月?宗地 さん プロフィール

  •  
月?宗地さん: 都流茶道教室《月桑庵》
ハンドル名月?宗地 さん
ブログタイトル都流茶道教室《月桑庵》
ブログURLhttps://ameblo.jp/darkpent/
サイト紹介文都流茶道教授 月?宗地のblogです。 茶道に関係ないことも書きますが、最近は茶道のことばかりです。
自由文都流は創流百年弱の流派ですが遠祖は荒木村重(道薫)です。茶風は「流れるような優雅さ」とされています。
初代荒木宗仙が「大衆への普及」を目指して創流されました。

趣味で和歌を詠みます。 月?(げっぽ)が雅号、宗地(そうち)が茶名です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2013/01/15 17:39

月?宗地 さんのブログ記事

  • 【茶道】美味しい抹茶を点てる・煉るには?
  •  私は、茶道において茶を点てるときも煉るときも、「無心になれ」と訓(おし)えるのは駄目だと思っています。  何故ならば「無心になれ」と言われた人は「無心になろうとしてしまう」ので、それでは「無心にはなれない」からです。  無心  これはとても難しいことなんです。  私の家は法華系の家でしたので、子供の頃から、仏壇の前で正座し、唱題・勤行をするのが普通でした。朝晩、真面目にやっていたのは小学生まででしたけ [続きを読む]
  • 【着物】花魁振袖・女郎浴衣
  •  みっともない着物の代表格がこの2つ  花魁振袖 女郎浴衣  です。  花魁振袖というのは、花魁風の着付けを施した成人式のコスプレで、近年派手になっていく成人式に登場したものです。  花魁というのは禿(遊郭に住む童女)や新造(まだ水揚げの済まない見習い女郎)がついている姉女郎のことを「おいらのところのねえさん」の意味で「おいらん」と呼んだことからついたと言われ、神事が云々というのは間違いです。  ちなみ [続きを読む]
  • 【言葉】屋号ってなぁに?
  •  室町時代の茶人はよく「堺の豪商」などのように言われます。 堺を取り仕切っていたのが「納屋衆」。  この納屋というのは、倉庫を港に持ち、貸倉庫をしたり、貿易をする(運ぶのは別の運輸業)商人のことで、武野紹鷗は皮屋、田中宗易は魚屋(ととや)という屋号で納屋衆に名を連ねていました。  ちなみに今井宗久は納屋。もともと倉庫業を開始できるほど裕福だったんでしょうね。今井宗慶の孫で、武野紹鴎の女婿となって堺で [続きを読む]
  • 【募集】第八回懐石体験教室「睦月の『お茶事へ行こう』」初釜【開始】
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お茶事に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶事ってどんなもの? 茶道ってどんなことしてるの?■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 茶道の醍醐味といえば「茶事」。 茶事というのは、まず懐石があり、お酒があり、そして最後に濃茶と薄茶をいただ [続きを読む]
  • 【教室】喫茶体験教室 第五十五回「師走の『お茶会へ行こう』」1/20
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ 「抹茶は甘い飲み物です」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お抹茶に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶会ってどんなところでしょ? 茶道ってどんなことしてるんでしょ? ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  実は、お茶会って愉(たの)しいところなんです!  一般的なイメージだとしゃべっちゃいけないみたいな感じで [続きを読む]
  • 【言葉】学ぶとは考えること
  • 「学ぶ」は元々「真似る」が変化したものだと言われます。「真似る」ことに「考える」ことが加わって「学ぶ」という和語になったと言えるのではないでしょうか。つまり、学ぶということは考えるということであり、「師匠の真似をしながらその動作はどういうことなのかと考える」のが学ぶ。すなわち、『教わっていない」という発言はそもそも「学ぶ気がない」ということだと言えます。例えば、当流では竹台子(利休好)を「草の台子 [続きを読む]
  • 【和の文化】新暦に思うこと
  •  新暦の正月を迎え、新暦の松の内も終わり、もうすぐ小正月ですね。 年賀状の定型文として「迎春」「新春」「頌春」といった言葉がありますが、みなさんこれに違和感を抱いたことありませんか?  西洋式の季節区分でも、旧暦の季節区分でも、新暦1月は「冬」です。 なのになぜ、「●春」なんでしょう?  私のこよみに対する最初の疑問でした。  旧暦では「新年は立春を境とする」とされます。もちろん年内立春や年来立春(新 [続きを読む]
