モンテ・ビアンコ さん プロフィール

  •  
モンテ・ビアンコさん: 恋愛のカタログ
ハンドル名モンテ・ビアンコ さん
ブログタイトル恋愛のカタログ
ブログURLhttp://montebiancoco.blog.fc2.com/
サイト紹介文恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/22 21:43

モンテ・ビアンコ さんのブログ記事

  • 失恋は一人の責任じゃない
  • 縁あって出会い、愛し合った恋人との別れ・失恋を経験すると、誰でも恋愛に対して臆病になってしまうものです。「もう恋なんてしない、誰も好きにならない」と嘆く人もいるでしょう。好きな人と離れた悲しみや辛さ、「自分が悪かったのか、なにがいけなかったのか」と自分を責めることで頭がいっぱいになれば、二度とそんな経験を繰り返したくないと思うはずです。とは言え、世のカップルたちの恋愛関係が破綻する原因で、どちらか [続きを読む]
  • 気持ちを切り替えるのは自分の為
  • 現在の恋人と出会い、仲良くしている間は、自分たちが別れることなど想像する人はほとんどいないでしょう。誰でもこれからの二人の未来に希望を持ち、自分はこの人とずっと交際していく、そうに違いないとポジティブに考えるものです。しかし、残念ながら人の気持ちは不変のものではありません。相手から別れを切り出されるか、自分から切り出すか、自然消滅するか…交際中の二人の関係が破綻してしまうのは珍しくないことです。で [続きを読む]
  • これからもラブラブでいたい
  • 愛し合う恋人関係にある二人なら、「ラブラブです」と堂々と言えるような間柄になることはひとつの到達点といってもいいでしょう。しかし、本来熱愛中だという意味であるラブラブという言葉は、いつからか「人目もはばからずイチャイチャしているバカップル」のような、あまり好ましくない印象で使われることも多くなってしまいました。自分たちが前者と後者のどちらに当てはまるかは、自分たちの言動にかかっています。できれば周 [続きを読む]
  • 理想を目指す意欲
  • 周囲から「ラブラブだね」と言われるような、仲睦まじいカップルに憧れる人は多いでしょう。恋人とラブラブになりたいのなら、まずはたくさんデートして、お互いについての理解を深めていくことが欠かせません。そもそもこうして出会い、交際に至っている時点である程度お互いのことはわかっているでしょうが、「恋人同士」となった新たな関係を深めていくのなら、より相手のことをちゃんと理解しておく必要があります。誰もがうら [続きを読む]
  • ラブラブでも忘れてはいけない
  • 初めての出会いを経て、仲良くなったばかりの二人は、一緒に過ごす時間が楽しくて仕方がない、いつもどこでも一緒に行きたい、もっと仲良くなりたい…そんな気分で浮かれてしまうものです。お互いをよく知り、仲良くなるためにはまずたくさんデートして、たくさん会話を交わすことが欠かせません。しかし、その際に気を配らないと、周囲や恋人に不快な思いをさせてしまう可能性があります。お互いのことしか目に入っていないような [続きを読む]
  • からかう言葉に対して
  • 現在交際中のカップルで、初めての出会いからケンカやすれ違いもなく、ずっと仲良くしているという人たちは意外と少なくないものです。トラブルになりそうな時は冷静に話し合い、お互いを労わり、思いやることで余計な衝突を回避して、今までよりも仲良くなれるよう努める…それは恋愛の基本であり、一番忘れられがちな部分でもあります。そのような努力ができるのは素晴らしいことです。しかし、その仲睦まじい状態を「いつまでも [続きを読む]
  • ラブラブかどうかの基準
  • 魅力的な恋人を作り、人もうらやむラブラブカップルになってやる…とひそかに企んでいる人は少なくないものです。特に、辛い失恋を経験したことがある人なら、今度こそ幸せになりたいと願う気持ちも強いでしょう。しかし、実際どのようなカップルになればラブラブなのかと問われると、はっきり答えられるでしょうか。ラブラブというと、大抵の人がとても仲良くていつでもどこでも一緒というイメージを抱いているかもしれませんが、 [続きを読む]
  • ネガティブな発言も程々に
  • 世の中、あらゆる物事をとにかく批判したがる人はいるものです。映画を見れば面白くなかったと言い、料理を食べれば美味しくないと言い、辛辣な評価をするのは、見ていて気分が良いものではありませんが、世の物事に対してどんな評価をするかはその人の自由です。実際に面白くなかった映画もあるでしょう。食べ物の好き嫌いは人によって評価が分かれますし、大多数の人たちが美味しいと感じても、たまたまその人は不味いと感じる事 [続きを読む]
