tkharry さん プロフィール

  •  
tkharryさん: 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ハンドル名tkharry さん
ブログタイトル悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ブログURLhttps://ameblo.jp/kidotomoaki/
サイト紹介文悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/02/07 15:32

tkharry さんのブログ記事

  • 一寸坐れば、一寸の仏
  • 一寸坐れば、一寸の仏 坐禅をする際に確か教わったように思える、こちらの禅語、、 一寸とは、坐禅の際に用いる線香がわずか数センチほど燃えた長さのことを言うらしいですが、、 今回ここで目を付けたいと思うのは、、 坐ること、すなわち、、坐禅することで仏になる、、といった部分、、 もちろん、こうしたポインターは往々にして誤解を招くこともあることは確かで、、 つまりが、「坐禅」 を通して、「仏」 に 「辿り [続きを読む]
  • 真実はすでにあるって?
  • 非風非幡 (ひふうひばん) という禅の逸話が思い出されました、、 昔々、ある二人の僧が講義などの合図に用いる、寺内の大きな幡 (はた) を見上げていたそう、、 パタパタ〜〜♪と軽やかに揺れている様を見て、、 一人の僧がこう言った、、 幡が動いているね〜 それを聞いたもう一人の僧がすかさずこう言った、、 え??風が動いているんだよ! するとまたもう一方が、、 そうかもしれないけど、幡が動いているじゃ [続きを読む]
  • あなたがあなたで在る自由
  • 竹は竹で在る自由がある、他の何者かになる必要はない、、 そのままで居る自由、、竹として揺れる自由が初めからここに、、 松も松で在る自由がある、他の何者になることを求めることもせず、、 ただそのままの姿で在る自由、松として佇む自由がいつもここに、、 ---------------------------------------------------------------------------------- さて、「自由」 とは、手に入れたいものが一つでも多く手に入り、 望ん [続きを読む]
  • 「手放す」にはどうしたらいいの?
  • さて、こうしたメッセージではしばしば見かけられる、 「手放す」 という表現、、 執着を手放す、抵抗を手放す、恐れを手放す、自我を手放す、思考を手放す、習慣を手放す、、 私のブログでもなかなかの頻度で登場していることもあり、、 一体どうすれば、「手放す」 ことができるのか??といった前提に戻りたいと思います、、 人によっては、手放すことが大事だとは分かっていながらも、 一体どうしたらうまく手放すこ [続きを読む]
  • 「私」に気づいているのは誰か
  • さて、おったまげの風邪がぶり返しで、、 今日はほとんど臥せっておりました、、 昨日もなんとか仕事をこなしつつ、、自宅に帰るやいなやのバタンキューでした、、 さて、そんなこんな頭がぼーっとする中、、 今日が何月何日なんてことは当然、 あるいはまた、自分が今何歳かなんてのも油断すると忘れてしまうこともままありながら、、 それでも決して忘れられないのは、、 やはり、今ここ居るということ、今ここで気づ [続きを読む]
  • 今ここをダイレクトに生きる!
  • さて、本日で5月とやらも終わりとのこと、、 そんな月末に寄せて、、忘れかけていたとある禅の逸話が思い出されましたので、 いつぞやぶりにリリース! というわけで、昔々のこと、、 ある禅師と弟子が旅をしていたそうな、、  ─=≡Σ((((*゚ー゚)ゞ     ─=≡Σ((((  ̄ー ̄) 道すがら、川べりのところで、困ったように佇む一人の女性がおったそうな、、 近くまで寄ったところで話を聞いてみると、、 前日の大雨 [続きを読む]
  • 「すべてはひとつ」って本当?
  • というわけで、先の風邪の折、、 とある思考がここぞとばかりに語り掛けてきたものです、、笑 あれれ、ハリーさん、、 普段は、受容が大事だとか、抵抗を手放すべしとか言っておいでなのに、、 風邪を引いたら、病院行くんじゃありませんのん? おー!確かに!!そだねーー!!笑 思考さん、、こりゃとても良いブログのネタをありがとう、、笑 -------------------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 「習慣」に意識的でありなさい
  • さて、ここ数日体調を崩しつつ、、 病院の待ち時間などは、例によって鈴木俊隆禅師の逸話集をペラペラと見ていたものです、、 以前は、素通りしていた箇所に目が止まり、 話は修行者の何気ない相談に禅師が答えた場面でしたが、、 思いがけずその時は、、しばしそのまま禅師の指さす先を観じていたものです、、 ある日、一人の修行者が禅師の部屋を訪れ、 台所でついついつまみ食いをしてしまい、それがやめられずにどうした [続きを読む]
  • 真実はつかまえられるものなの?
