Megaceryle さん プロフィール

  •  
Megaceryleさん: 東洋式疑似餌釣研究所
ハンドル名Megaceryle さん
ブログタイトル東洋式疑似餌釣研究所
ブログURLhttp://4551433.blog37.fc2.com/
サイト紹介文北は青森県〜南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。
自由文源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。
沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。
今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/23 00:59

Megaceryle さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お知らせ〜
  • ブログをパソコンで見る時代に限界を感じました。スマートホンで読みやすいサイトを始めました。こちらはこちらで継続しますので今後も宜しくお願い致します東洋式疑似餌釣研究所 [続きを読む]
  • 身近な場所にも未知なる世界がある
  • 今まで渓流ルアー、フライフィッシングを長くやっている割には源流志向になった時期は無い。あるとき九州の仲間からなぜ源流に行かないんだ?と尋ねられた。里川で釣れるのにわざわざ源流へ向かうのが無駄だとか色々な言い訳を並べてみたのだけど正直言うと怖いというのが本音である。仲間に案内してもらないながら何度か深山に入り込んでイワナを釣った経験は今までもあるのだけれど。労力に見合わない釣果に魅力を感じなかった、 [続きを読む]
  • 秩父イワナを求めて
  • 近くて遠い地元埼玉は荒川の源流部にはニッコイウイワナとヤマトイワナどちらの特徴もある秩父イワナと呼ばれるイワナが棲んでいるという。実は、12〜13歳の頃、私は一度そのイワナに逢っている。橙色の斑点を持つそのイワナの色彩、少年時代の遠い記憶の中で鮮やかな明るみを帯びたままなのだ。キャンプの時につかみ取りしたイワナはそのまま炭火で焼かれその日の御馳走となった。今から十数年前、秩父には何度も足を運んだのに何 [続きを読む]
  • 2018解禁 20年ぶりの渓へ
  • 三月、渓流解禁。陽だまりに春が訪れるとカジカガエルの産卵が始まる。小さな命のサイクルが途切れない事を確かめる度に、春の大きな喜びを得る事ができる。日陰には残雪、朝の気温はマイナス4℃、三月とはいえまだまだ冬である。ルアーフィッシングで魚を釣るだけならば少し時期を待って4月の雨以降に向かうのがベストだが、早春は早春の釣り方があり今回はそれを楽しむ事に。ベイトフィネスという現代のスタイルで挑むは仲間の [続きを読む]
  • 2018年 10周年
  • 遅れ馳せながら ゆっくりと着実に今年も始まります。このブログ気付いてみれば10年も続いています。そして多くのかけがえの仲間との出逢いと素晴らしい時間を得る事が出来た事は人生にプラスになりました。最近は海の小物やサーフでのルアー釣り、湖でのルアー釣り、渓流のフライフィッシングを中心に釣りを楽しんでいます。釣行期やノウハウをここで語るのも良いのですが、それよりも釣りにどう関わり楽しむかを伝えたいと思って [続きを読む]
  • 書籍発売のお知らせ
  • ブログ:東洋式疑似餌釣研究所をご愛顧頂きましてありがとうございます。2017年12月23日 終に書籍発売となりました。皆様にはこの場にてお知らせをさせて頂きます。今後とも宜しくお願い申し上げます。東洋式疑似餌釣研究所 2008〜2010傑作選 [続きを読む]
  • スピナーの世界
  • 渓流のルアーフィッシングにおいてこの3年ほど徹底的にスピナーを考えてみた。独断的な解説をお許し頂くとして、これからスピナーを使ってみたい仲間達の為に僕の持ってるノウハウを此処に纏めさせて頂く。結論から言えば、シャフト、ボディとブレードにフックを付けたシンプルなルアーであるが、ポイントに投げ込みリールを巻くだけの簡単な操作の中に奥の深い世界が存在しているということをまず念頭に置いて頂きたい。スピナー [続きを読む]
