Q_ さん プロフィール

  •  
Q_さん: Terroir
ハンドル名Q_ さん
ブログタイトルTerroir
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/terroir
サイト紹介文基本的にブルゴーニュのワインサイトです。
自由文一応日本のブルゴーニュファンの中では古い方に入ると思います。JayerやC. Noellat, DRC等お宝ワインを30年程前から収集すると共にブルゴーニュへも頻繁に出かけてvigneron回りをしていました。オスピスでも競売に参加していましたよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/01/10 23:44

Q_ さんのブログ記事

  • 貨幣としてのワイン(2)
  • ワインを貨幣として財を貯蔵蓄積する長所は大まかに言って、投資性、追跡捕捉の難しさ、無記名、換金時の安全性そして滅却性というところだろう。これらの点で時と場合によっては宝石や貴金属、また現金よりも都... [続きを読む]
  • Auxey Duress 1er Rouge (Roulot)
  • Auxey, Monthelie、Blagnyと言った少し標高の高い畑のワインはうまく作れば深みこそないものの、軽快でチャーミングで非常に楽しいワインに仕上がる。Meursaultの双璧、Coche、Lafonに限らず良質の白生産者の赤は... [続きを読む]
  • Volnay Clos Des Ducs 2001
  • 押しも押されぬVolnayの筆頭ドメーヌ、そのドメーヌのモノポールになる最上の畑とされるワイン。表土が薄く礫が多い地層から出来るワインは意外に凝縮があり、強く硬さを感じるだろう。彼の他の Volnay、例えばC... [続きを読む]
  • Montrachet 2002 (V. Girardin)
  • PMOの要因として色々な人が色々な事を言っている。筆者の経験からして、特定の生産者、特定のVTに多く見られることから、作り、特にバトナージュやSO2の使用量等複合要因であるように思えるのだが、まだ決定的な... [続きを読む]
  • Cote de Provence Rose 2015 (Garrus)
  • 今日は軽く。日本も本格的な夏を迎えたようでこれからの季節は赤が少しきつくなり、白か泡が主体となるのだが、ロゼも悪くないと思い、「世界一高価」と言う触れ込みのこのワインを試して見た。端的に言うと、「... [続きを読む]
  • Chambertin 2011 (Maison Ilan)
  • 最終的には日本には入らなかったので余り知られていないミクロネゴス。最終的と書いたのは現在存在しないからだ。2009年に彗星の如く現れ、最後に瓶詰されたのは2013。2014以降は葡萄農家への支払いが出来ず、家... [続きを読む]
  • Bourgogne Blanc 2014 (Dujac)
  • 90年代前半までは間違いなく最高の作り手の一人だったが、代替わりしてからはどうだろう?勿論このドメーヌも他に漏れず値段が高騰(というか爆騰に近い)している。ネゴスを始めRSVを取得して名声は高まってい... [続きを読む]
  • Champagne Rose Brut NV (Thienot)
  • これだけブルゴーニュの値段が高騰してしまうと普段飲みには相対的にシャンパーニュはお買い得だなと思えてくる。確かにメゾンの下のクラスはあまりマチエールが無く、レジョナルブランと余り変わらないし、メゾ... [続きを読む]