虫とり小僧 さん プロフィール

  •  
虫とり小僧さん: いつか子供に伝えたいお金の話
ハンドル名虫とり小僧 さん
ブログタイトルいつか子供に伝えたいお金の話
ブログURLhttp://mushitori.blog.fc2.com/
サイト紹介文手間とコストをかけずに実践しているインデックス投資やら家計やら保険やらクレジットカードやらのブログ。
自由文自分の全資産(少ないですが)を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/02/06 10:38

虫とり小僧 さんのブログ記事

  • インデックス投資の出口戦略についての考え
  • インデックス投資ブロガーは出口戦略には触れない……というような言説を見かけることがあります。たしかにインデックスファンドなどをコツコツと積み立てている過程を書き綴っているブログは数多くあるものの、それを取り崩しながら生活している様子を詳しく書いているブログはあまり見かけません。というか、配当金生活系は別にすると、リスク資産の取り崩し方法そのものをメインテーマにしたブログは思い浮かんできません。それ [続きを読む]
  • なんの役にも立たない時間ってのも、けっこう貴重だよね
  • 投資をしたり、仕事でのスキル向上を図ったり、自分自身の成長を目指したりしていると、ついつい自分の過ごしている時間の生産性というか効率のようなことばかりに意識が向いてしまうものです。こんなことは時間の無駄だ!などと切り捨ててしまうものが、増えてしまったりします。【参考関連記事→なぜ投資をするのか】まぁ、すべての人に当てはまるワケではないでしょうが、少なくとも以前の私にはそのようなことがありました(若 [続きを読む]
  • 仮想通貨について蕎麦屋のオヤジから質問された話
  • 先日、極上の鴨せいろを食べさせてくれる蕎麦屋へ行ってきました。そこはお気に入りの店なので、以前は頻繁に食べに行っていたのですが、私の職場が変わったこともあり、ここ2年くらいはご無沙汰でした。そうです。以前にも記事にしたことがある、あのオヤジさんのいる蕎麦屋です。【参考記事→蕎麦屋のオヤジさんがデイトレーダーに?】けっこう久し振りだったのに、オヤジさんは私のことを覚えていてくれたようで、今回は会計の [続きを読む]
  • ブログ開始5周年…特に書くことはないけど温泉行きたい
  • おかげさまで、ブログ開始5周年を迎えることができました。自己満足のために書いている駄ブログではありますが、なんとか継続できているのは、読んでくださる方がいるからこそであります。読者さんには、深く感謝しています。もしよければ、これからもよろしくお願いします。既に13年くらいになる投資歴と比べると、たかだか5年のブロガー歴なんてたいしたことはありませんよね。だもんで、わざわざ記事を起こす必要はないような気 [続きを読む]
  • NHK『あさイチ』の投資への冷めた反応に感じるデジャブと原因
  • 先日(2018年1月25日に)NHKの朝の情報番組『あさイチ』で、小額投資の税制優遇、つまり「つみたてNISA(ニーサ)」と「iDeCo(イデコ)」を紹介する特集が放送されていました。特集が始まるとき、“投資”というキーワードが出た途端に、有働アナが「投資かあ…」と溜め息のようにつぶやき、その後、終始スタジオからは“投資”に対する隠し切れない警戒感が滲み出ていました(V6・イノッチも腕を組んだまま、おそろしく硬い表情 [続きを読む]
  • 金融庁イベントの「独占案内係」を卒業します
  • 昨年(2017年)4月から月イチくらいのペースで継続的に催されてきた「金融庁と個人投資家の意見交換会」=「つみたてNISA Meetup(つみップ)」の、参加者募集・案内係を卒業することになりました。約1年前、最初にそれを依頼されたとき、「なぜ自分なのだろう?」と思いつつも、前向きな企画だし、お上(かみ)たる金融庁と庶民がダイレクトにコミュニケーションを取れるイベントなんて面白そうだ、ということで協力することに決 [続きを読む]
  • 昨年(2017年)、当ブログ経由で買われた本ベスト10
  • 昨年(2017年)、当ブログ経由で買われた書籍(kindle含む)のベストテンに一言解説をつけて、ランキング形式でまとめておきます。基本的には「良い」と思った本しかブログでは取り上げないのですが、その中でもやはり上位ベスト10に入るような本は特にオススメの良い本ばかりです。・・で、集計して驚いたのは、上位の2冊が、なんと3年前(2015年)から全く同じであること。毎年それなりに投資関連本の書評記事を書いていたにもか [続きを読む]