海底人8823 さん プロフィール

  •  
海底人8823さん: 鮎釣りと薔薇づくり
ハンドル名海底人8823 さん
ブログタイトル鮎釣りと薔薇づくり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mn882301
サイト紹介文第2の人生のライフワークは、鮎釣り、海釣り、渓流釣り三昧、あとちょっと薔薇づくりやってます。
自由文魚野川をホームグラウンドとして週末は欠かさず釣行。でも腕前は永遠の初心者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/01/14 17:27

海底人8823 さんのブログ記事

  • 神通川の鮎釣りも、いろいろ。
  • 30.8.4(土)〜8.6(月)1日目・・最悪瀬には人多く、さすがの人気エリア。意気揚々と平瀬から始めるが、まったくの期待外れというか、腕が悪いというか。普通河川のように、たま〜に釣れるだけ。何の特別なこともなく終了。釣果11匹ってホント惨憺たる結果でした。もうひとりも絶句の釣果。2日目・・瀬での鮎釣り堪能昨日の釣果から、もう写真も撮る気力なし。今日は昨年良かった場所。瀬には人がいっぱいなのでその下流の小規 [続きを読む]
  • 依田川はなんとか釣れる。
  • 30.7.31(火)今日は魚野川へ行く予定でしたが、渇水、垢腐れのようなので急遽依田川に変更です。相変わらず必要以上に良い天気です。9時過ぎ、T橋到着。前回釣れたポイント知っているので、すぐに掛ります。野鮎に替えて連チャンモード大きい鮎が釣れます。5匹釣ったところで急停止、その後は釣れません。川のあちこちでギラギラはあるので鮎はいるんですが・・・午後は下流へ釣り下がり。ポイントはハッキリしてます。釣れる [続きを読む]
  • 私にとっては?異次元の神通川?
  • 30.7.27(金)〜28(土)1年ぶりの神通川、今回は一般道で白馬から糸魚川へのルートを初めて通ってみました。なだらかな下り坂で走りやすいです。まだ雪渓あり?の山々さて、鮎釣りの腕が?そうでもない人?、ゴルフでいえば?ハンデ20以上の人?にとって神通川はまさに異次元の川と言えます。要するに、ッ抜けに四苦八苦している人でも20〜30匹は確実に釣れます。いつ掛ってもおかしくないので釣れない時間に退屈さがなく・ [続きを読む]
  • 今年の依田川は、まずまず。
  • 30.7.22(日)昨年の依田川は散々でした。3回釣行の結果はなんと2匹。確か2回坊主を喰らった記憶があります。でも嫌いな川じゃないので、つい、行ってしまいます。さて、今年はどうでしょう。情報によると増水後から平水に戻りつつ垢が付いてきて釣れるようになったとのこと。オトリ屋さんの話では、M橋周辺は午後3時からじゃんじゃん釣れるとのこと。でも、今年もお気に入りのT橋から始めます。水量が多く、垢はまばらに付い [続きを読む]
  • 鮎釣りは不得意ですが野菜作りは得意かも。
  • 暑くて鮎釣りに行くのを躊躇してしまうのは初めてです。暇なので、たまには野菜作りもしていることを自慢したいと思います。自宅の庭および団地の畑を2区画を借りて3年目、だんだん野菜の種類が増えて来ました。いま、ニンジン、ネギ、オクラ、さといも、ヤツガシラ、枝豆、落花生、ピーマン、モロヘイヤ、トマト、ナス、キュウリ、スイカ・・と、合計13種類の野菜がひしめいています。枝豆オクラ等々。そして、特筆すべきは? [続きを読む]
  • 鬼怒川、魚野川、神流川、まとめてドン!
