tkharry さん プロフィール

  •  
tkharryさん: 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ハンドル名tkharry さん
ブログタイトル悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ブログURLhttps://ameblo.jp/kidotomoaki/
サイト紹介文悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2013/02/07 15:32

tkharry さんのブログ記事

  • 「個人」では辿り着けないって?
  • しばしば見かける、「個人」 では絶対辿り着けない、、的なメッセージ、、 こうしたメッセージは真実を指し示したメッセージとしてはごもっともだと感心する反面、、 「個人」 の持つ迷妄性を見抜く上で、あるいは、その誤解を 「落とす」 といった意味での、、 ガイドポインターとしては少々 「親切さ」 に欠けるとも言えるものです、、 というわけで、「個人」 とは何かをまず見てみるとき、、 「個人」 とは、「所有」 [続きを読む]
  • 「今ここ」で辿り着いている!
  • というわけで、たまの休みに図書館で見かけたDVDをうっかり借りつつ、 何となしに見てましたら、、日々のキーワードがきれいにまとめられていて、笑 わが意を得たりの如く、一人合点してたものです、、 というわけで、そのDVDとは、、悟り系がまさかの (笑)、、ジブリ作、猫の恩返し、、 ま、アウトラインはこんな感じ、、 主人公の女の子が、、猫を助けたことで 「猫の恩返し」 を一方的に受ける羽目に、、 そ [続きを読む]
  • 「今ここ」で迷わない!
  • さて、そもそも 「迷い」 が起きる際のエネルギーを観てみたとき、、 それは、「今ここ」 から離れて、別の何かや 「どこか」 があるに違いない、「今ここ」 は十分ではないかもしれない、「今ここ」 では辿り着いていない、、などとした、、 「どこか」 を妄信してしまうエネルギーによって生み出される一種の、「誤解」、あるいは、「混乱」 などと言えるかもしれません、、 本来的に 「今ここ」 しか存在していない以上、 [続きを読む]
  • 疲れたときの悟りの処方箋
  • というわけで、絶賛、繁忙期の中、、─=≡Σ((( つ??ω??)つ 連日の睡眠不足に伴って、、Oo。。( ̄¬ ̄*) 鈴木俊隆禅師の言葉が警策のように意識に浮かび上がりました、、 あなたが疲れているときには、あなたのエゴが疲れているんだ! さて、エゴやら、自我というものは、、元来、防衛に基づいたエネルギーであるので、 体感的に、より 「快」 を感じる 「理想的な状態」 を求める傾向が常にあります、、 これにより [続きを読む]
  • 禅の宝を受け取る方法
  • 禅についてのイメージを、、悟りを開くための厳しさの反面単調な修行、、などと思っていると、、 禅の師たちがその体系の中に遺した、真の 「遺言」 をおそらく見落とすことになるでしょう、、 即ち、禅が指し示しているのは、、「今この瞬間」 以外にはなく、、 いついかなる時も、どこに居る時でも、、 私たちが 「それ以外ではないありえないこれである」 ということに気づかせるべく、 逃れのようない、「今ここ」 から [続きを読む]
  • いつもそばには「今」がある
  • 私たちは、どこに居ても何をしていても、 「今」 から離れることはできません、、 思考がはるか遠くの過去や未来、「今ここ」 にはない記憶や理想などで意識がまやかされているときであっても、、 私たちが、「今」 以外に存在するということはどうしたってできないのです、、 なぜなら、存在 (の真理) そのものが 「今」 であり、私たちの正体が究極的には 「今」 だからです、、 ですから、「今を生きる」 というのは、 [続きを読む]
  • 禅〜ひたすらに出会う誓い
  • 何が起きるか分からないからと 「恐れる」 あまり、防衛に徹し縮こまる様相、あるいはその傾向そのものを自我と言い、、 何が起きるにせよ、その瞬間の出来事の中に自らを差し出し、「出会う」 生き方を禅と言います、、 しかるに、様々な鬱性の根源には、、肥大化し動きが鈍くなった自我性のエネルギーがあると観ることができます、、 そうした、ある意味で、「流れの滞り」 を手放し、「流れそのもの」 の中へと舞い戻ら [続きを読む]
  • 信じない力を友とする
  • 心が何かの信念を 「信じて」 窮屈に縮こまり、 あれが正しい、これが正しい、あの人はこうであるべきだ、人生はこうでなければならない、、といった、 あれこれの葛藤の中で、、行き場を探ろうと混乱のせめぎ合いが起きているときは、、 そうした思考の様子に気づき (アウェアネス) を照らしながら、、 そうした思考のすべてを、「信じないで」 居られかどうか試してみると良いでしょう、、 私たちの (自我) 意識は、 [続きを読む]
  • 何度でも 「今ここ」
  • どうも、お久しぶり?です、、 うっかり耳にしてしまった、タイムトラベルとか、タイムトラベラーとかの話、、 高名な科学者が人生をかけてこの謎や理論について探求しているそうなのですが、、 実際のところは、、 結論、、タイムトラベルはできません! ええぇぇぇ!!??ななな、、なんて夢のないことをーー!!ヽ(*'0'*)ツ ※(↑) と言われるのも、ご尤もなのですが、、 というのも、、「タイムトラベル」 という [続きを読む]
  • 今ここに目覚めるのは今ここ!
