チュー さん プロフィール

  •  
チューさん: チューと銃・射撃・狩猟
ハンドル名チュー さん
ブログタイトルチューと銃・射撃・狩猟
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/norimarutoshigemaru5
サイト紹介文こちらの主な獲物は鹿。殺生する分、あの世では地獄行きを覚悟せねばならないのだろうか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/02/06 21:04

チュー さんのブログ記事

  • material desires
  • なんだか使ってみたくて購入。エアコンの音が3.5倍増しで聞えます。先輩方との鹿撃ちに行くと、車中で色々な話が聞ける。「鹿道に餌を置いて待ち伏せ」とか「狩猟小屋で生活」とかやってみたいと話してみるとベテランハンターはすでに経験済みで、今のスタイルに行き着いたって話です。サーマルビジョンで鹿探しはどうでしょうかと尋ねても、一度覗いたことがあるが役に立たんとのお返事。確かに検証映像でもフリアーⅡ320(と思わ [続きを読む]
  • やっぱり鉄砲撃ちは、変なのが多い。
  • 自分もその内の一人なんですけどね。安全講習会に参加してきました。駐車場から会場入り口に向かうジイサンがじぃーとじぃーっと私を見ながら歩いて行きます。猟場にもこういう人居ます。私、猟場では出会う人に挨拶するようにしてますが、無表情でじぃーとこちらを凝視しているだけの人、います。会場、100人まではいない感じでしょうか。来賓の挨拶が終わり退場、啓蒙DVDを最後に見る段階で、「まだやんのかよ」と野次を飛ばす最 [続きを読む]
  • もうすぐ、ライフルマンになれる鴨。
  • ここ釧路には弾屋さんはあっても、銃砲店がないため、悩みます。猟友会の先輩方に相談し、先輩と同じメーカーの銃にしようと思っていましたが、気になる銃をネットで見てしまった私。山に入るにはできるだけ軽く、銃身もできるだけ短い銃が欲しいなと考えていた私。気になる銃を扱っている旭川の銃砲店にお電話しましたところ、私にでも理解できるような噛み砕いた説明を丁重にしてくれます。旭川には行った事がありませんが、都会 [続きを読む]
  • 縄の張り
  • 風雨が過ぎ去った晴れの日、7名で鹿猟に。秋も終盤の様。濡れ落ち葉は静かで、風下から稜線上の緩やかな起伏を越え始めたその時雄と目が合い、その3秒後に雄に寄り添いまだ草を食む雌の頸椎あたりに、静かに銅弾を送り込みました。愛を育んでいたであろう若い雌は、脂ものり、明らかに美味しそうな肉色です。両肩にくいこむ背嚢の紐感も気にならない帰り路、あちこちで鳴いていた雄声の主を視認。一段角の雄二匹を威嚇する三段角 [続きを読む]
  • 講習&検査
  • 夜勤明けの講習。睡魔との闘いでした。途中お巡りさんに三回ほど優しく起こされます。講習後の小テストも銃検査も問題なく和気藹々と終了。お巡りさんに今後ともご指導宜しくお願いしますと、警察署を後に。警察署の駐車場から車を出そうとエンジンキーを回したところ、オーディオの電源が入れっぱなしであったため、警察署玄関前で13番目の曲が大音量で流れ始めました。誕生日が一月なので、ショットガン・チューはまだライフルマン [続きを読む]
  • 練習せねば
  • 今期最後の出猟はこんな感じから。4人乗車の車中では和気藹々。森の熊さんに出会った場合の対処法を話し合います。幸い本日の猟場には熊は付いていないとのこと。よかったよぉー車両から一人ずつ下車して行きます。平地を挟んだ左右の稜線を二人組で下り、平地で挟み撃ちの予定。2番(私)が下り始めて20mも行かないうちにまたもや地響きが…無線で7番に聞くと、あれは自衛隊の演習だとのことで一安心。対面の稜線で10番が捕獲し [続きを読む]
  • 地響きを聞いた。
  • 細々とではありますが、猟友会の皆様方に付いて時々出猟しておりました。3月中旬、沢とその左右稜線に分かれて進入します。雪解けも進み、やちぼうずもその頭を出し始めます。さらに奥へ進むと熊らしき足跡と地響きが二回…途中道に迷いましたが、無線交信で事なきを得、無事帰れました。今期はあと一回出猟の予定です。 [続きを読む]
  • 10月中旬
  • 猟友会の先輩に鴨の猟場を教えてもらいます。そして、鍋。マガモが獲れたので胸肉焼いてみました。野生動物全般に言えることでしょうが、鴨も起きている時は常に餌を探して移動しているわけですから、余分な油は皆無、肉質も硬めです。しかし、それが、美味しい。鍋にすると、少しばかり軟らかくなる、肉でした。 [続きを読む]
  • やはり、日本人は米だよね。
  • ある日、ベテランハンター5名+私の6名で鹿狩りに。 家内に買ってもらったスノーハイクを装着し 私の担当区域であるトマチセに入りますが、 倒木に阻まれてなかなか前進できません。 転倒しながらなんとか3箇所の巨木が倒れていた地点を迂回し前進。 岬の突端に到達するまでに若い雄鹿2頭とおなじく若い雌鹿2頭を発見し、 雌鹿に約80mの距離から立射で発砲しますが、外れ。   [続きを読む]
  • やはり、日本人は米だよね。
  • ある日、ベテランハンター5名+私の6名で鹿狩りに。 家内に買ってもらったスノーハイクを装着し 私の担当区域であるトマチセに入りますが、 倒木に阻まれてなかなか前進できません。 転倒しながらなんとか3箇所の巨木が倒れていた地点を迂回し前進。 岬の突端に到達するまでに若い雄鹿2頭とおなじく若い雌鹿2頭を発見し、 雌鹿に約80mの距離から立射で発砲しますが、外れ。   [続きを読む]
  • 初めて使うオーブンレンジ
  • 今夜の夕食は4歳雌鹿の肋骨料理。塩胡椒したり、家内お手製タレに漬けこんだり。これらを6年前に設置してあったオーブンレンジで調理します。焼きあがるまで、ミキサーで、血抜きを終えたもも肉スライス漬け込み用のタレを作ります。家内お手製味噌・赤ワイン・醤油・蜂蜜・生姜・マーマレードをミキサーにかけ、味を調え、漬け込んで冷凍。さてさて、そろそろでしょうか。6年目にして初めて使ったオーブンレンジ。良い仕事してく [続きを読む]
  • 初めて使うオーブンレンジ
  • 今夜の夕食は4歳雌鹿の肋骨料理。塩胡椒したり、家内お手製タレに漬けこんだり。これらを6年前に設置してあったオーブンレンジで調理します。焼きあがるまで、ミキサーで、血抜きを終えたもも肉スライス漬け込み用のタレを作ります。家内お手製味噌・赤ワイン・醤油・蜂蜜・生姜・マーマレードをミキサーにかけ、味を調え、漬け込んで冷凍。さてさて、そろそろでしょうか。6年目にして初めて使ったオーブンレンジ。良い仕事してく [続きを読む]
  • 共猟
  • ある日、ベテランハンターと猟へ。初めてゾンメルスキーを履いた。下りにこつがいるがスノーシューと比べて歩きやすく、静かだ。肉を背嚢に積み、下山する。帰宅後はまず火を熾し、弾薬を片付け、分けあった肉の処理をする。肋骨の脂肪を削ぎ落とす。もも肉をスライスし、トリミングと筋切。水に漬けて血抜き。その後、肋骨を調理した。冬の、そんな夜だった。 [続きを読む]