波ウサギ さん プロフィール

  •  
波ウサギさん: ひとり着物ひろめ隊 ここは金沢
ハンドル名波ウサギ さん
ブログタイトルひとり着物ひろめ隊 ここは金沢
ブログURLhttp://mizumitu1357419.blog.fc2.com/
サイト紹介文着ない間に箪笥の中で派手になるのは残念、着まわし、繰り廻しで、着尽して見るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/02/05 16:36

波ウサギ さんのブログ記事

  • ヨーソローの誕生日
  • 昨晩は次男嫁のお母さんも招いてヨーソローの誕生会息子からの連絡で私からはチープな時計、嫁のお母さんからは将棋盤最近の将棋盤は各駒に進行方向をしるした矢印が書いてあるので子供はルールを覚えやすくなっている私は子供のころ祖父に将棋を習うのを止められたことが有ったので、子供が近所のお兄さんから将棋を習ってきたときとても嬉しかった、今回孫が将棋を好きになりまたまた嬉しい母の里へ行ったとき従兄が伯父と将棋を [続きを読む]
  • お稽古の主菓子   白露
  • 先日、バス、電車、バスと乗り継いでお茶のお稽古にいってきましたお稽古内容は茶通箱で少し時間が掛かるお点前ではあるけれど、6月26日以来の久しぶりのお稽古だったので自分ながらに情けないほど超、超、超 足が痛かった寒天で作った露が美しい 加賀市の菓子司 丸福さんの 白露久しぶりに先生とお会いしたので、話したくて話したくてしょうがない、そのためいつもに増してボロボロなお点前でした次回からはお稽古内容を決 [続きを読む]
  • 新しいバイトの事
  • 8月の中頃からバイトを始めました、3月に金沢に引っ越してきてあまり間のない頃から、長男と次男二人ともに <まだ働かんのオ〜>とか <仕事すればァ〜痴呆になるよォ>とか、色々うるさかったのですが、どうしても行きたいと思っていたフランス旅行も終わり、こちらの生活にも少し慣れてきたので、スーパーのインドアベーカリーでサンドウィッチを作っています一人でも、痴呆になってる暇がないほど、することがあるんだけど [続きを読む]
  • 金沢 たろうの上生菓子
  • たろうの上生菓子萩 白あんを白あんでくるんだうえ、ほんの少し緑に染めた餡を細く絞りだして、着色した米粉で萩を表現小菊こしあんを薄紫色のあんで包み、小菊の型押しどちらも美しい形でお味も良かったです今月の上生菓子は三種類でしたが、一つは画像が消えてしまいました [続きを読む]
  • 桐下駄の鼻緒を変えて貰った
  • 桐下駄の台が会津桐でお気に入りだったので、金沢で鼻緒を挿げ替えてくれるお店を探し挿げ替えて貰いました元の鼻緒が細目だったので穴が小さく、挿げ替えられる鼻緒が限られていて、その中でも黒地の紗綾型の鼻緒を選びましたツボの赤が効いて大人な感じに仕上がったと思う切れる前の鼻緒はこちら、昭和の感じがぬぐえない次男はたまに一緒になる夕食の時、<今日は何しとったん>と、聞き、私が<謡の自主練>とか答えると、必ず [続きを読む]
  • 台風一過の爽やかな一日
  • 次男とお出かけ、次男は長男と違い私が着物でも平気なので、気持ちよくお出かけが出来ますタイマーで撮影するのが面倒で、迎えに来てもらった時すぐに、あとで写真撮ってねと頼んでいたのに、二人とも忘れていて着姿の写真が有りませんそれなのに私は撮影が済んだ気持ちになってしまってなんのためらいもなく着物を脱いでしまった、なんとも馬鹿な展開、(;´д`)トホホ着物   母の着物 紺色に菱形の模様帯    父の妹1よ [続きを読む]
  • 観能の夕べ 薄緑色楊柳着物
  • 久しぶりに着物を着て出かけました髪染めをやめることにしました、本当は昨年の暮れからも挑戦していたのだけれど今年三月に一度挫折していました今は最後の髪染めから五か月目で約5cmの白髪カチューシャで押さえているあたりが白髪との分かれ目です次男は白髪頭を凄く嫌がるけれど、そんなにも変ではないと勝手に思っている(笑) [続きを読む]
  • 観能の夕べ