  • 過去の経験とトラウマ
  • あなたが思う「恋人にしたいと思う異性のポイント」は、いくつくらい思い浮かぶでしょうか。反対に、「絶対に恋人にしたくないと思ってしまう異性のポイント」というと、いくらでも思い浮かぶという人が多いかもしれません。人の感情とは複雑なものです。好きな物を挙げるより、嫌いなものを語る時の方がすらすらと言葉が出てくるのではないでしょうか。「嫌い」という認識は、過去の経験や、見聞きした事などによって自分の中に定 [続きを読む]
  • 「素敵な彼女」を目指して
  • 交際中の彼の好みを知り尽くしている、と自信を持って言える女性はどれほどいるでしょうか。例えば、彼に手料理を作ってあげたとしましょう。出来たての手料理をテーブルの上に並べていくと、さっきまで嬉しそうにしていた彼が眉をしかめ、顔を曇らせていたとしたら…うっかり、彼の嫌いな料理を出してしまったことに気づいた瞬間、作った方も出された方も、お互い気まずくなるはずです。腕によりをかけて作った料理が、実は彼の嫌 [続きを読む]
  • 違いを認め合おう
  • 「恋人と趣味嗜好が合うか合わないか」というのは、交際を続けていくうえで重要なテーマです。お互い全く趣味嗜好が合わないカップルの場合、例えばデートで見る映画を決めるのにも時間がかかり、ランチの店も二人の意見がまとまらず、ケンカになることも珍しくないでしょう。毎回必ずどちらか一方が相手に譲歩することになれば、それが原因で衝突し、遅かれ早かれ破局することになりかねません。それとは反対に、趣味嗜好がほとん [続きを読む]
  • 見過ごすのも愛情
  • 人それぞれ、好き嫌いがあるのは当たり前です。食べ物、ファッション、人付き合い…そして、「恋愛」に関する事もあるでしょう。例えば、交際中の恋人の優しい性格や気が利くところを好きで尊敬もしている一方、恋人の服装や髪形がダサい、身だしなみにそもそも気を遣わない…という外見については実の所あまり好きじゃない、そんなケースもあるでしょう。「この人、中身はいいのに外見はちょっと…」と思ってしまう人もいるはずで [続きを読む]
  • 負けない自信をつける
  • 魅力的な人と出会い、二人の距離が縮まると「この人の恋人になりたい」と誰でも思うでしょう。しかし、もしも周囲に自分と同じ思いを抱いている人がいると分かると、「あの人の方が恋人にふさわしいのでは」「自分なんて無理だ」と不安から自信をなくしてしまうかもしれません。恋のライバルがいると分かるとすぐに自分の気持ちを諦めてしまう人の多くは、自分に自信がないのではないでしょうか。「どうせ自分なんて選ばれる訳がな [続きを読む]
  • 自分らしいアピールを
  • 素敵な人に出会い、相手を振り向かせたいと思って距離を縮めた時、周囲に自分と同じように相手に好意を寄せている人がいると気づくこともあるでしょう。恋のライバルの存在が分かると、思わず委縮してしまうかもしれません。ライバルがいるとなれば負けたくない、自分の恋を成就させたいと不安や焦りが湧き上がるものです。しかし、恋愛は戦って勝ち取るものではありません。意中の相手が自分に合った人を選ぶというだけなのです。 [続きを読む]
  • 友達が恋のライバルだった時
  • 普通の出会いを経て、仲良く付き合ってきた異性の友達を恋愛対象として好きになってしまったという状況は珍しいものではありません。しかし、その中で、実は自分の友達も同じ人を好きだった場合、状況はかなり複雑です。仲の良い友達と同じ人を好きになるというのもよくある話ですが、恋のライバルが大切な友達となると、なかなか自分の気持ちを言い出せずに悩んでしまうのではないでしょうか。友達と同じ人を好きになってしまった [続きを読む]
  • ライバルを意識しすぎない
  • 素敵な人と出会い、心惹かれたとなると、まずは相手と親しくなり、ゆくゆくは恋人という特別な関係になれるようにアプローチしていきたいものです。しかし、いざアプローチとなると「どうやって自分をアピールすればいいのか」「どんな風に距離を縮めればいいのだろう」と悩んでしまう人もいるでしょう。おまけに、恋のライバルまで出現したとなると大きな不安要素ですが、逆にライバルがいることで、俄然やる気が湧いてくることも [続きを読む]
  • 諦める必要はない
