ふくちゃん さん プロフィール

  •  
ふくちゃんさん: 「おじんの徒然なるままに」
ハンドル名ふくちゃん さん
ブログタイトル「おじんの徒然なるままに」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fukudakouji2003/
サイト紹介文日常気がつく様々なことを気の向くままに書きつづっています。
自由文政治、社会問題、ペット、スポーツ、旅行、日常の様々なことに積極的に関わり、そしてそれを書き込んでいく。そんな毎日になるよう努力しています(^_^)v。

でも、書き込んだ内容で「炎上」等のようなことは起こしたくない(^^;)。平和主義者ですから対立する問題にはすぐ白旗を掲げる主義です(*^_^*)。

何方でも大歓迎。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/01/23 10:33

ふくちゃん さんのブログ記事

  • 20. 旧市街広場
  •             孫と二人旅 in 中央ヨーロッパ                                                          2018.8.620. 旧市街広場カレル橋の東詰め、Old Town Bridge Tower(旧市街の橋の塔)を潜れば既に旧市街だ。私たちはその塔の東側にあるカール4世像の前で集合して旧市街広場に移動する。周囲を行きかうのはみな観光客だ。ガイドや添乗員がスリに気 [続きを読む]
  • 蜂退治
  • 昨日、10/7 に 河内長野市で借りてきた防護服を着こんで、何とか蜂を退治してきた。 小型スズメバチと言う種類なのだろうと思うが、直径が18センチにまで成長していて、初めてのことではあり、緊張したが何とか無事退治してきた。今日までゴミ袋に取った巣を入れたままにして、蜂の死亡を確認してから解体してみた。家内は色々家の中の用事があって忙しい、等と言っていながら解体作業には興味があるらしく、最後まで付き合 [続きを読む]
  • ハチの巣
  • 娘一家は現在横浜在住ですが、河内長野市にある娘の家の管理をしています。 先日来の台風被害で、何度も掃除やら倒木の始末などに出かけています。 その時からあったのですが、玄関の上にスズメバチが直径15センチほどの巣を作っています。 冬になったら蜂の動きも沈静化するとおもって静観していたら近々、借家人が見つかりそうだという事で、これの除去をしなければならぬことになりました。 市役所では請け負えないから、個人で [続きを読む]
  • 19. カレル橋
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ 2018.8.619. カレル橋私たちはプラハ城の観光を終わって、カレル橋にやってきた。プラハ城の東の門を出て、ブドウ畑の中を下って「マーネスーフ橋」のたもとに出てきた。1つ下流には天女たちが橋を飾っているチェーホフ橋だ [続きを読む]
  • 映画 「英国総督・最後の家」
  • 最近、一部の映画館でやっている「英国総督 最後の家」という映画を見てきました。 地元でやっている熟年大学の歴史の先生の慫慂によるものですが、大変いい勉強になりました。 第2次世界大戦後、植民地だった英国領インドから、国力の疲弊から撤収する英国最後の総督の奮闘と混乱がテーマです。 新しいインドと新しいパキスタン、2国の独立に当たって大変な混乱があった、とこの辺りのことをあまり知らない私には大変新鮮でこれ [続きを読む]
  • 18. プラハ城観光
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ 2018.8.618. プラハ城観光チェコの最大の観光名所と言えば何といってもプラハ城だ。このプラハ城はチェコ共和国の大統領府でもあるため、セキュリティー・チェックがある。私たちは、ガイドに案内されて北門にやってきた [続きを読む]
  • 17. プラハ城へ
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ 2018.8.617. プラハ城へ起床午前5時半、朝食6時半、観光に出発8時半というスケジュールでチェコ・プラハの朝が始まった。今日夕方18時50分プラハの空港から帰国する予定なのでスーツケース等もその心算で準備するようにと添乗員から言われている。朝食後ホテルの前に出てみた。私たち [続きを読む]
  • 台風24号 本気らしい
  • 先日、やめてほしい(笑)と嘆願していたのに、どうも24号、前回の21号と同じコースをたどるらしい。 本当に、冗談じゃないよと言いたいが、どうも本気らしい。 関西の今、予報通りにやってきたら前回の被害が修復されぬまま台風の洗礼を受けることになる。 今日は台風の前の絶好の洗濯日和と言っていたが、そんなことはどうでもいいから、30日に来るという台風どうか太平洋上で消滅となってほしい。 ほんと、冗談ではなく・・・。ふ [続きを読む]
  • 萱島の大楠
  • 先日、JRの野崎から京阪の寝屋川まで「歩こう会」の仲間と歩いてきました。そのコースに、幹事の計らいで年長者・体力のない人向きに、途中リタイアできるように、コースの3分の2位なところで萱島駅に立ち寄るコース配分をしてくれていました。 私もその時の体調によってはこの駅から引き返そうと考えていたのですが、その萱島駅、凄いことになっているのですね(笑)。京阪電車は今まで何度も利用しているのですが、京都に行くとき [続きを読む]
  • 台風21号の被害
  • 先日来、台風の被害がいろいろ伝えられていましたが、最近は忘れられたようにメディアでの記事などがなくなってきました。 しかし、目立たぬところでいろいろ被害が及んでいました。地元の熟年大学の仲間なども、瓦が数枚飛んだ、ガラスが飛んできたものによって破損したなど数えるのに暇がありません。 来月半ばに塾大の美術部の連中と狭山池周辺に写生に出かけようと考えて、下見に出かけたのですが、その集合場所の副池公園も「 [続きを読む]
  • 16. プラハ へ
  •             孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ                                                       2018.8.516. プラハ へチェスキー・クルムロフの観光を終えて、チェコの首都プラハへ直線距離143キロ、バスで178キロのドライブである。プラハ到着の予定は午後8時半の予定とされている。街を出はずれるとすぐ牧草地の広がる穀倉地帯になる。この辺り [続きを読む]
  • 過去からの手紙
  • 昨日、忘れていた手紙が届いた。10年前の2008年9月11日付の手紙が配達されたのだ。 その日は、「古都を歩こう会」のバス旅行で愛知県犬山市にある「博物館・明治村」に出かけたとき、明治村にある郵便局がやっていた「ハートフル・メール」というイベントに応じて書いた手紙が届いたのだ。 「今書いて投函したら10年後に配達する」というイベントだった。集合時間が迫っていた時だったので、時間を気にしながら走り書きした記憶が [続きを読む]
  • 14. バドワイザー  
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ14. バドワイザー   2018.8.5 私はよくビールを飲む。しかしバドワイザーはアメリカのブランドだという程度の認識で、あまり飲んだことはない。今日の昼食は、そんなバドワイザーに関わりのあるレストランでとるということで、先ほどから添乗員がいろいろと話題にして [続きを読む]
  • シナイ半島の思い出
  • もう10年以上も前になるか、エジプト旅行時にシナイ半島をめぐるたびに出かけたことがある。当時我々観光客が乗るバスの前後を機銃を振りかざした兵士がジープに乗って護衛して呉れていたことを思い出す。スエズ運河をめぐる戦争があった後だったのだろうか。 そんな中で、スエズ運河を見、スエズ湾で泳いだ記憶は今も鮮明だ。真っ青な海に沢山の小魚が泳いでいた。 シナイ半島の先端付近の砂漠の中で、岩室のようなホテルに泊まっ [続きを読む]
  • 13. テルチ観光  
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ13. テルチ観光   2018.8.5テルチの街に入って駐車場で降り、中心地「ザハリアーシュ広場」に向かう。駐車場の隅にテルチの地図看板があった。 広場に続く街の、家の壁に日時計がかかっていた。丁度今午前10時を示している。快晴の中での観光である。広場に向かう [続きを読む]
  • 台風21号の後遺症
  • 先日大阪市内に出掛けたとき見たのだが、台風21号の後遺症で街路樹が根っこから倒れていた。中之島の三井物産ビルの前で見た光景だ。それにしても大木なのに案外根っこは小さいものだ。大阪だけでなく、我が家の近辺でもあちこちで見かける風景だ。早く処理してほしいのだが、業者は手一杯のようで、作業はいつの事か、と言う状態らしい。ふくちゃん [続きを読む]
  • 愛犬ジョンの慰霊祭
  • ジョンが死んでから1か月が経過した。先日家内と二人で火葬場付属の「畜魂碑」前で慰霊祭(笑)をしてきた。 畜魂碑の前には花が供えられていたが、それ以上に生前餌をやるために使っていた沢山のお椀などがそのまま置いてあった。 私たちはタブレットに元気なころの写真を表示して碑の前に置き、手を合わせて慰霊とした。ふくちゃん [続きを読む]
  • パソコンの立ち上がりが遅い
  • 何だか立ち上がるのが遅くて・・・(笑)。 でも、業者を呼んで修理の希望を伝えて、修理ができたとしても、長い時間パソコンなしはつらい。 そう思っていたのが、何とか復旧したことで、満足しないといけないのか(笑)。 でも、勝手に人のパソコンの中に潜り込んで、バージョンアップか何か知らないが、持ち主の意思に関わらず変更する、というのも何だか割り切れず(笑)。 パソコンの世界は何とも不可解。ふくちゃん [続きを読む]
  • 12. 「おじいちゃん、怒りすぎ !! 」   
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ12. 「おじいちゃん、怒りすぎ !! 」         2018.8.5私たちが泊まったブルノのホテルは「ブルノ見本市会場」や「アミューズメントセンター」等の前に位置する。事前に添乗員が予告していたことだが、このホテルには暖房はあるが冷房がない。この辺りのホテルには大体冷房がないのが普通だという。それ [続きを読む]
  • 敬老祝い金
  • 今日、外出から帰ってきたらテーブルの上にお祝い金の金封が置いてある。 これは何か、と家内に聞くと町内会からの「あなたへの敬老祝い金」だ、というのだ。 「何っ!! 敬老祝い金とな? 」、いやあ驚きました。敬老祝い金などというものは、私の母や父親のように90歳ぐらいにならないともらえないものと思っていたら、私がもうそんな年になったのかと・・・(笑)。 喜びよりも、何だか愕然とした気分になりました。この後は、お祝 [続きを読む]
  • 11. チェコ の ブルノ へ  
  • 孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ11. チェコ の ブルノ へ              2018.8.4今回のツアーも、スロバキア・ブラチスラヴァの観光を終えて4か国目のチェコを目指す。今夜はチェコの第2の街ブルノに泊まることになっている。バスは国際高速道路に入り、一路北に向かう。地図を見ると西にオーストリアの国境 [続きを読む]
  • 14万人、ご来場 感謝
  • 2006年に始めたこのブログ、今年で13年目になりますが、今日私のブログにお立ち寄りいただいた方が14万人を突破しました。ありがとうございました。このあとも、できるだけ頻繁に更新していきますので、どうぞお気軽にお立ち寄り下さるようお願いします。ふくちゃん [続きを読む]
  • 10.スロバキア・ブラチスラバ の 観光  その2
  •               孫との二人旅 in 中央ヨーロッパ10.スロバキア・ブラチスラバ の 観光  その2                  2018.8.4その繁華な通りは、ミハエル門に続く通りでベントラスカ(=Ventúrska)通りという。1904年に建設されたという薬局などは店の正面に救い主であるキリストと天使の彫刻が威厳を放つ。ブターチア・フォンターナ(=Vtáčia Fo [続きを読む]