pianoforte さん プロフィール

  •  
pianoforteさん: 毎日青春☆日記
ハンドル名pianoforte さん
ブログタイトル毎日青春☆日記
ブログURLhttp://pforte.hatenablog.com/
サイト紹介文若いうちにしかできないことがある。ナンパが上手い男に憧れるギリギリ10代の奮闘日記です。
自由文初対面の人にあんまり面白いことが言えない、お笑いのセンスがない、顔もそこそこ普通な僕が出会いのためにナンパ奮闘日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/31 20:02

pianoforte さんのブログ記事

  • 相手を思いやる気持ち
  • 結婚の予定がある人の中には、 「いつまでも仲の良い夫婦でいたい」 と心から思うものでしょう。 しかし、周りにいつも夫婦喧嘩をしたり、 愚痴を言い合ったりしている友人がいると、 「いつまでも仲の良い夫婦ではいられないのだろうか」 と将来の絵図を思い浮かべて、 少し不安になるものでしょう。 出会いを果たしてから 二人で様々なことを乗り越えて結婚に至れば、 「いつまでも仲良く添い遂げたい」と思うものです。 しかし [続きを読む]
  • 恋愛観の温度差<
  • 一般的に男性の恋愛感情は出会いから すぐにピークに達するとされています。 それは見た目の情報が主であって、 女性の顔や体、さらには性格といったものに 恋愛感情がすぐに反応してしまうようです。 これは男性であれば 誰でも身に覚えのあることでしょう。 一方の女性はどうでしょうか。 女性の恋愛感情は男性のそれとは違って ゆっくりと盛り上がっていく傾向にあります。 ですから、女性の場合は第一印象がよくなければ、 も [続きを読む]
  • 大きな隔たり
  • 婚活という言葉が流行っています。 近年流行った就活という言葉から来ているのは 間違いないのですが、 それほど結婚に焦っている男女が たくさんいるという印象は受けません。 それ以上に、結婚しなくてもいいという男女が 多いという調査結果もありますから、 男女の恋愛観というのは どのようになっているのでしょうか。 もっとも恋愛がそのまま結婚に繋がるケースは 最近では少なくなっているようです。 それは男女とも同じ傾 [続きを読む]
  • 結婚願望を確認しておく
  • 男と女は出会いののち、 やがて恋に落ちそして結婚するというのが 大筋のラブストーリーでしょう。 もっとも、恋愛がそのまま結婚と考えるのは 多くは女性の場合であって、 女性の恋愛の目的は結婚のためと 昔から言われてきました。 それは現代にも通じるものがあるのかもしれませんが、 現代では女性の社会進出により、 男性でなければできないと言われていた仕事にも より多くの女性が進出するようになってきているのです。 そ [続きを読む]
  • 女性のほうがドライかも
  • 男女間に恋愛観の違いはあるようですが、 最近の傾向として結婚したくない若者が 多くなっているという調査結果があります。 これは現在の収入の伸びが頭打ちになっていて 低収入に喘ぐ若者が多くなっていること、 なかなか正社員につけない若者が多いことなどが あげられているようですが、 昔のように愛があれば 何も必要ではないというわけにはいかないのが 現代の日本の図式なのかもしれません。 もっとも女性のほうが 結婚願 [続きを読む]
  • より強固な関係になる
  • 男女間では恋愛の価値観の違いというものが 確かに存在するようです。 よく言われるのが、 女性の場合の恋愛は結婚のためであることが多く、 将来を見据えたものだと言えるという点です。 対する男性の恋愛というものは 現在を見つめるものであって、 必ずしも男性の恋愛は未来志向とは言えないものなのです。 もちろん好きになればいずれは結婚したいと思うものですが、 男女の間には結婚や恋愛に対する価値観の違いがある限り す [続きを読む]
  • 良い雰囲気だったはずの相手
  • この間まで良い雰囲気になっていたはずなのに、 急に相手がそっけない対応になってしまったという経験を したことのある人はいらっしゃるでしょうか。 仲が良くなってきたと感じていたにも関わらず、 相手の対応が急変すると戸惑ってしまう人も多いでしょう。 しかし、それはあえてあなたの気を惹くために 行っている対応かもしれません。 出会いを経て好きになったら、 その人を振り向かせようと誰もが努力をすると思います。 強 [続きを読む]
  • 接点の少ない相手へのアプローチ
