紅茶&マナー研究家 藤枝理子 さん プロフィール

  •  
紅茶&マナー研究家 藤枝理子さん: 英国式紅茶教室 『藤枝理子のサロンマダム日記』
ハンドル名紅茶&マナー研究家 藤枝理子 さん
ブログタイトル英国式紅茶教室 『藤枝理子のサロンマダム日記』
ブログURLhttps://ameblo.jp/rico1995/
サイト紹介文ブログ書籍化! <愛されサロンのつくりかた>を大公開。一緒にハッピーキャリアをつくりませんか? 
自由文英国式紅茶教室エルミタージュ主宰、藤枝理子のブログ。
<愛されサロン>運営のノウハウ&サロンマダムの日々の暮らしをお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/01/30 19:17

紅茶&マナー研究家 藤枝理子 さんのブログ記事

  • 蔦屋書店イベント?イギリスの夏を彩るアフタヌーンティー
  • 藤枝理子さんの英国ティータイムへの招待〜 イギリスの夏を彩るアフタヌーンティー 〜 トークイベント&サイン会沢山のご来場ありがとうございました ?貴重なお休みの中、また暑い中をいらしていただき大感激。 告知後、早い段階で定員に達してしまったため蔦屋書店さんから30名に増員したいというご依頼もあったのですがキャンセル待ちをしてくださったかたご参加が叶わなかったかた申し訳ございませんでした。夏らしくサマープ [続きを読む]
  • 英国フェア 1Dayイベント開催のお知らせ ?
  •    藤枝理子さんの 英国ティータイムへの招待 〜イギリスの夏を彩るアフタヌーンティー〜     * キャンセル待ち * 蔦屋書店にて1Dayイベントを開催します! テーマは BritishLifestyle FAIR  〜豊かな暮らしかたの提案〜  夏といえば… キラキラ光るアイスティー。 英国王室御用達ヒギンズの紅茶と一緒に 爽やかなティーフーズやスイーツ [続きを読む]
  • 幸せになれるウェディングブーケの秘密…?
  • ヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルウェディング。 花嫁のブーケには秘密の話が…。なんとこのブーケ、ヘンリー王子がケンジントン宮殿の庭から摘んできた花が使われていたそうです。 ケンジントンガーデンはダイアナ妃が愛した庭。ダイアナ妃も一緒に…という想いが伝わってきますね。 ウェディングケーキはなぜ3段?ケーキにも由来があるようにウェイディングブーケにもヴィクトリア女王から伝わる英国王室流のロイヤルスタイル [続きを読む]
  • 大切な食器やグラスの地震対策
  • 素敵なアンティークやお気に入りのティーカップ…好きなものに囲まれて暮らすことはとても心地のよいもの。 眺めているだけで幸せな気持ちになるものですが一時期、カップを見ることも辛くなったことがありました。震災のあとです。 お気に入りの食器たちも壊れてしまい紅茶を愉しむ心のゆとりまで失われサロンをやめてしまおうかとも考えました。 そんなとき、神戸から通う生徒さんが贈ってくださった忘れな草のティーカップ。花 [続きを読む]
  • アフタヌーンティーにマーマレードを出してはいけない理由
  • *昨日、大阪で大きな地震がありましたが、 みなさまお怪我などされておりませんでししょうか。 今週、関西方面からレッスンにいらっしゃるご予定のかた、 身の安全を第一にくれぐれもご無理されませんように。 今後の余震なども心配ですので、充分お気をつけてお過ごしください。 「ティータイムにマーマレードはなぜNGなのですか?」エリザベス女王のマーマレードについてブログ記事に関してご質問がありました。 理由はを [続きを読む]
  • ウェイディングケーキ、なぜ3段?
  • 6月の花嫁 ジューンブライドロイヤルウエディングでも話題になったウエディングケーキですが純白のウェイディングドレスやケーキを広めたのはイギリスのヴィクトリア女王。 QueenVictoria こちらが1840年ヴィクトリア女王とアルバート公の結婚式で振るまわれたウェイディングケーキ。 バラを愛した女王らしくフルーツケーキの周囲270cmに        可憐なレースのような100個のローズガーランドのシュガーアイシングの細工 [続きを読む]
  • エリザベス女王の傘 フルトン*バードゲージ
  •   『 もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら? 』   の中でもご紹介した女王陛下ご愛用の傘。  こちら 雨の多い英国にあってお洋服・靴・そして傘までトータルコーディネートされている 女王陛下…お洒落すぎですよね〜    女王が長年ご愛用されている傘はフルトンのバードゲージ。もちろん英国王室御用達。 女王だけではなくウィリアム王子やヘンリー王子キャサリン妃もご愛用。  英国王室御用達レイングッ [続きを読む]
  • ブリティッシュベイクオフ! ディーライフ
  • 世界中が湧いたロイヤルウェディング素敵でしたね…? ブライズメイドとページボーイをつとめたジョージ王子とシャーロット王女の姿も可愛すぎでした。 中でも興味を持ったのはウェイティングケーキ。製作したのはアメリカ出身のクレア・プタックさん。ロンドンにあるバイオレットの女性シェフです。 イギリスのウェイティングといえば伝統的なシュガーケーキ。お酒のきいたどっしり重いフルーツケーキです。 けれど、今回のウ [続きを読む]
  • オズボーンスタイルのインテリア 〜 ワイト島 OsboneHouse 〜