  • ここ1週間で3河川に行って来ました。最近?釣れない病?にかかっており、誰でも釣れる川を探しています。鬼怒川:冷水病から復活したそうです。復活した割には解禁当時あれだけ賑わっていた川も寂しい釣り人数。先日放流したとのことで、釣れる型は小さめ。思った程釣れません。以前釣れたポイントを探りますがたまにしか釣れません。前日大会があったことも影響してるかも。釣れる人は10匹以上、釣れない人は早々に引上げて行 [続きを読む]
  • 魚野川解禁・・釣れる人は釣れるし、釣れない人は釣れないし。
  • 30.7.10(火)解禁日に良い思いをしたことがない魚野川。今年も、例年通り釣れませんでした。石打の川を眺めると笹濁りです。もうここで嫌な予感。午前7時半現場に到着。道の駅の裏には車がいっぱいです。ここも笹濁り。まず緩めの平瀬で泳がせ釣り。開始3分で釣れる。チッチャイ。6月初期の解禁当時に戻った感じ。開始早々釣れるとその後苦戦する傾向ありましたが、今回はその最たるもの。その後、平瀬、深瀬、荒瀬と歩き回り [続きを読む]
  • 鮎の数が半端ない桂川
  • 30.7.8(日)今年2回目の桂川。釣り場がわからないので前回と同じ場所へ・・芸がない。釣るポイントも前回と同じ・・保守的性格。まわりがあまり釣れてない中、開始20分で3匹。まずまずの出だし・・・・・が、その後順調とは行かず、放浪する。いつものことですが。上流域へどんどん歩く。でも釣れない。まわりに釣り人いっぱいいるが浮かぬ顔が多いような。本当にたまにポツンポツンと釣れましたが、数は伸びません。鮎はいるの [続きを読む]
  • いまどきの桂川
  • 30.6.29(金)朝焼けの関越道を走ります。朝4時前に出発。目的地は山梨県桂川。こんなに朝早いのは早朝割引を利用するため。桂川は詳しく知らない川です。とりあえず到着したところは、こんなところ。川の中を見ると、鮎がいっぱい泳いでいます。こんなに鮎の姿が見られるとは驚きです。午前7時、早いですがこんな場所から始めます。いつも出足は良く、開始後10分で2匹釣れました。今回はその後も順調に掛ります。掛る鮎は元気い [続きを読む]
  • 今年もいいことあった神流川鮎釣り大会
  • 30.6.23(土)きょうは、第11回清流神流川鮎釣り大会が総勢80名の参加で賑やかに開催されました。(南甘漁協主催)レベル的には決勝戦までは行かないことは分かっているので今回も狙いは景品です。とりあえず、予選。目標は控え目に2〜3匹。おとり配布順番は6番目と、くじ運はいい。午前8時予選開始開始後2分、いきなり「ゴンゴンゴーン」と来ました。坊主逃れの1匹目、良型が飛んでくる・・タモに入らず陸地に激突。拾い上げ [続きを読む]
  • 思惑通りには行かない鮎釣り・・in鬼怒川
  • 30.6.19(火)今日は梅雨の合間の晴天です。なので、急遽思い立って鬼怒川へ。こんな良いコンディションで釣れないはずはない・・と、普通は思います。しかも、お気に入りの鬼怒川だし。風も吹いてないし。午前9時、現地に到着。今年3度目の場所。もう釣れる場所知ってます。きょうは、いつもの場所で野鮎を2〜3匹釣って新しいエリアを釣ろうともくろみます。まず緩い深瀬で。開始10分、1匹目 いつもの通り2匹目は、その1 [続きを読む]
  • 子供の鮎釣り
  • 30.6.16(土)神流川でのNFS(野嶋フィッシングスクール)の鮎釣り教室に孫2人が参加しました。姉は6歳で小学1年生、弟は4歳で幼稚園に通ってます。天気は曇り、かなり寒かったです。1人の子供に対して1人のフィールドテスターの人が教えてくれるという何とも贅沢な企画です。この2人の担当になったのが岩手のテスターの方でとても親切にしてくれました。テスターの方にはあまりに小さい子供で気の毒でした。本人達はやる気 [続きを読む]
