ふーちゃん さん プロフィール

  •  
ふーちゃんさん: ふーちゃんのブログ
ハンドル名ふーちゃん さん
ブログタイトルふーちゃんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tubame-anhanasaraken/
サイト紹介文要介護の年寄りとの田舎での生活を、日々の葛藤を織り交ぜながら、楽しくつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/01/30 11:11

ふーちゃん さんのブログ記事

  • ルフィの仲間力
  • こんばんわ 大ヒット漫画・ワンピースを知らない人はいないでしょう? ここに帰ってきた孫たちが、喜んで見ているからわたしでさえ知っています。 麦わら帽子に赤いシャツがトレードマークの海賊、ルフィを主人公とした冒険物語です。 https://www.oricon.co.jp/news/2080327/photo/5/ その物語の中で、くり返し強調されるのが、「仲間」の存在。 その「仲間」、つまりワンピースのキャラクターたちの関係性に注目し、社会学 [続きを読む]
  • 心の鍛え方
  • こんばんわ 世の中は、「筋トレ」などのジムに人が溢れかえっています。 しかし、一番重要な心のトレーニング「心トレ」を行っている人は皆無です。 それは、その智慧を教えてくれる人が「いないから」です。 オープン以来一度もドタキャンなどないのですが、あまりにも前にご予約をいただいた方には、メールを送らせていただいております。 今夜のカフェディパッセロのお客さまは、同じような病気で闘病され、「今 [続きを読む]
  • 健康の結論
  • こんばんわ 朝から小学校に読み聞かせに行きました。 中秋の名月にちなんで、わたしはおつきさまとねこの出てくる絵本を読みましたが、ちょっとだけ早く終わったので、「かたあしだちょうのエルフ」を読んでいる先輩の上手過ぎる読み聞かせに聞きほれました。 宇宙のことだけでなく、堀江貴文さんは健康のことについても、熟考されています。 人生100年時代が唱えられるようになり、日本においては、2007年生まれの50%が1 [続きを読む]
  • まん丸と長い
  • こんばんわ 今日は中秋の名月らしいのですが、曇り空につきこの里山ではお月さまは見えません。 お墓参りを兼ねて、実家へヘルパーさんをしに行って来ました。 恒例のスシローで、〆にスイーツを食べる母を見て、わたしも珍しく甘味を味わおうかな? 「苺モンブラン」って、なんとも季節感微妙なネーミング。 イチゴ味の中に秋が存在しているような味でした。 昨日は中秋の名月で十五夜。 でも満月は翌日の今日。 不思 [続きを読む]
  • ゼロ
  • こんばんわ メディアを騒がせた「ホリエモン」ではなく、著者の考えを理解してもらうために「堀江貴文」という人間について、その半生が包み隠さず描かれている本を読みました。 2004・2005年の時点では、「時代の寵児」と持ち上げる声と、「拝金主義のヒルズ族」と非難する声に評価は二分していたように思います。 2006年1月に証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6カ月実刑判決を受けてからというもの、彼は表舞台から消えま [続きを読む]
  • ピンクがすきってきめないで
  • こんばんわ 「ふつう、女の子は ピンクがすきだけど、わたしには うんざりなの。おひめさまにも げんなり。きらきらしたものや ひらひらしたのやお人形さんみたいなのもね。ピンクっぽいものばかり みていると、目が げっぷしちゃうってかんじ」 本書の主人公、「わたし」は考える。 落合恵子さんの『絵本処方箋』の中の「ジェンダーを超えたかったら」のページから。 わたしも子どもの頃から、「女の子っぽいもの」が苦 [続きを読む]
  • 介護現場の正義
  • こんばんわ やっと雨が上がった朝を迎えましたので、朝日を浴びながらお墓まいりをしました。 お香の匂いが好きなので、お線香をドッサリ持って行きました。 花オクラは今日もわんさか収穫できました。 おばあちゃんに食べさせてあげたいけど、施設には持ち込めないので、カフェディパッセロのお客さまに、お店でお出しした分以外は全部差し上げました。 おばあちゃんは、モクモクと自室で写経を書いておりました。 敬 [続きを読む]
  • お金のものがたり
  • こんばんわ アフリカの南東部の国・モザンビーク。 電気も通っていない村で電子マネーを使った「新しい仕組みの銀行」を構想している起業家がいる。 彼の名は、合田真さん。 その壮大な起業ストーリーをワクワクして読みました。 合田氏は現状の金融システムに疑問を呈する。 「分配できる資源が頭打ちの今、富の偏りを加速させる複利を是とする金融システムは社会の不安定を招く」という。  著者が経営する「日本食物燃料」 [続きを読む]
  • 幸せ・不幸せは何で決まる?
