会社人間 さん プロフィール

  •  
会社人間さん: ものづくりの挑戦!強い工場を作るプログラム
ハンドル名会社人間 さん
ブログタイトルものづくりの挑戦!強い工場を作るプログラム
ブログURLhttp://factorysupport.seesaa.net/
サイト紹介文トヨタ生産方式!TPM!4M変動管理!不良を作らない品質管理で儲かる工場へ.組織化,仕組み化,見える管理の徹底
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/01/25 08:10

会社人間 さんのブログ記事

  • 攻めの設計品質改善(1):攻めと守りの設計品質改善とは?
  • 設計品質の考え方には、「攻め」と「守り」があります。攻めの設計品質改善とは?守りの設計品質改善とは?一体何でしょうか? ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA簡易評価法実施手順書  ・設計ミス未然防止とリスクアセスメント/FMEA実施手順 ★無料サービス  ・工程FMEA評価フォーマット(記入例)  ・設計技術者のための設計品質 [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(8):リスクに基づく信頼性・安全性評価と対策
  • FMEAは、故障モードをすべて抽出し、その発生頻度はどれくらいか、設計工程で検出可能か、発生が予される故障が、市場でどのような影響(リスク)を与えるのかの3項目について評価し、その程度によって、対策の方法を決定するものです。 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA簡易評価法実施手順書  ・設計ミス未然防止とリスクアセスメ [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(7):想定外の事故の予測と未然防止策
  • 事例のイグニッションスイッチ部の発煙事故は、可動接点部に使用するグリスの選定が不適切で、耐熱性の低いグリスを選定したために、炭化して導通による発熱、発煙に至ったものです。これは、設計時において、事前にこのような発煙事故を予測できなかった、また短期間の評価テストでは、グリスが炭化しなかったために不具合現象は発生せず設計ミスは発見できなかったものと考えられます。   ★実例で習得する設計ミス防止対策セ [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(6)攻めの設計システムとは
  • 想定外の市場トラブルはなぜ発生するのか?従来、日本の品質管理の考え方は、小さなカイゼンを繰り返すボトムアップ活動で優れた製品を生み出して顧客満足を得てきました。その製造工程のカイゼンと同様に、設計工程においても、問題が発生すると小カイゼンを繰り返し、不良を外に流出させないという流出防止の考え方が基本になっています。  ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計 [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(5):想定外のトラブルはなぜ発生するのか?
  • 想定外の市場トラブルはなぜ発生するのか?従来、日本の品質管理の考え方は、小さなカイゼンを繰り返すボトムアップ活動で優れた製品を生み出して顧客満足を得てきました。その製造工程のカイゼンと同様に、設計工程においても、問題が発生すると小カイゼンを繰り返し、不良を外に流出させないという流出防止の考え方が基本になっています。  ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計 [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(4):守りの設計品質改善の限界
  • 守りの設計品質改善を前提とした設計システムとはどのようなものでしょうか?   設計システムは、図で示すように、設計プロセスと設計技術から成り立っています。  ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA簡易評価法実施手順書  ・設計ミス未然防止とリスクアセスメント/FMEA実施手順 ★無料サービス  ・工程FMEA評価フォーマット(記 [続きを読む]
  • 攻めの設計品質改善(2):市場トラブルの現状
  • 市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているでしょうか?下図は、自動車の設計に起因するリコール届出件数及びその割合を示したものです。 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー   東京・群馬開催スケジュール ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA簡易評価法実施手順書  ・設計ミス未然防止とリスクアセスメント/FMEA実施手順 ★無料サービス  ・工程FMEA評価フォーマット(記入 [続きを読む]
  • 検査の目的と種類:製造業の品質改善の進め方、改善事例
  • 検査の目的は何んでしょうか?一つ目は、不良品を絶対に社外に流出させないことです。最近のニュースを見ていると、検査が機能していない企業が多いことが分かります。二つ目は、人、機械、材料、手順(4M管理項目)がルール通り、守られているかどうかを確認することです。 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー   ・セミナー・プログラム(東京・群馬) ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ   [続きを読む]
  • 工場の問題はなぜ放置されているのか?解決を阻んでいる5つの障害とは?
  • 生産現場は今、様々な問題を抱えています。納期遅れ、当初の計画がすぐに変更になる、不良が流出する、ヒューマンエラーが多い、手直しが多い、外注品質が悪いなどなど・・・結果として生産性が上がらず忙しいけれど利益が出ない、新人教育も満足にできないという悪循環に陥っているのです。では、悪循環を断ち切れないのは一体何が障害になっているのでしょうか? ★工場の問題解決手順を事例演習で習得するセミナー   ・詳細 [続きを読む]
  • 製造業の品質対策の進め方:流出予防処置の種類は3通りある?
  • 品質問題を対策する場合、3通りの考え方で対策方法を考えます。3通りの考え方とはどこがどう違うのでしょうか! ★リスク回避のヒューマンエラー再発防止対策マニュアル ★不良原因解析&再発防止2段階なぜなぜ分析手順書 ★不良原因解析2段階法を実習で習得するセミナー    東京・群馬開催スケジュール ★無料サービス   ・クレーム対策書フォーマット(記入例)   ・不良解析フォーム3セット(記入例)   ・不 [続きを読む]
  • 製造業の品質対策の進め方:工場の不良対策!検査の仕組みを設計する
  • 検査の目的は何か?不良を絶対に社外に流出させないことです。最近のニュースを見ていると、大手企業の品質に対する感覚がマヒしているように思われます。 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー   ・セミナー・プログラム(東京・群馬) ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ   ・工場ですぐ使えるマニュアル一覧   ・ヒューマンエラー(ポカミス)予防対策実践マニュアル ★無料サービス   [続きを読む]
  • 製造業の品質対策の進め方:市場クレーム、不良流出をゼロにするには?
  • 市場クレーム、不良流出をゼロにするには、当研究所が推奨する「不良原因解析と再発防止2段階なぜなぜ分析法」により、確実に再発防止対策を講じて行くことが求められます。 ★ヒューマンエラーなど不良再発防止を事例で習得するセミナー   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催) ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ   ・工場ですぐ使えるマニュアル一覧   ・不良原因解析&再発防止2段階なぜなぜ分析手 [続きを読む]