Kazu Tabu さん プロフィール

  •  
Kazu Tabuさん: kazutablog
ハンドル名Kazu Tabu さん
ブログタイトルkazutablog
ブログURLhttp://kazutabu.blogspot.com
サイト紹介文アメリカでイラストレーターとして活動してましたが、思い立って2013年帰国しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/04 16:11

Kazu Tabu さんのブログ記事

  • ナガツキ
  • 涼しさのすぐあとに寒さが来て、また暑さが舞い戻ったと思ったら今度は台風がやって来て、なかなか忙しい気候だけれど、季節の変わり目の心が妙にソワソワする感じは嫌いじゃない。肌が変化を嗅ぎとる度に心がふわっと躍る。子供の病気の事がひと段落して、今月は少し日常が手元に戻ってきた。もしくは、日常を取り戻そうと少し躍起になっていたかもしれない。人に会ったり、イベントに出かけたり。病院に入り浸っていた時の反動も [続きを読む]
  • オワリ
  • まだまだ暑い日が続くけれど、夕方などに少し夏の終わりを感じるようになった。そんな夏の暑い午後に無事退院しました。約1ヶ月の入院を経て、随分元気になりました。酸素のサポートはとれて、なんとも身軽になり、血色も驚くほどよくなった。(指先がピンク!)最後の方に少し風邪を引いて入院が長引いてしまったけど、ある意味風邪を引いても耐えられるんだなぁと、しみじみ実感できるほどよくなった。数々の内服薬でサポートは [続きを読む]
  • ジュツゴ
  • 暑い日が続いてたけど、少しだけ涼しくなりましたね。ものすごい暑い時間をくぐり抜けたあと、微妙な温度差なのに感じる涼しさが好きです。とはいえ、この夏は涼しいところにばかりいるので、暑い夏というのをいまいち体感できていない気がする。テレビでは賑やかに騒ぎ立てているようだけれど。7月18日に無事手術を終えました。なんとか二心室修復ができ、今はゆっくりと術後のリカバリーを進めています。穴を塞いで終わりという [続きを読む]
  • ツユアケ
  • 夏が来た。つくるくんの手術の予定は1ヶ月先延ばしになり、なんだか宙ぶらりんな気持ちのままあっという間に梅雨がおわり、夏が来た。特にこれと言って変わったこともなく。体調を壊さないように手術を待ち、ご飯を食べ、仕事の流れを乱さないように一生懸命働き、ご飯を食べ、少しずつだけれどプロジェクトを進め、ご飯を食べ、働かなきゃと思いながら自堕落な時間を過ごし、ご飯を食べ、週に一回クライミングに行き、ご飯を食べ [続きを読む]
  • サツキ
  • 五月。エアコンのいらない気持ちの良い季節。みどりの日につくるくんは1歳になり、最近6月の手術の予定も決まった。難しい手術になる。去年の11月に退院してから、毎月のように近いうちに行われると言われ続けていた手術の予定日がようやく立った。心臓を開いてみないとわからないけれど、二心室修復できる可能性が7割と言われている。半年前は3割だった。7割。高い確率のようで人の人生に関わることだと思うと、とても微妙 [続きを読む]
  • 39
  • 新緑が綺麗な季節になりましたね。先日39歳になりました。38歳は今までの人生で一番辛く、一番幸せな年だった。39歳はもう少しだけ熱いところと冷たいところが混ざってくれるといいかなぁ。久しぶりの検査入院も、滞りなく終わり無事に帰ってきた。余計な心配をさせぬよう、いろいろチューブがつながった姿はあまり公表しないようにしていたけれど、ひっそりと載せてみた。絵に描いてみると、やはり少し仰々しく見える。しか [続きを読む]
  • 引越しとか、結婚記念とか
  • 引越しをしました。子供の病院を変えることになって、どうせなのでその近くに。今までと比べれば辺鄙なところですが、なかなかにいいところです。自然もあるし、良い散歩道も神社もあるし、近所の公園にリスもいるし。これで子供の入院のことなどに必要以上にびくびくすることなく、穏やかに暮らせたらなと思います。前よりも海に近づいたので、先日結婚記念日に海まで家族3人ドライブに行ってきました。ごみごみした日本の夏の海 [続きを読む]
  • 美術部第25回:テクスチャ