  • 【茶道】利休以前の台子と利休の台子からわかること
  • 『茶之湯寸法圖會』に利休以前の台子の記述があります。大台子/小台子/利休好大/利休好小/如心斎好小 高さ二尺二寸五分/二尺二寸/二尺二寸/二尺二寸/二尺二寸 長さ二尺九寸五分/二尺七寸五分/三尺二分(天)三尺(地)/二尺八寸/二尺九寸五分 幅一尺四寸/一尺三寸/一尺四寸/一尺四寸(天)一尺四寸二分(地)/一尺四寸/一尺三寸五分 厚さ天板六分/六分/六分/六分五厘/六分五厘地板一寸九分/一寸四分/一寸四分/一 [続きを読む]
  • 【道具】台子小 利休好み
  • 『茶之湯寸法圖會』を読んでいて、驚くべき記述ばかりです。台子小は如心斎が好んだ物以前に、利休好みがあり、若干寸法が異なるもののほぼ同寸。利休好/如心斎好総高二尺二寸/二尺二寸天板長さ二尺八寸/二尺九寸五分幅一尺四寸/一尺三寸五分厚さ六分五厘/六分五厘面取二分/二分地板長さ二尺八寸/二尺九寸五分幅一尺四寸/一尺三寸五分厚さ一寸三分/一寸三分畳摺り三分に山道朱塗/なし柱七分五厘/七分五厘青漆/真塗長さ [続きを読む]
  • 【茶書】茶之湯道具寸法圖會 正/続/続々
  • 『茶之湯寸法圖會』とは昭和35年に啓草社から刊行された茶書です。 題名の通り茶道具の寸法が細かく記載された本で、十数年前、日本橋三越で見かけたものの、当時手が出なくて、泣く泣く諦めた本でした。 この本は続・続々・拾遺と刊行され、全4巻となっていますが、今回入手したのは拾遺以外の3冊です。 茶之湯寸法圖會には棚物、続・茶之湯寸法圖會には茶席道具・点前道具・炭道具・水屋道具・七事式用品、続々・茶之湯寸法圖 [続きを読む]
  • 【こよみ|師走朔日】
  •  本日は旧暦十二月朔日、師走癸卯です。 小寒と重なりましたので、ダブルヘッダーですね♪  師走は「読経で和尚が忙しく走り回る」からといわれていますが、俗説です。 年が果てる意味の「年果つ(としはつ)」、四季が果てる意味の「四極(しはつ)」などが語源と考えられています。  ちなみに綿入れをするのが師走朔日とも言われ(北国はもっと早い)、四月一【わたぬき】に対応しているともいいます。  師走の別名は…… [続きを読む]
  • 【こよみ|小寒】
  •  本日は「小寒」。 師走朔日でもあります。 寒の入りともいい、これからが一年で一番寒い時期になります。 『暦便覧』には「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」とあります。 武道の寒稽古や寒中水泳が行われる時期でもあり、小寒と大寒を合わせて「寒中」といいます。 寒中見舞いは本来この頃に出し、御歳暮はこの後……ということになる訳です。 これを過ぎると春。 冬の寒さをしのぐために、茶道では [続きを読む]
  • 【募集】第八回懐石体験教室「睦月の『お茶事へ行こう』」初釜【開始】
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お茶事に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶事ってどんなもの? 茶道ってどんなことしてるの?■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 茶道の醍醐味といえば「茶事」。 茶事というのは、まず懐石があり、お酒があり、そして最後に濃茶と薄茶をいただ [続きを読む]
  • 【教室】喫茶体験教室 第五十五回「師走の『お茶会へ行こう』」1/20
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ 「抹茶は甘い飲み物です」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お抹茶に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶会ってどんなところでしょ? 茶道ってどんなことしてるんでしょ? ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  実は、お茶会って愉(たの)しいところなんです!  一般的なイメージだとしゃべっちゃいけないみたいな感じで [続きを読む]
  • 【挨拶】新暦平成最後の年末挨拶
  •  月桑庵は旧暦ですが、ご挨拶のみ新暦でもいたしております。 本日で年内最後の更新となります。 年始は1月7日(月)からの更新となります。 (自動更新の記事は勝手に上がりますがw) 本年も多くの方にご笑覧いただき、ありがとうございました。 来年もどうぞよろしくおねがいいたします。  みなさま良いお年をお迎えください^^ Have a happy new year!  碧夢庵 道舜 宗地 拝 [続きを読む]
