kouheibun さん プロフィール

  •  
kouheibunさん: 実録・崇教真光に魂を抜かれた女達
ハンドル名kouheibun さん
ブログタイトル実録・崇教真光に魂を抜かれた女達
ブログURLhttp://memo.kouheibun.com/
サイト紹介文真光から逃げなさい!普通の幸せをつもう!
自由文まずは中級、上級者は「竹内文書」を読め、次に哀れな女達を解放しろ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/01/15 14:45

kouheibun さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 岡田光玉のパクリ屋人生と神様商売の半生
  • 日本の宗教法人の数は18万社もあり、その信者数の合計は2億人近いとも言われています、各教団の水増しと重複によるものでしょうね。真光は7から9団体?もあるそうです。ここでは岡田光玉がいろいろな教団から教えをパクリながら、時代の後押しも受けながら自らが教祖へ登ってゆく様を説明しています。下記の図を1回、2回 してください大きく見やすくなります!新憲法による宗教の自由 高度経済成長期 国民皆保険(国 [続きを読む]
  • 光玉の経歴【年表2】 真光のウソつき体験談は光玉から始まった!
  • ■1945(昭和20年)8月15日第二次世界大戦終わるこれより↓日本人の多くが「戦後」と呼ぶ時代。宗教屋の光玉はこの戦後の混乱と復興期に生まれたと言えるでしょう。岡田良一(光玉)は天空の彼方から「手をかざせ」の声を聴いて(昭和20年に?)苦しんでいた犬にむかって手かざし、飼い主から回復のお礼に2千円(現在の貨幣価値で2百万円相当)を貰う。この時のお金が行商の元手となり順調に借金の返済ができた。(祟教真光50年史 [続きを読む]
  • 光玉の経歴(2)終戦から立教・病死・分裂まで
  • 8月15日第二次世界大戦終わるこれより↓日本人の多くが「戦後」と呼ぶ時代。宗教屋の光玉はこの戦後の混乱と復興期に生まれたと言えるでしょう。岡田良一(光玉)は天空の彼方から「手をかざせ」の声を聴いて苦しんでいた犬にむかって手かざし(昭和20年に?)飼い主から回復のお礼に2千円(現在の貨幣価値で2百万円相当)を貰う。この時のお金が行商の元手となり順調に借金の返済ができた。(祟教真光50年史40ページに『救い [続きを読む]
  • 過去の記事 …