Y.I. さん プロフィール

  •  
Y.I.さん: HOP STEP JUMP !!!
ハンドル名Y.I. さん
ブログタイトルHOP STEP JUMP !!!
ブログURLhttp://y-idemori.com
サイト紹介文20個の資格に全て1発合格した資格支援アドバイザーが、合格に必要な心構え、勉強ツール、勉強法を紹介。
自由文20個の資格内訳
中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士、宅地建物取引士など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/01/20 19:20

Y.I. さんのブログ記事

  • 「(心構え)得意科目が、本試験で必ずしも得意科目にはならない」
  • さて、資格の勉強をしていると得意科目(or得意分野、以下得意科目で統一する)というものが出てきます。同じ資格を受けるの場合でも、人によって得意科目は様々だと思います。中小企業診断士、社会保険労務士などの資格ともなると、試験科目が多い上、それぞれの試験範囲も非常に広いのでいかにして不得意科目を克服し、得意科目で高得点を取って不得意科目の分を補うか、といった作戦も必要になることがあります。特に中小企業診 [続きを読む]
  • 「(勉強ツール)フリクション(こすると消えるボールペン)」
  • 今回紹介する勉強ツールは、「フリクション」です。(参考:「フリクションシリーズのHP」)皆さんご存知の「こすると消えるボールペン」ですね!!ちなみに私が、資格勉強の時に使っているは、フリクションシリーズの中の「フリクションボールスリム038」(価格:180円+消費税)です。(画像 でアマゾンへ)これは、細かな書き込みに最適なシリーズ最細(0.38mm)のボールペンです。私が、使用しているシャープペンシルが [続きを読む]
  • 「(勉強法)勉強した気になっていませんか?」
  • 私が通っていた資格スクールの場合、朝9時から夜9時まで自習室が解放されていました。今思えば、土日や試験直前期には、朝から自習室に行って、閉館ギリギリまで勉強していたものです。(懐かしいけれど、もうそういう生活は懲り懲りです(笑))勿論、勉強を頑張ることは良いことですが、皆さんに気をつけて欲しいことがあります。それは、仮に朝9時から夜9時迄。つまり、12時間、自習室や資格スクールなどに居たとしても、実際 [続きを読む]
  • 「(GW特別企画)平成29年度行政書士試験の感想」
  • この記事を書いているのがGW(2018年5月)なので、行政書士試験(2017年11月)からあっという間に半年が過ぎようとしています。得点や勉強法等は、別記事で書く予定にしていますが、平成29年度の行政書士試験でインパクトがあった出来事(強烈に記憶に残っていること)をここで残しておきたいと思います。(参考:「行政書士試験に合格しました」)注意:平成29年度の行政書士試験問題や解答については、こちら(行政書士試験研究 [続きを読む]
  • 「(心構え)睡眠時間を削ってはダメ」
  • 私の勉強スタイルのこだわりの1つとして、必ず睡眠時間を6〜7時間は取るようにしています。勿論、試験の直前期であってもほとんど変わりません。これは仕事をしながら勉強をしていた時の経験から来ているものですが、睡眠時間が少ないと、まず仕事に影響して業務効率がガクッと落ちてしまいます。効率が落ちるということは仕事が長引いてしまい、結果的に、勉強時間も減少してしまうということです。他にも睡眠不足の影響として、 [続きを読む]
  • 「(心構え)GWは勉強どき」
  • はい、みなまで言わなくて分かると思いますが、明日から世間はGW。休みが長い人で9連休になるみたいですね。(ただ、月末月初って経理の締めの関係で休みが取りにくい人達もいると思いますけどね)さぁ、この大型連休を使わない手はありません。(参考:「正月休みは勉強どき」)日頃の勉強の遅れを取り戻すべく、皆さん勉強に勤しみましょう(笑)(受験生である以上、皆さんそこは我慢です!!)とは言っても、「日頃の勉強時間 [続きを読む]
  • 「(勉強法)試験で一番悔しいことは・・・」
  • もちろん、「本試験に合格出来なかった」というのが、一番悔しいことだと思いますが、「試験は水物」である以上、どんなに模試の成績などが良くても、本番で落ちてしまうことはあります。特に、相対基準の資格試験の場合(宅地建物取引士は、大凡上位15%以上が合格)だと、仮に例年の合格点を超えていても落ちる可能性があります。そういったことを考慮すると合否以外で、一番悔しいことは、本試験で初見の問題を解けなかったこと [続きを読む]
