luckybeans さん プロフィール

  •  
luckybeansさん: 私の恋の落ち方、キュンとしたい。
ハンドル名luckybeans さん
ブログタイトル私の恋の落ち方、キュンとしたい。
ブログURLhttp://luckybeans.hatenablog.com/
サイト紹介文恋がしたいです。告白してください。
自由文恋の落ち方、告白のシチュエーションについて綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/30 19:02

luckybeans さんのブログ記事

  • 言葉で確認する
  • 交際している恋人と、愛情を再確認していますか。 付き合いが長いカップルは、 二人の初めての出会いから間もない頃のように、 愛情を表さないことも珍しくないものです。 交際当初はまめに相手を気遣っていたカップルも、 時が経つにつれて、 自分の気持ちや考えていることを伝え合わなくなり、 「言わなくてもわかるだろう」と 相手にゆだねる・甘えてしまうようになってしまうでしょう。 それはずばり「手抜き」と言っても過言 [続きを読む]
  • 油断しないこと
  • 恋愛関係において、 相手をわかっている「つもり」になることほど 恐ろしいことはありません。 最初の出会いから間もない時期は、 相手に気を遣ったり、 積極的に関わり合ったりしていたカップルも、 長く交際しているうちに、 相手に対する甘えが出てくるものです。 「恋人の一番の理解者は自分だ」 「相手の気持ちはよく知っている」 などと思い込んでしまうと、 相手の本音とのギャップが生まれ、 それが不和を生むでしょう。 [続きを読む]
  • 愛情を確かめ合う
  • 「恋人との愛情を確かめ合う方法」…と言われたら、 あなたはどんな行動を思い浮かべるでしょうか。 キスやハグをしてみる、 直に本人に愛しているかと尋ねてみる、 愛情を確かめる方法は人によって様々あるでしょう。 交際中のカップルは、 こまめに愛情を再確認するようお勧めします。 人は時に自分の感情にすら迷い、 不安を抱くものです。 まして、一番近い存在であるとはいえ、 恋人は自分とは異なる他人ですから、 その愛情 [続きを読む]
  • 愛は変化するもの
  • 縁あって出会い、 交際するようになったカップルは大抵、 付き合い始めて間もない頃は 積極的にコミュニケーションを交わし、 お互いの愛情を確認し合うものです。 しかし、付き合いが長くなるにつれて 相手の気持ちを確かめること、 自分の気持ちを伝えることを しなくなってしまう人も多いでしょう。 付き合いの長い相手のことを 理解していると自負するのはいいですが、 それが自分だけの思い込みだった場合、 その状態を続け [続きを読む]
  • 境遇が似ている人
  • 「この人とは気が合うだろうな」 とつい感じてしまう相手の特徴といえば、 自分と同じような境遇にある人が多いのではないでしょうか。 シンパシーとも言えますが、 人は自分自身と似たような部分が多い相手に対して 無意識のうちに気を許してしまう傾向があります。 例えば母子家庭、父子家庭のような 片親の環境で育った男女が会話を交わしたら、 子供の頃はこんな苦労をしたと深く共感できるでしょう。 もちろん、育った環境だ [続きを読む]
  • 話していて楽しい理由
  • 「気が合う」と言っても、感じ方は人それぞれ違うものです。好きな食べ物が一致しているだけで「この人とは仲良くなれる」と感じる人もいれば、人生観や物事の価値判断基準などの精神的な部分までしっかり共感して初めて「この人となら上手くやっていけるかもしれないと」思う人もいるでしょう。前者にせよ後者にせよ、人は気が合う相手と一緒にいる時、どこか落ち着き、リラックスした心地になるはずです。考え方や価値観が合わな [続きを読む]
  • 苦手なものの話題で本心を知る
  • 意外に思われるかもしれませんが、人は「好きなものが一致する相手」よりも「嫌いなものが一致する相手」のほうが気が合うと感じる傾向があると言われています。例えば、男女が会話していてお互いトマトが好きだとわかったら、「気が合うね」などと笑い合うかもしれませんが、そこから二人の関係を発展させられるかと言われると少々難しいでしょう。すでに親しい関係で、話がうまい人ならそこから上手く話題を広げて「トマト料理の [続きを読む]
  • 相手に興味を持たせるには
  • 話していて楽しいと思える、「もっと一緒にいたい」と本当に心の底から思えるような親しい友人知人は、得ようと思って得られるものではない、大切な人生の財産です。それが異性となれば、男女の価値観や考え方の相違から、さらに希少な存在でしょう。人が会話を楽しめるポイントの一つは、テンポです。テンポの良い会話とは、次から次に話題が尽きる事なく話し続けられるようなことに限らず、お互いが丁度良いと思うタイミングで話 [続きを読む]
