tkharry さん プロフィール

  •  
tkharryさん: 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ハンドル名tkharry さん
ブログタイトル悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ブログURLhttps://ameblo.jp/kidotomoaki/
サイト紹介文悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2013/02/07 15:32

tkharry さんのブログ記事

  • 色即是空の物語
  • 概念や定義、観念といった条件付けにハマらず、 ただ今ここに居ること、、 分かり得ないという空間から開かれる、まったくそのままの在り様を空 (くう) と言います、、 ですから、実際のところ、、 空 (くう) を探す必要もなければ、空 (くう) に辿り着こうとする必要もありません、、 私たちが空 (くう) でない状態は、一瞬たりとも無く、、 いつでも私たちは空 (くう) であって、まったく今ここで私たちは辿り着い [続きを読む]
  • 禅〜今をもてなす誓い
  • さて、日々、、ZEN!ZEN!ZEN!ZEN!!とうるさいメッセンジャーですが、、(;'∀') 禅というものをブログで伝えるにあたり、 言葉を少しずつ変えながら取り組んではおりますが、、φ(.. ) そう言えばと、、何だかんだで、禅を知った当所によく使っていた、、 「今をもてなす」 というアプローチはなかなか良いセンスしてたんじゃ?と我ながら今さらです、、笑 禅が優先すべきは、まさに、目の前の出来事、出 [続きを読む]
  • 禅〜真実との同調
  • 「どこか」 に辿り着かなければと急かされたり、焦りを感じたりするとき、、 「どこか」 に辿り着かない限り、人生の目的は成し遂げらないと途方に暮れるときなど、、 これは、意識を、「どこか」 に連れ出だし、 それに魅了されるがあまり、「どこか」 に向かわなければならない 「個人の感覚」 を強め、 本来的地平である開かれた空間に在るという感覚を曇らせる傾向をはらんでいる思考の誘いであると言って良いでしょう、 [続きを読む]
  • 分かり得ない空間に留まる力
  • というわけで、思考は、物事が起きた後に、、 これはこういう (意味の、あるいは、価値の) 出来事だ、、 自分は今、そのような状況の中に居る、、という具合に、 すぐさま知識や常識、観念と言われるものを頼りに、 現象を枠にはめ、固定化し、その状況の中の登場人物であるところの 「自分」 という、 ストーリー上の 「個人」 を作り出します、、w川・o・川w このスピードたるや、ある意味驚くべき程、瞬間的な反応である [続きを読む]
  • 「思い込む力」に「気づく力」
  • 思考、、 物事に意味や名前を付け、分割し、枠にはめ、固定化する、、 悟り系ではしばしば、、分離の道具と言われる働き、、 であると同時に、、思考には、、 その 「創作した分離の産物」 を私たちに 「信じ込ませる力」 があると言って良いでしょう、、 これは、自我性の 「恐れ」 に反応するからこそのリアル感故に、という説明もできるでしょうし、 あるいは、これまでの観念的な蓄積 (成長の過程で 「正しい」 と思い込 [続きを読む]
  • 「どこか」に行かなくても辿り着いている不思議
  • 「どこか」 にゴールがあるはずだ、、 「どこか」 に行けばきっと 「自分」 は辿り着けるはずだ、、 「私」 の目的地は、今のここではない 「どこか」 なんだ、、 といった具合に、、私たちは、今目の前には決してありはしない、「どこか」 を信じて疑いません、、 その 「どこか」 こそ、「私」 が目指している場所であり、境地であり、最終地点である、、 といった具合に、、私たちは、、今ここではまだ 「辿り着いてはいな [続きを読む]
  • 無心にして大道に帰する
  • たぶん、懐かしのOSHOおじさんだったと思いますが、、 思いがけず、こんな言葉を思い出したものです、、 「あなた」 が居ては、宇宙がその器の中に入れない 「あなた」 が不在のとき、宇宙がその器を満たす、、的な、、 少し前に書いた記事では、、「自分」 というエネルギー、、 即ち、個人の 「都合」 や、自己中心的な 「恐れ」 といった反応にとらわれた状態を、 流れに対する 「滞り」 といった意味で、川底に沈み [続きを読む]
  • 「在る」とき「許し」は起きている
