田の神様のつぶやき さん プロフィール

  •  
田の神様のつぶやきさん: ブログで哲学喫茶を開店する
ハンドル名田の神様のつぶやき さん
ブログタイトルブログで哲学喫茶を開店する
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ddwtk49903
サイト紹介文歳とともに憂国の思いが深まり、日本の将来を政治経済の在り方から見つめていきたい。
自由文私はブログを哲学喫茶にし、ここでの議論が種火となって広がることを期待しています。我が家の玄関にある田の神様のつぶやきを通して語りかけますのでよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/02/04 16:38

田の神様のつぶやき さんのブログ記事

  • 私にとって?ブログとは精神生活になくてはならないもの”
  •  今年もあとわずか、ブログ村から「あなたにとってブログとは?」の問いへの答えで今年を閉めましょう。 ブログはソーシャルメディアの中で考える場となっています。 マスメディアは考えるより、教えられる場でした。ところが、マスメディアは社是があり、市民を一方向に誘導する面があります。誘導するのも、政治社会に対してチェック、批判はしても“それではどうすべきなのか”のない論調も多くなっています。社説もろくに書 [続きを読む]
  • 診療報酬と介護報酬の改定はなぜ同時にしないのか
  •  26日の日経新聞、財務省と厚労省は診療報酬と介護報酬の改定の検討に入ったと報じている。 解説欄で、診療報酬は2年に1度、介護報酬は3年に1度、それぞれ改定することになっており、6年に1度は改定年が重なると説明、今年はその年らしい。 そして、両省は6年ぶりの同時改定にあわせ、医療と介護の在り方を一体的に見直す、とある。ならば、他の改定年は一体的に見直すことをしていない、しなくて良いのか。 これからの最大の [続きを読む]
  • 希望の党の最大の功績は平和主義を空想から現実に戻すことにありそうだ
  •  自公は民進党が希望の党に合流すれば看板の据替と宣伝している。しかし、希望の党の代表、小池さんは“空想的平和主義者はご遠慮ください”と言っている。空想的平和主義者とは、憲法9条はいらってはならないと言っている人たち、護憲派集団をさす。空想的平和主義者は、政治家では共産党、社民党、そして民進党内の旧社会党系に多くいる。メディアでは、朝日新聞、毎日新聞、共同通信(東京新聞等)にも多い。日本国憲法を純粋 [続きを読む]
  • 東大の若手・中堅の憲法学者 憲法議論、論評はするが加わらずか
  •  4月29日、NHKが憲法改正に対する世論調査で、憲法9条を問うた結果を評して、東大の憲法学者石川健治教授が次のように述べている。国民の憲法9条を「改選する必要はない」という回答が「必要がある」を上回った。9条の平和ブランドを掲げることの意味に関心を持つ人が増えたことは自然だ。施行70年を迎えて憲法が定着したと感じる。  54歳の石川健治氏が「70年を迎える憲法が定着した」と評するのは変な感じ。国 [続きを読む]
  • “憲法で読み解く戦後”が 終戦の日の日経新聞池上彰の教養講座
  •  いま日本の憲法学者は、憲法9条の蟻地獄に落ち、もがけばもがくほど沈んでいく感じです。池上彰さんは、憲法学者でないため蟻地獄の外から眺め、憲法成立過程から憲法9条を解釈しようとしています。戦争の放棄第9条について、憲法原文と英語版と英語版の意訳を載せ、英語版から浮かぶ解釈を試みています。以下要約します。 『第9条1項は、国際紛争を解決するための手段として(の)、国権の発動たる戦争を放棄すると解釈さ [続きを読む]