  • すでに随分前の事になりますが6月30日と7月7日に石川県立能楽堂へ行ってきました6月30日の演目は狂言 文荷(ふみにない)と能 放下僧(ほうかぞう)7月7日は狂言 地蔵舞(じぞうまい)能 半蔀(はしとみ)でした能は二番とも習っていない能だったのでパソコンで事前に演目の下調べをして出かけましたが、はじめに15分ほどの解説が有り初めてでも分かりやすくなっていました土曜の夕方5時開演、狂言と能一番づつで [続きを読む]
  • 夫の姉から頂いた着物 広げて義姉を偲ぶ
  • 夫の長姉が89歳で亡くなり4日が通夜、5日が葬儀でしたが、4日は33度の猛暑、5日は大雨警報も出ていたので着物での出席を諦めました特に5日の北陸は大雨で鉄道も運休した大変な天候でした夫の姉には可愛がって貰って、着物も頂いているのでせめて着物を広げて偲びます留袖 色無地一つ紋帯も夫の姉からの物 梅、竹、菊、蘭の四君子に楓蘭   菊   楓と笹 梅と笹 梅柄付け下げ訪問着キラキラ袋帯 構図が大胆着物も [続きを読む]
  • 茶通箱付花月まで体力が持たなかった
  • お茶の勉強会に行ってきました着物   正絹単衣墨色霞に紫帯    正絹紗クリーム色亀甲柄帯揚げ  ピンク 母に買ってもらったもの帯締め  ピンク 夏物業躰先生がお見えになるのを待っている時から何となく体調がおかしいと思っていたら、一番見たいと楽しみにしていた茶通箱付花月が始まる前にどうにも我慢が出来なくなって退出しました残念ですゥ~~ [続きを読む]
  • 神社でお参り  次男宅犬の日参り
  • 着物   単衣正絹霞暈かし 墨色の濃淡に紫帯    博多帯 グリーンに白の独鈷帯揚げ  正絹 母に買ってもらったもの帯締め  夏ものどんなに早くから仕度が整っていても出かける前に撮影する気持ちにならないのは何故だろう、今日も帰ってからの撮影で帯が片がってしまっている撮影の前に少し手直しすれば良いのにねお参りの時、単衣の一つ紋黒羽織を羽織りましたお参りに来ていた他の方は案外とラフな服装が多く、私達家 [続きを読む]
  • 兄弟姉妹でフランス旅行 弟はドンファンと思われていた
  • 初めて弟、妹と、海外旅行に行ってきました今年1月次男宅の子守りに入るまえにフランスへ行きたいと思っていたのを、雪の心配から延期していたのです冬場は小松空港から羽田までの飛行機が雪で飛べない日も有るので延期していて良かったです,私達が予定していた2日前にはハワイに行く予定の方が小松空港で足止めになった二ユースがあったから本場のエスカルゴ ソースが美味しかった弟が、妹、私の順でピックアップして小松空港 [続きを読む]
  • 外出の気力復活 日展金沢展へ行く
  • 金沢を離れていた時、里へ帰ると母が<あらぁ〜丁度良いところに来た、美術館へ行こう>と、美術館へ度々連れていかれました。夫が亡くなる前は、盆と正月、その他に1回くらの少ない回数の里帰りだったのに、金沢を離れていた43年の間に日展には3回連れて行って貰いました。その他には兵馬俑展とか、自分の行きたい展覧会をチエックして私が来るのを待ち構えていたみたい。母は美術に知識が有るわけでもないのに連れていかれた [続きを読む]
  • 出かける直前にお尻が破れ 気力が失せた
  • 外出直前、草履を出そうとしてかがんだらお尻がやぶれてしまい外出をやめました、着物を着た記録だけです着物   藤色紬単衣帯    ペパーミントグリーの八寸名古屋帯帯揚げ  ピンク絽帯締め  ピンク違う着物に替えて出かけることもできたけれど一気に気力が無くなってしまい、違う日に出かけることにしましたブローチを作り変えた簪を少し手直ししました前のはこれあまりにも直線的に思えていた今度は棒に対する角度が急 [続きを読む]
  • ヨーソローの運動会に行ってきた & 夏仕様のポセイドン
  • ヨーソローの小学校に入って初めての運動会見にいきました一年生は入学してから間が無いのに行進なども皆が揃ってできていて、先生方の指導のおかげですね演舞の集合場所に向かうヨーソロー、手首のフリフリが可愛い金沢市の小学校高学年が参加するマスゲームの<若い力>久しぶりに見ました、五十数年前の事なのにほとんどの振り付けを覚えていたのは驚きで懐かしかったです夏仕様の頭になったポセイドン、坊主刈りが似合う頭の形 [続きを読む]
