三毛 さん プロフィール

  •  
三毛さん: 三毛の部屋
ハンドル名三毛 さん
ブログタイトル三毛の部屋
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tendan518/
サイト紹介文広島市東区の中国人女性鍼灸師の天壇(テンダン)鍼灸院。院長の今の心境やお知らせなどの紹介。
自由文三毛(中国語読みで“サンモウ”)とは私が青春時代に大きい影響を受けた素晴しい故人の台湾女性作家です。 彼女は故郷を離れ異境の地にあってみずからの手で人生を築いていき、家を捨て、愛を求め、世界を流浪し、自らの行動で青春の夢を実践された方です。 私の生き方のお手本であり尊敬する三毛氏の名前を借りてこのブログに時々訪ねたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/01/18 20:34

三毛 さんのブログ記事

  • 連載〜前谷〜
  • 「前」は、前方の意味で、ここでは第5中手指節関節の前方を指している。「谷」は、谷あい、2つの高い山の間にできた出口のある狭い地帯の意味で、後渓と対応させて、名づけられた。清熱の作用があり、熱病、手指の痺れ、上肢の挙上困難、頭・頸部の痛みなどを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜少沢〜
  • 「少」は、小と同意で、ここが手太陽小腸経であることを指している。本穴は、指の端で、少衝の並びにあり、小腸経の「井」穴。「井」は、水をたたえて潤沢であり、気血がまさに水と同様、潤沢にあるという意味で、名づけられた。清熱、利咽、通乳、通経活絡、開竅の作用があ... [続きを読む]
  • 天壇鍼灸院 立町分院1周年????
  • 先日、分院1周年を記念して交流パーティー??をしました?? 通常では なかなか無い交流。皆さんどんなものを想像してますか⁉?天壇では、ただ治療をして終わるのではなく 患者さんやそのご家族が いつも元気で居られるよう 日頃から患者さんに対して ホームドクターのよう... [続きを読む]
  • 連載〜少衝〜
  • 「少」は、小さいことを指し、「衝」は、要衝の意味である。本穴の部位は、血気が旺盛で、手少陰心経の「井」穴になっており、経脈の気はここから小指に溢れ出ているので、名づけられた。開竅醒神、解熱蘇厥の作用があり、動悸、心部痛、胸脇痛、癲狂、熱性疾患による昏迷な... [続きを読む]
  • みんなで交流パーティー♪
  • 先日8月11日に、天壇立町分院 1周年記念として、日ごろの感謝を込め、「みんなで交流パーテイ」 を開催させていただきました。ランチを食べながら、罰ゲーム?ありのクイズ大会、ご褒美ありのクイズ大会。キーボード演奏とコーラス、ミニものまねショーなど和やかな雰囲... [続きを読む]
  • 連載〜少府〜
  • 「少」とは、微小を指す語。「府」は、聚まり会するところを指している。本穴は、掌心の骨と骨の間の比較的小さな間隙の中にあって、心経の気が集まるところなので、名づけられた。清心除煩の作用があり、心部痛、排尿困難、遺尿、小指の痙攣・拘縮、掌中の熱感、皮膚の掻痒... [続きを読む]
  • 連載〜神門〜
  • 「神」とは、「心は神明を主る」「心は神を蔵す」の神を指す。「門」は、出入口のこと。本穴は、手少陰心経に属し、また少府穴の1つ前のツボで心気の出入りの「門」を指しているので、名づけられた。寧心安神の作用があり、心部痛、心煩、健忘、不眠症、驚悸、癲狂癇、目の... [続きを読む]
  • 連載〜陰郄〜
  • 「陰」は、陰陽の陰で、ここでは少陰をさしている。「郄」は、孔竅とか空隙のことで、ここでは「郄穴」の意味である。本穴は、心経の郄穴で経脈で気血の集まるところなので、名づけられた。寧心安神、養陰固表の作用があり、心部痛、驚悸、盗汗、構音障害、鼻出血などを主治... [続きを読む]
  • 連載〜通里〜
  • 「通」は、通達とか経過の意味をもち、「里」は、表裏の裏で心と小腸が表裏関係にあることをさしている。本穴は、心経の「絡」穴で、心経はここから絡脈がわかれ出て小腸経に達し、小腸経と心経の表裏両経を通じさせているので、名づけられた。寧血安神、熄風和営の作用があ... [続きを読む]
  • 連載〜霊道〜
  • 「霊」とは、心霊、神霊のことで、精神・思維を意味している。「道」は、道路・通路を指す。本穴は心経の「経」穴で、心の機能を伝達する道路であり、精神科疾患、心臓病を主治するので、名づけられた。寧心安神の作用があり、心部痛、突発性失語症、肘や腕の痙攣、チック、... [続きを読む]
  • 連載〜少海〜
  • 「少」とは、手少陰心経のことを指している。心は血脈を主り、水流が集まるように本穴は脈気が盛んであり、また心経の合穴なので、名づけられた。通心竅、安神志の作用があり、心部痛、手や腕の知覚麻痺、頸部や腋窩のリンパ節結核、精神科疾患、不眠症、腋脇痛などを主治と... [続きを読む]
  • 連載〜青霊〜
