プリティ中野 さん プロフィール

  •  
プリティ中野さん: プリティ中野の一問入魂
ハンドル名プリティ中野 さん
ブログタイトルプリティ中野の一問入魂
ブログURLhttp://prettyjonathan.blog.fc2.com/
サイト紹介文元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が名古屋から全国の医学部・難関大受験生に贈るエール
自由文ラジオNIKKEI『合格一本勝負』元パーソナリティ、KKロングセラーズ『受験は情熱だ』『合格の絶対法則20』著者中野俊一(名古屋・千種/セント・メプレス)のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2013/01/12 02:15

プリティ中野 さんのブログ記事

  • プリティ中野の英文解釈クリニック007
  • プリティ中野の英文解釈クリニック007These psychological obstacles have the power to block our ability to think about our future, leading us to be "stuck" in the here and now.(出題:2017年度大阪医科大学)×残念な訳例→これらの心理的障害は、私たちをここと今に「くっつけ」られるように導きながら、私たちの未来について考える私たちの能力をふさぐ力をもっている。◎クリニック→付帯状況を意味する後置分詞句を [続きを読む]
  • 浪人生よ、中だるみするなよ!
  • これはあくまでも一般的な傾向だが来年こそは受かってやる!と浪人生活に再び突入した4月の頭の強い気持ちが夏ともなるとだんだんとゆるんでくることは珍しくない。一方、部活動を引退した高3生はこの夏からロングスパートを仕掛けてくるので中だるみということがない(初めから弛んでいる者は別だが)。そのような事情でジリジリどころかグイグイと高3生が中弛みしている浪人生を追い上げてきて、夏が過ぎ秋が深まり山に初雪ちら [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 006
  • プリティ中野の英文解釈クリニック006……the idea that modern aircraft are flown by computer, with pilots on hand merely as a backup in case of trouble.(出題:2015年度兵庫医科大学)×残念な訳例→現代の飛行機は困難な場合に単に支援者として近くのパイロットとともにコンピュータによって飛ばされる考え◎クリニック→この受験生に with 以下が付帯状況を表す副詞句という認識があれば、もう少しましな日本語がつくれ [続きを読む]
  • 志歩の青学しほンケーキ⑤
  • こんにちは!青山学院大学総合文化政策学部3年の酒井志歩です。今日は私の最近の出来事について書きたいと思います。インターン真っ最中いうこともあり、「なぜ自分は体育会の部活に所属しているのか」ということについて考える機会が多くありました。初対面の面接官に短時間で部活の魅力を伝えるには、自分の日頃の思いを今一度反芻し、言葉にする必要があるからです。しかし普段何気なく考えていることを言語化するのは簡単なこ [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 005
  • プリティ中野の英文解釈クリニック005(等位接続詞 but)One of the most famous runs in history took place in 4
    90 BC, when a lone messenger raced some 42 kilometers from the battlefield at Marathon to Athens. He then collapsed and died, but
    not before reporting news of the Greeks' victory and warning of a coming attack by the Persians on Athens itself.(出題:
    名古屋大学)×残念な訳例→歴史上最も有名な [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 004
  • プリティ中野の英文解釈クリニック004(等位接続詞 and)Jane Goodall says it is illogical for scientists to use animals to study the human brain and then deny that animals have feelings.(出題:同志社大学)×誤訳例→ジェーン・グドールは人間の脳を研究するために動物を利用することは科学者にとって非論理的であると言い、その後で動物が感情を持っていることを否定する。◎クリニック→it is illogical 以下の形式 [続きを読む]
  • 私大医学部へのお願い〜入学者選抜における多浪生の扱いについて
  • 最近、多くの私大医学部は多浪生に厳しい入学者選抜をしているようです。しかし、足踏みをしたり、つまづいたり、奈落に突き落とされたりした経験を若い頃に積んだ人物は、人間的魅力に富んだ臨床医になる可能性が大きいと私は考えます。一定の学力水準を満たしているなら、他浪生だからという理由で面接試験での評価を下げるなどの措置をとることのないよう、全ての私大医学部に謹んでお願い申し上げます。セントメプレス学長 中 [続きを読む]
