飾工房 さん プロフィール

  •  
飾工房さん: 飾工房ブログ
ハンドル名飾工房 さん
ブログタイトル飾工房ブログ
ブログURLhttp://kazarikoubou.blog43.fc2.com/
サイト紹介文名古屋の貴金属加工専門店。オーダーメイドジュエリーの紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/02/07 15:43

飾工房 さんのブログ記事

  • 臨時休業のお知らせ
  • 誠に勝手ながら、長期出張により4月17日から5月1日までお休みとさせていただきます。大変ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。なお休業期間中、メールでのお問い合わせには通常通り対応しておりますのでお気軽にご利用くださいますようお願いいたします。 [続きを読む]
  • リングのサイズ直し
  • k18のリングのサイズ直しです。ダイヤモンドが入っています今回は4号小さくするので1号1mmなので4号で4mmこの分をカットしますこんな感じですこれを繊細な力業で寄せてろう付けします磨いて完成今回のサイズ直し代は500円(税抜)です。お気軽にご利用ください。*リングのデザインによっては追加料金がかかる場合があります [続きを読む]
  • 焼きなまし
  • 加工しやすくするために行う「焼きなまし」これはプラチナです。バーナーで、赤くなるまで溶ける寸前まで加熱します。この後、水につけて急冷すると柔らかくなります。この工程が「焼きなまし」ジュエリー加工には欠かせない作業です今は石枠を作っているのですが焼きなましをすると、こんな風になめらかに曲げる事が出来るようになります。加工をしていると再び硬くなっていくのでなましては加工、なましては加工、を繰り返します [続きを読む]
  • 金ロー
  • リングのサイズ直しやチェーン切れの修理など金属と金属をくっつける時に必須なのがこのロー材。プラチナにはプラチナ用のシルバーにはシルバー用のロー材がそれぞれありますがこれは18金用ペラペラの板状です。これを細かく切って使用します。くっつけたい所に小さくカットしたこのロー材を置いて火で、溶かし入れる感じです。18金ですが18金よりも融点が低く作られているロー材。これがあるからこそきれいにくっつける事ができる [続きを読む]
  • 折れたバングルの修理
  • シルバーのバングルがポッキリと折れてしまったものです。(修理前の画像を撮り忘れすでにくっつけている所)よく見ると裏側に地金を張っているのが分かります矢印の部分これは補強の意味もあります。もともと薄く弱い所だったので単にロウ付けするだけだとすぐに折れてしまうのは確実。そのため薄い銀の板を裏張りするのです。しっかりとくっつけたら余分な部分を削り研磨裏側は凹凸ができますが修理前よりも頑丈な仕上がりに。も [続きを読む]
  • シルバーリングのサイズ直し・幅広タイプ
  • 飾工房へのお問い合わせの中で一番多いのがサイズ直しです。修理の可否はもちろんのことやっぱり気なるのは料金ですよね。ということで料金詳細の一例をご案内します。今回、素材はシルバーでリングの幅が広いタイプです。14号から18号へ4号大きくします。これはすでにカットして広げたものと足す分の地金。加工部分がけっこう大きめなのがお分かりいただけますこうした幅の広いリングは通常のリングに比べ倍以上の手間がかかりま [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いいたします
  • 今さらですが明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。予定では1月6日より営業開始でしたが年末にインフルエンザにかかってしまいまして本日8日からのスタートとなってしまいました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。現在は元気に営業しております!お気軽にご来店いただければと思います。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 10金と18金の色の違い
  • 左から順に18金、10金(一番右はシルバー)10金は淡い金色です。金の量が少なくなるので、色も薄くなります。*一般に売られている10金製品の中には より色を濃く、金色に見せるため メッキ加工されているものが多くあります [続きを読む]
  • 最近ブログをサボっててゴメンナサイ。元気に営業しております!忙しく色々と作っているのですがブログには載せれない仕事も多く……あ、怪しい仕事ではないです。お取引先様の情報保護とか様々な都合で。また落ち着いたら書きます! [続きを読む]
  • 石付きリングのサイズ直し