  • 【茶道】禅に対する考え方と茶道に於ける禅の在り方
  • 「型を貫くは己も他者をも苦しめるに似たり」 これは織田有楽斎の言葉として「へうげもの」で扱われておりましたが、私などに対してこういう評価を持つ人は多いのではないかと思います。  私は格や規矩に煩いので(笑)  ですが、有楽斎の言う「型」とは、そういうことではないんですね。 ストイックな生き方を茶道にも全面的に表すことを言っています。  禅というのは、茶道などと非常に相性がいいことは事実です。 ですが、 [続きを読む]
  • 【道歌】茶の湯とは静寂な濃茶笑む薄茶確かに息吹く能と狂言
  • 茶の湯とは静寂な濃茶笑む薄茶確かに息吹く能と狂言 道舜茶の湯は精神骨骼としては「禅」であると言われます(※)が、その表現方法としてはむしろ「能と狂言」の方が親しい存在であるように思います。能と狂言の関係性と、濃茶と薄茶の関係性が対比としてわかりやすく、また、幽玄を捉える在り方が、やはり能と狂言に結びつきます。そもそも、日本に抹茶と茶の木をもたらしたのは禅宗ですが、茶の湯を体系化した始祖は中尾真能であ [続きを読む]
  • 【こよみ|冬至】
  •  本日は冬至です。二十四節気第二十二節気。 旧暦十一月十六日、戊子になります。 『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明されています。 冬至とは、冬が極まり、一年で一番昼が短い日であり「太陽の復活」の日でもあります。 ちなみに、クリスマスも冬至の祀りであったものが、いつしかキリストの生誕祭へと変わっていったということなんです。 それにしても、いつからクリスマスは恋人同士で過 [続きを読む]
  • 【こよみ|七五三】
  •  本日は旧暦十一月十五日。 霜月丁亥。  七五三です。  七五三とは「天和元年十一月十五日に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まった」といわれる江戸時代以来の子供のお祭りです。  旧暦の十五日は二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされ、旧暦十一月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であることから、氏神への収穫の感謝を兼ね [続きを読む]
  • 【茶道】濃茶ってなぁに?
  •  私のブログを読んでる方には今更かもしれませんが、濃茶ってなんでしょう?  読んで字のごとく「濃」い抹「茶」ですね。  濃茶に使われる茶葉は「老木」と言われる三年以上生育した茶の木の萌葉から作られます。  抹茶は粉「抹」(※抹は常用漢字外/末は抹の代替字)にした「茶」葉ですから、粉茶とは違います(細かさが違う)。  茶葉は碾茶炉で、碾茶に精製されたのち、葉茶壺に詰められ熟成します。  この熟成するとき [続きを読む]
  • 【茶道】建水の持ち方
  •  建水の持ち方はいくつかあります。  え? 習ったことがない?  それは、流派によるかと思いますので、ご承知ください。  基本形は、左手をやや外向きにひねって建水の柄杓右を持つ持ち方でしょうか。手のひらをのばして、柄杓の柄がまっすぐ進行方向と平行になるようにします。  これは一番安定が悪く、難しい持ち方ですが、これができないと、運びができないので困りますw  原則としてこれは「面桶」など木地系の持ち方 [続きを読む]
  • 【茶道】道具を買おう!
  •  どうせ先生になる訳じゃないし……。  許状や道具をおすすめして、返ってくる返事がこれってこと、先生なら経験あるんじゃないですかね?  でもね、人生どんな転機があるかわからないです。  私も先生なんてするつもりなかったんですよ!(笑) だから、買ってなかったです。 許状も取らずじまい。  でも、許状を取り出してからは早かったです。  どんどん面白くなるんですよ。 そして、教授を取ったら、先生になろう!っ [続きを読む]
  • 【こよみ】旧暦の決まりごと
  •  旧暦には、冬至が十一月=霜月、春分が二月=如月、夏至が五月=皐月、秋分が八月=葉月という決まりがあります。  また、太陰暦ですから、月の始まりは必ず朔=新月でなければなりません。  さらに、月は二十四節気の中気を含むように設定されています。 新暦から半月から一ヶ月半ほどずれる理由がここにあります。  中気というのは、二十四節気は、十二等分され、二つの節気で一つのグループを造りますが、このグループの [続きを読む]
  • 【茶花】姫侘助
  • 姫侘助【ひめわびすけ】尾張地方で発見された侘助の一種。一重・平開きで、淡桃色地に桃紅色の縦絞りが特徴。昭和四十九年、浅井進一が命名・発表。手弱女のほころばせたる顔は陽復告げし姫侘助なむ 月誧#茶花 #和花 #椿 #姫侘助 #和歌 #短歌 #月桑庵 #茶道 #花 [続きを読む]