  • 「(号外)試験当日の心構えはデスノートに学べ」
  • 人気漫画「DEATH NOTE(デスノート、原作:大場つぐみ、漫画:小畑健、発行:㈱集英社)」を読んだことがある方は多いと思います。同漫画の中に、「夜神 月(ヤガミ ライト)」と「L(エル)」という2人の人物が登場します。(左が「夜神 月」、右が「L」/DEATH NOTE第3巻 P.50より)この2人は、東応大学(現実世界で言えば、東京大学?)の入学試験で全教科満点取って、首席で合格するぐらい頭が良いという設定なので、資格試験 [続きを読む]
  • 「(心構え)付き合う人を選びなさい」
  • 以前、「『今回(今年)は無理だ』だけは言ってはいけない」という投稿で、言霊について触れましたが、似たような類の話で、資格試験に合格する迄の間だけでも、自分の身の周りにいる方との付き合い方を考えた方が良いと思います。少々きつい言い方をすれば、「付き合う人を選びなさい」ということです。なぜなら、言霊と同じように、付き合う人(普段一緒にいる人、周りにいる人)から受ける影響というのは、思いの外大きいからで [続きを読む]
  • 「(心構え)人間の本能を理解し活用する」
  • 仕事では物事の本質を理解することが重要ですが、勉強の上でも、本質を理解していると何かと役立つことが多いものです。特に、人間の本質を知っていることは重要です。この場合、本質≒本能と読み替えても良いでしょう。例えば、記憶に関することなら、「エビングハウスによる忘却曲線」が有名ですが、必ずしも理論的・科学的なものでなくて良いのです。忘却曲線のことも、言い換えてしまえば、「人は忘れる生き物である」というこ [続きを読む]
  • 「(心構え)人間の本能を理解し活用する」
  • 仕事では物事の本質を理解することが重要ですが、勉強の上でも、本質を理解していると何かと役立つことが多いものです。特に、人間の本質を知っていることは重要です。この場合、本質≒本能と読み替えても良いでしょう。例えば、記憶に関することなら、「エビングハウスによる忘却曲線」が有名ですが、必ずしも理論的・科学的なものでなくて良いのです。忘却曲線のことも、言い換えてしまえば、「人は忘れる生き物である」というこ [続きを読む]
  • 「重要なお知らせ」
  • サイト運営開始から1年以上が経過したことや、平成29年度の行政書士試験に1発合格したことを1つの区切りとして、2018年4月1日より、当サイト記事の一部を会員限定(会員無料)とさせて頂きます。(アメーバブログのアメンバー限定記事のような形です。)これに伴って、今後は会員限定記事も投稿していく予定です。最後に、これまで、そしてこれから当サイトをご覧頂いた皆さまにとって、何か1つでもお役に立つ情報が提 [続きを読む]
  • 「重要なお知らせ」
  • サイト運営開始から1年以上が経過したことや、これまで得たノウハウを活かして、平成29年度の行政書士試験にも1発合格できたことを1つの区切りとして、(参考:「【号外】行政書士試験に合格しました」)2018年4月1日より、当サイトの一部の記事を会員限定(会員無料)とさせて頂きます。(アメーバブログのアメンバー限定記事のような形です。)また、会員制に伴い、今後は会員限定記事も多数投稿していく予定です。最後に、当サ [続きを読む]
  • 「【号外】行政書士試験に合格しました」
  • 以前、「【事件】行政書士試験で、答案用紙紛失」と言う記事を投稿しましたが、この記事を書いた理由は、国家資格にも関わらず、(ある意味お粗末な)前代未聞の事件だったことは勿論ですが、私自身がその年の行政書士試験を受けていたということも大いに関係しています。私の中では、もう結構、昔の出来事になりつつありますが、他の受験生と同様、私も本試験当日(今回だと、2017年11月12日)に全て(体力、精神力、知識 [続きを読む]
  • 「【号外】行政書士試験に合格しました」
  • 以前、「【事件】行政書士試験で、答案用紙紛失」と言う記事を投稿しましたが、この記事を書いた理由は、国家資格にも関わらず、(ある意味お粗末な)前代未聞の事件だったことは勿論ですが、私自身がその年の行政書士試験を受けていたということも大いに関係しています。もうだいぶ昔の出来事になりつつありますが、他の受験生と同様、私も本試験当日(今回だと、2017年11月12日)に全て(体力、精神力、知識力)のピークが来るよ [続きを読む]
  • 「(完璧主義者必見)森を見てから木、枝葉を見ろ」
  • 資格試験における基本的な勉強法は、「完璧に理解出来なくても、まずは教材を一通りやりきる」という投稿をしている通り、まずは、テキストを使って全体をざっと把握してから、問題集を通して頻出論点、重要論点、細かい論点を押さえていくという流れが、効率的な勉強法だと思います。発想としては、「森を見てから木、枝葉を見る」という流れです。これは結構当たり前のことだと思うのですが、中には、最初から細かい論点や些細な [続きを読む]