  • 生きることに前向きになることが受験に勝つ第一歩
  • 当たり前と言えば当たり前のことなんだけど生きるということに前向きな姿勢でいなければ建設的に人生を切り開くことなどできやしない。受験だって建設の営みの一つだから人生に対する基本姿勢が懐疑的で虚無的であったりしたのでは勝てるわけがない。人生に対して後ろ向きな姿勢では進学後の学生生活そして社会に出てからの人生に明るい展望が持てるわけがない。つまりそんな心の様相では受験勉強に集中できるはずがないからである [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 002
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 002(愛知医科大学医学部本試験2015年度大問Ⅱより)High qualit
    y social connections appear to protect against cognitive decline. Recent studies show a 25 percent reduction in the risk of develo
    ping dementia among seniors who report feeling satisfied with the relationships in their lives.★直訳→質の高い社会の
    つながりは認知能力低下に対して防御しているようだ。最近の研究 [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 001
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 001In unparalleled numbers, people of all ages are running, walking, swimming, skiing, and otherwise exercising their way to better health.★直訳→過去に類例を見ない数で、あらゆる年齢の人達が今走ったり、泳いだり、スキーをしたり、また他のやり方で運動してより良い健康に至る道を切り開いている。※参考 make one's way to A Aへ進む☆意訳→今や史上最多の老若男女がランニン [続きを読む]
  • 百里を行く者は九十里を半ばとす
  • 百里を行く者は九十里を半ばとす《「戦国策」秦策・武王から》何事も終わりのほうほど困難であるから、九分どおりまで来てやっと半分と心得、最後まで気をゆるめるな、という戒めの言葉。(コトバンクより)これを偏差値に置き換えると偏差値50の者が偏差値70を目指すのであれば偏差値68を達成してようやく半ばまで来たと言ってよいということだ。偏差値60になったから半分まで来たなどというのは甘いということだ。実際偏差値50を [続きを読む]
  • プリティ中野の英文解釈クリニック 003
  • プリティ中野の英文解釈教室 003Compared to America, Japan is a haven for the very young and the aged; both age groups are showered with attention that is denied people in between.★直訳→アメリカと比べると、日本はとても若い人達と高齢の人達にとって避難所である。両方の年齢の集団は中間の人達には与えられない注意を浴びせられている。※haven 避難所  deny (第4文型) 人に〜を与えない in between 中間の☆意 [続きを読む]
  • 我が子を信頼しその意志を尊重するというのは聞こえはよいが
  • 自分の子供を信頼する。僕はこれを親の基本的な姿勢としては賛成するしまた尊重もするがそれはあくまでも子供が正しい判断力をもちかつモチベーションも高い場合の話であって正しい判断力もなくかつモチベーションも低い場合も含めて盲目的に子供の意志を尊重するというのは到底僕の理解の及ぶところではない。極端な話子供が世捨て人になりたいと言ってその意志を尊重するという親はいないだろう。さて進学校の高2生で、成績は下 [続きを読む]
  • ごまかすから伸びない
  • わかったつもりあるいは見て見ぬふりしてわからないところをスキップするのが受験勉強を進めていく上で一番よくないことだ。なんべんやっても頭に入らない事項がもし君にあるとすれば頭の悪さを嘆くよりも薄っぺらな取り組み方を改善する方がよほど実効がある。目の前の問題を正視しよう。決して自分をごまかして逃げたりしないことだ。ところで本年8月22日〜25日の 3泊4日、セント・メプレスは名古屋は伏見のビジネス・ホテルで [続きを読む]
  • 来年必ず笑うために。
  • 問題は目的や目標があって初めて存在する。だから目的がない者には問題はない。僕は今自分が大学入試を受けることは考えていない。またクイズ番組に出ようとも思わない。だから古典が苦手だということは問題とはならない。旅行したいと思わないのであれば旅費がないということは問題にはならない。結婚したい、あるいは恋愛したいと思わないのなら好きな異性がいないということは問題にはならない。本気で志望校に受かりたいと思っ [続きを読む]
  • 図太く構えようぜ!