  • 素敵だなと思う人に出会い、 仲良くなるためにどうやってアプローチをしようかと 現在悩んでいる人もいるかもしれません。 まだあまり接点のない時分に 露骨にアプローチをすると 嫌がられてしまうこともありますから、 焦らず注意することが重要です。 仕事の関係や友達の紹介で知り合った人を 「良いな」と思った時、 どのようにアプローチをかければ良いか 戸惑うのは当然です。 まだお互い相手のことをよく知らない状態ですか [続きを読む]
  • 相手を戸惑わせる
  • 振り向かせたい相手がいるけれど、 露骨なアプローチは避けたいと思っている人も いらっしゃるのではないでしょうか。 特に、長年交友関係にある友達や同僚を好きになった場合、 万一断られた時のことを考えると 「告白なんて出来ない」と尻込みする人も きっと少なくないでしょう。 交際したいと思える相手に出会い、 振り向かせたいと思っている人は、 まずは自分から行動を起こすしかありません。 しかし、二人が置かれている [続きを読む]
  • さりげないアプローチ
  • 仲の良い異性の友人を好きになるという人も いるのではないでしょうか。 友人として長年付き合っている相手を 好きになってしまうと、 「今更告白なんて出来ない」と 思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 友人として出会い、 長い間友好な関係を続けていると、 相手の様々な部分を見ることが出来るため、 「この人って、本当に良い人だな」 「素敵な人だな」と思える瞬間もあるでしょう。 そしてその思いが [続きを読む]
  • 無意識を装ったアプローチ方法
  • 好きなタイプの人と出会い、 交際をしたいと思っても、 自分からアプローチをしない人もいます。 「相手からのアプローチを待つ」、もしくは、 「さりげなく近づくけれど自分からは声をかけない」 というような態度をついとってしまうという人は、 無意識を装ったアプローチが得意なのではないでしょうか。 一般的に多くの人は交際をしたいと思うと、 自分に気づいてほしい、自分のことを知ってほしいと 一生懸命アプローチをする [続きを読む]
  • きっかけを作りに行く
  • 良い出会いはあってもなかなか付き合うまでには至らないということが時に起こることがあります。同じ会社の人や、趣味活動の仲間など、親密に話はするけれど恋人という段階にはまだまだ進めていないという人はいないでしょうか。二人きりでどこかで会ったり、デートのような一日を過ごしたりしたことはあるかもしれません。ところがその関係が一体何であるのかが微妙なところで、自ら踏み切ることができずに困っているという人も中 [続きを読む]
  • 慎重に見極めすぎる
  • 中学生や高校生の時代を振り返ってみたとき、気になる男子に告白をしたり、反対にされたりした経験をどれだけ思い起こせるでしょうか。相手のことをあまり深くは知らなくとも、カッコイイからというごくごく単純な理由で男の子を好きになった経験も少なくなかったかもしれません。男性というものがどういう存在なのかを分かっていない少女の頃なら、憧れや自分の中の想像を気になる相手に百パーセント投じてしまうこともあったでし [続きを読む]
  • 自ら掴み取る
  • 出会いがないという理由から、恋愛を諦めてしまっている女性がいます。身近なところに男性はたくさんいるものの、恋愛関係に発展させるだけのキッカケがないと嘆く女性もいます。周りにいる女の子達が異性と付き合い始めたという話を聞くのはいつの頃からだったでしょうか。高校生の頃から増え始めたという人や、中学生のころから周りの友達は男の子と付き合っていたと思い返す人もいるでしょう。小学生のころにはすでに、どのクラ [続きを読む]
  • 様々なきっかけ
  • 元々仲の良かった異性と いつの間にか付き合っていたという経験を したことのある人はいるでしょうか。 幼馴染として一緒に育ってきた相手や、 男女の垣根なく活発に遊び通してきた相手など、 少女マンガに存在するような男女の関係を 羨ましいと思ったことのある人も多いでしょう。 しかし実際に仲の良い異性と そのまま恋人同士になった という人からしてみれば、 果たして自分たちはいつから 付き合い始めているのだろうかとい [続きを読む]
  • 選択結果
  • 色々な出会いの中で、異性に対してこの人ちょっといいなと思うキッカケは様々です。優しくされたことがキッカケだった場合もあるでしょう。ストレートに口説かれた結果という場合もあるかもしれません。知り合った相手を異性として意識するようになるキッカケは、本人たちの相性によってもたらされるものだと言えます。たとえどんなに親切な優しい相手であっても、それだけで異性として意識してしまうとは言い切れません。可愛いね [続きを読む]
  • 敢えて女性から聞いてみる
