波ウサギ さん プロフィール

  •  
波ウサギさん: ひとり 着物ひろめ隊
ハンドル名波ウサギ さん
ブログタイトルひとり 着物ひろめ隊
ブログURLhttp://mizumitu1357419.blog.fc2.com/
サイト紹介文着ない間に箪笥の中で派手になるのは残念、着まわし、繰り廻しで、着尽して見るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/02/05 16:36

波ウサギ さんのブログ記事

  • 四十九日法要は いつもの擬態着物  しばしのおいとま
  • 着物    ブリティッシュグリーンのお召し帯     変り菱形の喪帯帯揚げ   ムジナ菊帯締め   冠組みみたいな組み方雪も降ると天気予報が出ていたけれど、ブリティッシュグリーンのお召しを着てお寺さんへ向かいました、糸の撚りが強いお召しは、本当は雨の日には着ない方が良いのだけれど、この着物が一番落ち着くのだからしょうがない。昭和の丈 二尺(76cm)の一つ紋の羽織を羽織る10月の月初めに夫が亡くなり [続きを読む]
  • 癒されたい、セイセイしたい そんな時は柔らかモノの着物
  • 11月17日の着物まだ、気分変えが必要な心持ちです、回復出来ないでいます着物    紺色唐草柄小紋帯     叔母の羽織を名古屋帯に作り変えたもの帯揚げ   ピンク帯締め   臙脂と白の化繊  友人作しなやかな柔らかモノは何だか癒される後姿の画像を反転させるのを忘れていた、画像処理のページに戻る元気がわかない唐草柄が好き、吉祥柄としての唐草の持つ意味は <どこまでもの広がり>なのだそうで、それが理 [続きを読む]
  • 気分アゲアゲにする 正絹着物
  • 気分が塞ぐと言うほどでもないけれど、疲れが取れないような気分が晴れないとような日が続いていたので、正絹着物登場!正絹の着物は何だか気分が高揚する、トロっとした布の感触からか化繊の着物とは違った布の重みと軽やかさからか、癒されるように思う11月9日の仕度着物    頂き物正絹着物 梅、竹、松、菊、楓、桐、家屋と垣根    蘭が有れば凄いと思ったけれど、さすがに蘭は無いみたい帯     夫姉からの羽織 [続きを読む]
  • 先に考えていた取り合わせは地味すぎて急いで変更
  • 11月3日の仕度着物    化繊たたき柄帯     クリーム色唐草柄帯揚げ   羽裏からの唐草柄ピンク帯締め   朱にクリーム色の縁取りはじめにこの取り合わせを考えていたけれど、帯を結んでみると地味すぎてまるで老婆の仕度になった(お婆さんなんだけどね、笑)平置きで見ているとそんなに地味には見えないけれど、着てみると <とんでもなく>老婆の私が鏡の中にいてビックリ! (@_@。慌てて明るい色のクリーム色 [続きを読む]
  • 10月18日の仕度
  • 10月18日の仕度着物    化繊 緑 横段柄帯     夫姉の一つ紋黒絵羽織を帯にしたもの帯揚げ   ピンク 唐草柄帯締め   クリーム色に赤の縁取り撮影に失敗ぼやけている柄の少ない方で結んでみた [続きを読む]
  • 10月17日の仕度
  • 10月17日の仕度着物    化繊 緑 横段柄帯     正絹 白地短冊柄帯揚げ   ピンク帯締め   ピンク化繊着物でも正絹の帯を結ぶとバキット見える 不思議だこれが菰を着て錦を結ぶかな?着物をきた記録のみです [続きを読む]
  • 二重太鼓を簡単に結ぶ方法
  • 9月の中旬頃に有った結婚式で、留袖を20分で着ることが出来たのには秘訣が有りましたポイントは二重太鼓袋帯の二重部分が綺麗に重ならなかったり、お太鼓の大きさが好みの大きさにならなかったり、いつも二重太鼓で手間取っていました、前結びを試したときは、一度後ろで仮結びをして、お太鼓を後ろに回してから仮結びを解いて結びなおす手間が嫌だった洗濯ばさみでお太鼓を形作って背負ってみたときは、洗濯ばさみが弱すぎて胴 [続きを読む]