  • 生きていくということはいろいろな心配事に次から次に遭遇することでもあるから心配事があるのは当然のことだと腹をくくりどっしりと図太くかまえてやるべきことに集中することが大切だ。受験生で言えば受けた模試の結果が気になる、不得意科目を克服できるか不安だ、もし来年も落ちたらどうしよう、などなど心配事は尽きることはないが早い話、そんなことをいちいち心配していてもなんにも得することはないから開き直って今日やる [続きを読む]
  • 勝負を避ける人はそれが癖になる
  • 絶対負けると完璧にわかっている勝負ならあるいは勝つことに大きな価値を見出だせない勝負ならこれを避けるのはあり得ることだ。というより特に前者であれば勝負しないのが当たり前だ。とは言うものの勝ち負け以上に大切なものも時にはあるから当たり前とは言い切れないのが人の世なのである。ましてや勝てる見込みがありしかも勝つことに大きな意義を見いだせる勝負を避けるのは自分を小さくすることだからその場合はよほどの事情 [続きを読む]
  • 価値ある目標は譲らないという覚悟
  • 負けることを恐れて勝負しないという考え方は勝つことを期待して勝負するという考え方と表裏一体のもので実に人間らしいことである。表裏一体のものであるから何かの拍子にスイッチが切り替わると考え方が一変する。受験生で言えば成績の推移がそのスイッチとして機能することが多い。模試の結果によって志望校を上方修正したり下方修正することはよくあることだ。しかし上方修正するのはよいとしても下方修正、つまり志望ランクを [続きを読む]
  • まずは目の前のことに集中する。
  • 今やらねばならないことに集中することが結局ベストを尽くすことになるのであれもやらねばこれもやらねばとやらなければならないことをメリーゴーランドのように頭のなかでグルグル思い起こしても今目の前にあることは一向に片付かないのである。この先やらなければならないことの多さや大きさを考えるだけでぐったりと疲れてしまいやる気を喪失してしまう人もいる。所詮人間は一度にひとつのことしかできないのだから腹をくくって [続きを読む]
  • 本気の度合い
  • 一口に本気と言っても程度の差はあるものだ。カレーにだって辛さの度合いがいろいろあるのと同じことだ。甘口 普通 中辛 大辛 極辛…だから自分は本気だ!と口で言うのは簡単だが要は本気の度合いが問題なのである。ある人は掛けた時間と取った行動の積算で本気の度合いが判ると言ったがなるほどそうだなと思う。掲げた目標が達成できるかどうかは結局のところどのように手と口と足を動かして具体的な事実を積み重ねたかで決定され [続きを読む]
  • 自分が変わらなければ始まらない
  • 状況に変化をつくろうとするなら自分が変わらなければ始まらない。待っているだけでは流されるだけ。ここで言う「自分が変わる」というのはもちろん体重とか体脂肪率のことではない。考え方や行動の習慣のことである。受験生の場合で言えば不合格を引き寄せる考え方や習慣を合格を引き寄せる考え方や習慣に変えることが大切なのだ。夜更かし→早起きだらだら→集中わからないことを翌日以降に持ち越す→その日のうちに解決する朝飯 [続きを読む]
  • フィットネスクラブに通い始めて一ヵ月経った。
  • もちろん毎日というわけではなくほぼ2、3日にいっぺんというペースで千種駅の近所にあるフィットネスクラブに通い始めて一ヵ月経った。備え付けの筋トレマシーンを一周してからランニングマシーンで20分ほど歩いたり走ったりしていると心拍数があがり額から汗が流れ落ちる。やればやっただけのことはあるもので大胸筋をピクピク動かせるようになった。さて除夜の鐘まで200日を切った。僕はこのジム通いでつくった体力を今後の指 [続きを読む]
  • 励ますことの効果
  • 結局自分を勝利に導く最大の要因は自分を信じるということだと思う。自信というものはまぁたとえて言うと建築業者にとっての地面のようなものでありこれがグラグラだととてもじゃないが高層ビルなど建てられたものではない。生まれつきの自信家はだからアドバンテージに恵まれているということになるがこれも度を越すと自信過剰となり油断が生じて大魚を逸することになりかねないから要注意ではある。とは言え自信のない人は大魚を [続きを読む]
  • 志歩の青学しほンケーキ④
  • お久しぶりです!またまた、プリティ中野にブログを書いてと頼まれました…??今日も受験生へメッセージがかけたらいいと思ってます!少し前までしほも高3だったのにもう大学3年生なんて、、ショッキングです>_だけど受験期の記憶ってすごく鮮明に覚えてるんですよね受験とかの話をする前に、しほの最近好きなことについて書きます!実は私、フィギアスケートを7歳からやってます写真トリノ五輪の荒川選手に憧れて、始めたスケー [続きを読む]