ひばり さん プロフィール

  •  
ひばりさん: 日々の泡
ハンドル名ひばり さん
ブログタイトル日々の泡
ブログURLhttp://yamauba1223.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフィフ・シングル介護中の日々のつぶやき
自由文田舎に暮らすおひとりさま老嬢。
会社では氷のお局(笑)
天涯孤独予備軍でシングル介護中。
アタシの人生、罰ゲームみたいなものですが、
夢はセミリタイアして、海辺で暮らしたいなどと妄想してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/22 21:47

ひばり さんのブログ記事

  • 観念して心療内科に行ってきた・・・
  • 「アンソニー世界を駆ける」結構好きで観ていたな。成功を手に入れても、美しい女優の恋人がいても、心の闇はわからない。画面からはポジティブで好奇心旺盛でウィットに富んだ人、という部分しか見えなかった・・・。そういう表面的な虚構を保ちつつ内心では相当苦しんでいたのかもしれないなぁ。別にアンソニーの訃報がきっかけではないけど、観念して心療内科に予約なしで駆け込んだ。元々不眠症で3か月に1回受診しているとこ [続きを読む]
  • 苦しくて・・・
  • 「それ」は突然やってきた。まさかの半年遅れで。多分、自己防衛本能で無意識に心を麻痺させてきたんだと思う。泣かない自分が自分でも不思議だった。喪主で相続手続きで大雪で・・・あと、おまけで花粉症デビュー。そのすべてが終わった時、「それ」に苛まされた。多分、その時を待っていたんだと思う。始まりは後悔と罪悪感。介護・看取りについての、自分の選択したこと、あるいはしなかったことが、父親の死期を早めたんじゃな [続きを読む]
  • 「キモい自分を受け入れる」
  • 10年前なら、私の印象は「冷たくて近寄りがたそう」が大方だった。いろいろ思うところあり、最近はなるべく出せる時はあえて素の自分を出している。そして、今日言われてしまった・・・「ずーっと少女みたいな、奇特な人」と。痛いところを突かれてしまったと思った(つД`)ノもちろん褒め言葉じゃない。人生経験の少ない、夢見る夢子さんを揶揄されたのだから。最近何人かに言われた・・・気を付けてないと、私の振る舞いは世の中 [続きを読む]
  • 夢の中の父親は
  • 相変わらず無気力な日々が続いています。納骨も済ませ、その他細々なこともあらかた終わりました。亡くなって半年ほどはいろいろある、と聞いていたのは本当なんだなぁ。これまでのことや行く先々のこと、考えれば考えるほど、不安と後悔ばかりがぐるぐるしていました。このままではいけない、とはわかりつつも、心身ともに空っぽのまま、生きて行くのがしんどいなぁ・・・と思う日々でした。今もそんな状態ですが、一昨日、父親の [続きを読む]
  • 明日は・・・
  • もう7年になるのですね・・・家族を亡くされた方たちのその後の心の軌跡みたいな番組を観ていて、涙腺崩壊しました。遠く離れて何の体験もしていない私が泣くなんておこがましいのです。最近年のせいか何でも泣けるのです。家族を失う絶望の中で、新しく生まれた家族や残された家族のために、それを力として生きる人たちの姿。やはり人は家族という存在を希望と支えに生きて行くものなのですね・・・私にはその生きる力の源泉がな [続きを読む]
  • 落ちてる・・・
  • ・・・と言うか、病んでる?「50代」「独身」「死にたい」で検索かけてる自分がいる。本当に死にたいわけじゃない。自分と似たような境遇の中で、ギリギリ生きている人の言葉を読んで、生きる理由を探している・・・そんな感じなのか。明日は雛祭り。私は子供の頃から雛人形は持っていない。子どもの時に住んでいたのは、建売のマッチ箱みたいな家で、両親は人形店に私を連れて行って、ガラスケースのお内裏様とお雛様だけが入って [続きを読む]
  • 35年ぶりの再会
  • この冬は私在住の地方は大雪です。やっと一息ついたら、また大寒波襲来です(T_T)もう勘弁してください。昨日は心療内科。どうですか?とDr.に訊かれて、「眠れません。相変わらず胸にぽっかり穴が開いたようで無気力な感じです。」介護していた時は辛かったのに、あれが自分の人生の「芯」みたいなものだったことに気付いた、今はその「芯」がないので何か空しい、と言ったら、仕事はその芯にならないの?と。仕事にやりがいみ [続きを読む]
  • 寒さが身にしみる今日この頃
