サイヤ人 さん プロフィール

  •  
サイヤ人さん: 草食少食系健康シンプルライフ
ハンドル名サイヤ人 さん
ブログタイトル草食少食系健康シンプルライフ
ブログURLhttp://luckyfreeman.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文自然農法(無農薬・無肥料・不耕起草生・混植・固定種・自家採種)と、生菜食・少食などの健康話題です。
自由文2009年始めに生菜食中心の少食へ食生活を変えたことによって超超超健康になり、それとともに色々な物事の本質が分かったような気になり(笑)、また志向が大きく変わって2012年8月より脱サラ&田舎暮らしをスタートしました。
自然の力を最大限に引き出せる自然農法(無農薬、無肥料、不耕起草生、混植、無整枝、自家採種)を意図しつつ、露地での野菜栽培を試みています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/04 14:22

サイヤ人 さんのブログ記事

  • 自然農法(丹波黒大豆枝豆、モノは最高最強!)
  • 当地特産の黒豆、マメ科だし風土に馴染んでいるので、本来は他の作物よりずっと育ちやすいわけですが、疲弊消耗した土ということに加えて、作物自体の生存能力が問われる自然農法をやっているので、これまで、なかなか生き残らなかったり、生き残っても、結実時に力尽きる等が多々見られましたが、今年は、なかなか生き残らないのはこれまで同様(2,3割程度まで)ですが、生き残った分のモノ(質)は、とても良くなってきました。 [続きを読む]
  • 自然農法(インゲン花豆キュウリ良くなってきた)
  • インゲン、花豆、キュウリについて触れるのは随分と久しぶりですが、なぜ触れなかったかと言うと、単にあまりパッとしなかったからです。で、今年も例年通りあまりパッとしなかったので、地力養生を名目に、草ボーボー放任でほったらかしていたのですが、自家採種しようと、ちょっと覗いてみると、思いのほか頑張っていて、ちょっと嬉しくなったって感じですね。とは言っても、生き残りは精々数割ってところで、販売云々当然論外な [続きを読む]
  • 自然農法(トマトまとめ2018)
  • 霜が降りる11月半ばぐらいまでは、まだまだ元気に育ち続けますが、今年の大勢はほぼ決したので、とりあえず状況をまとめておこうと思います。1.生き残りは定植数の一割ほどだが、ほぼイメージ通りに繁茂するところも見られた。2.結実はまだまだ全然少ないし遅い。また、草姿もごく小さいのもある。要はまだ全然地力が足りない。3.連作障害的な生育低下が軽減してきている様子もある。要は地力は着実に改善しつつある。昨年よく育っ [続きを読む]
  • 自然農法(トマト生育尻上がり的)
  • 今年の夏は、乾燥、酷暑、大雨、台風と、何だかんだと次から次に続き、結構きつい天候だなと思っていたら、今やもう急激に涼しく秋めいてきて何かにつけて極端になってきていると実感するこの頃ですが、そんな中、うちのトマトくん達は、畑の雑草全般と同じように勢いを増し、何気に急速に調子が上がってきました!!!と言ってもまあ、今いい感じに生き残っているのは、精々100株程度までで、定植した1000株以上のほとんどは早々に枯 [続きを読む]
  • 自然農法(トマトぼちぼち)
  • 結構強烈だった暑さも随分と和らぎ、雨も必要に応じた量がそれなりに降るようになってちょっとホッとした感がありますが、前回それなりに生き残っていたトマト達は一体どうなったのか?というと、今や大多数が枯れてしまい、生存数や良好数をわざわざ数え考える程もなくなって(悲)結局は、昨年並みだけど部分的にはちょっと良いかな?そう思う思おう思いたい〜!(笑)という程度になりました。まあ、雑草なら相当繁茂できるのに、 [続きを読む]
  • ヘビを食べてみた
  • 原点回帰のためには、ヘビもカエルもバッタもいつかは食べてみなければ!と思ってはいたものの、これといった機会も、その気もあまりなくて試さないままになっていたのですが、幸か不幸か先日車でヘビを轢いてしまい、申し訳ないし折角なので食べてみることにしました。まずヘビはこれ。ヤマカガシの子どもかな?で、首を落とし皮を剥ぐと。ネット等にあるようにごく簡単。ちなみに、排泄系のところ?が、一瞬結構臭かったので、思 [続きを読む]
  • 自然農法(トマト昨年より良好)
  • 例年なら今時期は、夏至が近い梅雨入り前なので、強光、高温、乾燥のキツ〜イKが三拍子揃っていて、トマトくん達は息も絶え絶えで、大きいのも小さいのも枯れてしまうのが相当多かったのですが、今年は結構生き残っているし、大きくなっているものは枯れる気配もほぼなくなかなかいい感じです。主力位置付けトマトの各畑の状況はこんな感じ。    トマト品種       生存数   良好数庭畑  ブラックチェリー   20 [続きを読む]
  • 自然農法(トマトの自家小苗定植)
  • どうしても何としても何とかなって欲しいトマト、今年もポット播種から芽出ししての定植が一通り終わり、一部はもう既に早々とご臨終を迎えてしまい、良くない土で全くすまない限りですが、大半はそれなりに無事なようで、勢いがいいのも見られ始めました。うちの植え付けの概略は、まず畑に関しては、・無肥料栽培、不耕起栽培、草生栽培で、約6,7年 (開始当初数年は、作畝(耕起)、糠や木材チップの投入、相応の草刈あり) (こ [続きを読む]
  • 世の貧困問題等の効果絶大解決策!