  • さて、個人的に大好きな、喫茶去 (きっさこ) という禅の逸話の産みの親というべき、 趙州 (じょうしゅう) 禅師の修行時代の逸話を思いがけず発見!! ※喫茶去については、よろしければ過去記事、こちらをどうぞ♪ ※ちなみに、趙州禅師は、あの臨在さんの師匠の師匠ということで、中国禅の発展に欠かせない方のようです、、って、実際この禅師なかりせば、現代に喫茶店はないことになりますね、、 というわけで、若干 [続きを読む]
  • 時には理想を捨ててみる
  • 理想の自分、理想の相手、理想の人生、理想の社会、理想の〜〜、、 「理想」 というエネルギーも時として、物事が好転的に計らうトリガーとして効果を発する側面もあるとは言いつつ、、 それでも、「理想」 というエネルギーが何なのかを注意深く見てみると、、 その背景には、「今ここ」 への非受容性といったものが大なり小なりあることは否めません、、 即ち、、「理想」 があることによって、「目の前のこと」 と 「理 [続きを読む]
  • 探すのをやめたとき見つかる不思議
  • 何をしていいかわからないとき、、 今居るこの場所はどうも違う気がして、望んだ何かが見つかるかもしれない 「どこか」 へと、 ひたすらに 「探し」 に出かけるといったエネルギーの習慣的な動き、、 「探す」 というまさにその前提が、、「見つかっていない」 状態をより強固にしてしまうために、 意識は、ますます何かを明らかにしようと奔走 (迷走) を続けてしまうのかもしれません、、 そうした浮遊の感覚、どこか [続きを読む]
  • 晴れてよし、曇りてもよし
  • 私たちは、自我性の 「恐れ」 というプログラム上の精密な反応によって、 もはや、無意識のうちに 「晴れの日」 こそが 「良い日」 であって、 「曇り」 や 「雨」 の日は、「悪い日」 であるという認識に意識を眠らせてしまいがちです、、 もちろん、「個人」 の 「都合」 に沿わない出来事が現れれば、 その都度、必要な策や行為を吟味し、より最良に思えるものを実行するといった反応も、 自然さの一部 (全体の能力) と [続きを読む]
  • 雨にも負けず風にも負けず
  • というわけで、毎年この季節には恒例となっております、田植えの季節を迎えています、、 こちらに帰って、早7回目の田植えとなりましたが、、 毎度いろいろなドラマを生んでくれます、、 今年は、まさかの冷たい風と、雨が降りしきる中の初日となりました、、 日々、ZEN!ZEN!ZEN!とメッセージしている者として、、 この上ない禅の実践の場、、不立文字を打ち立てつつ、、 ただひたすらに今ここと出会う機会を頂 [続きを読む]
  • 「分離」を超える簡単な方法
  • ストレスや恐れ、できれば避けたいとする状況、、 あるいは、その対象となる相手が目の前にいるような場合に際して、、 多くの場合私たちは、、そうした、「対象」 を遠ざけ、その場からできるだけ早く離れたいとした、 無意識的な反射性と多かれ少なかれ日々同居していると言って良いでしょう、、 こうした反応こそが、私たちのプログラム上の防衛性であるところの、 自我性、「恐れ」 であるというのが日々お伝えしていると [続きを読む]
  • 瞑想はなぜするの?
  • こうした悟り系のメッセージに触れていると、、 「瞑想」 というワードにまま出くわすこともあるでしょう、、 「瞑想」 については、いろいろな誤解があるので折に触れてハリー的につづることもあるのですが、、 そもそも 「瞑想」 とは何か、ということですが、、 まぁ、シンプルに言うと、、日常生活を過ごしていると、 往々にして私たちの意識が、、相対性 (分離性) という感覚にはまり込んでしまう傾向は、 多かれ少 [続きを読む]
  • 「救い」をどこかに求めていやしないかい?
