代表者 さん プロフィール

  •  
代表者さん: 製造業の現場ですぐ使える品質管理手法
ハンドル名代表者 さん
ブログタイトル製造業の現場ですぐ使える品質管理手法
ブログURLhttp://factorysupport-takasaki.com/
サイト紹介文製造現場ですぐ使える品質管理ツール!4M管理、改善活動、不良解析、FMEA/FTAなど
自由文業務内容
自社企画セミナー
オリジナル解説書、手引書
品質改善提案
若手集権社員教育
委託生産支援、新製品の立上げ
無料メルマガ、無料相談
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/01/25 08:10

代表者 さんのブログ記事

  • 2016年度 品質改善セミナー開催実績:(高崎ものづくり技術研究所)
  • 2016年 自社企画セミナー開催実績 ● 1月26日(火)高崎市産業創造館 AM なぜなぜ分析/品質問題解決手法 PM ヒューマンエラー対策/サークル改善活動のしくみ● 2月9日(火)高崎市産業創造館 PM 簡易版Iso9000システムと日常業務の基本ルール● 2月18日(木)高崎市産業創造館 PM TOYOTA式改革の限界と中小企業への導入● 2月26日(金)東京北区王子 北とぴあ AM 工場のポカミス原因究明と再発防止対策 PM FMEA/FTAの効 [続きを読む]
  • 2017年度 品質改善セミナー実績
  •  2017年 自社企画セミナー開催実績 ● 1月27日高崎市産業創造館 会議室 AM ヒューマンエラー原因究明と対策 PM 中小企業向けIOT導入手順、実機デモ● 2月23日(木)伊勢崎市総合文化センター 第一中会議室 AM/PM 新入社員・若手技術者のための品質管理の基礎● 3月24日(金)太田市新田文化会館 会議室1 AM/PM ヒューマンエラーとリスク対応手順セミナー● 3月31日(金) 東京都北区王子北とぴあ 808会議室 AM/PM 設計 [続きを読む]
  • 測定の基礎と測定器の管理:製造現場の実務・事例解説
  • 測定の基礎と測定器の管理についてポイントを解説します。1.測定の重要性製造業において、製品の開発・設計から量産に至るまでの各々のステップで、“測定”は欠かせない作業であり、“測定”によって得られたデータを基に、工程や、作業方法の評価や判定を行い、次の行動に移ります。特に現在ではグローバル化が進む中で海外との関係も深くなり、品質問題を出した時のロスコストは企業存続に関わる重要な問題となます。そこで、 [続きを読む]
  • 測定誤差について:製造現場の実務・事例解説
  • 測定器を使って品物を測定する場合の測定誤差について事例に基づいて解説します。事例1:マイクロメータ、事例2:三次元測定機、事例3:測定誤差3μ以内で測定事例4:焼き入れ高度のバラツキと測定方法事例1(質問)私の部署では3Φ、5Φ(U字型)のマイクロメータを使用しています。同じワークを両者で測定すると誤差が出るのですがこの誤差の要因は測定面の大きさによるものでしょうか?(回答)マイクロメータの測定圧はJI [続きを読む]
  • B to Bビジネスの王道とは:製造業のマーケティング戦略
  • これからの日本の競争力は、素材・部品などのBtoB企業にかかっていると思いますが、一般に中小企業では、素晴らしい技術力を持ってしても、利益に結びつけるのが不得手です。1.B to Bとは世の中にはたくさんの会社があり、様々な事業や商取引(商売)を行っています。会社の事業を大まかに分類しようとするときには、「取り引きする相手が誰か」ということにより会社の種類を大別する方法があります。取引先に注目して会社を分けた [続きを読む]
  • 4M管理(Man/Machine/Method/Material)管理の体系的管理手順(長編コラム①)
  • 第一章 4M管理の概要1.はじめに当研究所のWEBサイトの検索キーワードのトップは「4M変更管理」です。このキーワードで、情報検索を行っているものづくり企業の方の目的はどこにあるのでしょうか?おそらく、4Mの用語の解説はよく出てきますが、「4M変更の管理は、どのように行うか?」については、ネットや書籍などではあまり解説がされていない分野であるため、当研究所サイトにアクセスしているのではないかと想像してい [続きを読む]
  • 4M管理(Man/Machine/Method/Material)管理の体系的管理手順(長編コラム②)
  • 第二章 4M変更管理の体系化1.概要4M変更管理を体系的に捉えた全容を下図にしまします。管理の要素は①〜⑦となります。 ①4M変更管理対象の定義 ②設計変更・工程変更管理 ③初期流動管理 ④日常(変更)管理 ⑤日常(変動)管理 ⑥重点要因(5M)・重点特性(QCD)の監視 ⑦異常処理手順管理のサイクルは、(P)計画・・・管理の対象の定義づけとランク付け(D)実行・・・設計変更・工程変更管理/初期流動管理/ [続きを読む]
  • キーワード解説:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • 【キーワード解説】 ★FMEAの目的【1】【2】 ★FMEA導入を成功させる7つのポイント【1】 ★FMEA導入の問題点と検討事項【1】 ★FMEAとFTAの解析方法の違い【1】 ★FMEAとリスクアセスメントの組み合わせ解析【1】 ★工程FMEA【1】 ★DRBFM【1】 ★市場のリスクを未然に回避する設計手法【1】 ★未然予防のしくみ【1】 ★FTA【1】【2】 ★リスクアセスメント【1】【2】 ★リスクマネジメント【1】【2】 [続きを読む]