  • 自我は、「恐れ」 故の所有性のために、、 あらゆるものにしがみ付こうとするのがまさにそのプログラム上の性質であると言えるでしょう、、 一般的に 「負」 とされるものにまで、自らの防衛のためということで、 (以後、同じようなことが起きた時は真っ先にそれを避け、そこから離れるようにと、) 観念の中にその際の 「反応」 を蓄積してしまうというところが少々やっかいなところであるとは言えるかもしれません、、Oo。。( [続きを読む]
  • どんなときも動かない質
  • さて、寝起きに、思いっきり机の角っこにガコン!! なんともバースデイ前に、足の指を良い感じに腫らしております、、(T▽T;) 我が妹が先月、、足指の骨折で半月ほど仕事を休んだという話もあり、、 あるがままってやつは、、マジ許せん代物ですね!!( ̄へ  ̄ 凸 ↑という、「自分」 意識 (抵抗) が優勢になっていることに気づきつつ、、足のケガついでに今日も書いてみましょう、、(;'∀') というわけで、禅の修行の [続きを読む]
  • 「自分」を手放して、真実を生きる
  • さて、「禅」 というもののの印象が、いわゆる、禅仏教のような、 堅苦しくて、日々悟りのための修行に明け暮れる、どこか無機質なものだという印象はどうしてもぬぐえません、、 けれども、実際に、禅のエッセンスに触れ、それを衣として生きるという方向へ歩み出すとき、、 これほど有機的で、悟り的にも相対的にも、、 まさに 「どの部分」 も完璧に網羅するアプローチは、、 おそらく世界のどこにも見当たらないだろうと [続きを読む]
  • 気づきと受容の物語
  • 「怒り」 に気づいているとき、あなたは 「怒り」 を見ている者です、、 「混乱」 に気づいているとき、あなたは 「混乱」 を見ている者です、、 「焦り」 に気づいているとき、あなたは 「焦り」 を見ている者です、、 「恐れ」 に気づいているとき、あなたは 「恐れ」 を見ている者です、、 それを見ている 「気づき」 は、、ただ 「気づいている」 というその質自体で、 その様子を 「受容」 していると言って良いでしょう [続きを読む]
  • 明け渡しとは
  • さて、エネルギー的な観点からすれば、 ある種、器 (うつわ) の中に、「都合」 や 「抵抗」 といったところの 「自分」 のエネルギーが満ちていると、、 まるで、流れの中にあって、川底に沈み込む石ころのように、見かけ上、頑として動かず、 一種の、「滞り」 といった様相もそれなりには見られる話です、、 もちろん、こうした様相も 「全体」 という、途切れの無さからすれば、 何らかのバランス上において必要な事なの [続きを読む]
  • 自己を忘れるとは
  • 道元禅師曰く、、 仏道を習うというは、自己を習うなり 自己を習うというは、自己を忘るるなり 自己を忘るるというは、万法に証せらるるなり さて、、貧しさや争い、混迷、混沌として先の見えない時代背景にあって、 仏道へと 「救い」 を求めて来た人々に、、 道元禅師は、ただひたすらに坐ること、、いわゆる、只管打坐 (しかんたざ) を説いたとされています、、 もちろんこれは、「悟り」 や 「真実」 を求めて門下と [続きを読む]
  • 分からないまま在ってみる
  • なぜ、分からないのか、、あるいは、なぜ、分からなくなるのか、、 それは、どこかに答えがあるはずだ、、何らかの答えを自分は手にできるはずだ、、 といった具合に、、 それをつかもう、とらえよう、解明しようという思考が起きているからであるとも言えるでしょう、、 思考はその性質上、、物事を分割分断し、 概念や定義といったくくりで以てどうにか枠に収めようとするのが常です、、 もちろん、こうした (思考の) [続きを読む]
  • 禅〜相対と絶対をつなぐ道
  • ある日の夕暮れ、、一人の少年が、、 戸締り前のある教師のところへ駈け込んで来た、、 せ、せ、先生!!つ、つ、ついに!!悟りの経験をしました!!ヽ(*'0'*)ツ ・・・・・( ̄ー ̄) ほう、、そうですか、、 は、はい!!!ついに分かったんです!!ワンネスとか、非二元性とか、, すごい経験でした、、急に自分が拡大して!!自分が全部になって!!とてつもないパワーで広がったんですよ!! はい、そこまで、、( ̄ー ̄) [続きを読む]
  • 今こそ、禅スイッチ!
  • さて、日常はこの上ない、禅の実践の場です、、 個人的には、禅寺以上に禅の修行ができるのは、 私たちのまさにこの日常であると思っている今日この頃、、─=≡Σ((( つ??ω??)つ 例えば、、日常に際して、、「面倒な事」 などが体感を通して起きた時、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) そうした時は、、「目の前の出来事」、「今ここで起きているリアリティ」 よりも、 今ここを離れた (過去や未来の) 「どこか」 へと意識 [続きを読む]
  • 思考は止められるの?