  • マルカフェ美術部、今回はtexture(質感)についてのミニ講座をやりました。数ヶ月前に、干支(戌)を描くという会があって、それに合わせて動物を描くにあたって大切な質感についてやりたいと思い立ったのが始まり。といっても、これまでにやった講座に比べて特にシステマティックな知識や技能を知っているわけではないし、技術的に言えば、Structure、Value、Lineの組み合わせで質感は表現する事ができるわけで。それよりも、もう少 [続きを読む]
  • イヌ
  • あけましておめでとうございます。相変わらず、いつも何かを追いかけています。ぴたっと30分ぐらい時間の止まった世界がやってきたりしないでしょうか。きっと貧乏性の自分は、その貴重な時間をどう有意義に過ごすかを考えるのに精一杯で、結局何もしないで、ぐるぐる思考の中を彷徨ってしまいそうです。それはそれでとても有意義な気もします。今年もどうぞよろしく。 [続きを読む]
  • Figure Drawing #65
  • また下丸子のクローキーに行って描いてきました。大きめのクロッキー帳が切れていたのに新調するのをすっかり忘れていたので、A5サイズのいつものスケッチブックに鉛筆で描いたり、ペンで描いたりした。アメリカ人(おそらく白人)とのハーフの方で、顔つきはもちろん、身体つきも少し違い、アメリカでクロッキーに行っていた時を少し思い出した。西洋で絵描きの基礎を学んだからなのか、アジア人よりも気持ち描きやすく感じる。目 [続きを読む]
  • ソノゴ
  • つくる君のその後をアップデートしよう。(長いよ)前回書いたのが8月3日で、それから11日後、我が家につくる君が来て3週間たった頃。外来で経過を診てもらう予約が入っており、酸素ボンベを背中に、つくる君を前に抱っこして、電車で横浜の病院まで3人で出かけて行った。外来で診てもらうと、血液中の酸素濃度がかなり下がっているとのことで、急遽そのまま入院する事になる。原因ははっきりとはわからないが、とにかく心臓 [続きを読む]
  • Figure Drawing #64
  • 先日約5ヶ月ぶりにクロッキーを描きに行ってきた。久し振りだったので、線の取り方は雑だったけれど、久し振りのわりに、落ち着いた気持ちで形を見て、描くことができたように思う。 [続きを読む]
  • 美術部第20回: 色と自画像
  • もう前々回の話になるが、マルカフェ美術部で、色を使って自画像を描こうということで、色について簡単にレクチャーさせてもらった。こうすればよかった、あれを言い忘れたなんてものが、レクチャーが終わった後には毎度たくさん出てくるのだけれど、今回も例に漏れず、あーでもない、こうでもないと、騒がしい頭を抱えてしばらく過ごす事になった。その中でも、気になっていることのひとつに、色の相対性というものがある。色を使 [続きを読む]
  • ツクル
  • 我が家に新しい家族が出来たというニュースは、そろそろ風の便りで届いた頃だろうか。2017年5月4日,ちょうど1年前に亡くなった彼の曾おばあちゃんの誕生日の前夜に(役所の関係で記録上の誕生日は別の日になっているけれど)2857gで生まれてきた。名前は 造(つくる)。芸術に関わらず何かをつくる喜びや楽しさに触れて欲しいという願いから付けられた。まだ生後3ヶ月、まだまだ何もわからない。無邪気に日々成長し [続きを読む]
  • 美術部第18回
  • 第18回目のマルカフェ美術部は再び食べ物をテーマに。今回は調理前と調理後、食事中と段階的に描きました。近頃はなかなか私生活に余裕がなく、変な闇の力を出してしまわないかと心配したけれど、描き始めてみたら不思議と心が澄んでいく感じがあって、あぁ楽しいなぁと、しみじみ噛みしめるように、シンプルに描くことを楽しめた。こんなことを改めて言うのも変かもしれないけれど、文字通り雨の日も風の日も、長い間絵を描いてき [続きを読む]
  • Figure Drawing #63
  • 四谷クロッキー会。へとへとだったけれど、こんな時こそこれまで培ってきたDiscipline(規律?)が、規則正しい生活が、現実的な行動が、自分を支えてくれるはずだと思って頑張って行ってきた。ふと気がつくと、心はふわっと何処かへ行ってしまう。さらにくたくたになったけれど、お酒の匂いの漂う帰りの電車を降りる頃には、少し清々しい気持ちになってた。 [続きを読む]
  • 美術部15回:線
