チュー さん プロフィール

  •  
チューさん: チューとボート
ハンドル名チュー さん
ブログタイトルチューとボート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/norimarutoshigemaru3
サイト紹介文いつかはボートで各地の港巡りしたいなぁ。 よろしくお願いしまぁ-す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/02/02 21:22

チュー さんのブログ記事

  • 総員配置!
  • 痛みを制御しながら調子にのって22ノットで帰港中(前日釧路港の遊漁船がロープに触れたという情報があったにもかかわらず、ですよ)、これだもの・・・作業中海水に触れ膨張した救命胴衣。突進してくる中型巻き網船に危険を知らせた信号紅炎。機雷除去に使用した道具たち(殉職した鋏は海底にあるため写っていない)。そして、初めて開放した、ハッチ(事故回避後の閉鎖した状態の図)。これだもの・・・機雷除去後の全速運転にて [続きを読む]
  • 連日出漁
  • 出漁前のひと時。アキアジの反応はなし。遠出して大き目のタラ、スケソ、サバ。浅場でヤナギノマイなど。移動中、ジ‐ッと、見つめられる私・・・沖は大型の巻き網船や出港帰港するサンマ船などの引き波が交じり合い、三角波が突然出現する海域で、写真を撮ろうと移動中に転倒し右膝と右側胸部と打撲する私・・・何とか無事帰港。本日一番のタラ。痛がる私にお魚を与えてくださる会員の皆様。本当に今日はいろいろと有難うございま [続きを読む]
  • ソソイのソイ
  • ある日、ほとんどの会員さんはオホーツクに鰤釣りに行ってしまいました。そこで、のり丸は長老とアキアジ調査で釧路沖に。ソイ好きの長老がソイを釣るの図。さらにドン。鯨も獲れたようですね。ソイ大好きな長老。スケソ、沖で処理。ニベリニアが多くて苦手ではある。スケソの卵。柳の舞は沖処理したりしなかったり。鯖は沖ですべて頭を落とし、ワタを抜き、ブラシでこすり、商品価値を高めます。職場のあの子にプレゼント。のり丸 [続きを読む]
  • のり丸的初物
  • 今日出ないでいつ出るの、というくらい久々のお天気。釧路沖海面表層には鰯、鯖、海豚、そして、鮫。本日乗船のお客様がすかさずジグで鮫釣り開始です。強い、引きを、ひとしきり楽しまれた後、放逐。お昼ごはんの準備中、のり丸にもようやくシャケがやってきました。50cm超えのソイも。柳の舞も程ほどに釣れ、帰港して分配タイム。今週なかには風が吹きそうで、増しもやい。闇が迫る前に帰宅し干した鯖を家内と半分こ。毎日職場 [続きを読む]
  • ここ壱、もといここ数日。
  • 日向の国で働いていたときはCoCo壱のカレーをほぼ毎日食べていた、私。ある日の調査釣行。シャケの仕掛けにかかるソウハチ。大きすぎて、西港に入港する旅客船。のり丸不調なし。サバとか。職場で頑張る可愛いあの子に。自家用でも。小さいだけに、脂もなく、さっぱり食べれます。のらちゃんの定位置。台風前の調査でも、サバ。もうすぐ雨だよと、海鳥が。港では会員様から船上昼食用食料の差し入れが。感謝です。のり丸不調なし。 [続きを読む]
  • 烽火をあげよ
  • こんなに風が無い日は滅多にない。ボクシング教室主催のバーベキューに出席している家内に負けないように、一人野外焼肉を開始する私。焚火も約1年ぶりでしょうか。焼酎が進むと、幻覚でしょうか?花火でしょうか?帰ってきた家内に肉を横取りされる、私。0時過ぎ、セコムの遠隔監視装置が作動、早く寝なさいってことでしょう。 [続きを読む]