  • 「身」にしみる・・・と言うより、「膝」に( ノД`)。介護の最後の方は、一日中、おーい、おーい、と呼ぶ父の耳元で、「何して欲しい?喉かわいた?お茶?さする?」と大声で問いかけ続けていた。元々耳は遠いし、声はもう出なくなっていたし、コミュニケーションを取るのが困難で。四苦八苦してやっと何とか父の言いたいことを理解して、やれやれ〜と座ったら、またすぐに「おーい、おーい」が始まるのでした。そんなんで座ったり [続きを読む]
  • ひと月経って、ふいに
  • 哀しみが心の中どこかで引っかかっていて、泣くこともできない・・・そんな感じで、自分であって自分でないような、やらなきゃいけないことが常にあって立ち止まることも出来ないような、そんな1か月でした。二、三日前にスーパーで買い物していて、店内に流れていた曲にふいに胸を衝かれました。耳に飛び込んできた断片は、あなたはいつの日かふたたびよみがえり永遠のどこかでわたしを待っている帰宅して早速ネットで調べました [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 台風が来た9月17日、夜8時2分、父親永眠しました。9年余りの闘病生活、常に自立志向で、リハビリも真面目に取り組んでいました。ここ数年は入退院の繰り返し。最後の入院は3か月。吐下血して悪化したのはこのひと月のことでした。それでもベッドの上で手足を動かして自分なりのリハビリをしたりしていました。その姿を思い出すと今も少し泣けてきます。 頑固で気難しくて、娘としてはなかなか手ごわい相手でしたが、 今改め [続きを読む]
  • うーん、五里霧中かも
  • 先行きはすご〜く不安ながら、今後はあらゆる可能性を排除しないで検討する!!・・・なんて、国会答弁か何かみたいですが(;´Д`A ```。 父親、医療ショートステイ中に発熱して、そのまま入院に切り替わり(´Д`|||) 。 熱は下がったものの、食事、排泄、入浴、立ち上がり、移動、すべてにおいて全介助の状態になりました。 入院前は自分一人で何とか出来たこと、少し介助すれば出来たこと、 全て出来なくなりました( ノД`)。私の [続きを読む]
  • 明日から5月・・・非・黄金週間です。
  • とりとめなく書き綴ります。4月から始めようと思ったことは結局やれてません。(状況が許せば9月に再トライかな)ダンスのレッスンもずっと休んでます。(体調を見ながらそろそろ〜っと再開する予定です。でも予定は未定)めまいはようやく10段階の1までになり、花粉症は収まってきました。(個人的に花粉シーズン終了?)父親は良くなるはずもありませんが、ひどく悪化もしてないかな?小さなことはいろいろあるけど。うーん、ちょっ [続きを読む]
  • 花冷え
  • 桜満開です。花冷えです。今日はとっても寒い一日でした。何となくプチ花見をする流れになったのですが、桜を愛でると言うよりは、来年はどんな状況で桜を見ているのかな〜(遠い目)という感じでした。父親の病気に関する手続きは概ね済みましたが、私のプチ不調は続いております( ノД`)まず、世界はまだちょっと回転してます。疲れた時とか朝とか。酷い時はを10としたら2ぐらいですけど、なかなかゼロにならないんですよねぇ。そ [続きを読む]
  • 威勢のいいこと書いておいて
  • えらく威勢のいい元気なこと書いておいて( ノД`)・・・まいってます、今。まずは母親がひどい風邪を引きまして。 次に私にうつりました。 風邪とストレスと不眠のトリプルの打撃に、ついに身体の方が悲鳴を上げたみたいで。 2年前に車を当てられてムチウチになった時、 発症した「良性発作性頭位めまい症」。かなりの確率で再発するとは聞いてましたが、 土曜日の朝目覚めたら、世界が回ってました。ぐーるぐる。常に遊園地の回る [続きを読む]
  • 今さらながら・・・長いので略 その2
  • 父親の難病認定の方も動きがありました。80歳以上だと難病の診断は下りないとも言われたのですが、どうやら何とかなりそうです。これから手続きなどが大変ですが、少しホッとしました。自分でも思っていたよりだいぶこの件がストレスになっていたようです。これで要介護3 難病、障害者1級。随分、ハイスペックになっちゃったね、お父さん(哀)。でも、病名がわかってスッキリしたことも確か。私たちに辛く当たるようになった性格 [続きを読む]
  • もうすぐ春なのに・・・(介護外)