  • 「(完璧主義者必見)森を見てから木、枝葉を見ろ」
  • 資格試験における基本的な勉強法は、「完璧に理解出来なくても、まずは教材を一通りやりきる」という投稿をしている通り、まずは、テキストを使って全体をざっと把握してから、問題集を通して頻出論点、重要論点、細かい論点を押さえていくという流れが、効率的な勉強法だと思います。発想としては、「森を見てから木、枝葉を見る」という流れです。これは結構当たり前のことだと思うのですが、中には、最初から細かい論点や些細な [続きを読む]
  • 「(心構え)『今回(今年)は無理だ』だけは言ってはいけない」
  • 本試験が近づくにつれ、理想(合格点)と現実(現在の得点)とのGAPを感じて、誰しも不安や焦りを感じてしまうものです。ですが、間違っても、「今年(今回)は無理だ。」「どうせ、駄目(無理)だろうな。」「今年駄目だったら、どうしよう…。来年は、○○という講座(例えば、上級講座)を受講してみようかな。」などと言った、マイナスの言葉を口に出してはいけません。もし、こういったことを言いたいのであれば、最低でも試 [続きを読む]
  • 「(心構え)『今回(今年)は無理だ』だけは言ってはいけない」
  • 本試験が近づくにつれ、理想(合格点)と現実(現在の得点)とのGAPを感じて、誰しも不安や焦りを感じてしまうものです。ですが、間違っても、「今年(今回)は無理だ。」「どうせ、駄目(無理)だろうな。」「今年駄目だったら、どうしよう…。来年は、○○という講座(例えば、上級講座)を受講してみようかな。」などと言った、マイナスの言葉を口に出してはいけません。もし、こういったことを言いたいのであれば、最低でも試 [続きを読む]
  • 「(勉強法)合格したら、その上位・下位資格を狙うのがオススメ」
  • 資格試験に合格すると、せっかく勉強する習慣が付いたのだから、別の資格も目指したいと思う方が多いと思います。(参考:「習慣化」、「習慣化の方法」)全く違うジャンルの資格を新たに目指すのも良いですが、少しでも楽をしたいのなら(?)、合格した資格の上位或いは下位資格を目指すのがオススメです。上位資格とは、等級制の資格(簿記1〜3級、漢字検定など)であれば、そのまま上の資格を目指すことです。ただし、2級に [続きを読む]
  • 「(勉強法)合格したら、その上位・下位資格を狙うのがオススメ」
  • 資格試験に合格すると、せっかく勉強する習慣が付いたのだから、別の資格も目指したいと思う方が多いと思います。(参考:「習慣化」、「習慣化の方法」)全く違うジャンルの資格を新たに目指すのも良いですが、少しでも楽をしたいのなら(?)、合格した資格の上位或いは下位資格を目指すのがオススメです。上位資格とは、等級制の資格(簿記1〜3級、漢字検定など)であれば、そのまま上の資格を目指すことです。ただし、2級に [続きを読む]
  • 「(心構え)合格率の推移も活用しよう」
  • 私が、資格試験を受ける時に必ず気にしている数値があります。それは「合格率」です。資格を受験しようかどうか悩んでいる時には、必ず前回の合格率を見るようにしています。(というか、当たり前のことですけどね!)まず、前回の合格率が「高かったのか」「低かったのか」。もし、前回低かったのであれば、「今回は合格率が上がる可能性があるかもしれない」、「いつか受ける予定なら、今回受けた方がチャンスかもしれない」。そ [続きを読む]
  • 「(心構え)合格率の推移も活用しよう」
  • 私が、資格試験を受ける時に必ず気にしている数値があります。それは「合格率」です。資格を受験しようかどうか悩んでいる時には、必ず前回の合格率を見るようにしています。(というか、当たり前のことですけどね!)まず、前回の合格率が「高かったのか」「低かったのか」。もし、前回低かったのであれば、「今回は合格率が上がる可能性があるかもしれない」、「いつか受ける予定なら、今回受けた方がチャンスかもしれない」。そ [続きを読む]
  • 「(勉強法)無から有を生み出す耳勉」
  • 先日、「【耳勉用】音楽プレイヤー」という記事を投稿しましたが、今回は、その「耳勉」についてです。「勉強する」と一言で言っても、何も机に向かうだけが勉強ではありません。特に社会人は、1日のうちのほとんどの時間を仕事に拘束されていますから、机に向かっていない時間(移動、家事、買い物など)を、いかにうまく使うかが重要になります。そこで活用できる勉強法が「耳勉」です。耳勉自体は、全く珍しい勉強法ではありま [続きを読む]