男性セラピストTAKA さん プロフィール

  •  
男性セラピストTAKAさん: 男性セラピストTAKAのゴッドハンドを目指して
ハンドル名男性セラピストTAKA さん
ブログタイトル男性セラピストTAKAのゴッドハンドを目指して
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomte0514/
サイト紹介文リラクゼーションサロンオーナーブログ。美容ダイエット,癒し日記。
自由文世界的バレエ団やあのシルクドゥソレイユにも支持されているAXELSONSスウェディッシュマッサージディプロマを持つ男性セラピストのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/25 11:29

男性セラピストTAKA さんのブログ記事

  • GHTSが技術とメソッドをシンプル化しない理由
  • 早いものでスウェディッシュマッサージスクールを初めておよそ5年が経過した。セラピストとしてはもう10年。セラピストとしての技術は日々アップデートを繰り返しているので、その度にスクールにおける教育メソッドは更新を余儀なくされる・・・。技術がレベルアップすると当然メソッド作りも細かく複雑化していく。考えてみれば本当に美味しいレストランの味というものは非常に複雑で、一人のシェフが守る秘伝の味である。つまり [続きを読む]
  • 自宅サロン開業のススメ
  • 失敗しないビジネスの原則はいくつかあります。1. 初期投資が少ない事業2. 利益率の高い事業3. 毎月固定収入が見込める事業4. 在庫を抱えない事業 これら4原則をすべて兼ね備えているビジネスがまさにスウェディッシュマッサージのセラピストだと言えます。 まず、初期投資についてですが、スウェディッシュマッサージのセラピストにとっては技術によるサービスへの対価が収入になります。よって高い [続きを読む]
  • 心揺さぶられた石牟礼道子さんの言葉とは
  • 先日、作家の石牟礼道子さんが90歳で亡くなられました。水俣病患者の被害の実態を伝えた「苦海浄土」を書いた石牟礼さんですが、驚くことに読書というものをほとんどしない方だったといいます。彼女の「患者さんは知識を超えた野生の英知を身につけています。」という言葉には圧倒的な力強さがあり心を揺さぶられます。どんなに素晴らしい100冊の本よりも人生というストーリーから得るもの、経験というかけがえのないものにこそ本 [続きを読む]
  • スウェディッシュマッサージはリラク業界の救世主?
  • 先日、とある業界(IT系)の社長さんが私のサロンを訪れてくれました。なぜいらしたのか気になったのでお聞きすると、私の施術動画をYoutubeでご覧になってスウェディッシュマッサージに大変興味を持たれたということらしい。彼が調査したところ、「リラクゼーション業界は頭打ち」なのだそうである。人を癒すという素敵な業界であるはずなのになぜか伸び悩んでいるのがこの業界だそうである。彼の分析ではその原因の一つに「スター [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 私の人生というマラソンも、すでに折返し地点を過ぎ、完走に向けてようやく自分のペースが掴めてきたように思います。20代は自分の行くべき道にさえ迷い、30代は周りのペースに惑わされ、40代でようやく自分の行くべき道を知り、50代を目前にしてようやく自分らしくひたむきに走ることの大切さに気付きつつあります。若い頃は、読書や人生の先輩による講演 [続きを読む]
  • マッサージスクールの選び方2/マンツーマン指導のススメ
  • マッサージスクールの選び方の第2弾となります。今回はマッサージスクールにおけるマンツーマン指導について考えてみたいと思います。 マンツーマン指導の利点はいくつかあります。まずは、生徒個々の資質に合わせた指導と臨機応変に柔軟性を持った対応が瞬時に可能であるという点です。特に基本技術を習得するまでは手取り足取り、しっかりとした見本を真似しながら学んでいくことが最も早道だと思います。更には個々の成長を時 [続きを読む]
  • スウェディッシュマッサージの基本技術とは
  • 私が日々お客様に施術し、愛弟子達に伝授しているスウェディッシュマッサージの新たな技術「ケアササイズ」が世界一気持ちいいと呼ばれる理由は、世界で唯一セラピスト自身もエクササイズ効果により健康になれるというところにあります。それはまるでスポーツを楽しむが如く、日々の施術を行なうことができる技術です。しかし、本当に楽しく施術を行なうためには基本技術をしっかり習得しておくことが何より重要になってきます。そ [続きを読む]
  • マッサージスクールの選び方
  • 現代人は常にあふれる情報の波の中で生きています。 誰もが検索サイトやSNSという船の上から広大なネットの海に浮かぶ情報を探す、そんな時代です。 そんな中、ネットという大海原に浮かんでいる目立つ情報を本物の情報だと思い込み飛び込み失敗したり、今度は深くダイブし過ぎていつの間にか暗い深海まで潜ってしまうことも・・・。 そこで本物の情報を見分けるネットリテラシーというものをまず身につけることが大切になってきま [続きを読む]
  • ユマニチュードに学ぶセラピストの心得
  • 昨今、非常に難しいと言われる認知症ケアの介護や看護の現場で、魔法のような奇跡的技術として注目されている「ユマニチュード(Humanitude)」というケア手法があります。(Yves Gineste、Rosette Marescotti) 私はこのケア技法が介護師さんや看護師さんだけでなく、多くのセラピストさん達にとっても非常に役立つ技術だと確信しています。 ユマニチュードの基本は、「見る」「話す」「触れる」の3つから成り立っています。 [続きを読む]
  • マッサージベッドの選び方
