selinee さん プロフィール

  •  
selineeさん: 隣の芝生
ハンドル名selinee さん
ブログタイトル隣の芝生
ブログURLhttp://sc21130.blog.fc2.com/
サイト紹介文専業主婦、ママ友もいない、没頭出来る趣味も無い、毎日引きこもってネットの日々・・
自由文専業主婦歴5年、幼稚園生一人っ子育児中のアラフォーです。ママ友もいない、完全インドア引きこもりニートです。
こんな毎日でいいのかな、隣の芝生が虹色に見えて仕方無い。なのに今日もネット漬けの日々・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/02/05 15:59

selinee さんのブログ記事

  • 血縁
  • 何事も無かったかのように、従姉妹からのライン。実母に通じるところがある、それはそうだ。二人は血が繋がっているのだから。9月に、ラインのやり取り中、彼女が勝手に気分を害してからだから、約2か月ぶりか。私なりに、彼女の相談に親身になって答えていたのだが、それを張り切っていると指摘されたのだ。恐る恐るラインを開くが、その内容に愕然とした。私と実母、それに彼女とその母親との4人で、国内旅行にでも行かないか [続きを読む]
  • デリケートな話題
  • ハロウィンが終わり、街は徐々にクリスマスらしい景色。我が家も、安っぽいプラスティック製のだが、ツリーを物置から出した。放課後、遊びに出ない子に、飾り付けをしようと声を掛けた。断られること前提だったが、意外に乗り気。最近、なかなか会話が成り立たない私達だけれど、飾り付けをしながら、子は学校でのあれこれを話してくれた。とはいっても、自分のことではなく、クラスメイトの誰彼の失敗談だとか面白話だとかだ。上 [続きを読む]
  • 器を広げる
  • 子ども会の手伝い。来月に予定している、クリスマス会の打ち合わせだ。和気藹々と、集会所を装飾する飾りを作る母親らに交じり、黙々と作業をする。もはや、義務感でしかない。そして、ここまで自分を偽ってやって来たのだから、こうなったら最高学年までやり遂げてやろうーそう思う。子の為というよりも、自分の為。子の友達関係を垣間見てしまった今、私は私で頑張る時なのだと思う。役員仕事も、半分過ぎたが、なんとかこなして [続きを読む]
  • 女子グループの難しさ
  • 先週末、子が友達を家に連れて来た。仲良しグループの、S奈ちゃんやM希ちゃん、それにR花ちゃんだ。彼女達は、習い事も一緒。チアリーディングをしている。子も、やりたがった時期はあったものの、最近は諦めたようだ。何が驚いたって、子の外面の良さだ。最近自宅で見せる仏頂面は一体どこへ行ったのか?と思うくらいに、友達の前で見せる顔は違っていた。部屋から、どうやら主導権を握っているらしいS奈ちゃんの声が聞こえる [続きを読む]
  • 自由な一日
  • 何の予定も無い平日。珍しく、子が放課後に友達を呼ぶと言うので、張り切って菓子でも買いに出掛けようと思う。ついでに、引っ越し前のママ友宛てに手紙でも書きたいので、季節の便箋。文具店をぷらぷらするのは、楽しい。輸入食品雑貨店にも寄ろう。無料コーヒー片手に、何も買わずに商品を眺めているだけでも居心地が良いあの空間は、私の数少ない癒しの場。店側からしたら、迷惑な客に他ならないだろうけれど、そんな人々でごっ [続きを読む]
  • 通信費
  • 「先月、なんでこんなに通信費掛かってるの?」突然、夫から指摘され、あたふたする。夫のスマホ画面を見せられ、その通信費の高さにぎょっとする。引き落とし口座は、基本、夫の管理。私はやりくり費だけ渡され、なんとかその中で頑張っていたので、想定外の指摘に自分の詰めの甘さを実感した。そして、思い出す。PTAでのやりとりに電話を使ったことを。確か、委員長と資料作成のやり取りだとかで、ラインでは意思疎通が出来な [続きを読む]
  • 2対1
  • 体調が悪い中、なんとか頑張って作った夕飯。それにケチを付けられた。夫ではなく、子にだ。「これ、昨日給食だったんだけど。」筑前煮を指して言う。だから?と言い返したい気持ちを抑え、しかしゆっくりと諭す。「給食は、肉じゃがだったよね?これは、筑前煮。具材が違うよ。」「でも、味付けは同じじゃん。」「文句言うなら、食べなくていいから。」さすがにカチンと来た。最近の子は、こだわりを見せる。まるで、夫のよう。日 [続きを読む]