  • 素敵な人と出会い、顔見知りになればもっと仲良くなりたい、特別な存在になりたいと思うものです。魅力的な異性には当然心惹かれるものですが、その相手がモテる場合、狙っているライバルの存在も多いでしょう。恋のライバルが多いと気づいた時、どう行動するべきでしょうか。ふと周囲を見渡した時、自分と同じように意中の相手に思いを寄せている人、ライバルが実は多かったとなると、つい萎縮してしまう人もいるでしょう。今まで [続きを読む]
  • 交際期間が長い恋人
  • 長年付き合っている恋人がいる人は、今まで様々なトラブルを乗り越えてきたと思います。何度も喧嘩を経験してきたでしょうし、辛い時期は一緒に乗り越えてきたのではないでしょうか。しかし、そんな恋人からどうしても許せないことをされたという場合はどう対応するでしょうか。長年一緒に歩んできた相手ですから、ちょっとしたことでは別れないだろうと自分自身では思っていたにも関わらず、その許容範囲を超えた場合は別れを考え [続きを読む]
  • 言葉も別れの理由になる
  • 「恋人と別れるか悩んでいる」という人の中には、些細な喧嘩がきっかけとなっている人もいます。友達に相談するとそんなことで別れるのかと驚かれることもあるかもしれず、別れを躊躇する人もいるかもしれませんが、人によって相手が放った言葉、行動で受ける感情は異なります。周りの意見よりも、自分の気持ちに正直になった方が良いでしょう。理想のタイプの人と出会い、相手から告白され交際に至った人の中には、「交際してから [続きを読む]
  • 暴力を振るう相手
  • 恋人との関係に悩んでいる人の中には、「恋人に暴力を振るわれた」という経験がある人もいるのではないでしょうか。暴力を振るう人の多くは、その後優しい態度で接するでしょうから、「今回は機嫌が悪かっただけかもしれない」と判断して許してしまう人も多いかもしれません。しかし何度も繰り返されるようであれば、あなた自身を守るためにも、別れを選択したほうがよいのではないでしょうか。出会い、好きになり、恋人という関係 [続きを読む]
  • 浮気を許すか
  • 恋人と揉めている原因として、浮気をされたという人も少なくないかもしれません。好きな人だからこそ、裏切られるというのは辛いものです。浮気をされたことを許しても良いものだろうかと深刻に悩む人もいるでしょう。気になる人に出会い、惹かれ、交際に至るというのは本当に幸せなことです。自分が好きな相手に同じ様に好意を持たれるというのは奇跡のようなものですから、この関係を大切にしたいと思うでしょう。しかし交際がス [続きを読む]
  • 伝えることと整理すること
  • 恋人と時には喧嘩をすることもあるはずです。ちょっとしたことで喧嘩になったのに、その喧嘩が元で別れ話にまで発展してしまうこともあるでしょう。どうしても相手の行動が許せず、仲直りがなかなか出来ないカップルもいるはずです。これからどうしようと迷っている人は、自分にとってその行動がどこまで許せるものなのか、客観的に見直す必要に迫られます。運命的な出会いをして交際に発展すれば誰でもこのまま交際を続け、いずれ [続きを読む]
  • 遠距離恋愛も前向きに
  • 遠距離恋愛をしているカップルは何かと大変です。会いたいときに傍にいてくれないというのは寂しく感じるものです。相手のことが大好きですから、いつでも一緒にいたいと思うのは自然な感情だと言えるでしょう。それでも毎日のように一緒にいるのでしたら、最初の出会いからつきあいが始まったときのような燃え上がる気持ちを維持していくのが困難になってしまうのも否めない事実なのです。それでも一緒にいたいという気持ちは痛い [続きを読む]
  • チャンスをつかむ
  • 恋人ができたらいいなと考えるのは独り身の男女なら当然のことです。一人のほうが気楽でいいときがありますが、やはり気の合う相手と交際することができたらそれに越したことはないでしょう。しかし、良い出会いのチャンスというのはあるようでなかなかないものです。スマホがこれほどまでに普及し、SNS人気も手伝って出会いの場は格段に増えているにも関わらず、なかなかいい人と巡り会うことができないと嘆いている人も多いこと [続きを読む]
  • まずは行動あるのみ
  • 好きな人がいても「どうせこの恋は実らない」と、ついつい恋愛に対してネガティブに考えてしまいがちな人も多いのではないでしょうか。考えれば考えるほど、頭の中で「自分はルックスが悪いから」「趣味が合わないし」「向こうはきっとこっちのことを見向きもしてくれない」と、そんな不安で一杯になるのです。そしてその不安が頭の中を駆け巡り、ループしてしまう状態になると、自力でそこから脱出するのが難しくなってしまうでし [続きを読む]