  • スウェディッシュマッサージの施術においてどのようなベッドを選ぶのがベストなのでしょうか?今回は、理想的な施術ベッドの選び方についてご紹介していきます。スウェディッシュマッサージのセラピストにおいて最も大切である基本姿勢を保つためには常に施術ベッドの高さを最適な状態にする必要があります。ベッドの高さが低過ぎても高過ぎてもセラピストの体への負担が増してしまい、無駄な故障や疲れの原因になります。また、セ [続きを読む]
  • 選ぶ理由があるマッサージスクール
  • 数あるボディケアスクールの中からなぜ彼らはGHTSを選んだのでしょうか?当スクールはホームページこそあれ、大手のスクールさんのように多額の広告費をかけて宣伝をしているわけではありません。ですから、GHTSのホームページに辿り着く方というのは根気強くネット検索をされた方達ということになります。その結果、私のボディケアテクニックを学びたいとGHTSの門を叩くに至った方の中には、YouTubeという動画サイトで私の施術動 [続きを読む]
  • 本物の技術とセラピストの自信を学べるマッサージスクール
  • 史上最年少で将棋のプロ棋士になった藤井聡太四段(14)が昨日、ついに史上最多連勝記録に並ぶという快挙を成し遂げました。彼はお風呂に入っている時も歩いている時も常に将棋のことを考えているような生活を送ってきたといいます。ひとつの事だけを究めるというのは、そのことだけに相当な時間と労力をかけなければ難しいものです。将棋にしても、その他の武道やスポーツにしても、一つの技術を究める人というのは好きなことへの [続きを読む]
  • 明治「カール」販売終了と夫婦関係について・・・。
  • 私が生まれた1968年に生まれたスナック菓子の明治「カール」が東日本で販売終了とのこと。選択肢が増えすぎた飽食の時代ならではのニュースですね。なんだか、若い頃通っていた町の洋食屋さんが閉店しちゃうみたいな寂しさがありますね。次々新しいお店でインスタなんか上げてないで、大好きなお店なら浮気せず通っておけばよかったと思った時には時すでに遅しなんですよね。なんだか夫婦の関係みたいね・・・。既婚者の皆様、奥さ [続きを読む]
  • 加藤式スウェディッシュマッサージの深気持ちいい施術法とは?
  • 加藤式スウェディッシュマッサージの基本技術は、クラシックマッサージ(スウェーデン発祥のアクセルソン式スウェディッシュマッサージ)がベースになっています。クラシックマッサージと加藤式の大きな違いは、クラシックの基本姿勢を使いながら更に骨盤(股関節)と肩(肩甲上腕関節&肩甲骨)を連動させることでよりダイナミックで安定感のある施術と深みのある圧を可能にしているという点にあります。手首や肘という小さな関節にはな [続きを読む]
  • 基礎を学ぶ、それは伝統を継承すること
  • 私が提唱する加藤式ボディケアの技術は、あのシルクドゥソレイユも認めたというアクセルソンのスウェディッシュマッサージがベースになっています。その技術はクラシックマッサージとも呼ばれ、世界に今あるオイルマッサージのルーツになったと言われています。このクラシックマッサージのシステムを作ったのはスウェーデンの医師Per Henrik Ling(1776-1839)。そう、まさにあのクラシック音楽の天才作曲家モーツァルトやベートーベ [続きを読む]
  • 揉み返しのないマッサージ、スウェディッシュマッサージ!
  • マッサージは好きだけど、次の日の揉み返しが嫌いという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?痛いぐらいに強く揉まれることで一時的に慢性的な痛みを忘れさせてくれるのはいいのですが、次の日の揉み返しにいつも後悔・・・。(DNIC効果)なんだか、嫌なことを忘れたくて飲みすぎた翌朝の二日酔いみたいですよね。揉み返しというのは筋繊維の損傷から来る炎症による痛みや違和感と言っていいでしょう。適度な刺激(鍼灸など)は [続きを読む]
  • スウェディッシュマッサージは究極のコミュニケーション
  • 私のスウェディッシュマッサージスクールでは、今月来月と受講生たちが続々とインターンの実習に入っていく。実習では実際にお金をいただいて20人のお客様にスウェディッシュケアのサービスを行なっていくのだが、お客様達から施術後にいろんな感想をいただける非常に貴重な体験となる。中にはお褒めの言葉と共に施術中に気づいた細かい点などについてアドバイスをしてくれるお客様もいらっしゃる。先日、あるお客様がこんな感想を [続きを読む]
  • スウェディッシュマッサージを教えるということ
  • 私のスウェディッシュマッサージスクールにいらっしゃる生徒さん達の多くが習い始めの頃に同じことを口にする。「本当に私にできるようになりますか?」「こんなに下手な人今までいましたか?」私はこう答えます。「大丈夫!必ずできるようになりますよ。」「みんな最初からできる人はいません。もちろん不器用な方も器用な方もいます。でも、どちらの方も時間をかければ結局最後はちゃんとできるようになります。」確かにスウェデ [続きを読む]
  • 揉み返し体験
  • 今日、腰に張りを感じたので、普段なら生徒のスウェディッシュで癒されるところなのだが試しに整体サロンでも行ってみようと思いたった。果たして整体でこれが治るものなのか。ちょっと試してみたかった。結果は、後悔のみである・・・・。施術後、状態は確実に悪化している・・・。腰の張りはより広い範囲へと広がり、何ともなかったはずの右側の肩甲骨回りまで揉み返しで痛みが発生している。セラピストが右利きだったのだろう。 [続きを読む]
  • 究めるということ、それは力を抜くこと
  • サロンでお客様をお迎えする準備をしながらいつものラジオに耳を傾ける。あらゆる煩悩を背負った最新ヒット曲の合間、ふと心に沁み込む音にいつしか手が止まる。それはシェリルクロウとスティングのコラボ曲「Always On Your Side」それは大人の2人が歌う安心感に包まれた空気感・・・。そう、すべては力の抜き方なんだよなあって思う。歌もスポーツもスウェディッシュマッサージも・・・。がんばって登り切った者だからわかる無 [続きを読む]