徳兵衛 さん プロフィール

  •  
徳兵衛さん: 徳兵衛、狂人の頭の中
ハンドル名徳兵衛 さん
ブログタイトル徳兵衛、狂人の頭の中
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ohatu-tokubei
サイト紹介文精神病を病み、生きにくい現代社会に翻弄されながら狂っていく狂人の日記です。
自由文国際政治、政治史、政治、経済、保守、改憲
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/01/18 08:45

徳兵衛 さんのブログ記事

  • 狂人の頭の中 『徳兵衛の予言!「今年から、昨年初めに景気は下降する」』
  • 今回の景気上昇は、底辺から中間層にほとんど甘露にありつけるものでは無かった。だが、政府・日銀の短観または長期観測ほとんどは「緩やかに上昇している」と決まり文句の様に言い続けた。だが、前述の様に庶民には景気が良くなっている実感は無かった。前回の「リーマンショック」のときは代表的なダメージと原因の一つはアメリカの中間層の住宅ラッシュとそれを担保に大量消費に転じてそれが崩壊してしまったことは有名な話しで [続きを読む]
  • 狂人の頭の中 『長い期間の割には、内容が薄い・・・』
  • 《今国会、事実上終了。枝野氏記録上最長演説》今国会、最後になった内閣不信任決議案の演説が記録上最長だったいう。この演説が今国会の内容の薄さを感じさせる。野党は、内閣や役所の数々の落ち度にどれも深く入り込めず、与党、政府の提出した法案の中で成立したのは90%と何とも情けない話し。『与野党共に質悪し=国民の質悪し』日頃の議院の国会や地元での活動を見ていなければ、選挙期間だけで投票行動を決めてはいけない [続きを読む]
  • 狂人の頭の中 『へなちょこ地検・特捜部を切る』
  • 佐川前理財局長ら不起訴 与野党の反応は今回、佐川元近畿財務局局長等々が不起訴になった。検察等、起訴できる立場の期間は政治家や役所に対する態度が弱い。一方、庶民に対しては警察のことを100%信じて冤罪の人間も死刑にする狂気性の顔も持つ。この矛盾はどうだろうか・・・?役所にも政治家にも庶民に対する態度と同様か、さらに強い態度で挑んでいただきたいと思うが、庶民に対しては、慎重な態度で捜査にや起訴をしてい [続きを読む]
  • 狂人の頭の中 『“働き方”法案で攻防「解任決議案」否決』−時間の無駄
  • “働き方”法案で攻防「解任決議案」否決衆院本会議で高鳥厚労委員長の解任決議案を否決した。ネットで衆院厚労委員会を見ていたが、委員長の傲慢な取り回しは目に付いたのは確かな話し。しかし、本会議に解任決議案を提出して議決をするのはまことに時間の無駄である。この後、加藤厚労大臣の解任決議案も提出予定だとか・・・(アホ)。昔あった「牛歩戦術(参院はボタン投票なので出来ない)」の方がまだ国民に訴える物があった [続きを読む]
  • 『小林容疑者-小2女児殺害』−相変わらずの報道に思う人権とは・・・
  • 勤務態度、分かれる評価=小林容疑者、事件当日から欠勤―小2女児殺害先ほど『NEWS23』で上記の報道を見ました。小林容疑者の顔が晒されるのは、刑が確定してからも遅くはないと思う。それと、小林容疑者の家が晒されるのは明らかに報道の行き過ぎであると思う。その家には、家族が居り家族は罪を犯したわけではない。これは別件であるが、何件かの冤罪事件は、自宅も家族も報道の土足で踏みにじられていった経緯があり、冤 [続きを読む]
  • 賞味期限切れの『資本主義世界』
  • 物事には「副作用」がありがちでよく言う「諸刃の剣」なんてなことも言われます。ここでもう一言、言うならば『制度疲労』もよく聞かれる。さらにさらに私の造語でいうと『主義疲労』/『主義崩壊』を今回は取り上げたい。このブログや『うつせみ日記』でも何度も言うようだが、「『民主主義/資本主義』のセット商品は、もうこの時代に合わない。」と思っている。少なくとも『資本主義』は、人間を堕落させる事はいわゆる資本主義 [続きを読む]
  • gooニュース 『「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言』
  • 「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言「安部包囲網」が徐々に狭まってきている現在、自民党執行部である幹事長、つまりは二階幹事長の記者会見での発言のニュアンスが徐々に「自民党次期総裁」をもくろむニオイがする。いわば、「安部離れ」である。自民党の番頭役である二階幹事長は『ある時点』で安倍首相に「引導」を渡すだろうと私は思っている。「次期総裁」が、自民党総裁選で選出されるのか、または安倍首相による「 [続きを読む]
  • 『辺野古差し止め訴訟敗訴で知事控訴』ー裁判所は行政に傾きすぎ
  • 沖縄知事、控訴の意向=辺野古差し止め訴訟敗訴で最高裁判所以下、各裁判所の判決を見てみると明らかに政府寄りのものが多く、いろいろ見てみると、最近に始まったことではなく、警察予備隊(今の自衛隊の前身)や日米安保条約、原発再稼働問題など私が教科書で習った「三権分立」はどこへやら・・・アホ裁判所はすっかり、『内閣の下部組織』と成り下がった。政治不信ばかりでなく、裁判所不信もすっかり広がっているような気がす [続きを読む]