  • 鬼怒川リベンジ
  • 30.6.14(木) 先週金曜日、鬼怒川でバラシまくっちゃいました。。何たって10匹以上バラしたのだから、「なにおかいわんや」です。本日、また同じ鬼怒川へ。同じ時間、同じ場所へ。今回はハミアト師匠と一緒に攻めて見ました。不思議と1匹目、2匹目はすぐ来ます。この後が問題ですが、ポツポツ当たりがあり、ちゃんときちんと引抜きキャッチ出来ました。先週の失敗を糧にして、体が反応したのでしょうか?順調に掛けて行きます。 [続きを読む]
  • バラシの数でツ抜け達成・・in鬼怒川
  • 30.6.8(金)ほぼ1ヶ月、ブログ休んでました。心境の変化?・・ではなく単なる気まぐれです。あるいはズル休みとも言えます。・・5年ぶり?に鬼怒川に行って来ました 。今年は良さそうです。情報では数も大きさも申し分ないようです。自宅から90キロ、1時間半で到着。場所は初めてのエリアでこんな場所。8時半スタート。釣り人賑わっており解禁日のようです。竿1本分ずつ仲良く並んでいます。開始10分で、当たりは分からなかった [続きを読む]
  • 思惑通りには行かない海釣り。
  • 30.5.12(土)今回は、?いつもイマイチ釣れないW君?を連れて直江津方面へ。前回大アジがいっぱい釣れたので、W君に良い思いをさせてあげようと企画。これまでW君とは、鮎釣り、海釣りに何度か連れて行ったがすべて貧果に終わってました。「今度こそ」と思いましたが、強運の私vs悲運のW君・・ の勝敗は、W君に軍配が上がりました。土曜日だし、良い天気だし、間違いなく激混み必至のK堤防。午前中に場所取り完了。午後 [続きを読む]
  • この時期忙しくて釣りどころじゃない。
  • 30.5.8(火)1年の内で、釣りのことを考える暇がないのがこの時期です。 GWは、レジャーどころではありません。多忙の理由その1:まずは、ブログ名に偽りなしの薔薇づくり。肥料やりと消毒も結構大変です。薔薇は、このところ停滞気味なので新戦力「プリンセス・ミチコ」を投入。思ったよりパッとせず。クイーンエリザベス健在桃香?花付きの悪いカトリーヌ・ドヌーブ丹頂ノックアウト残念なことに、紫色が印象的だったシャルル [続きを読む]
  • アジ釣り初心者と共同作業で
  • 30.4.21(土)直江津方面に、また行ってしまいました。今回はアジ釣り初めてのY君を無理矢理誘っての釣行です。いつもの風景もう雪がなくなってます。お昼過ぎK堤防に到着。堤防上はお祭り騒ぎ真夏のような暑さと日差しがきついです。場所取りをして車で昼寝。・・・午後4時過ぎ、仕掛スタンバイ完了。そして、Y君の遠投の練習から始めます。結構飲み込み早く、まずまずの遠投ができました。いよいよ陽が沈みます。綺麗な夕焼け [続きを読む]
  • 話が違う。
  • 30.4.9(月)キャンピングカーのFFヒーターを修理してもらうため上越市へ。そして?これ幸い?とN港へ。事前のいろいろな釣り情報によると、N港は、アジが釣れているとのこと。夜から翌朝にかけてたくさんのアジを釣ったとか、しかも途切れることなく釣れたとか。大漁が期待される情報です。午後2時過ぎに、まずカレイ釣り開始。夕方近くになると、予報通り強風。車の中から竿を見つめますが、引いているのか風で揺れているのか [続きを読む]
  • ヤマメとさくら
