秋野 さん プロフィール

  •  
秋野さん: 時の迷い人༗夢の種
ハンドル名秋野 さん
ブログタイトル時の迷い人༗夢の種
ブログURLhttp://timelessberry.com/blog/
サイト紹介文時の迷い人の創作ブログです。オリジナルMP3素材をダウンロードできます。作曲、夢から生まれたひらめき。
自由文のんびりとアーティストやってます('▽')⌒ ☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/14 16:10

秋野 さんのブログ記事

  • 作曲シンセでの奏法
  • midi(Windowsのデフォルト内蔵音源で鳴らす想定)での曲データ配布が主流だった頃。 たぶん、自分なりの強みが最も活かされてた時期だったと思う。midi上の演奏パラメータを入念に調整したことで、ずば抜けていい音を出 […] [続きを読む]
  • 働かにゃい
  • 今日ものんびりうだうだ。 お腹空いたから、下のお店で買ってきたアジの開きを、鍋にして。 干ししいたけと昆布の出汁に、もらった大根と白菜、ことこと。 〆はお米〜。 白米の見事な輝きが、芯の少し残った状態から、少しずつ柔らか […] [続きを読む]
  • 冬の一日
  • 冬の一日 一日の境目が曖昧になった。 いつから夜で、いつからお日様がでてるのか。 寒くなって、気温の上がる午後までは、お布団の中でのんびり。 活動を再開するのは午後三時! そして、夜日付の変わる頃にはお布団で。 うん、冬 […] [続きを読む]
  • 欲望の対価
  • 覚悟の足りないうちは、それなりの望みでしか適わない。 欲望を叶えるのに、釣り合う対価を負う気もなく、その分をさらに他から欲れば、さらなる矛盾が自己を苛む。 望みを叶えるには、相応の対価が必要。 対価を支払う覚悟ができて、 […] [続きを読む]
  • 積み重なる欲望の矛盾
  • 欲望の正体、の続き。 もし、起点の欲望が叶えられない場合、それを叶えるための新たな欲を生み出してしまう事がある。 (起点の欲望は、自分にすら無自覚な場合が殆どだけど) 理想郷を創りたい。 その為に土地ほしい。 土地買うお […] [続きを読む]
  • 欲望の正体
  • 欲望。 これがどういう影響をもたらすか、何となく理解できた。 まず起点の思いがある。「生きる」ための欲望。 「食べ物に困らないように」 「ずっと健康でいられるように」 「お金に困らないように」   こうしたい、そうなりた […] [続きを読む]
  • 石碑のことば
  • ぐるんぐるん、周りが大草原。 辺り一面を見渡せる小高い丘に、古代文字の刻まれたいくつもの岩たちが、何らかの意味を成して連なってる。 ここに来た時、草原に波のようなうねりを見た。畝はこう立てれば良いんだ。水や風が蛇行して行 […] [続きを読む]
  • 人間はどうあるべきなの?
  • 人は、大きく二種類に分けられる。 自分を優先する人。 周りに合わせる人。 人間はどうあるべきなの? と問うた時、自分を貫くべきだというのと、周りを尊重すべきだというのと、二パターンある。 で、人はそのように行動する。 … […] [続きを読む]
  • 植物の音階
  • 葉っぱ。 葉っぱの形。 葉脈 幹の形 主枝と横枝。 そして根、音。 一つの植物は、すべての部位が一定の紋様(音)で共鳴し合い、力強い生命力を形作ってる。 楽器に置き換えてみる。 太陽の光や風、水が「息」だとすれば、吹き込 […] [続きを読む]
  • 言葉なき対話
  • 剣で語ったり、鍬で語ったり。 先輩の懐石を味わえたり。 言葉に在らず、何物かを通じて語られる…里山に越してきて、ようやくの体感だった。 なぜ日本人ははっきり物を言わないのか解った部分があった。 なるほど、一から十まで言葉 […] [続きを読む]