  • 能楽大会では袷を着た
  • 能楽大会の前夜、キャリーバッグに単衣の着物を詰めていてフト思い出したのが、受付係のお役をもらっていた事謡だけなら舞台に上がる時だけ着ていれば単衣でも良いけれど受付係はそうは行かない市長さんや議員さん教育長さんもいらっしゃるのに単衣ではどうだろうか、能楽会の先生方はきちんとして受付をして欲しいはず色々考えて袷にしました着物   一つ紋色無地 帯    ブルーに霞の綴れ名古屋 帯揚げ  白地に小さな赤 [続きを読む]
  • 能楽大会では素敵な着姿を沢山撮らせていただきました
  • 仕舞を舞われたお二方、キリリとした舞は毎回見とれてしまいますお二方ともに訪問着に仕舞袴、仕舞袴は一般の袴と違い外側のヒダが一つ縫いこまれています 襟を抜かずに着付けた能楽の着付けで着付けも美しいうぐいす色の色無地に白地の袋帯がお似合い、お太鼓とたれ先の柄がピッタリ合っていて上級者の装い花紺の色無地がお似合い、シルバーの髪にとても似合っている帯にコックリした色合いを持ってきたのが成功していると思う [続きを読む]
  • 明日は能楽大会 夏日になりそうなので着るものに悩む
  • 未熟な謡のため、能楽大会では毎回冷や汗で大変なことになるので、単衣を着ようと思っている未熟な謡と自覚していても以前の住まいの能楽会に所属して大会にも出るのはどういう事?(苦笑)化繊付け下げ、裾から暈かしになっていて化繊なのでどんなに汗をかいても洗えるところが魅力でも、以前の能楽大会で一度着ている、毎回変える必要もないけれど、ブログの今あるものを着廻すにそぐわないもう一つの候補は、正絹単衣一つ紋色無 [続きを読む]
  • クリーム色に緑の葉の柄袷大島紬 10回の着廻しを振り返る
  • クリーム色の大島紬10回の着廻しが済んでいました’13.3.27  葡萄柄八寸名古屋帯、お茶では葡萄は季節を選ばないので重宝します’14.4.2全体にラメが入っているものの落ち着いた感じの八寸名古屋帯’16.3.23小さな菱形が花の様に見えて全体で市松柄になっている八寸名古屋帯’17.3.29深緑に細いオレンジの縞 八寸名古屋帯’17.3.31黒地に紅型風そめの二部式帯、このクッキリ取り合わせも好 [続きを読む]
  • 久々の着物でお出かけ 
  • 久々の着物でお出かけ、目指したのは気張り過ぎて見えなくて、それでいてきちんとしている仕度単衣の着物の仕度も一組考えていたけれど、天気予報で出ていたほどには気温が上がりませんでした着物   アイボリーに緑で葉の柄 大島紬帯    ペパーミントグリーン天女と鹿と木立柄 母の友人より帯揚げ  落ち着いたピンク色 職場の同僚より帯締め  黄土色 茶友Nさんより気張り過ぎては見えないと思うけれど、どうでしょ [続きを読む]
  • ポセイドンの誕生会
  • 今日は次男嫁のお母さんも招いてポセイドンの二歳の誕生会でした次男嫁の力作アンパンマンのちらし寿司、上手にできている味も美味しかったです嬉しそうなポセイドン、最近アンパンマンと言えるようになった部屋には動物の飾りつけもしてあり次男嫁の心配りが嬉しい次男作の誕生祝いのケーキ子供が喜びそうな新幹線のロウソクと数字の2のロウソク撮影のあいだ <待て>状態のポセイドン、今日は特別な日で <待て>に応じなけれ [続きを読む]
  • 更好棚で薄茶の自主稽古 探していた単衣ようやく発見
  • 今日は子守りに行かなくても良いので、更好棚にて薄茶の自主稽古はじめはマンションの小さな畳に慣れなかったけれど今日はそんなにも窮屈に感じなかった、だんだんこのサイズの畳に慣れていくのかな、これが普通になってしまうのも少し不安着物   祖母の反物で仕立てた単衣帯    博多織半幅帯半襟   手拭いを細長く半分に切った物、自主稽古だから色物半襟足袋   白色のタビックス (温泉旅館で宿泊に付いてた)帯結 [続きを読む]