  • 女の子の育て方
  • 男の子と女の子ーどちらの子育てが難しいのか?なんて、ナンセンスな問い掛けを自分の中でする。女の子しか産み育てて来なかったから、難しいのは女の子ーそう声を大にして言いたい気分だ。いや、結局は、性別なんて関係無い。育てにくい子かどうか、親に子供を丸ごと受け止めるだけの力量があるかないかだ。ほんの数年前は、なんだかんだ私の手の中に納まる子だった。スキンシップも多く取って来たつもりだし、彼女の一挙一動に喜 [続きを読む]
  • 納豆ご飯
  • どん詰まり。朝、夫と子を送り出し、何もする気が起きず寝ていた。役員仕事もひと段落ついて、気が抜けたところもあるけれど、疲れてしまった。家族の脱ぎ散らかしたパジャマや、ビシャビシャに濡れた洗面台、それに目玉焼きの黄身がこびり付いた皿だとか、1度使ったらまた新しく出されるグラスの数々を見ていたら、体中の力が抜けて入らなくなった。丸まった布団を整えることもせず、またそこに潜り込み、気付けば正午過ぎ。朝は [続きを読む]
  • 冷たいグラス
  • 「今度は、温泉付きのホテルだから。言うことないだろう。」夫は、もう5杯目のビールを片手に、上機嫌だ。打ち上げに参加することが無かった私は、思ったより早帰りだった夫の晩酌に付き合った。義家族と行くスキー旅行。その日程の目途も立ち、宿泊ホテルも決定したとのことだった。夫は、私がこの旅行を楽しみにしていると本気で思っているのだろうか?気を遣う義理の家族と、何泊もしなくてはならない旅行なのに。百歩譲って、 [続きを読む]
  • 幹事がキライ
  • 何度も書いては消してのメッセージ。送信ボタンを押してしまえば、あっという間のことだった。何となく、持病の影響で頭痛と気だるさがあったことも一つの理由。そして、週末は夫の仕事が夕方まであったことも一つ。夫が帰宅してから、バトンダッチで打ち上げ参加も出来ないことは無い。PTAの飲み会だと言えば、夫はOK出すだろう。私がそこに馴染めていないことを知っているからこそーしかし、夫も仕事が多忙で、私のあれこれ [続きを読む]
  • グレイの心
  • 週末の打ち上げーライントークに華が咲く。皆、まるで目の前で会話をするかのように、リズミカルにポンポンとメッセージを送り合う。私はギリギリまで参加を迷っていた。一匹ママは、返事が早かった。ーその日は予定があるので、またの機会に。皆さん、お疲れ様でした!!スポンサーリンク彼女のように、物事を白黒はっきり付けられたら、楽に生きられるのだろうか?自分の気持ちが分からない。行きたくないのに、取り残されるのも [続きを読む]
  • 歯には歯を目には目を
  • 子が、学校で受けた視力検査の結果を持ち帰って来たところ、要再検。早速、眼科へ。視力が低下しており、早いところ、眼鏡を作らなければならないだろうと言われて落ち込んでいる。私もかなりショックだったが、本人も思春期ということで、気が滅入っている。「矯正もしてて、眼鏡もだなんて、最悪。」私は、その言葉にどう答えたらよいのか分からなかった。もう少し経てば、コンタクトの選択肢もあるけれど、今はまだ眼鏡が無難。 [続きを読む]
  • 非凡と平凡
  • 子が持ち帰ったプリントに、見覚えのある氏名。区で行われた、とあるコンクールの入賞者がそこに記載されており、全校で数人しかない氏名が連なる中、まいこちゃんの名前があった。さぞかしまいこちゃんママも鼻高々だろう。こういった賞ー読書感想文だとか、絵画コンクールだとかポスターだとか、夏休みの宿題としての自由研究だとかで、子は一度も賞を得たことが無い。また、小規模であれば、校内だけで優秀な作品は、校長室の前 [続きを読む]
  • イベント当日
  • 慣れないことをした。酷く疲れた。しかし、今は達成感で一杯だ。イベントは大盛況。しかし、最後の最後でトラブルがあったりと気は抜けずにいた。驚いたのは、一匹ママ。それまでの準備は人に丸投げ同然だったというのに、当日は我が物顔で担当仕事を仕切り、私達を当惑させた。委員長は、大人対応しながらも内心面白くないようで、彼女の指示に時々駄目出しすることもあり、細かなどうでもいいことでも、あくまで校内のルールだと [続きを読む]