  • まず、世界、国内等をざっと見渡して、今現在の世の中で提示されている貧困の原因とその解決策と言えばどんな感じ、論調でしょうか?たとえば、石油資源等もないビンボーな途上国に対しては、「外貨を稼げないからビンボーなんだ。だから、・企業誘致で投資促進、技術向上を図れ。・技術向上のベースとなる教育水準を向上せよ。・外貨獲得につながる商業的農産物を量産せよ。 そのために今風の農業技術(F1,GM,化成肥薬等)を [続きを読む]
  • 自然農法(トマト支柱類の改良)
  • 不耕起栽培なので、トマトの支柱は立てっぱなしで、具体的には、垂直と斜めを交互に50?ピッチで立てていて、それらをビニールハウス用のバンドで行燈枠的につなぎ囲み、トマトが脇芽をどう出そうが全て吊り下げ固定するという風にしているのですが、問題点が二つありました。一つは、弱い支柱を使っていてそもそも荷重に弱いということもう一つは、バンドの張り方がイマイチで、吊り下げ作業に相当時間がかかるし、荷重も一部に集 [続きを読む]
  • 自然農法(黒豆思ったより良さそう)
  • 当初1500株以上蒔いて、300株程度がまあ育ったものの、黒枝豆の段階ではイマイチ出来が良くなく、大事をとってほぼ全量を採種用に確保していたのですが、調整選別が一応終わりました。3水準に分けていますが、分け方は、まず、まあ普通以上のもの、それから、確実にダメなもの、で、それ以外です。結局、普通未満だったのは2割ぐらいですが、中には、ただ単に、薄っぺらいだけ、小粒なだけ、虫食いや成熟不良部分が若干あるやや皺 [続きを読む]
  • 謹賀新年2018(精神が重要)
  • 生きていく上で大事なことは何でしょうか。世の教えとは相当ずれますが、個人的には、まず宇宙の摂理として意識が具現化する。意識(高次元)のエネルギーが物質として形になる。自分の意識が自分の行動になり自分の環境に具現化する(因果応報)。というのが真実なので生きていく上で大事なことは、好みや個性(好き良い正しいと思うこと極めたいこと)をなるべく利他的に(自分を含めて広く世の中にとってメリットがあるように)、清めつ [続きを読む]
  • お暇ならどうぞ。。
  • ブログを長らく書いていなくて、いい加減そろそろ何か書かなきゃとしばらく前からずっと思っていた(笑)のですが、そもそも書きたいと思い浮かぶことは、テーマが大きすぎたり重すぎたりして論理やニュアンスを整えるのがすごく大変でとてもとても億劫になってしまうし、じゃあ、程々のことをとりあえず書いておこうかと思ったりもするのですが、それはそれで、書くほどでもないな。。と判断したりで結局書かずじまいになってました [続きを読む]
  • 自然農法(丹波黒大豆枝豆相当イマイチ)
  • トマトと混植しつつ主力としたい当地特産の丹波黒大豆、トマト同様1500株分ぐらいは播種しているのですが、状況はまだまだ相当イマイチ。。。まあ、土がまだ全然不十分なので、あまり生き残らないのは今に始まったことではないし仕方ないことなのですが、昨年に比べると、イマイチな豆があまりに多そう。。。とにかく諸々、全般的にはこんな状況です。・生き残っている株は250株ほど。そのうち生育が良いものは100株ほど。・生育が [続きを読む]
  • 自然農法(トマトとにかく割れる。。)
  • トマト、結構いい感じに育ちつつ実もついているのですが、中盤ぐらいからとにかく割れまくりで、葉も病気味のものが多くなってきました。この原因は何でしょうね?「ほれ見ろ言わんこっちゃない、雨除けせんからじゃ〜」みたいな声が聞こえてきそうですが、そんなのに原因を求めるのは浅はかすぎるので論外とすると、結局はまあ、地力がまだまだダメということになりますね。具体的には、そもそも地力が主な原因で育たなかったり、 [続きを読む]
  • 我が家の金魚水槽から思索諸々
  • 以前は熱帯魚やサンゴ礁の魚なども飼っていたのですが、今は結局、楽(簡単)で、低コストで、中々かわいいよね、ということで、金魚を飼っています。ただ、いくら楽だと言っても、基本は他のデリケートな魚と同じなので、飼育の肝は、自ずと健全に育つように生育環境を整える、要は水槽システム全体のバランスを整えるということですね。例えばうちの状況は、まず、ろ過装置は、自作の3段構成のもので、一段目(ウール)は粗ゴミ取り [続きを読む]
  • 自然農法(トマトの生存状況など)