  • お米作りの先輩から
  • 今日は、地元でこだわりのお米を作ってらしゃる先輩に、お家でご馳走になりました。 先輩から本を借りてた。 昭和40年代に辻さんという方が描かれたご飯と味噌汁の大善書。 そこには、ご飯と味噌汁、代々日本人が培ってきた食べ物を […] [続きを読む]
  • 言霊を刻む
  • お前は何のために剣を振るうのか? ⇒ 剣の心得   剣のより重要な部分は、剣を振るう目的であるとフォーカスした。 ならば、その文言を剣に刻むのはどうだ?!とアイデアが浮かぶ。 なるほど、それらの技法は過去にも存在したかも […] [続きを読む]
  • 剣の心得
  • 剣はなぜ存在するのか? かつて、人が圧倒的脅威に立ち向かうために鍛えぬかれた剣。 時代を切り開くために剣は振るわれ、自らの肉体を超えた強さを実現するために剣は存在した。 剣は力、身体の延長線上のかつてない力となる。 剣に […] [続きを読む]
  • お前はなにゆえ剣を振るう?
  • 剣の重み。 なぜ剣を振るうのか。 (。0 _ 0。)ノ 我は剣の記憶そのもの、我は読み取りしもの。 今此処に、御前の障害となりて立ちはだからん。 言葉は要らぬ、ただ剣で語るのみ。 我はこの剣を持って受けて立つ。 いざ参ら […] [続きを読む]
  • 死の概念に触れる
  • 死後の概念に触れる おじいちゃんの夢からもう一つ、死後の世界がどういうものかを感じ取った。 前記事→おじいちゃんの夢の園 人によって捉え方は様々だと思うのだけど、共通してる部分に時間の概念がないことを把握。 つまりは一瞬 […] [続きを読む]
  • 知ろうとするのは何のため?
  • 自分の土地に何を植えるか? その案を練るため、あらゆる種類の植物を調べようとした。 知ることで、その中の最善の組み合わせができると思ったから。 しかし途方もない種類を前にし、10分であきらめました(。0 _ 0。)ノ い […] [続きを読む]
  • 科学的なことば
  • 科学的なことばは、一つの言語だ。 事の起こりを細部まで分析して、同じ規格の中で、より多くを理解し、言語化しようと頑張っている。 そして、言語化できたものだけが私たちの前に常識として認められる。   しかし科学的な言語では […] [続きを読む]
  • おじいちゃんの夢の園
  • 夢を見た。 おじいちゃんの場所にいた。 現実にあるお家より少し広くて、3階まである瓦の屋根の家。立派。 そしてお庭。 お庭の方は現実よりさらに広がりがあって、川の流れるとこもあった。 緑の園というより、どことなく光に青さ […] [続きを読む]
  • 未来予知は誰にでもできる
  • 未来予知。 未来を予見すること。 さぁ未来予知は実に簡単になった(。0 _ 0。)ノ 十年後二十年後のことはまぁ曖昧なんだが、まずまず明日のことは簡単だ! 「何を食べて生きるのか?」 生きるために食べるものを想像する。 […] [続きを読む]
  • 食べ物が見せる光景
  • 先日、鹿さんのお肉を食べた。 一緒に柿も食べた。お米も食べた。 どれも、住んでる土地で育ったもの。 実際に近くの田んぼや柿畑、山林を見てきてるから、これらを食した時に、育まれる土地の情景が思い起こされるのです。 美味しさ […] [続きを読む]
  • 鹿さんのお肉を頂いてます
  • 近所の方に分けて頂いた鹿肉。 山の緑々しい風味が宿って美味しい。 近くの生きてた鹿さんを獲って、食べやすく捌いて、味噌?に漬け込んだの、生で頂いた。生肉ですよ生肉! 曰く(‘ ‘*) 美味しいだろ? この辺の草を食べて育 […] [続きを読む]