  • 沖仲仕
  • 誰も沖に出ない日曜日、燃料補給など行います。港ではシャケが釣れているようで少しばかり偵察に。日曜日でも動いている荷役場もありますが、釧路の港は釣り人に対して寛大です。中央埠頭から西港の端まで、釣り人は500人はくだらない感じを受けました。看板は一応ありますが、ほぼ開放されている印象です。さすがに外国船の周囲は、ガードマンが警戒していましたが、日曜日の釧路港は、のどかな印象を受けました。 [続きを読む]
  • お腹減った
  • そうめんをゆでて、食べようかと考えている私です。台風の季節ですね。どこまで増えるのでしょうか。温暖化とは陰謀だとか言う人いますけど、それが短期的なのか長期的なのかはさておいて、寒いところの氷が融ける映像などを見る限り、今は温暖なんだなぁと単純に思ってしまう私。そんな私に、お向かいさんがキャンプ釣行で釣り上げたお魚さんを与えてくださいました。川魚です。名前を教えてもらいましたが、憶えられない、私。家 [続きを読む]
  • 正真正銘、釧路の沖のホッケです。
  • 海王丸に乗りそこねた、私です。沖で出会った小鳥。のり丸のお客様は、お魚の処理も玄人はだし。いまや釧路沖では貴重品と成った、ホッケを私めに分けてくださいます。防波堤を越え転進し釧路川に進入、帰港です。のり丸本日も、不調なしというかエンジンは絶好調。お客様に頂いたホッケですが、家内と長時間協議した結果。家内の親友に差し上げることに決定。一夜干しを行い、本日、先程、油のノリノリな、正真正銘釧路沖で捕獲した [続きを読む]
  • 台風が来る前に
  • 行ってまいりました、釧路沖。河口にはイカ船が・・・一応、イカの仕掛けも積みました。最初の獲物が・・・ノンコの準備万端なお客様タラでした。いまや貴重なソイ。小さなタラはリリース。お昼からはお天気も良くなり、貴重なソイも上がったところで、移動したり。帰港して、お魚を分配。いまや幻と言われているホッケポイントを発見したことが本日一番の収獲でした。のり丸本日も不調なし。お向かいさん用のタラ。 [続きを読む]
  • ぅ-ん・・・
  • わかたかに乗りそこねた私です。入道雲のない夏空下に出航したのり丸です。まんぼうの出現で夏を知ります。なんとかお客様に「釣りになった」と言っていただきました。 [続きを読む]
  • 燃料補給完了
  • 先日、補給艦ましゅうに乗った私です。インド洋からの帰還中、日本に近づくと、「金物みがき」の号令がかかったのだろうかと考えながらまもなく出航予定ののり丸に燃料補給。オイル交換後のエンジン音が心なしか気分よさげに聞こえました。 [続きを読む]
  • 「少しの乱れもなく、仕事してます」
  • ○○○の方々、○○○さん、ちゃんと仕事してます。出航できない天候でも、職場(岸壁にはほぼ毎日)出勤しています。海況が良い日は出漁しています。しかしながらカメラを忘れたりと少しの乱れはあるようで・・・・、ここ最近のお仕事内容を記載しておきます。保安庁は毎日訓練。お客様と出航。サバの塩焼きは美味しい。のり丸不調なし。のり丸不調なし。のり丸不調なし。エンジン稼動100時間となり、オイル交換行いました。ヤンマーさん [続きを読む]
  • 屈斜路カルデラ
  • 私など想像も出来ない遥かなる大昔、噴火を繰り返して出来たというカルデラ湖。阿寒湖とは異なり人人の身近にある湖。湖の裏手には林道があり、所々に存在する林道と湖面が近接する場所で釣りを楽しむ人々を見るが、私はこの裏林道では車外には出ない。大雨の後で、林道中間部崖の地盤が緩んでいるようであり、入林は浅はかであったかな、と少しだけ思った。 [続きを読む]