  • 真っ黒・真っ暗な独り言なので、食事前や就寝前の人(?)、ダークパワーに影響されやすい方(?)は、スルーされた方がいいかもしれませんσ(^_^;)「言霊」ってやっぱりあると思うんですよね。でもここでしか吐けないのでお許しを。春だからでしょうか、周囲はめでたい話が多いです。老後どうしようね〜とか言い合っていたのに、バツイチって「結婚グセ」がつくのかな、決まると早いな〜。正直、シアワセそうな人が眩しすぎて直視でき [続きを読む]
  • 「居場所」  最近見た夢
  • すごく悲しい夢やあせっている夢。毎晩そんな夢ばかりいくつも見ます。眠りが浅いんだろうな。何でそんな無理して父親の病名確定に向けて進むのか、って言われます。もう年も年なんだし、ここまで来たらもういいじゃない、って。経済的なことだけなら、そうとも言えます。でもホントはそんなことじゃないんです。難病と認定されれば、医療療養病床から追い出されることはない(はず)。そうすれば父親が介護難民になることはない。そ [続きを読む]
  • 私の方は・・・
  • 安定している父親と比べ、むしろ私の方が不安定かもしれない(´・_・`)不眠症・・・相変わらずなんですが、ずっと服用しているデパスが、ちょっと依存症気味になってきたので、このところ毎日飲んでいたのを、どうしても辛い時だけ、週に2〜3回に減薬しています。そうしたら、そもそも悪かった睡眠の質が、さらにひどいことに・・・睡眠不足で昼間は眠いし、集中力が欠如して仕事にも支障があるし、お肌はボロボロに・・・でも、デ [続きを読む]
  • 退院して2か月
  • 低め安定です。上向きでもありませんが、特に変わりもありません。でも、父親の状態からいって、落ち着いて安定しているだけで御の字、というところかも。ホントに退院できるのかな〜、の次は、自宅でお正月を過ごせるのかな〜、で誕生日を迎えられるかな〜、と来ての2か月。声は出ないし、日によっては動けないこともあるけど、食欲もあるし、ワガママも全開。良くも悪くもいつもの父親です。いつまで続くかわからないけど、一日 [続きを読む]
  • 雪いらない。
  • 結構な豪雪地帯なので、この辺り。温暖化のせいか、子供の頃よりは全然降らないんですが。時々やってきます、ドカ雪。スーパーで小さい子が、雪の降っている外を見て、「わ〜雪だ〜ヽ(≧∀≦)ノ」と歓声を上げているのを横目に、深〜い重〜い溜息ついている私。雪いらない。全然いらない。男手もない我が家は、雪かきは私が一手にやらねばならず・・・しかも雪道通勤とか・・・何の罰ゲームかと(ノ_<)。折悪しく、こんな時に限って [続きを読む]
  • お正月なんて・・・
  • 賀正でございます。とは言え、介護している身にはお正月も何の関係もありませんね。むしろ、とりあえず必要な物だけ慌ててショッピングセンターに買物に行った年末、家族連れでいっぱいの、活気のある賑やかな雰囲気に、私だけ隔絶されているような疎外感を噛み締めて帰りました。ここから、なぜか妄想に走る私なのですが、天涯孤独になったら、年末年始は旅行しようと決めました。おひとりさま限定ツアーで検索したら、素敵な旅行 [続きを読む]
  • 本当に本望だったのか・・・
  • 退院して家に戻った途端、急激な体力&気力の低下が見られ。しかも、昨日の朝は転倒。今日は全然動けてません。食欲もなし。うーん、これは結構ヤバいのかも。明日は退院して初めて訪問看護士さんが来る日なので、今後のことを母と相談してもらうことにする。年末なのでどうしても私は休めない。つらいところ。仕事しながら在宅介護計画はもう早々に前途多難と言うか、想定外の事態と言うか・・・今後どうなるか・・・乗り切れるか [続きを読む]
  • 退院。
  • 父親、本日退院。年休取って、迎え&受け入れ。「おめでとう」などと言って下さる方もいるが、私の気分としてはめでたいには程遠い・・・ハッキリ言って不安しかありません、キッパリ!!・・・という感じ。骨と皮になってヨロヨロしていて、生活全般に介助が必要。こんなんで年老いた母と二人、働きながら面倒見切れるのかしら〜。本人は「うちに戻れて死ぬなら本望だ」とまで言ったので、そういう意味ではよかったのだろうけど。昨 [続きを読む]
  • 生き物として
  • 理屈では、兄弟姉妹がいたとしても、必ずしも一人っ子よりいいか!?と言うと、100%そうだとは言えないこともわかっているのです。他人より疎遠な兄弟姉妹もいるし、他人じゃないだけ余計こじれてしまう兄弟の仲というのも知っている。兄弟間の相続の問題での諍いで自殺された方もいる。三姉妹で親の介護でもめて、もう一切付き合わないと縁を断った人もいる。最近は「兄弟リスク」という言葉もある。でも理性ではいくらそう思って [続きを読む]