  • 前日準備
  • 今日は、イベント前日準備。もう、やるだけのことはやった。一匹ママから、深夜に着信があった。深夜といっても、23時頃だが、あまりにも腹が立っているので寝たふりしてスルーした。何もせず、ダメ出しばかりで今更リーダー気取りか?前日準備は、何とか都合をつけて仕事を休むとグループラインにメッセージがあった。委員長だけが、お義理の「了解」スタンプ。後の人達はスルー。私も委員会では浮いているが、彼女よりはマシだ [続きを読む]
  • まるで仕事
  • 体がだるく、重い。昨日も、役員仕事で学校へ。まるで、毎日出社しているかのように子と共に登校している。イベント当日、備品を借りる為に、申請書を提出しなくてはならないのだが、それに不備があったことで今日もこれから学校だ。昨日の役員会では、外部との打ち合わせでの申し送りを皆の前でしなくてはならず、朝から腹痛。トイレへ行ったり来たりで、以前の記憶がトラウマのように蘇る。スネ夫ママは、相変わらず涼しい顔でノ [続きを読む]
  • ワーママになりたい
  • 週末に迫るイベント。役員仕事も大詰め、頭が痛い。昨日は、一匹ママの代わりに会議に出て、心身ともに疲れ果てた。柔らかママも、パートで出られないと言うし、出席した私がまた役員会の時に皆に周知しなくてはならない。ただでさえ、皆の前で発言することに抵抗感があるというのに。昨日の会議でも、発言しなくてはならない場面が多々あり、色々と突っ込まれてしどろもどろ。結局、全体を把握出来ていない自分が、その場では「使 [続きを読む]
  • 名もなき家事
  • ドンドンドン!!!トイレのドアを乱暴に叩く音。夫の仕業だ。「紙!!紙が無い!!」薄く開いた扉に、そっとペーパーを持つ手を差し入れる。物凄い勢いで、それをひったくられた挙句、もう少しで思い切り手を挟む程に、バタン!!とドアを閉められた。しばらくし、用を足した夫が、苛立った声を私に向けた。「最低限、用意しておけよ!シャンプーもハンドソープも無かったぞ!」一旦、声に出したら止まらず、次から次へと小言が始 [続きを読む]
  • 健康貯金
  • 最近のストレスで、チョコレートに依存しつつある。朝起きて、鏡の中の自分にギョッとした。肌はボロボロ、たるみが酷い。それに、体も重い。体重計に乗ると、+2キロも増えていた。このままではマズイーふと、素敵ママの後ろ姿を思い出す。颯爽と軽やかに歩く、姿勢の良い背中。無駄な贅肉などどこにもついていない、細くて長い手足ー引っ込んだ腹。それに比べて、私の体。一見すれば、痩せていて貧相だが、実は脱いだらダルダル [続きを読む]
  • プライド
  • 一匹ママに、赤を入れられた部分を、自分なりに修正するがうまくいかない。表ひとつ作るのに、時間が掛かり過ぎる。すっかり、お手上げ。役員会で、委員長に泣きついたら、資料を目にした彼女の表情が、一瞬変わった気がした。「分かりました、私から彼女にラインします。OOさんは、もういいですよ。ありがとうございました。」まるで、用済みーとでも言わんばかり。しかし、彼女の怒りは私に向けてではなく、一匹ママに向けられ [続きを読む]
  • 団欒旅行
  • 学校仕事でてんてこ舞いのところに、一番上の義姉から電話があった。今年もスキーの予約を取るので、こちらのスケジュールを教えて欲しいというものだった。いつも思うのだが、こちらの意見など聞く耳も持たず、自分が良いと思ったことは相手もイコールだと信じて疑わないその精神に感服させられる。私のように、常に人の顔色を窺うことなど、義姉の辞書にはないのだろう。心底、羨ましい性格だ。スポンサーリンクスキーなど、正直 [続きを読む]
  • 赤ペンママ
  • 担当業務が円滑に進むように、委員長にアドバイスを貰い、作成したプリントいくつか。それを持参し、一匹ママと柔らかママと打ち合わせをした。珍しく、平日の休みが取れたという一匹ママは、前日になり、突然電話を掛けて来たのだ。「夜分にすみません、明日、時間取れますか?」平日、彼女らの代わりに本部と打ち合わせをしている私に会い、一旦、業務を整理したいと言うのだ。ラインやメールでは無く、電話で直接アポを取るやり [続きを読む]