ハムケン さん プロフィール

  •  
ハムケンさん: サバーイバル・セカンドライフ
ハンドル名ハムケン さん
ブログタイトルサバーイバル・セカンドライフ
ブログURLhttp://sabai2ndlife.com/
サイト紹介文早期退職した50代親父の一大決心。タイのバンコクで起業を目指したサバイバル奮闘記。
自由文サラリーマンはもう飽きた。折しもリストラで、再就職をやめて、好きなタイで起業することを目指して移住生活を始めます。タイ風物の紹介を織り交ぜ、その過程を公開しちゃいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2013/01/12 14:01

ハムケン さんのブログ記事

  • 可愛い二人と一匹
  • 朝、この二人が来ると僕は安心する。若い方はキュートな身体付きで大人しくて可愛い。年配の方は、とても気が利いて売るのがとても上手。二人共、勝手知ったるでお店を任せられる。お客さんが少ない時は、僕はお店を置いて、足りない物を買い出しに行ったり、銀行に両替に行ったり、川に水の具合を見に行ったりも出来る。お金をちょろまかすことは決してしない。あれがない、これがないと言う代わりに、無くなりそうな物のリ [続きを読む]
  • 白いちご!?
  • タイの白いちごタイには昔から白いちごがある。これはその例。実は完熟すると真っ赤になる80番の未熟版。未熟だから、固くて芳香も未だ無い。けど、白いのに不思議なことに甘い。勿論、完熟と比べたら甘くないけれども、白い割に甘いのが不思議だ。白過ぎて売り物にならないため、こうして分けているのだが、捨てる訳ではない。何故なら、あと1〜日で少し赤くなる。また、お客さんに依っては、赤いのよりこれくらいの白い [続きを読む]
  • みっ、水が!!
  • 気温が高く、雨が降らず、湿度が低い。なので山はカラカラ。カオヤイ国立公園から流れ出る沢ラムタコーンの水量も激減した。このパターンは、ここでいちご園を始めた3年前と同じ。あの時は、2月から5月までラムタコーンは涸れて、周囲の畑は大打撃を受けた。人々も水無し生活を強いられた。水は澄んで取水口のフィルター袋が良く見える。まだ水深50センチ近く有りそうだ。この防砂堤から水が落ちてきているのが分かる。 [続きを読む]
  • トマト狩りはもうタダじゃ
  • ミニトマトは実に長い間良く成ってくれた。8月に定植して、10月には真っ赤な実が成り出した。それから、今日まで約3ヶ月間、毎日何キロも成って、10万バーツ位売上に貢献したんじゃないだろうか。しかし、ここに来て、トマトの株は老化し、成るトマトの味も落ちた。そこで、来期の為に数千個の種を採って(このミニトマトはF1ではなくて、珍しい固定種)、終了することにした。まだまだトマトは山ほど成っていて、中に [続きを読む]
  • タイでもう6年
  • いつものようにお店に立ち、来る客にタイ語でいちごの叩き売りをする。タイ語の発音が変なので、直ぐにタイ人じゃないとバレる。何人だと聞かれ、日本人だと答えると、急に親しみを込めた笑顔を見せてくれるのが救いだ。「へえ、日本人かよ。それにしれもタイ語上手いね。何年タイに住んでるんだい?」「もう5年になります。」「5年でこんなにタイ語が話せるようになるんだ。大したもんだねえ。きっとタイ女の嫁はんが居る [続きを読む]
  • いちご鈴なり予報
  • 1月なのに暑い日が続くカオヤイ、ワンナムキアオだが、嬉しいことに漸く第2波のいちごの花が咲き出した。カオヤイは、第2期に定植したエリアCの花出現率は、何と90%。第1期に定植したエリアA,Bの花出現率は、約15%。第1期定植群の第2波の開花が遅れているのは、ワンナムキアオのマシュマロいちご園も同様で、原因は全く不明。しかし、第2期定植群に遅れること2週間で花が上がりそうだ。以上の状況から、カオヤイ農園 [続きを読む]
  • こどもの日
