていません今週末には完了させたいです。3月末に長崎県佐世保市に行きました。佐世保市周辺や南島原市周辺では昨年から日本みつばちの数が減少しているとのこと。一昨年に捕獲出来た場所に待ち箱を設置しました(+誘引剤)昨年は捕獲できなかったが今年はどうなるでしょうか。長崎からの帰り道に山陰の名湯、岩井温 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年3月26日)
  • 分蜂群捕獲準備に追われて嬉しい発見がありました。庭の満開のスモモの花に日本みつばちが来ています。もう何年も我が家周辺では日本みつばちの姿を見ていませんでした。8年前に我が家の庭から分蜂やら逃去やらの群が数群ありました。それらの群の子孫かもしれません。いづれにしろ待ち箱を庭に設置する必要がありそうです。このところ毎日、キビタキが庭に来ています。ゴキブリやらスムシを餌としてあげていたら、じっと待ってい [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年2月28日)
  • 分蜂群捕獲の準備 もう明日から弥生、3月です。皆さんの分蜂群捕獲の準備状況は如何ですか?関東地方では早いところは4月上旬には分蜂が始まります。まだキンリョウヘンの花芽は大きくなっていませんので、このままでは開花は5月になりそうです。その為、そろそろ誘引剤の注文をする必要があります。今年はいくつ注文するかをあれこれ考えるのも楽しみの一つになりますね。昨年秋に私の部屋にウスグロツヅリガが発生していました。 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2017年1月28日)
  • 春はもうすぐそこまで早いものであと何日かで節分です。春はもうすぐそこまで来ているのですね。正月気分が抜けきれない8日(日)から香港・深圳に4日間行ってきました。日本との気温差が20℃以上あり風邪気味で帰ってきました。その後、長崎に行きましたが長崎空港を降りたら一面の雪景色、なかなか風邪が抜け切れません。22日(日)はよみうりカルチャーの日本みつばち講座です。日程の都合上養蜂場見学が一番寒い時期(1月下旬 [続きを読む]
  • 日本みつばち観察記録(2016年12月13日)
  • 越冬を前に1群消滅10月上旬、今年捕獲した群の様子を見に行きました。巣門付近が糞?で汚れています。このような糞汚れ?が見つかった後は必ず群の勢いは減少してしまいます。最初はオオスズメバチの攻撃に対する一種の防御であると考えていましたが、(防御のため巣門を糞で汚すことがあるとある本には記載されていました)この時はまだ蜂の数が多くいましたが何か引っかかるものがありました。10月下旬から巣の重さが十分でない [続きを読む]
  • 過去の記事 …