K.Nakamura さん プロフィール

  •  
K.Nakamuraさん: 首都圏生きものめぐり
ハンドル名K.Nakamura さん
ブログタイトル首都圏生きものめぐり
ブログURLhttps://ameblo.jp/science-nakamura/
サイト紹介文首都圏密着型の自然ブログ。身近な公園・緑地の美景観と生きものを、豊富な写真と共にご紹介!
自由文ビル群立ち並ぶ首都圏にも、草木が生え、生きものの暮らす環境は確かに存在します。このブログでは、都会の自然への興味喚起に繋げたい――という意志のもと、首都圏在住の独身編集者が直接足を運んだ公園等で出会った美景観や生きものを紹介します。

生きものを「遭遇率・インパクト・美しさ・俊敏性」で独自に数値化して評価する『生きもの採点』を実施中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/01/23 00:57

K.Nakamura さんのブログ記事

  • 深き森の里山(鎌倉広町の森)
  • またまた新規スポットを開拓。今回は鎌倉市の広町の森へ行きました。鎌倉らしい、森に囲まれた閑静な住宅街の中にある公園で、構造としては鎌倉中央公園によく似ています。実際、同じ湘南モノレール沿いにありますしね。 最寄り駅の「西鎌倉駅」から徒歩で約10分。公園内には自販機がないため、飲み物は予め用意しておいたほうがいいでしょう。 入口近くのビジターセンターのような建物。園内のマップはここでしか入手できま [続きを読む]
  • ある疑惑(いたち川のハラビロカマキリ)
  • いたち川の遊歩道で、手摺にとまっていたカマキリ。翅にある白い点は、本ブログでもおなじみのハラビロカマキリの特徴ですね。ポーズが怪しい点を除けば何てことのない写真なのですが、最近1つ気になることがあったため、 今年10月25日、茨城県の小美玉市内で大陸性の外来種「ムネアカハラビロカマキリ」なるものが初めて発見されました。さらに10月27日、岡山県岡山市でも同種のカマキリが見つかっており、いずれも標本にされて [続きを読む]
  • 見返りデビル(21世紀の森と広場 ー森編ー)
  • 先日のアンケートで皆さんから推薦いただいたスポットの中に、いくつか複数の方から紹介された所がありました。今回足を運んだ21世紀の森と広場もその1つ。千葉県北西端の松戸市にある自然公園で、武蔵野線「新八柱駅」から徒歩15分ほど。これまで三番瀬や谷津干潟に向かうために武蔵野線を頻繁に利用していましたがここで途中下車したことはなく、推薦いただくまで全く眼中にありませんでした(汗)。 公園入口に向かう途中、外 [続きを読む]
  • もうコンクリジャングルとは言わせない(丸の内界隈の都市緑化)
  • どうにか雨に見舞われることなく済んだ多々良沼散策の翌日は、シギ・チドリの撮影すらできそうにない本降りの雨でした。これでは公園・庭園の撮影に出ても成果は得られないと判断し、この日は生きものにあまり拘らず、東京駅周辺をぶらぶらすることにしました。 写真は丸の内口の駅舎天井。スタート地点です。ここから、丸の内の高層ビル街を散策します。 丸の内の高層ビルといえば、基本的にはオフィスビルが主体です。一部 [続きを読む]
  • シギ・チドリの微細な差を見極めよ(多々良沼)
  • どうにも週末の天気が優れない日々が続きますね。この時はギリギリで雨が降らず、一方で気温がかなり低かったので昆虫が期待できないことは端からわかっていました。そのため、天候にあまり左右されないシギ・チドリに期待をかけ、北上して多々良沼(館林市)に向かいました。 冬にハクチョウを撮った時以来ですね。  メインターゲットは渡りのシギ・チドリですが、元々森も多く、小鳥の数も多いのでぶらぶら散策していても [続きを読む]
  • 先日募集した新規スポットの開拓・第1弾(三ッ池公園&二ツ池)
  • 先日、記事中にて新しい公園の紹介を皆様にお願いしました結果、予想以上に多くのスポットを紹介いただきました。真にありがとうございます。全部まわるには相当の時間がかかるかと思われますが(汗)。 今回はその中でもまず第一に足を運んだ鶴見区の公園、三ッ池公園&二ツ池をご紹介します。厳密にいうと紹介されたのは二ツ池だったのですが、すぐ近くの三ッ池公園(上写真)もまだ行ったことがなかったため、同日中に散策して [続きを読む]
  • 今思えば、確かに毒々しい外見……(赤城自然園のアサギマダラ)
  • 群馬県渋川市の赤城自然園。プライベートで足を運んだのは初めてです。ようやく土日祝日限定で渋川駅からの送迎バスが出るようになったため、車のない私でも普通に行けるようになりました。ここはアサギマダラが秋に飛来することで有名です。かなり多数飛来し、それこそ、この時期足を運んで「会えないということは絶対ありえない」くらいです。秋の赤城自然においては最大の見所となっているようで、webサイトでもトップに表示さ [続きを読む]