  • 日々、、子供たちと関わっていると、、 集中力散漫、やる気スイッチが入らない、心ここにあらずのふわふわ状態、、 こうした様相を目にすることもままありながらも、、 そうした、「今どこ」 状態の意識を 「今ここ」 に目覚めさせるといったところが、 一応仕事柄、腕の見せ所といったところでもあるわけですが、、 幸い私は、、探求の道の中でこうした状態がどのような構造で起きているかを見てきているため、、 彼らを 「 [続きを読む]
  • 「不都合」に出会う力
  • 私たちの人生には、「晴れの日」 ばかりが続くことはありません、、 相対の世界においては、「晴れの日」 もあれば、「雨の日」 もあり、、 一見、「晴れの日」 が一転、炎天下のように苦しいと感じる時もあるかもしれません、、 今のところの世の中的な観念においては、、 一生懸命努力して、より良い未来、より安全な環境を作り、そこに身を置くことを何よりの 「目的」 とするように教え込まれていたりもするものですが、 [続きを読む]
  • どうすれば今を生きられるの?
  • さて、連日34〜5度の日々に、ようやく自我も諦めたようで、体感がだいぶ楽になってきました、、笑笑 なかなか今にいられない、、 今に居ようとすればするほど今ではない思考が沸いて来て今に居ないような感じがしてしまう、、 一体どうすれば今に居られるようになるだろう、、などといった心配に対して悟り系から一言、、 安心してください!どんなに思考が 「今ではない」 ところに私たちを連れ出そうとも、 私たちが今 [続きを読む]
  • 分離の催眠から目覚める
  • というわけで、「対象化」 によって生み出される二元的なエネルギーを見てみましょう、、 私たちは体感的に不快な出来事に遭遇すると、 「肉体の都合」 をトリガーとして瞬時のうちに防衛プログラム上の自我性 (恐れ) が反応し出します、、 例えば、この連日連夜のこの 「暑さ」 に際しては、、 この 「暑さ」 から離れたい、この 「暑さ」 を別の何かに作り変えたい、、 この 「暑さ」 であってはならない、この 「暑さ [続きを読む]
  • 「諦める」と通じるって?
  • さて、以前の悟り系では、 諦めること、降参すること、サレンダーすることで物事がスムーズに流れ出す、、 といった話をよく耳にしたものです、、 こうしたことを最近の悟り系の観点から見ていくと、、 エネルギー的にどのようなことが起きているかについて少しだけ、、 まずそもそも、「諦める」 というのは、何を諦めることを指すのかについてですが、、 これは即ち、、「個人の都合」 の諦めです、、 ----------------- [続きを読む]
  • 「今」が私を生きている
  • 猛烈な暑さに解け (溶けww) 去りながら、 麦わらのハリーは休日を利用して夏野菜をモリモリ栽培中です、、 いろいろな野菜を栽培する中で、、ほんと私たちそのものとも言える野菜さんたちの姿にホホー!と感嘆する時分もあったりします、、 例えとして、きゅうりやナスやピーマンやスイカなどは、、 当然ながら、「一つの根っこ」 を源泉として様々に枝分かれをして、見かけの上での 「個」 としての形を成しているわけ [続きを読む]
  • ここではないどこかで苦しまない
  • まずは、鈴木俊隆禅師の逸話より、、 ある女性が彼女の夫について来て、禅師の下で一週間ほどに及ぶ坐禅三昧の修行、、 いわゆる、接心 (せっしん) に参加 (参禅) した時のこと、、 その初日が終わらないうちに禅師のもとを訪れ、女性は音を上げた、、 これは何かの間違いです!こんなことは続けられません! 私は夫について来ただけなんです! すると、禅師曰く、、 間違いなどありません。もちろんあなたはここを去っ [続きを読む]
  • 「動き」の中に三昧致す
  • さて、ここ数週間は、半端ない暑さを言い訳に、、 瞑想の時間がとれていません、、笑 おそらく、そういう方もいらっしゃるだろうと思い、、 なかなか坐る時間が取れないという方のために、 禅的なアプローチでいうところの 「動中の工夫」 について簡単に、、 禅の修行を、「静中 (じょうちゅう) の工夫」 と 「動中の工夫」 などと便宜上分けたりする場面があります、、 「静中」 というのは、坐禅のような動かずの取り [続きを読む]