  • こんばんわ わたしたちは、みんな幸せを求めて生きています。 不幸せになりたい人なんてどこにもいませんね。 花オクラが三日前から咲くようになりました。 わたしにとっての幸せの象徴は、黄色。 濃い黄色もしあわせ感を感じますが、レモンイエローも見ているだけで、目からしあわせが浸透していくような感じになります。 植えすぎたので、毎朝50個以上の花がつきます。 とってはムシャムシャ食べながら、花を摘 [続きを読む]
  • 自立した共生
  • こんばんわ 明日からお彼岸ですね。なので、お墓に花枝を立てました。 畑の横の彼岸花は、年を追うごとに数を増しております。 かかりつけ医に定期検診に行きました。 待合室で読書していると、どこかで聞いたことのあるような話で、老婆の花が咲いていました。 行楽の秋ですから、時間に余裕のある老婆のみなさんは、秋になると必ず旅行に行くらしい。 平日の旅行先で、食事をとろうと大広間に入ると、「ここ介護施設か [続きを読む]
  • じわーっと効く276文字
  • こんばんわ 久しぶりにお布団が干せました。 明後日からお彼岸ですので、カフェディパッセロ営業前に、がんばってお墓掃除をいたしました。 お墓に墓地に登ると、お山の大将になった気になれます。 何度このお墓で、ストレスを発散するためにご先祖さま方に、愚痴を聞いていただいたことでしょう。 お釈迦さまは、怒りについてどのように向き合えばよいかを、次のようなたとえ話で説かれました。 あるところに、大変、 [続きを読む]
  • ボールペン考
  • こんばんわ ビジネスシーンだけでなく、人生を生きる上でも必要とされるひらめき この「ひらめき」を得るには、退屈な時間が必要だと言ったのは、アインシュタインらしいのです。 脳みそに似ていると思っているから、あるときからわたしはケイトウの花が好きになりました。 眺めているだけで退屈な時間が穏やかに過ぎていきます。 今日のカフェディパッセロのお客さまに、「重たい頭を苦労して支えてあげてるねぇ〜」と [続きを読む]
  • こうやって、考える
  • こんばんわ やっとお日さまが顔を見せてくれました。 草抜き瞑想ができるようになりまして、わたしの心は穏やかでございます。 そろそろ掘ったほうがいいんじゃないかというサツマイモ。 掘る元気は今日のところはないので、ツル返しをしながら、読んだ本の内容を思い出しながら、とにかく草抜きに励みました。 「知識から思考が生まれることは、ほとんどない。知識を集めることよりも、自分の知見を育むことの方が重要。」 [続きを読む]
  • Japanes silver grass
  • こんばんわ やっと雨が上がりました。 心待ちにされているだろうからと、お店が終わったあと急いで見守りびとAさんのところに行きました。 今日はじっくりススキを観察。 ススキは枯れたイメージがあるのですが、今日9月15日と10月22日生まれの人にプレゼントするといい誕生花だそうです。 このススキは白や黄色の斑点がありますから、鷹の羽薄(たかのはすすき)だと思います。 誕生花として贈ることができる [続きを読む]
  • 心の保険
  • こんばんわ こう雨が毎日降っては、心もジメジメしっぱなしでございます。 カフェディパッセロのお客さまを見送ったあと、見守り隊の任務につきました。 書類を事務所に届けたら、存在するはずのないところに、たい焼き屋さんがおられました。 で、買う。 心がジメジメしている時には、心を乾かしにいかなくてはなりません。 たい焼きを数匹連れて、乾燥機の中に入りにいきました。 ちょうどお馴染みのお客さまもいらっしゃ [続きを読む]
  • がんばらないと うまくいく
  • こんばんわ 身内3人(認知症の祖母・要介護5の母・知的障害のある弟)を21年間ひとりで介護しながら、理学療法士として病院でお勤めされていた橋中今日子さん。 身内3人を同時に介護 そう聞いただけで驚きますが、ご本人は介護を続けているとは意識せず、背負う気持ちもなかったそうです。 「ただ目の前の家族のトラブルに対応している。」そんな感じ。 現実は、職場から戻ると自分の時間はなく、その後介護休暇を取ったとき [続きを読む]
  • 私のはははのはなし
  • こんばんわ はははははははははははははははははははは はははははははははははははははははははははははははははははははは こどもの「は」は 20ぽん おとなの「は」は 32ほん あるのが ふつうです で終わる「はははのはなし」の絵本を、わが子にも読み聞かせましたし、機会あるごとに、今も小学生を中心に読み聞かせに使っています。 30年以上読み聞かせていますので、すでに色あせてちょっとボロっとしています。 [続きを読む]
  • 「人たらし」の技術
  • こんばんわ 今日、いつも訪問する介護施設の玄関そばに、ものすごく美しいススキが秋風にそよいでいました。 すっかり秋めいてきましたね。 昨日の「頭に来てもアホとは戦うな!」のつづきです。 必読ポイントは、どんな強者でも味方にする「人たらし」の技術。 言い換えると、人を意のままに動かす技術。 「他人を動かす」ために、デール・カーネギーの教えに従おう。 その3原則は・・・、 ①非難するな②認めよ③相手の欲 [続きを読む]
  • 頭に来てもアホとは戦うな!