  • 当店ではリングのサイズ直しを基本料500円でやっておりますがどうしても追加料金がかかってしまう石付きリングのサイズ直しについてです。石が付いたリングの場合はサイズ直しの際に使う、バーナーの熱で石が割れてしまう事があります。特にシルバーの場合はプラチナやゴールドに比べリスクが高いです。そのため、熱から石を保護するために特殊な材料を用います。この青緑色をしたものがそうです。これで炎の熱から石を守ります。 [続きを読む]
  • Bob Marley 命日SALE!
  • 明日5月11日はボブマーリーの命日です!ということで突然ですが5月11日だけの1日限定クーポンを発行中です!クーポンご利用でなんとBMTが全品30%off!!!クーポンコードは 「bmt0511」 この日だけの限定セールです是非この機会にご利用くださいお待ちしております![クーポンのご利用方法]*商品をカートに入れた後、ご注文画面に進みますと、クーポン入力欄がございます。bmt0511と半角英数字にてご入力ください。*クーポンのご [続きを読む]
  • GW営業日のお知らせ
  • 申し遅れましたが飾工房はGW中、休まず営業しております。いつでもお気軽におこしください。なお、5月16日(火)〜19日(金)連休とさせていただきますので予めご了承の程よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • easter egg
  • こんにちは。職人のヨメです。昨日はイースターだったんですね。「イースターは日本で定着するのか」なんて記事がネットに流れてて初めて知ったんですけど。そういえばテーマパークではイベントを、大手スーパーでは何かしら商戦を繰り広げていたような……いまいち盛り上がりに欠けてるみたいですけどそのうち、ハロウィンのように賑やかになるのかも……ですねと、それはさておき。イースターといえばタマゴ。イースターのタマゴ [続きを読む]
  • フラガール
  • 奥様へのプレゼントにとオーダーをいただきました。奥様はフラに縁のある方なので今回はこちらのデザインを古典フラ、カヒコをモチーフにしてます。シルエットだけをデザイン化して出来上がりがこちらです。素材は k18、ダイヤモンド。オーダーありがとうございました! [続きを読む]
  • メレダイヤ
  • こんにちは。職人のヨメです。今日はメレダイヤの仕分けを手伝ってます。メレダイヤとはフランス語で『小粒石』定義は様々ですが一般的には0.1ct以下のものです。今見ているのは直径が約1mm~1.5mmのもの。こ、細かい……石が、裏を向いているのか表を向いているのか(老眼には)ギリギリ肉眼で確認できるレベルマイクロスコープでのぞいてみるとこんな感じ仕事とはいえ目が疲れる〜〜 [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • 新年あけましておめでとうございます。予定より一日早く、本日より2017年の営業を始めます。本年も皆様にお喜びいただけるよう頑張っていきます。何卒よろしくお願いいたします。               飾工房   丹羽貴之 [続きを読む]
  • 本年もありがとうございました!
  • 本日27日をもちまして、飾工房は2016年の営業を終了いたします。今年も一年ありがとうございました。また来年も皆様に感動していただけるジュエリーを作っていきたいと思います。2017年も引き続きよろしくお願いいたします。新年は5日より営業いたします。               飾工房  一同 [続きを読む]
  • ノーベル賞のメダルの話
  • こんにちは、職人のヨメです。もうすぐノーベル賞授賞式が行われますね。「オートファジー」の大隈良典さんが医学生理学賞を授賞の予定。日本人としてはとっても嬉しいニュースです。その絡みもあってか、昨日某番組でノーベル賞を特集していました。そこで初めて知ったんですけど授賞時に渡される、あのメダル……あれ、本物の金でできてるんですね!知りませんでした。てっきり、オリンピックメダルのように中身は金じゃないと思 [続きを読む]
  • ダイヤ立爪リングのリメイク
  • 昭和の頃にはこういったリングがとても流行していました。火付け役はTIFFANY。ティファニーセッティングとも呼ばれます。6本の爪でダイヤを持ち上げダイヤの輝きを最大限に引き出すというもの。これはこれで素敵ですがどうしてもリングの背が高くなり普段使いとなると、なかなか。そのためリメイクされる方が少なくありません。今回もリメイクオーダーをいただきました。お客様のご要望は、まず引っかかりがなくリングの背は低く、 [続きを読む]
  • 真珠ネックレスの糸交換
  • こんにちは、職人のヨメです。今回は、真珠ネックレスの糸・ワイヤー交換についてご案内させていただきたいと思います。飾工房では冠婚葬祭で用いられるような一般的な真珠ネックレスの場合基本的に糸の交換は1500円(*1)ワイヤ交換は500円で承っています(*2)この価格は、安いです。百貨店やショッピングモールなどではおそらくこの値段の倍かそれ以上にかかる事も珍しくありません。用いる素材や技術は何も変わらないのでぜ [続きを読む]