  • 三歳くらいの宗八鰈
  • 出船前夜の予約確認無線電話をすることをすっかり失念しており、予約を取り消されたお客様には大変、ご迷惑をお掛けしましたことを深く、お詫び申し上げます。カモメと共に出漁。お昼ごはんは、うどん。お客様にご注文頂いておりました、から揚げ用のソウハチを極少数仕入れに釧路沖に行ってまいりました。のり丸、幸いなことに、本日も不調は、なし。、「平成30年7月豪雨」・・・、大変だ。Windy [続きを読む]
  • Memento mori
  • 大雨で北海道 も 、大変だ。「弾薬を忘れるな」精神で舫いロープを増やしておいた。定期的な見回りを行うが、これで駄目なら諦めるしかないだろう。人間相手ならば弾薬尽きても銃剣で銃床で敵の喉を切り裂き顎を砕き戦い続けるであろうが、自然相手ではどうしようもない。幼少時、台風毎に河川敷に駐車してある車が流されるのを見て不思議に思っていたが、今ではそのような光景も自分の中で理解できる。Memento moriは本来Carpe d [続きを読む]
  • ハイホーム
  • 先日お天気よい日に甲板の掃除をしたんですけどね。なんだか通報されそうな気配を感じたので途中で止めました。ハイホームしか使わないから河川の汚染もないとは思うのですが、皆さんボートの掃除はどうされているのでしょうかねぇ。 [続きを読む]
  • Delicious
  • 自分たちでも食べてみなさいとのお客様の勧めに従い、船上でお客様に捌きかたを習い(以前にも習いましたがすぐに忘れる私)、さばいた中くらいのマダラ。一口サイズにして、家内の友人が明日食事に来るというのでそれ用と、かるく塩を振ったカマも冷蔵。カマ美味しい。羅臼昆布で出汁をとり、タラチリ鍋。お味噌汁にも(アクが全くでない!)、自家製味噌でチャレンジ。ご近所様に頂いた、牡蠣も美味しい。マダラがこんなに美味し [続きを読む]
  • Pacific cod Day
  • ご予約頂き、小雨、霧、肌寒い海へレッツラ・ゴー。海鳥も釣るベテラン。その足元では・・・マダラだらけの巻。美味しいスケソは、船上で処理処理。港に帰って甲板上のマダラ、スケソ、柳の舞、サバを降ろした後に、生簀内に詰め込んだマダラを甲板に出し、これまた大きさ順に分配開始。のり丸よ頑張った。本日も不調なし。Windy [続きを読む]
  • 「湯治は酸性泉から」
  • 霧の無い摩周湖と、屈斜路湖の間に位置する川湯温泉。硫黄も混じった強酸性泉。川湯で古い角質を落とし、弟子屈の弱食塩泉で皮膚を休め、鶴居のモール泉で体に絹を纏えば10歳は若返るでしょう。註釈:湯治期間は少なくとも一ヶ月以上みて下さい。 [続きを読む]
  • ご予約有難うございます。
  • 今週末はお天気優れないようで、平日のご予約誠に有難うございます。ソウハチにサバ。サバに、ソウハチ。サバに、ソウハチ。肝喰う、ゴメ。お昼休憩。ポイント、チェック。もう、後は、干すだけ。巡視船の後ろについて帰港します。舫い増ししたのり丸は、本日も不調なし。お客様にご注文頂いたソウハチ一夜干しを、夜勤中に完成させます。 [続きを読む]
  • のり丸危機一髪!
  • のり丸、とある海域を航行中、ロープが絡まった流木を発見。回避運動間に合わずロープを超えるも、きっと軸受け形状に助けられたのでしょう、ロープは絡まりませんでした。その後も浮きロープを散見。流木とロープの回収は浅瀬であり困難を極め、このまま浜に打ち上げられることを期待して泣く泣く放置せざるを得ず。とにもかくにも、見張りの重要さを痛感しました。写真と本文は関係ありません [続きを読む]