  • 「青」は、青色のことで、望診では痛みを主る。「霊」は、病を治すのに霊験あらたかであることを示す語である。本穴は、頭・腕・心・胸の諸の疼痛疾患に対し解症止痛の効果をもっているので、名づけられた。散風止痛の作用があり、目の黄ばみ、脇痛、肩背痛、眼疾患などを主... [続きを読む]
  • 連載〜極泉〜
  • 「極」とは、尽きるところを意味し、腋窩の最高点を指している。「泉」とは、水の湧き出る「泉」のこと。心は、血脈を主り、血脈は水の流れに似ているが、本穴は腋窩正中で動脈の拍動部にあたり、動脈の拍動に触れ、あたかも急に湧き出て急流をなして流れ去るかのようなので... [続きを読む]
  • 連載〜大包〜
  • 「包」には、請負うという意味がある。本穴は、脾の大絡であって、陰陽の諸経を統括し、脾は、五臓四肢をうるおし、臓腑百に、その益を受けさせるので、名づけられた。寛胸利脇の作用があり、胸脇部痛、喘息、全身の疼痛、四肢の無力感などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜周栄〜
  • 「周」は、全身、「栄」は、栄養を指す。本穴は、脾経に属し、脾は、肌肉を主り、統血布精(血を統率し、栄養物を散布する。)の力をそなえている。経気はここから散布され、栄養が全身をめぐるので、名づけられた。寛胸利気の作用があり、胸脇支満、咳嗽などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜胸郷〜
  • 人の住んでいるところを「郷」という。本穴は、側胸部にあって、胸脇が膨満し、胸背部が痛み、横向きに寝られないのを治すので、名づけられた。大胸筋の中にある。寛胸利気の作用があり、胸脇支満、咳嗽、胸痛などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜天谿〜
  • 天は上のほうを指す。本穴に施鍼、施灸すると乳汁のでがよくなり、天然の谿流のように湧き出すので、名づけられた。大胸筋の外下縁で前鋸筋の中にある。寛胸、通乳の作用があり、胸部膨満、咳嗽、乳部腫瘍、乳汁分泌不全を主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜食竇〜
  • 空間のことを、竇という。本穴は、飲食の運化を助け、各空間に輸布をはかるので、名づけられた。前鋸筋の中にある。調脾胃、利胸膈の作用があり、胸脇苦満、腹部が膨満し雷鳴のような音がするもの、腹部振水音、げっぷなどを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜腹哀〜
  • 「哀」は、泣き叫ぶことを指す。患者が腹鳴・腹痛を患うと、腸の蠕動運動が亢進し、腹音が悲鳴のように聞こえるので、名づけられた。内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋部にある。調理腸胃の作用があり、腹鳴、腸鳴、消化不良、便秘などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜大横〜
  • 平らな事を「横」という。結腸の事を大腸とも言われた。本穴は臍の高さに取穴し、深部に上行結腸、下行結腸があり横に、大腸疾患を治すので、名づけられた。臍の外方4寸に取穴する。温中理腸の作用があり、下痢、便秘、下腹部痛などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜腹結〜
  • 「結」は、集結することを指す。本穴は、腹部にあって、邪気が胸腹に集結し、上逆して心を衝き、臍を通って痛を作し、瀉痢咳逆するのを治すので、名づけられた。理気血、調腸胃の作用があり、臍周辺の腹痛、下痢などを主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜府舎〜
  • 「府」は、集結することを指す。「舎」は、住舎を指す。本穴は、足太陰、足厥陰、陰維の三脈が腹中に入り脾にまとい、心肺の気と結び集結して居住するところなので、名づけられた。鼠径靭帯の外側上方で、外腹斜筋腱膜と内腹斜筋の下部にある。調下焦、散結聚の作用があり、... [続きを読む]
  • 連載〜衝門〜
  • 「衝」とは、衝撃、「門」は、門戸を指す。本穴は鼠径部にあり、動脈の衝動が触れるし、脾経がここより腹腔に入っていく大門をなしているので、名づけられた。調理下焦の作用があり、腹痛、疝痛、尿閉を主治とする。 [続きを読む]
  • 連載〜萁門〜
  • 「萁」は、両足を外転させた姿をいう。本穴を取穴する時、膝を屈し、大腿を外転させるがその姿。これを両足ともにすると「門」のようなので、名づけられた。縫工筋の内側縁にあり、その深層に内側広筋がある。深層には、伏在神経が通っている。利水通淋の作用があり、尿閉、... [続きを読む]
  • 連載〜血海〜
  • 戻り集まるところを「海」という。本穴は血と関係があり、刺鍼して血を戻して脾に帰す効があり、それが無数の江河が下りて大海に帰るようなので、名づけられた。理血調経、散風去湿の作用があり、月経不順、月経痛、不正子宮出血、大腿内側部痛、風疹を主治とする。 [続きを読む]