  • 話が合う相手
  • 好きな人と自分が相性が合うかどうか、気にならない人はいないでしょう。誰でも気が合わない人と一緒にいるより、気が合う人と一緒にいたいと思うものです。もしも好意を抱いている相手と相性が合うとわかったのなら、すぐにアプローチしたいと思う人も多いはずです。誰かと相性が合うかどうか、それを見極められる場面はいくつもあります。例えば会話を交わす中で、もしもデートに行くならという話題をふってみて、行きたい場所や [続きを読む]
  • 似た者同士の二人
  • 男性は過去の恋の記憶を長く引きずり、女性はさっさと過去を切り捨てて新しい恋をする…とよく言われます。しかし実際そうでしょうか。たしかに昔の彼女のことを忘れられずいつまでも想い続けていたり、新しい恋人ができても元カノに未練を抱いているような男性は少なくありません。そもそも過去の出来事が原因で、新たな恋ができなくなり、せっかく良い雰囲気になっても結局フラれてしまうなんて事もあるでしょう。しかし、そんな [続きを読む]
  • 今の自分を恥じる必要はない
  • 現在交際している恋人とのデート中、 うっかり昔の元恋人と再会してしまった経験はないでしょうか。 まるでドラマや漫画のような展開ですが、 現実に降りかかる可能性はゼロではありません。 実際、かなりの遠距離に住んでいる場合でもなければ、 元恋人とたまたま遭遇してしまうのは 珍しくなく、よく起こる事でしょう。 元々職場恋愛で、勤め先が同じであれば、 再会どころか別れた次の日には顔を合わせるという事もあり得ます [続きを読む]
  • 危険な同窓会
  • 愛する恋人と交際している上で、 多かれ少なかれ気になってしまうのは相手の過去の恋愛遍歴です。 どんな人とどのような付き合いをしてきたのか、 直接本人に聞いてみるという勇敢な(ある意味無謀な)人もいるでしょうが、 逆にあえて恋人の過去に触れるような真似は 決してしないものの、自分の胸の中でモヤモヤした不安を 溜め込んでしまう人もいるものです。 しかし、どちらの場合でも、 恋人の過去を気にしているなら、 恋 [続きを読む]
  • 手放した恋が再燃するかも
  • 元恋人との再会を機に、よりを戻したカップルは意外と多いのではないでしょうか。 たまたま昔の恋人に遭遇し、二人で昔の思い出話に花を咲かせ、 懐かしさに浸るうち、再び連絡を取り合うような関係になっていた… そんな話は珍しくありません。 ケンカ別れや相手に失望して嫌いになって別れたなら別ですが、 世間一般でいう倦怠期や、なんとなく自然消滅に至ってしまったような元カップルなら、 関係を修復するのはさほど難しく [続きを読む]
  • 無意識の嫉妬
  • 元恋人との再会…おそらく、 大抵の人には望ましいものではないでしょう。 「元」恋人ですから、何らかの事情があって 一度別れた相手というわけで、 そんな相手と再び顔を合わせるのは気まずいものです。 そもそも、衝突する事も、ぎくしゃくする事もなく、 穏便に別れられるカップルはそういません。 怒鳴り合いの大げんかの末に勢いで別れてしまったり、 気まずい雰囲気が延々と続いた結果、 別れたりすることもあるでしょう。 [続きを読む]
  • 異性としての魅力をアピール
  • 「異性の友人はたくさんいるけれど、 あまり異性として意識されていない」 と感じて落ち込んでしまった経験はないでしょうか。 異性の友人が多い人といえば、 「モテる」「すぐに恋人が出来そう」 というイメージがあるかもしれませんが、 逆に友人止まりで終わってしまう人も 少なくないものです。 そんな状況を打破したいと思うのであれば、 自分を変える必要があるでしょう。 異性の友人がたくさんいれば、 良い出会いのチャン [続きを読む]
  • アプローチが届かない時
  • 片思いをしている相手に、 全く気持ちを気づいてもらえなくて 悩んでいる人はいないでしょうか。 自分なりに積極的にアプローチしているにも関わらず、 相手が全くそのことに気づかない場合、 そもそも異性として 意識されていない可能性があります。 素敵な人に出会い、恋に落ちれば、 ほとんどの人は 「自分の気持ちに気づいてほしい、 恋人になりたい」 とアプローチするでしょう。 相手がそのアプローチに気づくかどうかは、 [続きを読む]
  • 先輩と後輩
