ゆずりは さん プロフィール

  •  
ゆずりはさん: ゆずりは虹色ことたま
ハンドル名ゆずりは さん
ブログタイトルゆずりは虹色ことたま
ブログURLhttp://gaiatwindragon.hatenadiary.jp/
サイト紹介文わたしはいま ここに生きています あなたといっしょに歩んでいます
自由文2003年からこころ・からだにまつわる活動をはじめています。異変を含みつつ、バランスをとりいろんな種をまいて。2009年にはひとつの物語をふたたび旅立たせました。たくさんの花が、そこから咲いていくといいな。どこかでお目にかかれたら幸いです。

楪蒼朋『君はそれ以上』 文芸社より
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

森羅万象 あらゆるものに感謝をこめて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/27 12:45

ゆずりは さんのブログ記事

  • まっさらなこころで
  • 二十四節気の小雪。雨が雪に変わり、ちらちらと舞うようになる時季。お変わりありませんか?しょうせつ、と読むのでふと、楽譜や音符を想い浮かべていました。そうして、私自身、書くことや生きることについて、そのようにいられたらと。ほんのすこし前までは、記事を書く場処を変える、とまで特段考えてはいませんでした。なんらかの違和感はあったけれど、まさかほんとうに移ることになるとは思わず。むしろ止め [続きを読む]
  • めまい
  • ずいぶん昔に 寝返りをうつたび天井がぐるぐるまわる といった気持ちのわるい現象に襲われたあのときはたぶん 病院には行かなかったと思うけどいったいどうしていたんだろう??相当気色わるかったはずなんだよねかなり長い間この現象なかったのに 去年の末頃急に出るようになった前ほどひどくはない と思う ただ角度や体勢によるのかちょっと頭の動かし方まちがうとぐらぐら・・・さすがに気になったんでお医 [続きを読む]
  • 線香花火
  • 花火をする機会は減ってしまっているけどいまでも 見かけたりしたら 買っちゃうかも綺麗だよね いろんなのあって特に線香花火独特の世界を 宇宙を創り出してくれる国産の線香花火は 一度途絶えたんだそう今は国内メーカー3社で流通量はわずかだとのことだけど 復活させてくださった そのことに感謝☆「移り変わる表情に名前がついている花火は線香花火だけ」そう 新聞記事にはじめは「牡丹」みじ [続きを読む]
  • 人と人の間に
  • はてな では はじめの一歩先月 『ぼくらの勇気未満都市2017』を観た20年前の物語もはっきりと憶えていた訳じゃないけど大人 というカテゴリーに入ってしまうと命を落とす危険にさらされる そんな事象が発生していたと今回 その根源となったものが再びあらわれてくるしかしながらそこにさまざまな思惑がからみ事実を隠そうとする組織が公表に向けて動き出すヤマトやタケルに圧力をかける というもの [続きを読む]
  • 十年経ちました
  • ・・・ことばがさらさらと浮かんでくるのでなければ書くのはむつかしい・・・ブログの存在を感じながら自分には無理だと思ってた。ただ、ほんのすこし心が動いたことによってココログからはじまったこの時空、先月末でちょうど十年になりました。もともと毎日、とかたくさん書くとか設定してた訳ではなく、負担になるようならいつ止めてもしかたないと、そんな氣持ちもありながら。半分は、極度にくずれた心身のバランスをとってい [続きを読む]
  • あなたがあなたでありつづけること
  • 人はそれぞれ ふたりとないひとりの存在なのにいつしか自分を見失うほかの誰かになろうとしてないかい別にかっこよくなくたってみっともなくてもなさけなくってもいいんだよ問題はそこからどれだけ自分が成長できるか誰かの支えになれるかまわりに対してなにができるのか思い通りにならないと鬼の形相になってないかなすべてが こうでなくちゃって制約をかけるもとになっているのがなんなのかしらずしらず世間という名の化け物に [続きを読む]
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語
  • きっとあれが 最初のであいそのときは彼女だとしらなかったはずだけど憶えていた 魂が もとめたのかもしれないわたしにその存在をしらせるために なにかがターシャに あいに行きました映画館へも ずいぶん訪れていなくてなんだかどきどきしながらそのときを待ちはじまると その時空はすとんとわたしのなかにもぐりこみながかったのか みじかかったのか わからないくらいこの世にはもう ターシャはいないその事実を受けと [続きを読む]
  • 薄紅色の
  • 春色に染まった一角に車をとめると帰る頃には衣をまとったようになりそのまま走り出して家路についたふとこぼれおちた雨に濡れた花びらが無性にいとほしくあなたもみているだろうかこの光景を大自然の営みをコノハナサクヤヒメよわたしの魂を唯一無二の場処へお連れくださいAmazon Kindle楽天kobo『君はそれ以上〜出逢い』  電子書籍「お前、さ、・・・・・・神様って、いると思うか?」「えっ?」「・・・・・ [続きを読む]
  • うみのよぶこえ
  • ずっとずうっとまえからみずのなかにうかんでいるからだはたいきにつつまれているのにいしきはどこかへとんでくあれはあなた  なのかなこころのさざなみどうかわたしをつかまえて∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上〜出逢い』∞http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp∞『僕のたからもの』  IOS版∞http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/∞『君はそれ以上〜出逢い』 電子書籍について [続きを読む]
  • 一文字写経
  • あなたの想いを、一文字に託してみませんか?**一心本尊の徳泉寺復興宮城県山元町笠野の徳泉寺。東日本大震災で大津波に襲われ、伽藍・仏具等はすべて流失、あたりは災害危険区域となっています。このような中、本尊のお釈迦さまだけは奇跡的に発見され・・・はじめに『一文字写経』のことを知ったのは、新聞記事でした。その後、言葉をたどってこちらのお寺を見つけ、写経の申込みを。・・・ご本尊は、多くの人の心の拠りどころ [続きを読む]
  • なんねんたっても
  • 「大きくて、あたたかい手。・・・・・・貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむことができる」性格的に口数が少ない、というのもあったけれど、子どもの頃は言葉にして伝えたい気持ちが、あまりなかったのだと思う。ほんとうに話したい相手に、たぶんめぐりあえてなかった。義務のように書く、話すではなく。変わり始めたきっかけはこれまでに幾度か。そのときにいてくれてよかった、存在してくれてよかった、ひとやもの、現象。 [続きを読む]
  • 雲霧仁左衛門
  • 年明けに第2シリーズが一挙放送されていたのを観て。家人ともどもはまった、かな??(笑)先週から第3シリーズが始まったNHK BS時代劇鬼平さんと世界観似てますが、こちらは盗賊の側からの視点、ですね、主に。なにやら独特の空氣感あります。静かなる動、というのか・・・中井貴一さん、同じNHKの別番組で軽やかな、なおかつめっぽう面白いナレーションをきかせてくださってるので盗賊の頭(かしら)というと、どんな [続きを読む]