  • 英国の上流階級の保養地だったワイト島。はじめてワイト島へ行った時から、ヴィクトリア時代の面影を残す小さな島が大好きになりました。島内に宿泊する時には車ごとフェリーで島へ渡り、日帰りの時には港の前の駐車場に車を停めマス。気軽に行き来することができるので、フェリーで本土へ通勤している人もいるそう…羨ましい そして、フェリーでワイト島へ渡ると必ず立ち寄るのが、隠れ家〜オズボーンハウス〜。  オズボーンスタイ [続きを読む]
  • 今日はミュゲの日♪ すずらん&クランペット
  • ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか? 自由が丘の遊歩道をお散歩していたら、すずらんが道端に咲いていました…その姿が可憐で、何とも可愛くて。 フランスでは5月1日 ミュゲの日 Muguetイギリスでもすずらんは5月の花  Lily of the valley 花言葉は…幸運の訪れ、希望、清らかな愛キャサリン妃のウェイティングブーケに胸きゅん?したかたも多いと思います…大好き。     そうそう、英国にはスズランをモチーフに [続きを読む]
  • サロンのロゴマーク&看板は必要?
  • 今回のアメブロカスタマイズに先立って、ヘッダーに使用するサロンのロゴマークを新しく作成することにしました 「 ロゴマークって必要でしょうか…?」サロン開設講座やコンサルティングをしていると質問されることがあります。サロンのブランディングを考えたとき、視覚からメッセージを伝えることは大切なこと。生徒さんへ伝えたいことやサロンへの想いを届けるひとつのツール…と考えてみてください ?とはいえ、私も初ロゴ [続きを読む]
  • アメブロカスタマイズ × サロンマダム
  •  そうだ〜、ブログのカスタマイズしよっ   思い立ったきっかけは、 自由が丘時代からの仲良しの生徒さんが  この秋サロンをオープンすることになり <ブログ開設Lesson>をしたときのこと。 やっぱり、新デザインのほうが断然見やすいっ? と、実感したことから。 思えば、現在のブログのヘッダーを作成したのは 2010年の9月  サロン併用型住宅が完成し 新サロンの準備をしていたときのことです。 ブログをかわいく [続きを読む]
  • ハヤカワシルバーのティーセット♪
  •  オーダー受付   ハヤカワシルバー特別価格   フォストリアロマンス、イースターエッグ サロンでも大人気、ハヤカワシルバーのティーセット。   2016年3月鋳物の町で知られる新潟県燕市にある早川シルバーさんの工場が近隣からのもらい火によって、火災にあいました。延焼により、変色防止加工を施すクリアライトシルバーの出荷がストップサロンでのオーダーもお断りしておりましたが、無事、昨秋より再開いたしました [続きを読む]
  • ロンドンタクシーで最高のお花見 〜 鎌倉アンティークス 〜
  • 春らしい陽気が続いておりますね いよいよ、入学式や始業式を迎えるというかた、新たなスタートですね。桜が咲き誇る日、ロンドンタクシーに乗ってお花見…という英国気分な一日を過ごさせていただきました。ロンドンタクシーを運転してくださったのは、何ともジャントルマンな出で立ち鎌倉アンティークスの土橋オーナー。この日は、10年来仲良くしていただいている大好きな生徒さんがアンティーク家具の買い付けをするということ [続きを読む]
  • イースターエッグ専門店 〜オーストリア ザルツブルク〜
  •  HAPPY EASTER ?   イースターの季節のサロンは、 あちらこちらタマゴがいっぱい。  ハンドメイドからファベルジェコレクションまで イースターのアイコン= EASTER EGG が 部屋中を彩ります。 イースターエッグLOVEな私は よく書籍や雑誌の撮影にも使うので (タマゴだらけぇ〜〜 とカメラマンさんにも驚かれる…笑) けっこうご質問されることも多いのデス。 Q これって本物のたまご? イースターエッグ [続きを読む]
  • 春色のサロン ? イースター うさぎとたまごの秘密
  •   HAPPY EASTER   もうすぐイースター。サロンのあちらこちらに春色が散りばめられ大好きな季節です。日本にも古来からの伝統行事として季節のしつらえがあるように イギリスでもセレブレーション〜Celebration〜といわれる記念日や祝祭イベントがあります。イースターもそのひとつ イエス・キリストが十字架にかけられ3日目に復活したことをお祝いする<復活祭>キリスト教にとって大切なセレモニーです。クリスマスを祝 [続きを読む]
  • イースターのアミューズ*スタッフドエッグ
  •  Easter Sunday  イースターって何??? ってなっちゃう要因のひとつに いつなのかがわかりにくい ということがありますよね。 イースターは移動祝祭日 春分の日を過ぎた最初の満月の次にくる日曜日 う〜ん、さらにわかりにくい、笑。 今年のイースターは4月1日です。 イギリスのイースターのテーブルに 登場するのはラムのミントソース。 この季節にコッツウォルズをドライブしていると ぴょんぴょん動き回る子羊 [続きを読む]
  • 花粉症に効くお茶って…?
  • ぽかぽか陽気になったとたん、つら〜い花粉症。私の花粉症歴は小学生の頃から。まだ、<花粉症>という言葉もなかったうん十年前からとくに春先までが辛い時期でした。通院もしたり(待ち時間が異様に長い記憶しかない)特殊な治療器具(今考えるとちょっと怪しげ…笑)まで使っても直らずに親も降参「将来は耳鼻科医と結婚するしかないわね…」と、言い出すくらい。それでもレッスンを休むわけにはいかず、サロンをはじめてからア [続きを読む]