  • 今日は、タイのこどもの日。カオヤイ農園の隣にあるテーサバンでも、こどもの為のイベントやっていて、ただでお菓子を配っていた。そこで僕も負けじと、こども連れのいちご狩り料金を何時もの100グラム60バーツの2割引、100グラム50バーツに勉強した。それだけじゃケチくさいので、いちご狩りやいちご買い等で、10バーツでもお店にお金を落とした家族のお子さんには、一人一つづつお菓子を配った。それがこれ。所謂ラムネ菓 [続きを読む]
  • ブアレーオ
  • 今日から時々だが、知っておくと役に立つ(かも知れない)タイ語講座をやってみようと思う。勿論、僕がやることだから、チュラロンコーン大学のインテンシブタイ講座でやるような高尚なものではないことを断っておく。タイ人が良く使う言葉に、ブアレーオ ????????? というのがある。直訳すれば、「もう飽きた」とか「退屈だ」の意味になる。ところが、もうちょっとニュアンスが違う場合が多い。さて、もう何年も前のこ [続きを読む]
  • 諦めない
  • 最後まで諦めずに頑張り通す。これが成功者に共通する唯一の特徴のように感じる。しかも、それが人生を掛ける程の価値があるかどうか疑問に思うようなことでも、その人の目の前に立ち塞がる問題を乗り越える為に、常に全力で最後まで頑張る。そうする中で、運が良い一欠片の人が成功者となる。つまり、大多数の人は、諦めずに最後まで頑張ったけれど、世間で言う成功者にはなれないまま終わる。けれども、その人の足跡は、きっ [続きを読む]
  • 完熟いちご一つ
  • 葉っぱの陰に隠れていて、お客さんが見落としたので、完熟したいちごが一つ採れた。食べてみたら、凄く美味しかった。甘み充分(糖度測るの忘れた)いちごの薫りとコクも充分乗った美味しいいちごだった。みんなこうなる迄、畑に残してあげたいが、お客さんがちょっとでも赤らんだいちごは全部採ってしまうので、なかなか完熟いちごに巡り会えないという現実。 [続きを読む]
  • 今日の虫
  • いちごに集るブヨ去年は大量のブヨが茅葺き屋根が垂れ下がったところに集合し、真っ黒に垂れ下がった。それが、傷んだいちごに群がって、それが目や口に入るので嫌だった。それが今年は断熱材入りトタン屋根にしたからか、去年の黒いブヨは来なくなった。代わりに、眼が赤くて身体の色が薄い茶色で、少し大きいブヨが来るようになった。ちょっとヨコバイみたい。透明な羽根に黒い斑点がある。次は、ハサミムシ。この虫は毒 [続きを読む]
  • 回復の兆し
  • 異常高温でいちごの実が少ない我が農園に、少し回復も兆しが見えて来たかも知れない。年末年始は朝10時には、もう畑からいちごが無くなってしまっていたが、昨日はお客さんが少なかったせいもあるが、夕方5時迄いちごがあった。勿論、未だ完熟してなくて、もう一日待って欲しいところだが仕方がない。そして、今日は朝からよく熟した綺麗な赤色のいちごがたくさん採れた。どのお客さんも500グラムオーバー。1.5kg採ってきた [続きを読む]
  • 俺の赤
  • ノンタブリで商社をやっていた頃からのこだわりの色がある。それは赤と紅の中間の色。カオヤイの店先に植えたブーゲンビリアもその色。ブーゲンビリアの場合、花の場所によって微妙に色が異なるが、パッと見はこんな感じだ。いちご園でも、広告パネル等でこの色を多用する。真っ赤やオレンジっぽい赤や紫っぽい紅色は嫌いで、好きな色の範囲はごく狭い。この色を持った花等を見ると、心がハッとする。その色を持ったアゲハ [続きを読む]
  • 寒期なし!?苺なし!?
  • ヤバイ。本当にヤバイ。今年、タイは寒期が来ない。雨は降らず乾期はあるが、ちっとも涼しくならない。涼しさが売り物もカオヤイ、ワンナムキアオも連日暑くて全然高原の涼しさがない。天気予報も見ても、カオヤイで最低気温22℃、最高気温32℃の日々が続く模様。今午後3時だが、気温は33.8℃。どんより暑い。寒期がなくてヤバイのは、いちごの花が上がってこないこと。第一期定植群なんかもう2ヶ月も花がない。有っても数パ [続きを読む]
  • エヌビディアでリベンジ?
