Ed Delph & Yoichi さん プロフィール

  •  
Ed Delph & Yoichiさん: エド・デルフのエッセイ
ハンドル名Ed Delph & Yoichi さん
ブログタイトルエド・デルフのエッセイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ask2jesus/
サイト紹介文アリゾナ州フェニックスを拠点に活動している牧師、エド・デルフのショートエッセイの日本語訳。
自由文アリゾナ州フェニックスを拠点に活動している牧師、エド・デルフのショートエッセイの日本語訳。英語原文も記載。彼のショートエッセイは毎週、地元紙などに掲載されている。ジョークを交えて身近な話題から、深い人生の問題を聖書的価値観から掘り起こしている。
仕事の合間の気分転換に、心が疲れたときに、或いは電車の中の暇つぶしに読んでみてください。きっと心が温まります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/01/22 22:47

Ed Delph & Yoichi さんのブログ記事

  • 受け身的か情熱的か ; それは心の問題 2017.11.18(J)
  • 受け身的か情熱的か ; それは心の問題その医学生は、放射線学の試験で落第の通知を受けた時ショックを受けた。その教授に近寄り、落第の理由を問いただした。「自分で撮ってみたX線の写真を覚えているかい?」その教授は問い返した。「もちろんです。」学生は答えた。「素晴らしい画像だった。」教授は答えた。「あなたの肺、胃、そして肝臓の写真。」「それが素晴らしい画像なら、なぜ私が落第ランクのF評価なんですか?」学生は尋 [続きを読む]
  • Passion or Passivity: It’s a Matter of Heart 2017.11.18(E)
  • Passion orPassivity: It’s a Matter of HeartThe medical studentwas shocked when he received a failing grade in radiology. Approac
    hing theprofessor, he demanded to know the reason for the grade. “Remember the X-rayyou took of yourself?” asked the professor
    . “I do.” said the student. “A finepicture,” the professor said, “of your lungs, stomach and liver.” “If it’s afin
    e picture, then why d [続きを読む]
  • PUSH、そして全く新しいエンディング 2017.11.11(J)
  • PUSH、そして全く新しいエンディング海岸沿いを一人で歩いている男がいた。やがて彼はコルク栓をした一本のボトルを見つけた。彼はそのボトルを手に取り、コルクを抜くと精霊ジニーが現れた。ジニーはその男に言った。「私は今日、少しくたびれているから、たった二つだけなら願いを叶えてあげる。」その男は言った。「それでいいよ。二つで十分だ。一つ目、スイス銀行の口座に一千億円欲しい。」プー、と精霊ジニーが息を吹くと、 [続きを読む]
  • Kindness is Anything that Lifts Another Person 2017.11.11(E)
  • Kindness is Anythingthat Lifts Another Person A wise person once said that it’s nice tobe important, but it’s more important to be nice. Being nice and listening tothose around us might avoid some embarrassment, and might even make us somemoney. For example, whenTommy Bolt was on the golf tour, he established a well-deserved reputation forhis temper. Once in a tournament, he drew a caddie wh [続きを読む]
  • 親切は他人を高くするもの 2017.11.4(J)
  • 親切は他人を高くするもの大切な人となるのはナイスなことだが、ナイスな人になることは更に大切だ、とある賢い人が言っています。ナイスであり、自身の周囲の人々に耳を傾けるのはちょっとした恥をかかずに済むのに大切であり、さらにはちょっと収入を良くするものです。 例えばトミー・ボルトがゴルフツアーに参加している時、彼の強気な性格について長く語られることとなる逸話を残しました。あるトーナメントで彼はおしゃべり [続きを読む]
  • Kindness is Anything that Lifts Another Person 2017.11.4(E)
  • Kindness is Anythingthat Lifts Another Person A wise person once said that it’s nice tobe important, but it’s more important to be nice. Being nice and listening tothose around us might avoid some embarrassment, and might even make us somemoney. For example, whenTommy Bolt was on the golf tour, he established a well-deserved reputation forhis temper. Once in a tournament, he drew a caddie wh [続きを読む]
  • 「その間」の力 2017.10.28(J)
  • 「その間」の力William Ward氏による短いけれども力強い以下のメッセージから始めましょう。これは彼の著書「Reward Yourself」からの抜粋です。ある男がかかりつけの外科医に電話し、興奮してこう言った。「先生、ちょっと一緒に来てください。私の息子が私の万年筆を飲み込んでしまったのです。」医者は答えた。「すぐに行くが、その間、あなたはどうしたら良いかな。」その男は答えた。「鉛筆を使っています。」私たちが「その [続きを読む]
  • The Power of ‘In the Meanwhile’ 2017.10.28(E)
  • The Power of ‘In theMeanwhile’Let’s start with thisshort but powerful exhortation by William Ward. It’s is from his book, RewardYourself. A man phoned hisphysician and excitedly exclaimed: “Please come at once, Doctor. My son hasswallowed my fountain pen.” The doctor replied, “I’ll be right over. But whatare you doing in the meanwhile?” “Using a pencil,” answered the father. What we do [続きを読む]
  • 高く掲げられ、しかし身近で個人的に 2017.10.21(J)
  • 高く掲げられ、しかし身近で個人的にある小児科病棟の看護婦が、子供たちの胸の音を聞く前に、子供たちの耳に聴診器をつけ自分の心臓の音を聞かせるようにしていました。子どもたちの目は驚きで輝きましたが、ただ一人、4歳のデービッドのような答えは他にありませんでした。彼女は聴診器を彼の耳に付け、胸の音を聞く丸い部分を彼の心臓にあてました。「聞いてごらん。これは何の音かな?」デービッドは困惑したように眉間にしわを [続きを読む]
  • High and Lifted Up but Up Close and Personal 2017.10.21(E)