  • 『ビットコイン』-あくまでも「仮想」という危うさ
  • 「仮想通貨・ビットコイン」の乱高下が目立つような気がする。以前にも話したことだが、西洋で「株式」というものが投資の対象となってさらに通貨の「換金制」から「(中央)銀行券」に代わってから、実は「通貨価値の空洞化」になり、しかし多くの人間の「共通の価値観」をよりどころと長い歴史という実績で「世界通貨」として成り立った経緯があるがご承知の通り、通貨自体の乱高下や株式の乱高下に左右される時代が今なお続いて [続きを読む]
  • 最高裁ー『NHKの受信契約義務は「合憲」』
  • NHKの受信契約義務は「合憲」…最高裁最高裁の昨今の判決を見ますと「寄らば大樹の陰」のような判決が目立つような気がする。しかし、評価する点は「受信料徴収の立場から、公正公平な報道が求められる」としたところだろう。ということは、「間違っていることは間違っている」ということが求められているわけだ。NHKは、民放では特集を組まない様な番組を放送してくれていたり、民放では「右より・左より」という思考の偏り [続きを読む]
  • 政治家の解せぬ判断 『民進党 前原代表辞任 民進党存続!?』
  • 民進存続、新代表選出へ=前原氏、特別国会前に辞任確か、選挙前に前原代表が民進党両議院総会かなんかで、党首に一任して『解党』したのではなかったのかね?主に参院の議員が不安なんだろうけど、ここは浄く『両院共に解党』すべきだと思いますがね。受け皿は、「希望の党」、「立憲民主党」、院内会派「無所属の会」があるわけだし、思い切って「自民」に行く人もいるかもしれない。国民にとって「民進」は、賞味期限が切れた政 [続きを読む]
  • 狂人の頭の中 『総選挙、投票のその前に考えること』
  • 衆議院が解散をしました。正直、「解散の理由は?」と、思わざるを得ない。首相に衆院の解散権があるとはいえ、私は「解散権の乱用」だと思っている。とは言え、解散して「22日投票」は、決まったので様々な角度から精査していきたい。「十分な議論を尽くす」といいながら、「安保法」を成立させてしまった。それも「強行採決」で。国民の意見を二分するような法律を乱暴に採決してしまったことは、投票をするときに頭の片隅に置 [続きを読む]
  • 日ロ首脳会談するも 『同床異夢』 北の現実的な恐怖をどうするのか?
  • 対北、プーチン氏「対話を」…首相は圧力を主張いくら、会談回数が多い両者でも「北と緊密な関係のロシア」と「標的に一つである日本」という、相容れない立場と緊張感の違いがある。しかし、日本の動きは遅すぎる。第一回目の日本を横断して福島の沖に着弾した北朝鮮の「自称ロケット実験」の時には安倍首相だったので、「すでに北の兵器は、日本本土に着弾する可能性は大きい」と判断して、『韓国・中国・ロシア・アメリカ』の周 [続きを読む]
  • 日中問題の基礎知識 『南京事件』
  • 「『南京城』を攻撃する旧日本軍」当時、南京城内の人口は中国当局の集計によるとおおよそ20万人。※諸説ありだが、東京裁判(極東裁判)で、中国側から提出された虐殺者数は30万人であった。これは、中国側が日本人戦犯がより重い刑を下されるよう「盛った」といわれる。日本軍が南京城入城後も抵抗は続いていた。兵士が抵抗し、兵士が市民の服を借りて一般市民の格好をして、民衆に紛れて、日本軍に抵抗したいわゆる「便衣兵 [続きを読む]
  • 炎上覚悟!?『今問う、大東亜戦争の戦争責任者』
  • 日本の敗戦の日は「1945年(昭和20年)8月15日ポツダム宣言受諾」。というのは、みなさん共通意識であると思いますが、しかし、日本が解放され独立国として認められたのは「1952年(昭和27年)4月28日、サンフランシスコ講和(平和)条約の発行・公布」であることを確認したい。前提はそれくらいにいたしまして、「極東(東京)裁判」では、A・B・C級の各戦犯が、裁判官のほとんどが、日本と戦闘状態にあった [続きを読む]
  • 今日は、政治上いろいろあった日ですが、『辞任』と『適材』について
  • 民進・蓮舫代表、会見で辞意 「一議員にもどります」まずは、昨日たまたま原口衆院議員のFacebookに書き込みましたが、「早々に代表辞すべし」と書いたのですが、今日記者会見を開き辞任を表明しました。彼女は「政治の師」を前・野田幹事長と仰ぐところから、私の意見とすれば「政治的センスが無い」と言う他ありません。蓮舫さんに対しても当初から「荷が重すぎる・まだ代表の器では無い」と思っていて、選挙でも政党を選択し、 [続きを読む]
  • 「大阪市が生活保護申請チェック専門チーム設置へ」−発展には邪魔か?
  • 【大阪】大阪市が生活保護申請チェック専門チーム設置へ市長吉村氏によれば・・・「男性の19.8パーセント、女性の10.6パーセントに上ることから、吉村市長は、こうした人たちの申請が適正かチェックするため、ベテラン職員を集めた専門のチームを今年中に編成する考えを示しました。生活保護の認定基準は全国一律が原則ですが、吉村市長は、『大阪市に行けば、生活保護が受けやすいなどということがあってはならない』とし [続きを読む]