  • 学校や職場などに 尊敬出来る先輩がいる場合、 「先輩のようになりたい」 と憧れることもあるでしょう。 中には恋愛感情と憧れを同時に抱き、 相手を思っている人もいるのではないでしょうか。 しかし、「自分は先輩を好きだけど、 先輩は自分のことをあくまでも 後輩の一人だとしか思っていないだろう」 と考えながら、 先輩と接するたびに 切ない思いを募らせる状況は辛いものです。 先輩後輩として出会い、良い関係を築いてい [続きを読む]
  • 二人の関係を進展させるために
  • 男女関わらず、異性の友人が多い人というのは 世の中に大勢いますが、 その友人の中の一人を好きになってしまった場合、 どのように行動すべきか悩んでしまう人も 少なくないのではないでしょうか。 あくまで友人知人として出会い、 絆を深めてきた相手に対し、 思いきって告白をしたものの 失敗してしまったとなれば、 その後の関係がギクシャクしてしまうかもしれない、 それが怖くて告白出来ないと考え、 身動きが取れずに気持 [続きを読む]
  • 恋愛対象として見てほしい
  • 縁あって出会い、 長く友人として付き合ってきた相手を 好きになってしまうこと は珍しい話ではありません。 しかし、二人の付き合いが長ければ長いほど、 「今更、自分を恋愛対象に見てもらうことは無理だろう」 「二人の関係が気まずくなってしまうくらいなら、 このまま友達として付き合っていく方がいい」 と気持ちを押し殺し、 諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。 友人を突然異性として意識する可能性は 高いとは言 [続きを読む]
  • 挨拶から変えていく
  • たとえこれまで恋愛で 数々の失敗を繰り返してきたとしても、 誰もが新しい恋人が欲しいという願望を 抱いているのではないでしょうか。 同じ失敗を繰り返さないためにも 「自分を変えたい」と思っている人も 少なくないかもしれません。 これまで一度もモテたことがなく、 恋愛がうまくいかなかったという人は、 「このままではいけない」という 焦りを感じているかもしれません。 自分を変えなければいけないと思っていても、 [続きを読む]
  • 環境を変えてみる
  • 「自分はこれかもモテないだろう」と諦めてしまい、 恋愛に臆病になっている人も少なくないかもしれません。 これまでの人生で一度もモテたことがないため、 これから先もモテることがないだろうと 思い込んでしまっているかもしれませんが、 モテたいという気持ちがあるのであれば、 チャンスはあなた次第で掴むことが出来ます。 もしかするとモテないと思い込んでいる人の多くは、 いつも同じ友達、同じメンバーで過ごしていな [続きを読む]
  • モテポイントを盗む
  • 恋愛が思うようにいかず、 「もっとうまく恋愛が出来る方法はないのだろうか」 と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 あなたの周囲にいるモテる人を参考に、 「一体何がそんなに人を惹き付けているのか」 その人の一挙手一投足をよく観察してみましょう。 近くにいるモテる人に対して 「羨ましい」と思っているだけではいけません。 「自分もあんなふうにチヤホヤされたい」 と少しでも心の中に ふつふつ沸き立つ思いがあ [続きを読む]
  • 積極的に行動する
  • 「自分はモテない」 と自覚している人の多くは、 異性へのアプローチに対して 消極的なのではないでしょうか。 せっかく街コンや合コンなどの 出会いの場へ出向いても、 そのようなタイプの人は消極的な態度から せっかくのチャンスも逃してしまいがちです。 もし心の片隅に「こんな自分を変えたい」 という思いを抱いているのであれば、 もっと積極的に行動していきましょう。 モテないと自覚している人の多くは、 自分からアプ [続きを読む]
  • 変わる努力を惜しまない
  • 恋愛がうまくいかないと感じている人の中には、 「自分はモテないのだろうか」と悩み、 「モテないのだから仕方がない」 と諦めている人もいるのではないでしょうか。 そんな人は、自分を変えて、 恋愛を楽しんでみませんか。 自分はモテないと思っている人の多くは、 自分に自信がありません。 「どうせ自分なんて」と卑下し、 努力をしなくなってしまう人が ほとんどではないでしょうか。 当然、努力をしなくなればモテません。 [続きを読む]
  • 初めての恋人
  • 生まれて初めての恋人が出来たとなれば、 喜びもひとしおでしょう。 人生で初めて出来た恋人ですから、 相手に対する愛情も尚更強く感じるものです。 しかし、今まで恋愛経験がない人にとっては、 「これからどう関係を深めたら良いのだろうか」 と戸惑っている人もいるのではないでしょうか。 ある程度の年齢になってから好みの人と出会い、 初めて恋人が出来たという人もいます。 そんな人は、 恋人に恋愛経験がないことを隠し [続きを読む]