  • エヌビディアの株が昨年暴落した。エヌビディア株は僕の大好きな銘柄で、20年前から追っている。当時は未だ7〜14ドル位の株価で手頃だった。夜なべのデイトレでエヌビディア株で1000万近く儲けたが、その後のヨーロッパ危機で全部無くなった??。値動きが激しくデイトレ向きだったと言う理由の他に、心底そのテクノロジーに惚れていた。数十万ポリゴンに画像を貼り付けて、光の反射も反映させた画像を秒間60コマも計算する能力に [続きを読む]
  • ルルとナナ
  • ちょっと専門的な話になるが、通称クリスパー·キャス9(CRISPR-CAS9)と言う、DNAの特定の位置にピンポイントで遺伝子の挿入、改変、修復、除去が出来るツールがある。僅か6,7年前に発見された知見、ツールだが、急速に普及して、今では生化学の学生実験レベルでも普通に使われる。この技術の凄いところは、特定の位置に「ピンポイント」で高効率に遺伝子改変が出来るとされるところで、多くの病気モデルの作製や薬効 [続きを読む]
  • 枯れ枯れの山
  • 定点観測地点となっているパリオ前の山。ご覧の通り、からからに乾いて、殆どの木は落葉した。ほんのお湿り程度の雨を除けば、もう2ヶ月も雨が降ってない。だから、カオヤイ国立公園から流れ来る沢ラムタコーンの水量もすっかり減ってしまった。取水口付近の水深は50センチ。この分で行くと、2月頃涸れる恐れがある。この乾季は年末迄異常高温だったので、今年は干ばつの年になるかも知れない。対策として、既に夜間に溜 [続きを読む]
  • 元旦に産まれた台風1号がタイに上陸?
  • 今年の台風1号は元旦に産まれた。元旦より早く台風1号は出来ないので、勿論史上最早。そして、この変な台風は明日明後日にタイ南部に上陸する見込みという。上陸はスラタニー県辺りか。首都やカオヤイが台風の嵐に巻き込まれることはないが、台風が来たから冷たい風を引き寄せて、気温が下がるかも知れない。台風と言っても気圧が994ヘクトパスカルということで、大したことはないが、ベンガル湾のフェリーやビーチリゾート [続きを読む]
  • 水銀体温計
  • 先月、森に入って発熱したときにカオヤイの薬局で体温計を買った。懐かしの水銀体温計だ。摂氏と華氏の目盛り入り。家には電池式のデジタル体温計が買ってあった筈だが、何処かに行ってしまい見つからなかったので購入した。この水銀体温計は確か45バーツだった。僅か150円程度ということになる。体温計は例の青いキャップのプラスチックケースに入れられていて、それがぎりぎり入る小さな紙箱に入れられて売られていたが、箱 [続きを読む]
  • 60歳の抱負
  • 今年も余りパッとすることもなく、毎年の繰り返しの様に一年が終わってしまった。いちご園で生計を立てるようになってから、細かいところではそれなりの進歩があったが、大きな問題は未解決のままで、余り進歩がない。実際、収入も頭打ちで伸び悩み。今期は特にマシュマロいちご園の落ち込みが激しく、また乾季の異常高温でいちごのない時期が長引き、更にカオヤイの設備投資が大きかったせいで、この調子だと去年の総収入の3〜 [続きを読む]
  • 今年最後のカーボーイ
  • ソイカーボーイの愛しのロングガンが無くなったと友人から聞いた。もうあの具がはみ出した割れ目と万個吹き矢は無くなったのか。これでもうソイカーボーイは行く価値無くなった。しかーし、ここカオヤイには何と19年来の本物のカーボーイがある。19年前のカオヤイなんて、何にもなかったのに、何故かカーボーイが出来た。割れ目はないが、カントリーミュージックがある。演奏しているのが皆50以上のオッサンなのが受ける。 [続きを読む]
  • ペチュニアとインパチェンス
  • 今年は、コスモス、マリーゴールドの他に、ペチュニアとインパチェンスが上手く行った。インパチェンスはマシュマロちゃんが丹精込めて種から育てた。店で売ってるのより、ずっと大きくきれいに育った。インパチェンスはimpatienceから来ている。ホウセンカの仲間で、ホウセンカと同じ種袋を付ける。触るとパンと弾けて種を飛ばす。だからインパチェンス。花の色によって実の付き具合が大幅に違う。何故だろう。既に数千個 [続きを読む]
  • カオヤイ·カーボーイ·フェスティバル
  • 今年も残るところ僅か。年末年始に毎年恒例のカーボーイフェスに行ってきた。会場はカオヤイ農園から約2kmのところにある。カーボーイフェスとは、アメリカン·カントリーソングに、カーボーイグッズで染まる変わったフェスティバルで、ステーキとカーボーイスタイルは、カオヤイの一つの顔となっている。行ったのは2日前で、カーボーイフェスが盛り上がるのは今日からなので、未だ寂しい感じはしたが、その分ステージ [続きを読む]