  • 付き合いはじめで生まれやすい不満の一つに、 休日の過ごし方の違いがあります。 出会い、親密度が増すまでは、 お互いがお互いに気を遣っていますから、 何がしたいとかどこへ行きたいとか、 自分の希望を言うよりも 相手の願いをかなえてあげようとするものです。 特に男性はこの傾向が強く、 一生懸命女性の希望を聞いてくれるはずです。 しかし、だからといって付き合い始めても同じように 女性の希望ばかり伝えていては、 男 [続きを読む]
  • 奥が深い、料理へのこだわり
  • 素敵な人に出会い、 やっと付き合えるようになっても、 なかなか心配事は尽きないものです。 特に付き合いたては、 何をどのくらいまで伝え合えばいいのか わからず遠慮してしまい、 知らず知らずのうちにお互いに不満が たまっていってしまうこともあります。 特に、実はすれ違っていて不満に思っていた、 ということは料理において 起こり得るので要注意です。 例えば彼の家で食事を振る舞うようなことがあれば、 基本的に女性 [続きを読む]
  • 期待過剰になりすぎない
  • 付き合い始めると、 女性はどうしてもああして欲しい、 こんなことがしたい、 といった夢が膨らみがちです。 そうした期待は、 いつの間にか大きく膨れ上がって男性を圧迫し、 知らず知らずのうちに 不満に感じさせてしまうかもしれません。 付き合ってください、とう告白に、 わかりました、と答えたその日から 二人の関係に「恋人」という名前はつきますが 突然人間関係が激変することはありません。 付き合う、ということはこ [続きを読む]
  • 元カレについての話し方
  • 付き合いはじめは、 どうしてもお互いに思っていることを 言い合えないものです。 出会い、親しくなるまでは 未知の世界だからこそ 恐る恐る分かり合おうと歩みよりますが、 付き合うとなると二人の仲自体は ある程度進展しているはず。 だからこそ、 どこまで何を伝えたらいいのか迷いますよね。 それは男性女性に関わらず、 知らず知らずのうちに小さな不満が積み重なって 喧嘩に発展してしまうこともあります。 では、付き合い [続きを読む]
  • 元カノへの不満
  • 素敵な人に出会い、 せっかく付き合えるようになっても、 恋人になってからはなってからで 不満が出てきてしまうもの。 その中でも、元カノの存在は大きいですね。 元カノに関する不満が積もって、 けれど付き合いたてだからこそ なかなか言い出せずに 辛い思いをするのはもったいないことです。 元カノに関しての不満の解消法は 大きく分けてふたつです。 一つは、気にせず聞いてしまうという方法です。 日常生活の中にぽろぽろ [続きを読む]
  • 「社内」に目を向ける
  • 恋人探しをしている人は、 まず「社内」に目を向けてみましょう。 社会人の恋愛において、 外せないのが 「社内恋愛」ではないでしょうか。 すでに出会いの印象が 薄れてしまっている場合もありますが、 上書きされた現在進行形で 好印象の人と縁が結ばれることもあり、 目に見えない相手を追うよりも より現実的に恋愛や結婚を考えられます。 話す機会も多く、一緒に食事をする時間も 確保しやすい相手がいる 会社ならではの出会 [続きを読む]
  • 意外と近くにいる恋人候補
  • まったく知らない人の中から 「運命の人」を探す人も多いのですが、 遠くにいる恋人よりも近くにいて 頼りになる存在の方が より安心した付き合いができます。 会社の中にそういう「運命の人」がいるのであれば、 遠くに出会いを求める必要はなくなります。 社内恋愛に抵抗がない場合は、 相手のプライベートに踏み込んでみましょう。 社内恋愛において、 相手のプライベートに踏み込むというのは 仕事帰りのアフターのことではあ [続きを読む]
  • 灯台もと暗しにならないために
  • なかなかいい出会いがないという人は、 身近な存在を忘れている場合があります。 会社の中に目を向けてみると、 見逃してしまっていた 良い縁を見つけることがあります。 会社という場所は 年に1度必ず人事があるものなので、 定期的なチェックを怠らないようにしましょう。 特に支店などがあり、 転勤してくる人材がある場合はなおさらです。 今は男女問わず異動があるため、 社内恋愛のチャンスは一昔前より多くなりました。 異 [続きを読む]
  • 話す機会、チャンスが多い
  • 会社の中で「恋愛禁止」のルールがないのであれば、 社内恋愛も考えてみてはいかがでしょうか。 シフトによって毎日会える相手がいるわけですから、 自然な出会いが成立した中で関係を築いて行けます。 仕事の姿勢やランチタイムの様子などから、 人柄を知ることもできるため、 相手の内面を見るには 困らない環境であることは確かです。 当たり前のように一緒に過ごす時間が多い仲間として、 大変なこともいいことも 共有できる [続きを読む]