  • 暑さも和らぎ、雑草も勢いを取り戻しつつあり畑一面の活き活きした緑がとても心地よく感じられる今日この頃ですが、100円ショップでこのようなカウンターが売られていたので、一体どれほどのトマトがどう生き残っているのか数えてみることにしました。生存株数は、良否で分け、良否判定の基準は、現在結実中〜今秋末までには結実しそう かどうかとしました。またトマトの種類は、テスト分は除いて、主力位置づけのブラックチェリ [続きを読む]
  • 自然農法(トマト結構良好)
  • 当初1000株以上はあったトマト、強光高温等で2/3ほどは既に枯れてしまい、地力がまだまだなのは明白ですが、それでも着実に良くなりつつある感触があります。(いやマジでほんとに。。笑)というのも、草の茂り具合は毎年良くなって地力の改善を明確に示しているし、トマト自体も、枯れてしまうものがまだまだ多いとは言え、全般的に生育のエンジンのかかりが随分と早くなり、現時点で100株ぐらいは、それなり以上の生育を示し、秋 [続きを読む]
  • 富士山登頂再び
  • 昨年なんとか登頂した富士山(ここに書きました)ですが、子どもがまた行きたいと言うので今年も行ってきました。昨年は、夜間に登って頂上でのご来光を目指すプランだったのですが、諸々大変で、途中、山小屋に泊まることになったり、子どもが高山病になって、救護所でもらった薬を使うことになったので、今年は、頂上でのご来光は目指さず、朝からゆっくり登り始め、夕方までには登頂し、それからボチボチ下山して、少なくとも夜中 [続きを読む]
  • 自然農法(トマト生育良否色々)
  • 定植当初1000株以上はあったトマト、少し前まで少雨&強日照&高温が続き、大半が青息吐息で、多少は枯れてしまったのですが、ここ最近のまとまった雨のおかげで、雑草が元気になるのと同じように、トマトも元気になってきました。現時点で特に生育良さそうで花を付けてるのは、まあ50株ぐらいですかね。一方、全然育ってなかったり、今にも枯れそうなものや既に枯れたものも、それなりにあります(悲)。。まあ、お盆ぐらいまでに花 [続きを読む]
  • 我が家の果樹たち
  • 一昨年に果樹を色々と植えた(ここに書きました)のですが、それらも含めて諸々段々と賑やかになってきて一部は収穫もできるようになってきました。まずは、シンボルツリーに育ってほしいジューンベリー(バレリーナ、ラマルキー)。まだまだ全然育ってないですが、それなりに元気そうです。これからに期待ですね。次はラズベリー(インディアンサマー)。一応実はできてるけど、生きてるだけで手一杯って感じです。相当強いらしいので、 [続きを読む]
  • 自然農法(トマト結構生存中)
  • 5月前半に定植しまくったトマト、晴天が続いたり、モグラにやられたりで結構苦しい状況もありましたが、今では何となく順調?に落ち着きつつあります。結局、播種&育苗の問題で苗が不足して1500株分の定植はできなかったのですが、定植した分については、地力差などによる生育の良否はありつつも草による遮光や保湿や地温抑制の御利益があってまだほとんど枯れていなくて、1000株以上はありそうなので、夏以降のトマト採れ放題! [続きを読む]
  • 自然農法(トマト育苗&定植)
  • 主力位置付けの世界一トマト&ブラックチェリートマト約1500株の育苗&定植ですが、紆余曲折ありつつも経過的には何となく順調?に半数ぐらいの定植が済み、まあ何とかなってるのかな〜と思う今日この頃ですが、とりあえず今回色々あった問題などをまとめておこうと思います。まず、播種&育苗のやり方は、ハウスは使わず露地で行い、育苗土は、畑土、もみ殻、草屑、糠を昨秋に混ぜ合わせておいて(ここに書きました)、相応に菌が回 [続きを読む]
  • 情報の解釈のコツ
  • 私達は毎日毎日様々な情報(ニュースや物事)に触れますが、全般的にどう対応するのが良いのでしょうか?性善説に立つなら、これまでの教育や常識等含め、全て正しく、受け手にとって利点しかないものとして一般的な解釈や論調に沿って対処すればいいということになりますが、製薬会社が金を払って記事を書かせていたとか、発信者が時間やスペースを埋める必要があってただのネタとしての記事を整えたり買い集めたりとか、また、ため [続きを読む]
  • マダニに恐々って何て愚かな
  • 先日の新聞記事に温かくなってきたのでマダニに警戒すべしというのがありました。内容は、かまれたらウイルス感染症になり、有効な薬剤やワクチンがなくて最悪死に至るので、しっかり対処すべしということで、その対処内容は、・肌の露出を減らせ(手袋と服の隙間をテープで塞ぐ等、笑)・かまれたらダニの口が皮膚に残らないよう 無理に抜こうとせず病院で処置すべし。 放置したら重篤化や死に至るケースもあるで。ということでし [続きを読む]