  • こんばんわ やっと雨が止み、太陽の光を浴びました。 人間も光合成をしなくちゃ、どんどんしおれていくようでございます。 タイトルに興味を惹かれ、現役ではない普通のおばさんですが読みました。 ドラマや小説になった「半沢直樹」のような銀行員でなくても、「アホ」と戦ったり戦いそうになったりしたことは、多くの人が経験されておられると思います。 ではそのようなアホと戦うことになったら、どう振舞うべきでしょうか [続きを読む]
  • 命短し、無理すな、ローバ
  • こんばんわ 大雨警報が発令された中、中止になるのかと思っておりましたら、開催するって 数カ月前からわたしと二人だけのファッションショーを何度となくくり返して心待ちにしておられたAさんを会場にお連れしました。 車いすですから、付き添いのわたしも特等席 役得役得 お偉い方々の長〜いお話の後、みまチャンネルの中村アナウンサーの落語を聞かせていただきました。 素人はだしの落語でございまして、いた [続きを読む]
  • 54字の物語
  • こんばんわ 昨日、学童クラブの読み聞かせに行きました。 先輩のお仲間が、地震のことをお話されましたら、机の下に潜り込むことや、いろんな取るべき態勢を32人のお口がにぎやかにしゃべってくれました 読み聞かせするのは、高学年が帰って来るまでの時間ですから、聞いてくれるのは1・2・3年生でございます。 紙芝居とは違って、絵本の見開き2ページには、50字くらいの文字だと、感情も込められますし、絵を見 [続きを読む]
  • 長楽無極
  • こんばんわ 長楽無極(ちょうらくむきょく)と書いてあるのだろうと思うのですが、わからないまま待ちました。 おばあちゃんがグループホームに入所してから2カ月が経ちました。 夫婦だけの生活にも(いえマコという愛猫がいます)慣れましたが、なんだかねぇ、おばあちゃんのお世話をしてこその人生だったもので、空虚感ハンパなく、自由を手に入れたと人は言うのですが、わたくし心に不自由は感じております。 非日常を [続きを読む]
  • ぶたばあちゃん
  • こんばんわ 「ぶたばあちゃんと孫むすめは、ずっとながいあいだ、いっしょにくらしてきました。」 この絵本はそんなふうに始まります。 なぜ、孫むすめがばあちゃんと暮らすようになったのか、説明はどこにもありません。 そこにあるのは、掃除をしたり、ご飯を作ったり、薪割りをする、ふたりの日常。 これからもずっと続くはずの暮らしそのものでした。 ぶたばあちゃんは孫むすめに、家の中ですべきこと、しなければならな [続きを読む]
  • ”気圧病とは?”
  • こんばんわ 今年の天候がすごかったからか、わたしが還暦を迎え年を取ったからなのか、低気圧、とくに台風がやってくると、ものすごく不調になります。 更年期のときを思い出すような不調です。 とにかく体が重くてだるい かといって、畑には出られているし、お店でキッチンスタッフはできてはいます。 ですが、今日はここを掃除、のここという踏ん張りがききません。 おのころ心平さんのブログを読んで納得。 「気圧病」 [続きを読む]
  • 東大読書
  • こんばんわ 大型台風到来の中、中止連絡もないのでボランティア組織の定例会に参加。 消音にしているスマホが、避難勧告を耳障りな音量をたてます。 ・・・が、みなさん動揺せず 年季の入った方々は、人生を達観しているとつくづく感じた今日の日。 外仕事もできない昼下がり、雨風の音を聞きながら、偏差値35から東大に2浪のあと合格し、暗記術やテスト術などの本を世に送り出している現役東大3年生の本を読みました。 先行 [続きを読む]