  • 旧友と越後でフライフィッシング その2
  • 前回の越後で帰り道に、禁漁までにもう一度やろうという事になり、お盆休みを利用して、再び越後へ。雨の夜明けに迎えに来たランクルに乗り込み、関越トンネルを抜ける、心配していた天気は快晴とはいかないが、雨は止んで回復方向、沢に到着した頃には蝉の鳴き声が聞こえ始めた。「蛙が鳴きやんで、蝉が鳴けば天気は大丈夫だろう」と、レインジャケットは車に置いたまま藪を抜けて流れを目差した。しかし、8月中旬だというのに最 [続きを読む]
  • 釣りの繋がり
  • 奥只見銀山湖、今年一番のお気に入り写真。釣りを続けて行く事で、人に繋がりその先で様々な人に出会って行く。魚を釣りに行き、目的を釣って終わる釣りもある。求める魚など無くても、釣りは楽しむ事が出来る。例えば記録的な魚を釣る事で終わるのならば、僕の釣りは遥か昔に終わっている事だろう。魚を釣るだけで終わるのなら釣りを辞める理由を手に入れる事が出来そうな気がする。釣りを続けて行く事で出逢うべき人に出会い、繋 [続きを読む]
  • 旧友と越後でフライフィッシング
  • 久々に行きますか?行きましょう!そんな電話でのやりとりから、釣りの計画が始まった。30年来の釣友である彼とのサシでの釣りは一年ぶり、お互い家庭や仕事の都合で同行する事は少なくなったが、僕が埼玉へ来た事でまた釣りに行く機会に恵まれた。駄目だ釣れない。。帰ろう。。それが昔は口癖だった気がする。まだ二十歳そこそこだった僕等は、よく越後の川に行っていた、経験も無い、先生もいない、ウェーダーや基本的な装備さえ [続きを読む]
  • 聖地の茶鱒
  • 日本には沢山のトラウトフィールドが存在する。日光、中禅寺湖。その湖はアングラー達から聖地と崇められ、フィールドとしては決して甘くは無い。なぜ、長い間この場所に僕は来なかったのだろう。下道でも二時間もあればこれる場所なのに。最近は風向きが変わりつつある。様々なアングラーに出会い違う流れが生まれている。6月、九州の仲間に誘われ初挑戦をするが、結果は1つバラして終わった。そして7月、ラストチャンスという [続きを読む]
  • 一年
  • 故郷の地に帰ってきてから一年の歳月が流れた。一年、釣りをしてみてわかった事が色々とある。僕が放れていたこの十年余りで故郷のフィールドはガラリと変化していた。震災後の工事でそのポイントそのものが変わり、度重なる大水で川の流れも変わり。外来種の繁殖で魚たちの数も変化している。哀しい事に僕が釣りを教わった、大先輩の数名は天に召された。釣れない釣れるの前に、幾らここに帰ってきたところで、過去には戻れないと [続きを読む]
  • 突然ですがブログ閉鎖はしません。
  • 最近は仕事に釣りに忙しい生活を送っています。ゆっくりと休日にPCに向かっている時間が無く。週末仕事から帰るとバタンと倒れて、早朝にバシッと起きて山に行き、帰ってくるとまたバタンと倒れて朝になり仕事へ向かうような日々が続いています。特別に大物も釣ってませんが良い釣りはしているつもりです。今年はサクラマスに会えるかな?と今から楽しみにしてます。 [続きを読む]
  • 原点回帰する時期
  • 新年あけましておめでとうございます。東洋式疑似餌釣研究所を今年もよろしくお願い致します。なぜルアーフィッシングなのか?その答えはまだ出ませんが今年も変わらずにこの釣りを続けて行くつもりです。昨年は渓流ルアーから始まり、故郷のフィールドに返咲きバスフィッシングやタナゴ釣り、スモールマウスバスまで様々な懐かしい釣り場をめぐりました。シーバスや本流のサクラマスなど本来続けてきた釣りもありますが、それより [続きを読む]
  • 故郷での釣り
  • そろそろこの小さなルアーが活躍する季節だ。ヤマメ、イワナ、そしてブラックバスどれをやっても楽しい。埼玉に戻ってからの僕はブログ記事など意識すること無く、懐かしい場所へ様々な旧友達と釣りに行き、楽しませてもらっている。そして新たな出会いもあり、釣りの世界は徐々に広がり続けている。秩父山麓、スピナーでヤマメ。管理釣り場も。これは上永野でフライ。信州のイワナ、夕マズ目の瀬にて。これも信州の本流でヤマメ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …