wakana さん プロフィール

  •  
wakanaさん: 百姓の田舎暮らし
ハンドル名wakana さん
ブログタイトル百姓の田舎暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wakana522000
サイト紹介文信州佐久で28年、米、小麦、蕎麦、そしてもろもろの野菜を作りながら田舎暮らしを謳歌しています。
自由文長い信州の冬は、大好きな薪ストーブ(Regency)とともに暖かく過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/01/24 12:18

wakana さんのブログ記事

  • 片付けも、また楽し
  • 午前中はピストン輸送で100キロ走って70袋発送。昼過ぎ、20袋を地元の業者に販売。自家米を土蔵に移動し、これで車庫から米袋はなくなりすっきり。夕方、最後の片づけで、稲刈り期間中、大いに活躍してくれたホッパーを掃除し、畳んで格納。スペースが空いたんで、軽トラが入るようになりました。稲刈り開始からひと月で、ここまですっきりくっきりになると、やはり気分いいですね(微笑)。この達成感が、なんともいいんです [続きを読む]
  • 出荷準備
  • 稲刈り後ひと月経ってませんが、我がノラファームの新米も、予約米を含めほぼ完売となりました。我が家のお米の8割は、都会の米屋さんに販売し、面倒な小売りの産直はわずかです。こういうスタイルで長く営農しているので、11月に入るころには、米の仕事はなくなります。年が明け、6月までに予約米を数回出荷して終わりです。明日大口の出荷があるので、夕方その準備。遠くの運送会社まで、3往復しなくてはなりません。運賃を安 [続きを読む]
  • コシヒカリ評価
  • 日頃お付き合いのある米屋さんから、今年の新米の分析結果が届いた。大きな会社なので、自社で分析システムを導入し、集荷米をその都度分析判定している。機械の数値は冷徹で(微笑)、その米の品質を明確に数値化する。そして点数をつけ、レベルを判断する。我が百姓の作ったコシヒカリですが、夏の猛暑を乗り越え、収量は反収650キロとかなりいいです。さて分析による品質はというと、見た目(外観)ともに、大変良いとの判定が出 [続きを読む]
  • ソバの次は小麦だな
  • わずか120坪程度でも、手刈りとなると結構大変。長くやると飽きてくるんで(笑)、途中で他の作業もやりながら、何とか昼前に終了。ポツリポツリと降ってきたんで、半分だけシート掛けして雨除け。なるべく早く新蕎麦食べたいですからね(微笑)。去年よりは取れたと思うけど、どうなんでしょうね。昼飯の後即耕耘して、次は小麦を播くことに。昨年は「ゆめかおり」が大豊作だったんで、今年は違うのを播く予定。時期的には、種まき [続きを読む]
  • 夜の干し柿作り
  • 一昨日、向かいに住むお婆さんから渋柿をもらったんで、夜、干し柿作り開始です。百姓は干し柿が大好きでありまして、簡単に手作りできる極上の甘味を、冬から春にかけて楽しんでます。昨年はたくさんもらって、大いに味わいましたが、今年もまた期待できそうですね。最高のおやつになりますよ。写真下は、今年の5月のもので、白い粉が吹いて、見た目にも実に美味そうです(美味かった)。 [続きを読む]
  • 刈り取り適期
  • 猛暑・干ばつの夏を経て、ソバ栽培もなかなか予想しずらい展開となったなというのが今の現実でしょうか。ソバの場合、特に何をするというものではなく、時期が来たら播いて、後は見守るだけなんですが、一昨日から刈り取り初めて感じるのは、やや遅すぎたなということですね。一般的には20日過ぎが刈り取り適期なんですが、15日にして、すでに遅い気がしますね。茎が白く枯れたものが目立ってるのがその印でして、これは刈り遅れ [続きを読む]
  • 脱穀作業
  • 今日はAさんちの脱穀作業。5人態勢で、扱いて、運んで、片付けてで、夕方までに終わりました。毎年恒例の仕事ですが、今年は陽気のせいで延び延びになってました。約800坪(2.7反)の田んぼで、Aさんは米農家ではなく、たまたまこの一枚の田んぼを受け継いで維持しているわけで、普段は自動車整備工場のオーナーです。なので、持ってる機械類はバインダーだけで、田植えや田打ち、代掻き、脱穀は委託してるわけですが、それ [続きを読む]
  • 秋のおやつには
  • 昼から区のイベントに参加。帰路腹が減って、何か適当なものがないか考え、捜しながら来たんですが、これがない(笑)。家に何かないかを…、おーそうだ、サツマイモ掘ればいいんじゃないの、ということで、到着後すぐに一株掘って、洗って、スライスして、ソテーして、たっぷりの蜂蜜をかけ、コーヒーも入れて、おやつの時間だ(笑)。余計なものを買わなくて正解でしたね。美味なり、満足。 [続きを読む]
  • さて、ソバ刈りだ
  • 午前中は公務で行事に動員され参加。小雨が降ったり晴れたりと変な天気でしたが、日が射してきたんで、昼前に決意して(笑)ソバ畑へ。今年は倒伏してるんで、刈り取りも簡単ではありませんが、やらないわけにもいかず、断行。ただ残った畑の仕事もあるんで、片付けしながらスペースを作り、長ねぎも収穫しつつ、ソバ干し用のハザを作り、玉ねぎ定植床も作って、そしてソバ刈り作業。結構忙しくなりましたね(笑)。大豊作でもなさそう [続きを読む]
  • ソバ刈りもしてませんが…
  • 東京に住む娘から、美味い蕎麦屋情報がはいったんで、急に食べたくなって昼に一打ち。製粉した粉は冷凍庫でストックしてますが、ひと月くらいが限界かな。風味も落ちるし、水加減も難しくなるし。で、今日の粉はその限界のもの。まあなんとかうまく打てましたが、新蕎麦が待ち遠しいです。付け合わせは、最後のキュウリの入った白菜漬け、新カボチャの煮物、薬味の九条ネギ、それにホウレンソウのお浸し。100点ではないですが、 [続きを読む]
  • おまけの援農
  • すべてが終わったんですが、Yさんから急に頼まれ、2軒分の仕事。御大Sさんちの玄米袋詰め。92歳の高齢にもかかわらず、バイクで移動。本日も朝からライスセンターにやって来て、自家田の新米チェック。昨年は最高に取れたんですが、今年はどうもイマイチでした。いろいろあって、追肥が出来なかったとか。まあそれならば仕方がないです。Sさんは、毎年詳細なメモをとっていて、この年齢でも、米への執着はすごいです。来年、 [続きを読む]
  • ありがたくいただきました
  • 数日前のこと、先月亡くなったMさんの息子さんから、納屋に積んである焚きものを何とかしてくれないかと連絡があった。現場に行き確認すると、風呂用の割り木がたくさん積んであった。3年ほど経ってるせいか、傷んだものもあったが、まあほぼ問題なく使えそうだったんで、今日午後から行って運んできた。几帳面な性格のMさんらしく、同じくらいの本数を針金でしっかり束ねて積んであった。軽トラ2台半分、200束ほどをもらっ [続きを読む]
  • 終い仕事
  • 今日は一日のんびり過ごそうと思ってましたが、夕方から雨予報が出てるんで、それならばと、懸案のコンバイン洗浄と機内掃除に予定変更。足回りにはけっこう泥がついていて、これを取り除くのに時間を取られました。続いてエアーコンプレッサーで、機内に残っている籾米を吹き飛ばし、掃除も。一度の掃除では取り切れないので、後日2回目を。まあいずれにしても、終い仕事ですっかりきれいになりました。 [続きを読む]
  • どんな花が
  • ようやく余裕が出てきて(微笑)、畑や庭の作業もぼちぼち出来るようになってきました。農繁期は、だいたいが先延ばしでやってますから、気が付くと草に覆われて大変なことになってます(泣)。で、裏庭の一画に巨大化した観葉植物があって(背丈は1.7辰らい)、これが花期らしく、芯がどんどん伸びて花芽がたくさん膨らんでいます。リュウゼツラン科のユッカというらしく、ほぼ放任で十分育つようです。なかなか勇壮な植物で、厚手の葉 [続きを読む]
  • 今年の米作り、まとめ
  • 昨日のモチ米脱穀で、3月下旬の苗間作りから始まった、2018年の米作りが完了しました。稲刈りは、9月16日のモチ米に始まり、雨と戦いながら、実質4日の刈り取りと、2日の玄米袋詰め。検査を受け、ストック米を移送したり、一週間援農稲刈りに出かけ、また発送作業をしたり、といろいろやって、とにかく秋の農繁期は終わりました。酷暑・猛暑の夏で、生育も早く、実りの秋は例年になく早く来ましたが、台風襲来と雨続きで [続きを読む]
  • モチ米脱穀
  • 東京白金台の米屋さんが、新米の集荷に来るというので、ついでに脱穀をやってもらいました(微笑)。行動派米屋のKさん、とにかく全国各地のどこへでも、どんどんでかけます。ということで、ドライブがてらの集荷ですが、1時間しっかり脱穀作業やって、めでたく終了です。夕方片付けて、これで稲刈り完全終了です。Kさん、ごくろうさまでした。 [続きを読む]
  • 援農終了
  • 今日はYさんちの援農最終日。玄米袋詰めと運搬作業。袋詰めした玄米はライスセンターから15分ほど離れたところの大規模倉庫に。温度調整できる本格設備の倉庫ですから、安心保存ですね。規模が大きくなると、こうした倉庫を利用することも。コストがかかりますが、これも必要なことです。ということで、午後も作業を繰り返し5時に終了。これで明日、我が家のモチ米を脱穀すれば、完全終了です。 [続きを読む]
  • ラスト二日
  • いよいよ今年の稲刈りも最終盤に入り、援農も、今日明日明後日で終了となります(微笑)。で、今日は昼前は玄米袋詰め、昼からは刈り取った籾米の運搬。昨日が超疲れたのに比べ、今日は楽でした。今年の秋は、天候がままならず、ホント大変な収穫作業でしたが、まあここまでくれば、いいでしょう(微笑)。今日は4枚刈り取りましたが、田んぼの状態もいろいろですが、大きな機械があるからスイスイとできるんですよね。 [続きを読む]
  • ライスセンターな日(続)
  • 雨予報が外れ、薄日射す曇り空だったんで、作業継続。今日も一日ライスセンターでひたすら、玄米袋詰め、運搬、籾米の張り込み作業。シニア二人で200袋(100俵、6トン分)を処理。6時終了で、くたくたです。今日は、写真も撮らなかったんで、これは昨日の風景写真。あー、明日もライスセンターな日が続きます(泣)。 [続きを読む]
  • 風さやか収穫
  • 明日からまた雨ということなんで、予定変更で、昼前に風さやかの刈り取り作業。1反(300坪)に少し足りない面積(250坪)での栽培で、10俵いけば万歳という感じでしたが、昨年のこともあるんで、不安ではありました。田んぼの状態は当然悪くて、慎重にコースを選んでの作業。ぬかった田んぼで無理をすると、良くないことがしばしば起きますから(微笑)、気を付けて作業するのが肝心。で、無事作業終了で、乾燥時間は3時間半、 [続きを読む]
  • ライスセンターな日
  • 今日は朝から一日、Yさんちのライスセンターで援農作業。玄米袋詰め、倉庫への運搬でくたくたになりました。週末にはまた雨予報が出てるんで、忙しく稲刈り、運搬、乾燥、袋詰め、運搬と、これを4人で。110aの刈り取り、90俵の袋詰め、40俵の倉庫移送で、本日もきっちりいい仕事をしました。はい。 [続きを読む]
  • コンバイン1台分売却
  • 台風一過、フェーン現象か、急に暑くなって、半袖の一日。機械庫に積んであった新米も、かなり売却して、スペースが空いたんで、家の車庫に置いてあったコンバインを移動。まだ1反分の風さやかが残ってるんで、足回りを洗浄して格納。これでスッキリ。米の発送やらなにやらやって、夕方田んぼ一枚田打ちして終了。今日もよく働きました。明日からはまた援農稲刈りです。 [続きを読む]
  • 田打ち2日目
  • 予報では夕方から雨だったんで、急いで田打ち態勢に。その前に昨日の続きで、沈没してあった板1枚をまずは掘り出し、それからいざ田打ちでゴー。昼飯も食べずに続けて、3枚5反(50a)終了。問題の田んぼも何とかきれいに打てましたね。で、午後は公務に講演会動員があったんで2時間ばかり出席。いやー、忙しい日曜日でした。夕方遅くなってから本降り。いよいよ台風接近だ。 [続きを読む]
  • ブリッジ救出
  • 本日は朝から雨のため、刈り取り作業はなしで、援農で昼前玄米袋詰め作業。人手があったんで、午後からは我が家に戻り、予約ストック米の移動作業。車庫から土蔵へ移し替えました。全部で40俵(30Kの80袋)ですが、一度にはできないので3回に分けての作業で、一応完了。夕方になる前、残る大仕事をやりました。今年の秋は、雨続きで、田んぼが乾かず、そんな中での稲刈りで、重いコンバインがあやうくチン(沈没)しそうになる [続きを読む]
  • 今日は運び屋
  • 今日は朝から目一杯援農稲刈り。軽トラに積んだホッパーに、刈り取った籾米を詰め、これをライスセンターの乾燥機まで運びます。2台の軽トラで、ピストン輸送。おかげで捗りました。5枚14反(140a)分の籾を張り込みました。明日は袋詰め作業と倉庫への移送作業です。また雨予報が出てます。 [続きを読む]