  • 真実を受け取る生き方
  • 「今にないもの」 に意識を向けることができるというのも私たちに備わった豊かな機能の一つであるわけですから、、 そうしたことのすべてを否定すべきであるというわけでもありませんが、、 それでも、どうあってもリアリティは目の前にある今ここだけであるということが揺らぐことはない以上、、 あまりにもそうした 「今ここにないもの」 にばかり意識を魅了されている様相は、、 「真に生きている」 とは言い難いというの [続きを読む]
  • 悟りを探す旅が決まって終わる場所
  • 悟りや真実と言われるものを探し求めて、、 私たちは、、その答えを、本の中や、覚者と呼ばれる人、あるいは、様々な体系の修行の中に求めます、、 けれども、どこを探そうとも、どこで探そうとも、誰の下で探そうとも、、 見つかる真実は、実は、初めから隠されたことがなかった明白なものです、、 そして、その時、、これまで出会ってきた様々なポインターが指し示していたもの、、 ワンネス、無分別智、真我、I AM T [続きを読む]
  • 宇宙と繋がる方法って?
  • 人生において、、「自分」 にとって、「快」 を感じたり、「都合」 の良い方を選んだりすることは必要に応じて起こることは否定はしませんが、、 例えば、、面倒な出来事や、できれば避けたいと思う 「不都合」 な場面に遭遇した際など、、 「不快」 を覆い隠す代わりに、「快」 の方に逃げない、、「快」 の陰に隠れないといったことに意識的になることが求道においては何よりの好機となるとも言えるかもしれません、、 実 [続きを読む]
  • 今ここパワースポット!
  • さて、先日、一生懸命という 「どこか」 を目指す生き方から、、 一所懸命の 「今ここ」 に根差す生き方へのシフトに関する記事を書きましたが、、 一生懸命 「どこか」 を目指して生きる生き方は、、 「どこか」 が決して訪れ得ないという誤解に気づかないまま、、 ひたすら 「どこか」 を目指して走り続けるエネルギー的様相であるからして、、 エネルギーは 「漏れ」 続け、消耗し続けるといった体感が常に付きまとったり [続きを読む]
  • 雨にも出会い 風にも出会う 
  • 雨や風が身に染みる時、、 私たちは、どうしてもそこから逃れ、それとは違った現実を望んだり、あるいは、より良い現実を引き寄せようとしたりと、、 今ここ以外の何かへと意識を曇らせてしまいがちです、、 「曇らせる」 という表現はまさしくそうで、、目の前には、出会うべきリアリティが現れているわけですから、 それを見て見ぬふりをしながら、今ここにないものばかりに空想の中で魅了されてばかりいたのでは、 本来 [続きを読む]
  • 「一生懸命」からの卒業
  • さて、「一生懸命」 というのは、いつの頃からかこの世的な 「美徳」 として祭られているきらいがあります、、 それに伴って、「一生懸命」 に取り組まないというのは、人として望ましくなく、時に罰すべき態度であり、 改善し、「一生懸命」 に取り組めるようになるように自分を律していかなければならないのだと、、 ある種、脅迫的な観念がその背後に刷り込まれているようにも感じられます、、 ま、そうしたことは置いとい [続きを読む]
  • 乗り越えなくても大丈夫!
  • 私たちは、一般的に、、困難や苦しみ、あるいは、挑戦すべき壁などに遭遇すると、、 往々にして、、「乗り越える」 という感覚で物事に向き合います、、 もちろん、こうした、ある種、建設的なアプローチが、様々な場面や時代の中での局面において、 進歩的に物事が進む原動力の一助となったという側面も確かにありつつも、、 「乗り越える」 という観念で出来事に向き合うことで生まれるエネルギー的様相を観てみると、、 [続きを読む]
  • 「今ここ」を忘れられないのは?
  • 言われてみれば不思議に思うこと、、 私たちは、、日常の中で、日にちを忘れることは頻繁に起こるものの、、(。´・ω・)? どこに居ても、何をしていても、、「今日」 が 「今日」 であるということ、 「今」 が 「今」 であるということは決して忘れることはできません、、 一応のところ、今日は相対的な認識では 「7月2日」 であって、、 今日という日を、カレンダーの中の一日に限定化し固定化する、、一種の便宜的な思 [続きを読む]