  • というわけで、鈴木俊隆禅師の逸話集をペラペラと見ておりましたら、、 今回はこんな箇所が目に止まったものです、、 一週間ほどに及ぶ、連日の坐禅三昧の修行を禅では、接心 (せっしん) と言うのですが、、 その4日目、、ある修行者が、痛い足とうずく背中、希望、そして、この接心には果たして何らかの価値があるだろうかという疑いが沸き起こりながらもひたすらに坐っていたそう、、 そんな中、禅師は話し始めました、 [続きを読む]
  • 「今」に目覚める食事の作法
  • 日々、ZEN!ZEN!ZEN!ZEN!!と歌い出しそうになるくらいうるさい悟り系であるため、、 たまには、禅風の食事の仕方を日々の中に取り入れてみねばと実践をしてみたわけです、、 普段は、おかずを食べたら、そのままごはんを一緒に食べるといった いわゆる、一連の 「習慣」 の中に身を置いております故、、 見事に身体に刻まれる、そうした無意識のパターンを目撃するや我ながらハッとした次第です、、 ある [続きを読む]
  • 「分かる」以前から知っていたもの
  • というわけで、何度か私のブログをご紹介頂いている、、(●‘∀‘●)ノ" AKANEさんがワンダホーな記事をお書き下さいました、、 こちら♪ 1 + 1 の答えは、、1 + 1 なり〜 いやいや、、ハリーさん!それじゃ 「問題」 が解けてないでしょ!? 1 + 1 の 「答え」 は 「2」 に決まってるじゃありませんか?? というご意見、ごもっとも!! おっしゃる通り、それは、「決まっている」 だけなんです! 1 + 1 [続きを読む]
  • 「身体」に戻る、「今」に戻る
  • というわけで、前回は、 「身体」 からのアプローチで 「心」 の調整、調和、規律を取り戻していく上で、、 禅のスタンスを紹介したわけですが、、 これが往々にして、功を奏する場合が多いのには一つ理由があります、、 つまりそれは、、シンプルに、「身体」 が常に今に在るからということに他なりません、、 「心」 というのは、便宜上の区切りで、 本来的には一定の形を成した 「心」 などというものがあるわけではな [続きを読む]
  • 禅〜身体と心の物語
  • というわけで、禅には、身心一如 (しんしんいちにょ) という考え方があります、、 即ち、身体も心も途切れのないひとつながりのもの、、的な感じで、、 実際のところ、「身体」 も 「心」 も概念的な 「区切り」 に過ぎませんが、、 便宜上のポインターとしては実に有効に働く場合があります、、 ------------------------------------------------------------------------------------ 前回は、求道における 「思考」 [続きを読む]
  • 「思考」は止めなくても大丈夫!
  • しばしば、求道に関するメッセージの中で誤解を招きやすいのが、、 考えないようにしましょう、、考えない訓練、努力をしましょう、、といった類のものです、、 確かに、「思考」 が、本来途切れのない 「無分別の実相」 に覆いかぶさることで、 物事を分離、分割、分断している 「見かけ」 の世界を作り上げている最たるものであるとは言えますが、、 「思考」 を止めようとか、あるいは、「思考」 しないようにしましょう [続きを読む]
  • 自由に「なる」ことを諦める
  • 私たちは往々にして、「自由」 に 「なる」 ことを求めてしまいがちです、、 というわけで、私たちが思い描く 「自由」 というのが何のか、、少し観察してみるのも時には有意義な求道になることでしょう、、 私たちにとっての 「自由」、、これは、、可能な限り長期間に渡って、 「個人」 にとって 「都合」 の良いことが叶い続ける、あるいは、その状態を維持することで得られるであろう感覚のこと、であるとするならば、、 [続きを読む]
  • 「分からない」という明白さ
  • 「分からない」 というとき、私たちは、、 往々にして、混乱し、途方に暮れ、時には絶望といった様相へと陥り、 その後において、その場で縮こまり、倦怠感のような体感に伴って虚無感のまま動けなくなってしまう、 あるいは、動きが鈍くなってしまうといった、収縮の感覚が優勢になるケースというのも時として起こり得るものです、、 これは、「分からない」 ということに諦めていないからで、、 「どこか」 に 「答え」 [続きを読む]
  • 「流れ」の中に三昧致す
  • 「私たち」 が 「流れている」 のではなく、、 私たちこそが、「流れ」 そのものなのであって、 つまるところが、一瞬たりとも、同じ 「自分」 で居るということはできないということです、、 ですから、固定化した 「一定の形を成す私」 というのは、 実は、思考がそうだと思い込んでいるだけの 「見かけ」 に過ぎないのです、、 ですから、どんな 「自分」 が現れようが、、あるいは、「自分」 の信念に沿わない 「自分」 [続きを読む]
  • 今ここパワースポット!
  • というわけで、連休後半は、天候にも恵まれ、、 引き続き家庭菜園に精を出しております、、 昔は連休になれば、あちこちの神社巡りをしながら、 南は四国、北は宮城まで駆け回っていた時代もありましたが、、 最近は出かけることも減り、、休日となれば今ここ三昧ひたすらです、、─=≡Σ((( つ??ω??)つ そう言えば、一昔前は、パワースポットという言葉を頻繁に見かけましたが、、 最近はさほどでもないですね、、 [続きを読む]