  • 先月のMalucafe 美術部では「線」についてやりました。単純に線といっても色々ある。わかりやすい輪郭線、シワなどのディテールの線もあれば、陰影の境目の線もあるし、線の集合で影を表現することもできる。上の1枚目の絵もある意味では線だけで描かれている。まずは、目で見たものを手の動きに変換して線が引かれていく感覚を身体で感じてもらうため、Blind Contour というエクササイズをしてもらった(2枚目の絵)。二人一組に [続きを読む]
  • Figure Drawing #62
  • 4ヶ月ぶりのクロッキー。今まで行っていた会が開催しなくなったりで、新しいところに。ずっと行きたくて、でもタイミングが合わずだったのだけど、先日やっと行けた。四谷3丁目にあるひっそりとしたバーで、わりとリッラクスした雰囲気の中、でもしっかりと描くことができた。動き続けるムービングポーズは、描きたいのにどんどん変わっていってしまうことについていけず、なかなか形あるものに落とし込めなかったのだけれど、今 [続きを読む]
  • じゃず
  • 最近はスケッチはもっぱらInstagramで、告知はfacebook。このブログは文章を書きたい時用に特化させようと思っているのだけど、文章を書くのはなにぶん時間がかかるので、アップする頻度がぐんとおちてしまった。それでも月に一度くらいはちょこちょこっと何かしら書きたいと思っているのだけれども、もうそろそろ前回のPostから1ヶ月。あいかわらず日頃から頭の中はいろいろなことでいっぱいなのだけどね。いざ文章で書こうと思 [続きを読む]
  • オモイ
  • 気がつけば2月はあっという間に終わり、3月も後半戦。仕事が忙しくなったり、風邪をひいたり、あんなことやこんなこともあって(詳細割愛)、とにかくいろんなことにバタバタしていたら、時間ばかりが過ぎて、少し前に思ったり感じたりしたあれやこれやがもう全然思い出せない。時間に追われていると、余計なことを考えないのである意味楽な部分もあったりするのだけれど、ちゃんとものごとを感じられる余裕がないと、自分の生き [続きを読む]
  • 美術部第13回: 墨絵とコンストラクション
  • 今回は墨絵の回でした。書道を習っている部長のナカノさんの指導のもと、今回もとても楽しく自由に絵を描かせて頂きました。墨は水彩ともアクリルともまた違った滲み方、乾き方をするようで、その奥深さと難しさに程よく翻弄されたました。墨は一度塗られてしまった箇所は、消すことも重ねることも難しいので、もっと空白を意識した制作が必要だったなと思いました。新しいメディアは脳が開く感じがして気持ちがいい。呆然と手が止 [続きを読む]
  • キセイ
  • 只今実家に帰省中。実家って暇だ。日常の枠組みから外れて、突然やってくる豊潤な時間。そして、ちょっと近所を歩き回ると、過去の記憶を呼び覚ますスイッチがあちらこちらにあって、あぁ、あの時は本当に自分の事で精一杯だったのだな、と甘酸っぱい記憶に浸り、なんだかんだで自分も大人になったなぁと思う反面、また50歳くらいになった時には、今の自分がどれほど小さい人間かを思い知るのだろうかと、思わずあたりを見渡して [続きを読む]
  • ジカン
  • 少し前に書いた好きになるということは選べないとか、意志の力とか愛とかの話の続きを少し。キーワードは時間。ちょっと大掛かりな話になってしまうけれど、時間とは神様がすべての生きとし生けるものに平等に与えてくれる愛、もしくは神様とは時間そのものなんじゃないかと思ったことが少し前にあって、今でもよくそう思う。わりと多くの物事を時間は解決してくれる。悲しい出来事も辛い気持ちも、もちろん嬉しいことも楽しいこと [続きを読む]
  • トリドシ
  • あけましておめでとうございます。2017年は今までに少しずつ植えてきた変化の種が、大きなうねりを持って全てを巻き込みながら飛び出してきそうな予感です。楽しみでもあるし、怖くもある。しかし、日本に帰ってきて丸3年経ち、同じところをぐるぐるしながらも、生活のリズムというか、枠組みというか、多少の変化や揺れに対応出来る土台のようなものが、少しはできたんじゃないかと。これから、どんなに忙しくなっても、心を [続きを読む]
  • サルトシ
  • 2016年もあとわずか。いろいろ書きたいことがいっぱいあったのだけれど、時間がなくなってきたし、最後くらい少しゆっくりしようと思うので、また次の機会に。2017年も引き続き宜しくお願い致します。 [続きを読む]