虫とり小僧 さん プロフィール

  •  
虫とり小僧さん: いつか子供に伝えたいお金の話
ハンドル名虫とり小僧 さん
ブログタイトルいつか子供に伝えたいお金の話
ブログURLhttps://mushitori.blog.fc2.com/
サイト紹介文手間とコストをかけずに実践しているインデックス投資やら家計やら保険やらクレジットカードやらのブログ。
自由文自分の全資産(少ないですが)を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/02/06 10:38

虫とり小僧 さんのブログ記事

  • 『株&投資信託大全』に掲載されました
  • ここのところ、晋遊舎のムック本への掲載ばかりですが、今回も例に洩れず、です。11月19日に発売した『100%ムックシリーズ 株&投資信託大全』。私の出てくる部分はいつぞやの掲載内容とほぼ同じなのですが、メディア等への掲載は備忘録としてブログに残しているので、一応記事にしました。株式投資・投資信託・NISA・株主優待・投資分析の五つが特集の軸で、私は「投資信託」のところで何回かコメントしています。《参考記事 [続きを読む]
  • 金融庁の幹部が寄稿してくれたよ、このブログにね
  • 金融庁の幹部名簿に名を連ねている幼馴染が、国民の安定的な資産形成に向けて取り組んでいることなどについて、このブログに寄稿してくれました。先日サシで一杯やったときに、半ば冗談で「今度さ、俺のブログになんか書いてよ」と言ってみたら、なんとあっさりOK。※参考:彼と偶然再会した経緯を書いた記事↓身バレ?…ブロガー活動で偶然リアル知人と出会った話寄稿文には、金融庁の「国民の安定的な資産形成」に向けての取り組 [続きを読む]
  • 一般NISAのロールオーバーをどうするか悩んでいる元同僚から相談を受けた話
  • 一般NISAがスタートした2014年からそれを利用していた元同僚が、いよいよ最初の年の投資枠の非課税期間終了を目前に控え、ロールオーバーすべきか否かとLINEで私に相談してきました。彼は10年間近く国際分散積み立て投資を続けており、今後も継続するつもりだとのこと。・・で、LINEでやりとりするんじゃメンドくさいから、久しぶりに会って一杯やりながら話そう、ということになり、お互い仕事帰りに刺身の美味い居酒屋に寄りまし [続きを読む]
  • どうしても元本割れ(含み損)が気になってしまう人へ【FISCOへの寄稿】
  • FISCOソーシャルレポーターとして、第34回目の記事を寄稿しました。フィスコへ投稿する記事は、「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれませんが、個人的に強調したいポイントやエピソードを取り上げて、なるべく簡単にまとめるよう心がけています。【参考→フィスコとは…(FISCOソーシャルレポーターとやらになってみるよ)】今回は、マーケットが不安定になるたびに [続きを読む]
  • 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました
  • このブログを読んでくださるような方であれば既にご存知かもしれませんが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」というイベントがあります。このアワードは2007年が第1回で、今回で12回目。私が投資を始めたのは2005年なので、初回からかなり注目していました(ボランティアの運営委員の方々には頭が下がります)。一昨年は金融庁長官から激励メッセージが寄せられるなど、もはや金融機関やメディアも無視できないアワー [続きを読む]
  • 『MONOQLO the MONEY 2018年12月号』に掲載されました
  • 『MONOQLO the MONEY(モノクロ ザ・マネー)』2018年 12 月号(10月20日発売)に、私の投資スタンスやコメントが載っています。晋遊舎のこの雑誌は、マネー本なのに金融機関の広告を入れないところに特徴がありますな。今回のメイン特集は「日本株&投信 儲けワザBEST100」で、日本の個別株情報が中心です。他に「保険辛口ランキング2019」と「ふるさと納税 マル得ベストバイ」という特集も組まれていました。 [続きを読む]
  • 身バレ?…ブロガー活動で偶然リアル知人と出会った話
  • このブログの存在は、私のリアル知人(実生活での顔見知り)はほとんど知りません。まあ、完璧に隠しているというほどのものでもないので、「ブロガー・虫とり小僧」の存在を知っている友人も多少はいますが、基本的には言わないようにしています。お金の話って、リアルではなかなかしづらいですし、たとえプライベートであっても「仕事以外のなにか」に力を注いでいることがバレると、それをネタに「揚げ足」を探そうとしてくるよ [続きを読む]
  • 『投資信託完全ガイド』に掲載されました
  • 白骨温泉の『泡の湯旅館』を皮切りに、中房温泉、葛温泉など秘湯系の温泉をめぐる夏の家族旅行に行っている間に、晋遊舎から『【完全ガイドシリーズ221】投資信託完全ガイド (100%ムックシリーズ) 』というムック本が出版(2018年8月27日)され、私の投資スタンスやコメントも載っていました。 この本は、投資信託そのものの解説と、普通の人にもできる投資の啓蒙書といった趣のガイドブックで、国際分散積立インデックス投資を勧 [続きを読む]
  • 投資判断や主張の根拠となるデータの適正な期間とは
  • 投資判断を下す際、多くの人は過去のデータを参考にすると思います。もちろん、過去の出来事が将来を約束するわけではありませんが、データには多くのヒントや判断材料が詰まっている可能性が高いでしょう。私が世界中の株式や債券に分散投資することを選択しているのも、年に一度くらいのリバランス※を重視しているのも、株価や為替の短期的な予測は不可能だと割り切っているのも、やはり過去データの影響が大きいです(というか [続きを読む]
  • 『教えて虫とり先生』なる連載が金融庁ウェブサイトに
  • 金融庁ホームページ内のNISA特設サイトで、『教えて虫とり先生』というなんとも怪しげな企画が興っています。※金融庁webサイトをキャプチャ“虫とり先生”こと私が、若手の社会人に資産形成のアドバイスをする座談会を催し、その様子をまとめたものが連載され始めたのです。んで、アドバイスを受ける社会人というのは、金融庁の入庁3年目までの若手たち。学生のうちに軽々と司法試験を突破するような我が国のトップエリートたちに [続きを読む]