  • 30.4.4(火)今日は里川渓流へ。季節はちょっと戻り、山里は桜満開です。白とピンクがとっても綺麗です。今年は花見をしてなかったので、ちょうど良かったです。里川の水も綺麗です。平らな河原のため隠れるところなく、ヤマメに警戒されてなかなか釣れません。無理かな、と思ったら、来てくれました。小さめなヤマメ。綺麗です。ポイント探しもたいへんです。歩いて歩いてヤマメの隠れていそうなポイントを狙います。下流には、フ [続きを読む]
  • アユ釣りの前にアジ釣りでフィッシング・ハイ
  • 30.3.26(月)〜27(火)本格渓流は・・もう・・「無理」なので、堤防釣りに行ってきました。3月の中旬からボチボチ釣れ始めているという話を聞いて上越方面に向かいます。途中の豪雪地帯も道路は雪なし、普通タイヤでも大丈夫です。今回は、2日間の釣行で1日目はN港、2日目はK堤防と決めました。1日目、N港。午後から開始、すぐに隣りの隣りの人が大きいカレイを釣るのを目撃。情報通りカレイは狙い目です。500円のアオイソ [続きを読む]
  • 本格渓流は、・・もう・・「無理」
  • 30.3.19(月)超久々に渓流釣りに行って来ました。3月1日に渓流釣りは解禁してるのに、なんだか腰が重い毎日が続いてました。昔は3度の飯より渓流釣りが好きだったのに、変われば変わるもんです。目的地へ向かう途中、車中でTBSのビビットを見ていたら、転倒による死亡者数は交通事故の死亡者数より多いという驚きの話がありました。筋肉の衰えは、年齢と共に、確実に避けられない現実となっているのです。60歳から70歳まで [続きを読む]
  • 釣りを始める前に最後の大仕事
  • 30.3.12(月)2月に薔薇の剪定完了。その後暇してたら、思いついてしまいました。芝生vs雑草の決着自宅筑後27年、芝生もそれだけ経過したわけで雑草が年々存在感を増して、いまではお手上げ状態です。雑草取りから開放されるには、・・「芝の張り替え」がベストです。張り替えれば、数年は雑草も少なくて雑草取りもこちらに勝算あるのでストレスはたまらないと思われます。・・2月、芝生を剥がし、除草剤を撒き、土を耕しました [続きを読む]
  • 「あの素晴らしい歌をもう一度」コンサート
  • 30.3.4(日)さて、柴又を後にして、日本武道館に向かいます。PM3:00日本武道館到着。PM4:00「あの素晴らしい歌をもう一度コンサート」開演です。このコンサートは、オールナイトニッポン50周年記念コンサートだそうです。チケットぴあでチケット取ったので、やっぱり2階席最上部からの観覧です。昔の深夜放送ファンが相当集まっていると思われます。収容人数14,000人以上の入れ物は十分満たされていました。違和感のない世代で [続きを読む]
  • 「フーテンの寅」柴又慕情
  • 30.3.4(日)今日は、日本武道館で「あの素晴らしい歌をもう一度コンサート」があり、久々に東京に遠征です。せっかく東京まで行くなら、死ぬまでにやりたいことランク50位内に入る、柴又見学をやってみようと思って、やってみました。おなじみの京成線から「フーテンの寅」の世界に入り込みます。大学時代、三鷹文化劇場で寅さんの3本立てをよく見てました。全作観てるし、何回も観ていたのに、いままで柴又に行くという発想がな [続きを読む]
  • Gフィッシングショーでのテスターアドバイス。
  • 30.2.18(日)今日は群馬フィッシングショーへ。ずっと悩んでいた鮎竿とベストも決めました。銀影競技メガトルク:急瀬抜H90-V神通川で良型狙います。ベストは新し物好きな傾向が見られます。あと、アウトレット販売でレインウエアーとリュックを購入。これで、始動準備完了です。今回は、テスターさん達のお話をちゃんと聞きました。誰が云ったのか、よく覚えていませんが、私のような未熟な釣師にとって肝に銘じるべきアドバイス [続きを読む]