  • 干潟の(?)大軍曹(葛西臨海公園)
  • この日は横浜(と藤沢市の境目)の実家に帰っていたのですが、東京方面で夜に用事があったため、ちょっと遠征して葛西まで行ってきました。千葉県との境目にある公園ながら、京葉線に乗れば1本で東京に戻れますし公園はほぼ駅と直結ですので非常にアクセスしやすいです。  ここの鳥類園といえばやっぱりアオアシシギ(左)が主役。谷津干潟のセイタカシギ同様、ほぼ常駐しているものと思われます。右はイカルチドリかな? い [続きを読む]
  • 【小記事】静止するスズメガを3連投
  • 秋になるとよく花壇やアベリアなどで見かける、オオスカシバなどの飛び回るガの仲間。本ブログでもよく登場しますが、大体どれも飛びながら蜜を吸っているシーンばかりですよね。ホバリング(空中静止)することが多いので他のチョウ等と違い撮影できないということはないですが飛びっぱなしゆえに翅の模様なんかはよく見えず、また、小刻みに移動するのでやはり撮影には少々苦労します。 今回、偶然にも立て続けに静止している彼 [続きを読む]
  • 庶民派日本庭園に、虫の音が鳴る(向島百花園)
  • 向島百花園って、聞いたことはありますでしょうか?浜離宮恩賜庭園と並び称される「都立9庭園」の1つに数えられていて、墨田区東向島という場所にあります。立地的には浅草に近いですね。 最寄の東向島駅から、写真のような住宅街を歩いて約6分。やや道が入り組んでいますが、案内が出ているのですぐにわかることでしょう。  中にはいると、まず見えてくるのは左写真のような光景。番傘を持っている方がいらっしゃいました [続きを読む]
  • なんかすごいレア種が出たという噂もありましたが……(三番瀬)
  • 足を運んだ時間が悪かったのか、私の探し方が悪かったのか、噂のレア種は見つかりませんでした。否、ノーマル種によく似た姿をしているらしいのですれ違ったけれどスルーしてしまっていた可能性もあります。 もう少し1つのスポットでたっぷり時間を使えるようにすればいいのですが如何せん時間があると「深く」探るよりも「広く」歩く方を優先してしまうもので……。このあと、別の公園に足を運びました。そちらにつきましてはま [続きを読む]
  • 重きを置くべきは森か?草原か?(八王子市・小宮公園)
  • 実は八王子の緑化フェアを見に行った際、近くの小宮公園にも足を運びました。八王子駅から徒歩でもいけますが20分ほどは歩きますので、マイカーがあるなら使ったほうがいいかも?丘陵地の一角に位置し、写真のような雑木林が主体です。 ちなみにこの公園は緑化フェアの会場には指定されていません。広さといい自然度の高さといい、サテライト会場にしてもよさそうなものですがテント等を設置できそうな平坦で広いスペースが取れな [続きを読む]
  • 【特別記事】今後のために、ぜひ皆様の力をお貸しくださいませ m(_ _)m
  • さて、本日は少し普段と違うお話をさせていただきたく思います。今後の目標といいますか、展望のようなものが中心で基本真面目なお話です。 これまで首都圏の公園・緑地を数多く巡りながら生きものと風景の写真を撮ってきた本ブログですが、散策エリアのリストも大分溜まってきました。とは言え、同じ公園に二度三度と足を運ぶことも多く、スポットの新規開拓はなかなかできていないのが現状です。ブログのコンセプト上、できれば [続きを読む]
  • ひどいスリーショット(舞岡公園〜いたち川)
  • 稲穂が色づき秋の雰囲気になってきた9月の舞岡公園。体験教室中なのか、左奥の方に人が集まっていますね。ここ、普段は柵で仕切られていて中に入ることができません。 ヤブガラシにやってきたニジュウヤホシテントウ。野菜を食い荒らすために基本忌み嫌われています。花の蜜も好きなんでしょうか? オミナエシやヒヨドリバナのような人気はありませんが、このヤブガラシも昆虫に好まれる花。実際この日もテントウムシだけでな [続きを読む]
  • 陰湿な悪あがき(横沢入里山保全地域)
  •  里山保全地域は、JR五日市線「武蔵増戸駅」から線路沿いに歩いて約15分。私が足を運ぶ里山系の散策フィールドの中では、特に自然度が高いのではないかと思います。道中、線路沿いに花壇があったり民家の塀にカナヘビ(右)がくっついていたりとちょっとしたお楽しみがあるのもポイントです。 横沢入につきました。せっかくの晴天なのに人がほとんどいませんでしたね。ここは公園ではなくあくまで「保全地域」だからなのか、 [続きを読む]