  • FMEA簡易評価法の特徴:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • 小規模な設計部門でも導入可能で、効果の上がるFMEA手法について解説します。膨大な資料作成を強いられるFMEAは、中小企業にとって困難な作業となり現実的ではありません。しかし、FMEAを導入すれば品質が良くなるという間違った考え方は捨てる必要があります。◆ FMEA簡易評価法とは?FMEAは「不良低減のためのツール」ではありません。本来の目的である「市場に於ける故障発生時のリスクの低減」は十分に理解されておらず、多く [続きを読む]
  • FMEA導入を成功させる7つのポイント:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • ここでは、FMEA導入を成功させる7つのポイントについて解説します。膨大な資料を作成するFMEAは、中小企業にとって現実的では有りません。また、FMEAは「不良低減のためのツール」ではありません。本来の目的である「市場に於ける製品の信頼性確保、リスクの低減」は十分に理解されておらず、多くの企業で間違った解釈のもとに実施されています。 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー   セミナー・案内(東京・大阪 [続きを読む]
  • FMEA/FTAでリスクを未然に回避する:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • 市場の故障・事故などリスクを未然に回避する設計手法について解説します。試作や評価テストを行ったり、製造工程で品質を確認しても、市場で様々な問題が発生しまます。 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー   セミナー・案内(東京・大阪・群馬)   お申し込みは下段フォーマットより ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA/FTA/リスクアセスメントによる信頼性設計ミス未然防止対策  ・FMEA簡易評価法実施手順書  [続きを読む]
  • ごあいさつ:高崎ものづくり技術研究所
  • ”新”品質管理の基本:市場の多様なニーズに応える品質管理セミナー・解説書!中小製造業では、人材や時間に限りがあります。そんな中で、効果的な品質管理を行うにはどうすればいいでしょうか。日本のものづくりが優れているのは、人に備わった優れた熟練技です。また、全員一丸となって困難に立ち向かおうとする力の結集力です。しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難になって来ました。市場の [続きを読む]
  • FMEAをなぜ使うのか?:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • FMEA簡易評価法は小規模な設計部門でも導入可能で、効果の上がるFMEA手法について解説します。膨大な資料を作成するFMEAは、中小企業にとって現実的では有りません。また、FMEAは「不良低減のためのツール」ではありません。本来の目的である「市場に於けるリスクの低減」は十分に理解されておらず、多くの企業で間違った解釈のもとに実施されています。 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー   セミナー・案内(東京・大 [続きを読む]
  • FMEA導入時の問題点と検討事項:FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント導入事例
  • FMEA簡易評価法の一般的な実施手順の概要と実施上の問題点を整理し、実務に落とし込むための条件と課題について考えてみます。 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー   セミナー・案内(東京・大阪・群馬)   お申し込みは下段フォーマットより ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA/FTA/リスクアセスメントによる信頼性設計ミス未然防止対策  ・FMEA簡易評価法実施手順書 ★無料サービス  ・工程FMEA評価フォーマ [続きを読む]
  • FMEAにおける故障モードとは;FMEA(DRBFM)/FTA/リスクアセスメント事例
  • FMEA簡易評価法を実施する上で、「故障モード」の意味を正しく理解することは必須条件です。ここでは、「故障モード」の意味と、FMEAにおける「故障モード」の位置づけと「ボトムアップ解析」の意味について徹底解説します。 ★実例で習得するFMEA/DRBFM、FTAセミナー   セミナー・案内(東京・大阪・群馬)   お申し込みは下段フォーマットより ★設計品質改善事例解説書シリーズ  ・FMEA/FTA/リスクアセスメントによる信頼性設 [続きを読む]