  • ある日の夕暮れ、、お馴染みのあの少年が、、笑 さらにお馴染みのあの先生へ、、質問をしていました、、 先生!思考を消すにはどうすればいいのでしょう??(。・ω・)ノ゙ ほうほう、、今日は 「思考」 についてですか、、( ̄ー ̄) その前に、一つ確認しても良いですか? あなたは、どうして 「思考」 を消したいと思うのですか? ・・・・('-'*) はい、それはもちろん、、思考が幻想を生み出している根源でありますから、、 [続きを読む]
  • 無知に還る
  • 「知っていると思っている」 ものではなく、、 それらすべてを手放したときに残るもの、、 それらを 「知る」 以前から、「知っていた」 こと、、 それで在るということ、ここに在るということ、、 この存在の純粋な 「はじまり」 の感覚、、あらゆる経験を見ている疑いようのない 「気づき」 こそ、、 私たちが唯一知り得る真実であり、私たちの正体であると言って良いでしょう、、 --------------------------------------- [続きを読む]
  • 「都合」を手放す、「受容」を見出す
  • 私たちは、「都合」 の生き物です、、 無意識的に、「個人の都合」 に応じて、、 善悪、幸不幸、敵味方、損得、自由不自由を 「分けながら」 生きているとも言えるわけですが、、 状況や立場、文化やトレンド、時代背景などによって、、 そうした二元的な境界線は、いともたやすく揺らいでしまいます、、 もちろん、そうした感覚を持つということ (所有性) が、「個人」 である所以であり、、 社会性の一端を担うものである [続きを読む]
  • 「気になる」から「気づく」へ
  • さて、不思議なもので私たちには、 日常に際して、「他人の目」 を気にする場面がそれなりあったりするものです、、 実はこうした時、、とても良い求道のレッスンになったりもするので、 今回は、その際のエネルギー的様相を観てみたいと思います、、 というわけで、「他人の目」 が気になる時というのは、、 ま、単純に、「それを気にする自分」 がそこにいるというエネルギーが起きているというわけです、、 いわゆる、個体 [続きを読む]
  • 偶然も必然も手放す
  • さて、何かが起こるにつけ、、 「偶然」 なのか、「必然」 なのか、、 思考意識はすぐさま現象を 「枠」 で覆いたがります、、 ことスピリチュアルでは、「必然」 であるという風に 「思い込む、思いたがる」 傾向が割と多かったりするような気がしますが、、 ま、つまるところが、「偶然」 にしろ、「必然」 にしろ、、 そのどちらもが、「概念」 上の 「くくり」 でしかありません、、 すべては必然です、、といったフレ [続きを読む]
  • 迷っているのか、迷いを信じているのか
  • 台風が過ぎ去った夕暮れ、、例の少年が (笑)、、 またあの先生に質問をしました、、 先生!戸締り作業中いつもお邪魔してすみません! ・・・・( ̄ー ̄)凸 やぁ、台風一過にかこつけて、今日も熱心にお勉強かな? さて、今日は何かな? はい!先生!ズバリその、、人はなぜ迷うのでしょう??(。・ω・)ノ゙ ふむふむ、、「迷い」 についてですか、、 そうですね、、その前に、一つ確認しても良いですか? そもそも、なぜ、自 [続きを読む]
  • 「幸せ」を手放す
  • 世の中の、「幸せ」 を見ていったとき、ふと気づくこと、、 それは、、大なり小なりいろいろな種類の 「幸せ」 があるとは言え、、 そのすべてが個人 (時には集合体) の 「都合」 で以て観念化されているという点、、 もちろん、そうした観念的な 「幸せ」 もまた、この相対の世界を生きる上では、 ある種の原動力になるということは実際あって、 それらを否定すべきという話ではなく、、 これまでも折に触れて書いてきた通 [続きを読む]
  • 「答え」を探すのを止めてみる
  • 「探そう」 とすると、瞬間、今ここにないもの、今ここではないどこかへ意識が外されてしまいがちです、、 つまるところそれは、今ここというのがあまりにも身近であるために、 私たちは、無意識のうちに、 今とは違ったどこかに 「探すべきもの」、「見つけ出すべき何か」 があると信じて疑わないためです、、 けれどももし、その 「どこか」 で探そうする動きを注意深く観察し、 意識が、今ここから離れようとする瞬間をし [続きを読む]
  • NOW & ZEN
  • 禅の基本は、「ここ」 を生きること、、 禅は、「ここ」 に居るから、「ここ」 を生きるというシンプルな、 「一所」 懸命の禅定力をその修行の中で身に付けていきます、、─=≡Σ((( つ??ω??)つ もちろんこれだけでも、今ここというリアリティを生きるということは充分に適っているとは言えます、、 けれども、禅は、、この相対 (に見える) 世界の性質をうまく 「使って」、、 相即相入の豊かなエネルギーの交流、さ [続きを読む]