  • 10月5日の仕度
  • 略喪服で通夜喪の場なので衣紋をあまり抜かないように着付けたら、襦袢の襟元の形が細くなって好みの形ではなかった平置きの画像のみです着物   夫姉よりの色無地一つ紋 深い青の着物だけれど黒の帯では華やかさすら感じる、不思議だ帯   流水に変形の菱形帯揚げ 菊の模様     [続きを読む]
  • 地味すぎる袷 単衣で活用も有りかな
  • 9月20日の仕度  お茶のお稽古でしたお稽古内容は基本の濃茶今回のお稽古はお喋りが止まらなくて時々手が止まったり、手順が分からなくなったり、メチャクチャなお稽古でした  反省着物    頂いた袷の大島を単衣に変えたもの帯     化繊二部式帯  麻の葉と唐草の柄帯揚げ   ピンク帯締め   白地に連続した彩この着物は袷の時は地味すぎて、いつになったら着ることが出来るのかと心配するほどだったけれど、 [続きを読む]
  • 金沢の結婚式の定番お菓子 五色生菓子
  • 金沢の結婚式の定番お菓子とは書いたけれど、実は久しぶりに見た最近はこの五色生菓子を付ける結婚式も少なくなって来ているので懐かしくて嬉しい、今どきはバウムクーヘンとかカステラなどの菓子の場合が多いかな?五つの異なった生菓子で森羅万象をあらわしている左上 <月>を表す 饅頭左下 <山>を表す、黄色は着色した米 餡入りの餅中心 <日>を表す 赤く着色した部分の有る 餡入りの餅右上 <里>を表す 蒸し羊羹 [続きを読む]
  • ビーズのバックはお初
  • 9月16日 結婚式の小物小花の模様のレースハンカチ レースの部分が幅広で豪華ブルーのハンドバックハンガリー クルクル巻き付いて小さくなるアメジストの飾りのついた時計 母の指輪を帯飾りに変えたものエメラルドの指輪 石はとても小さい髪飾りは反物の柄深いグリーンのビーズのハンドバック 今回がお初白のビーズ部分がクッキリ映える柄 [続きを読む]
  • 和装の髪飾り
  • 新郎の母   ビーズの髪飾りショートカットの髪型に合っているお茶やお能では髪飾りを付けないけれど、それ以外の和装には髪飾りを付けるのが基本昔、母が<髪飾りが無いのは葬式あたま>と言っていたのを思い出す下がっている真珠が可愛いかんざしと、何か違う飾りの二つ使いかな?ルーズな二段の編み込みのまとめ髪がとても可愛い私の弟嫁 (横でピースしているのは弟)華やかな髪飾の使い方が上手着物が地味だったので、髪飾 [続きを読む]
  • 結婚式に和装で出席の方 撮影させて頂きました
  • 新郎の父方叔母三十六歌仙の柄、帯も王朝絵巻新郎のいとこの妻  イケメン夫と可愛い娘、素敵な家族一つ紋の色留袖 刺繍と染の豪華な着物 帯も調和している新郎 母松の柄に赤い鳥が羽ばたいている、母の着物で私と共有帯は佐賀錦の菊青海波 少々カビ臭有り (笑)帯が綺麗に重なっていないのが少し残念新郎 母方叔母(私の弟嫁)石庭の柄、霞の部分がもう少しピンクが強いと思っていたけれど、今回見たらすごく地味に見えた、 [続きを読む]
  • 初めて人前で仕舞を舞った
  • 9月16日 妹宅の結婚式で仕舞をしました披露宴のはじまる前に宴会のチーフが仕舞の打ち合わせにみえた、このチーフは仕舞と言うものを知らない様子で、音楽のテープはないのか?とか、話が通じない金沢の結婚式場の宴会チーフがこんなことで良いのかと思う半面、それほど仕舞とかをする方が少なくなったのかと複雑な気持ちに。。。大理石の床で足袋で舞いました♪ 齢を授くる此の君の 行く末守れと我が神託の♪ 告げを知らす [続きを読む]