  • High and Lifted Up but Up Close andPersonal A nurse on the pediatric ward, beforelistening to the children’s chests, would plug the stethoscope into their earsand let them listen to their own hearts. Their eyes would always light up withawe, but she never got a response equal to four-year old David's comment. She tucked the stethoscope into his earsand placed the disk over his heart. "L [続きを読む]
  • 人生を上向きにしましょう。。。バケツから這い出るのです 2017.10.14(J)
  • 人生を上向きにしましょう。。。バケツから這い出るのです クラボロジーと言う言葉を耳にしたことがありますか? たくさんのカニをバケツに入れ、一杯にすると、決して逃げないように蓋をしなくても良いのです。何故でしようか? 一匹のカニが這い出て逃げようとすると、そのカニを他のカニが次々と引っ張りバケツに戻そうとしてしまうのです。それがストレスでいっぱいのカニのグループの姿なのです。つまりクラボロジー式の集団志 [続きを読む]
  • 誰か不平不満を言いたくなっていませんか? 2017.10.6(J)
  • 誰か不平不満を言いたくなっていませんか? Bill Vaughnはこう言っています。「本当は何パーセントだったのか? 私たちは、駐車場で車をぶつけた200人の人に面会したが、誰一人として他人の車にぶつけたことはないのだ。」 今日は少し不平について考えてみましょう。私が少しと敢えて言ったことに気を付けてください。私は皆さんに不平や不満に注目してほしくないのです。なぜなら、私たちには何かを見つめれば見つめるほど、そのよ [続きを読む]
  • Does Anyone Out There Feel Like Complaining? 2017.19.6(E)
  • Does Anyone Out There Feel Like Complaining?Bill Vaughn says, “Strange how percentages work out. We’vemet two hundred people who have had their fenders smashed in parking lots, butnever one that’s smashed anybody else’s.” Today, let’s take a quick glance at complaining. Notice Isaid a quick glance. I don’t want you to gaze at complaining because the moreyou gaze at it, the more you become i [続きを読む]
  • どうやって他人と交流したら良いのでしょうか? 2017.9.30(J)
  • どうやって他人と交流したら良いのでしょうか?古くからこう言われ続けています。「誤解されないこととは、誤解なんだ。」1800年代半ばにミシシッピ州キャントン郡の議会が可決した議決を見てみましょう。それは何かの理解でもなければ、実行でも無い事の例に焦点を当てたものです。「1.本議決を持って我々は新しい刑務所を建設することを決議する。2.新しい刑務所は古い刑務所の資材を使用して建設することを決議する。3.古い刑務 [続きを読む]
  • How Do We Come Across to Others? 2017.9.30(E)
  • How Do We Come Across to Others?An old saying maintains, “That which can be misunderstoodwill be misunderstood.” Look at this
    resolution, passed by the board of councilmen inCanton, Mississippi, in the mid-1800s. It focuses on an example that could beneith
    er understood or implemented: “Number one: Resolved by this Council thatwe build a new jail. Number two: Resolved that the new j
    ail be built [続きを読む]
  • 自然災害が何故存在するか、聖書的で自然な理由 2017.9.23(J)
  • 自然災害が何故存在するか、聖書的で自然な理由先週、我々は「ハリケーンと自然災害は国に対する神の裁きか?」と言うタイトルでの二話続きのお話を始めました。神が、全ての自然現象を通してではないが、時として自然現象を通して我々に語るのであるということを述べさせていただきました。神が大きな自然災害のような過激なものを控えめに用いる時、それは何かに対する反応なのです。それは神の第一の選択肢ではありません。それ [続きを読む]
  • あなたが見ているもので、本当に本当に問題となるもの 2017.9.9(J)
  • あなたが見ているもので、本当に本当に問題となるもの最近、私の友人がJames Clear氏の書いた記事を私に送ってくれましたが、ちょっと気になりました。それは多くの人々の人生を良い方向に変える可能性のある内容です。James氏は私が人生で経験した事を描き出すと共に言葉のハンドルを私に与えたのでした。その記事の冒頭から始めさせてください。「1966年、ある失語症の16歳の少年が高校を退学した。友人の助けを借りて、彼は学生 [続きを読む]
  • What You See Can Really, Really Matter 2017.9.9(E)
  • What You See Can Really, Really MatterRecently a friend of mine sent me an article written by JamesClear that caught my attention.
    It’s about a principle that could change many people’slives for the better. James gave me some word handles and illustrations
    thatput into words what I have experienced in my life. Let me start with theopening of the article. “In 1966, a dyslexic sixtee
    n-year-old bo [続きを読む]
  • Happy Birthday to Me! 2017.9.2(J)
  • Happy Birthday to Me!私が数週間前の自分の誕生日にFace Bookを見ていると、Happy Birthday to Meと題したエッセイを見つけました。それは私の良き友人であるGregory Lan Ijiwola牧師によって書かれたものでした。Gregory牧師はイリノイ州シカゴで素晴らしい教会を牧しています。彼はナイジェリアの生まれで、私が今まで会ったクリスチャンの中で最も素晴らしい人です。彼と妻のDeboは、シカゴ南部の地域で地域社会を素晴らしく変 [続きを読む]
  • Happy Birthday to Me! 2017.9.2(E)
  • Happy Birthday to Me! As I was looking on my Face Book a few weeks ago on mybirthday, I saw an essay entitled Happy Birthday to Me
    . It is written by mygood friend, Pastor Gregory Lan Ijiwola. Pastor Gregory has a great church inChicago, Illinois. He is Nigeria
    n by birth and one of the finest examples of aChristian I have ever met. He and his wife Debo have invested their lives inbuilding
    a great c [続きを読む]