masquerade さん プロフィール

  •  
masqueradeさん: 独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ハンドル名masquerade さん
ブログタイトル独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ブログURLhttp://masuqerade.blog.fc2.com/
サイト紹介文スピリチュアル世界に目覚めた経緯と精神世界について感じること、知覚したことを綴ります。
自由文ツインソウルであるガイドとの出会いやスピリチュアル世界を知ることによって、大きく人生観や物の見方が変わりました。
人知では計り知れない事象が解明できたり、謎が解けたりりする驚きを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/02/13 22:17

masquerade さんのブログ記事

  • 分かり合えない人間
  • 選挙戦たけなわである。自分が政治をどう考えるか、あるいは政治家をどう見るか試されている。関心のある人ない人、未来を見るか今を見るか、戦争か平和か、等々選挙に対する考え方や支持する政治家を見るとその人の今生の立ち位置が分かる。人間にはどうしても分かり合えない人がいる。スピリチュアル的に魂が過去の因果やルーツのせいで敵だったリ憎み合うカルマを持って来たのとは別の部分で、全く違う軌道を回っているように感 [続きを読む]
  • 出雲大社のパワー
  • 出雲大社へ行って来た。ここ何年かずっと行きたいと思っていたのだが、念願叶って無事参詣を果たすことが出来た。何となく自分の誕生日の当日お参りしたいと思っていた。多分何かあるような気がしていたが、色々不思議な事がやはりあった。大国主命の像に会いたかったのだが、いざ側に行ってみるとあまりの迫力に圧倒されて暫く見とれてしまった。多分感じる人と感じない人がいると思うのだが、私は視覚化されたものからエネルギー [続きを読む]
  • 天使のサイン
  • もう過ぎてしまったが10月2日は「天使の日」だった。スピ系では知っていた人もいただろうが、この日の前後心から天使を信じている人には天使がサインをくれるそうだ。羽を見たり天使そのものを絵や写真で見たり、虹やハートの形をした雲などはよく言われる天使のサインだ。そもそも天使はキリスト教やユダヤ教の神の遣いだが、現在のスピリチュアル界では宗派は関係なくなくてはならない存在である。実際キリスト教信者ではなくて [続きを読む]
  • 百鬼夜行
  • 前回一寸先は闇という政界の状況を書いたが、またブログを更新しないうちに新しい動きが出てカオスが深まり一体この先どうなるのか予想もできない。リベラルの新しい党が出来たが、このツイッターのフォロワーが破竹の勢いで増え今日もそれは衰えていない。小池新党に「排除」されたリベラルの民進党議員が結成したものだが、最初からこのドラマを見ていると、海千山千の政治家でも根底にあるのは人間同士の関係であり人としての本 [続きを読む]
  • 一寸先は闇
  • 政治の世界は一寸先は闇だ。昨日の敵は今日の友。敵の敵は味方。世間一般の常識や社会通念など通用しない世界な上、己の欲や業が政界という窯の炎で炙り出される。小池劇場は途中から脚本と結末が変わってきたようだ。前回の記事で彼女は劇薬で毒にも薬にもなると書いたが、どうやら毒になりつつある。今回感じたのは言霊の力だ。都議選の時、安倍総理が秋葉原で「こんな人達に負けるわけにはいかないのです!」と言って大敗を喫し [続きを読む]
  • 神社の不思議
  • 先日三峯神社へ行って来た。前回行った後、助けられたと思ったことがあったので今回はそのお礼参りだった。例によって宿坊へ一泊したが、やはり滞在の時間が長いとそれだけ神気に触れられるような気がする。前回は少々弱った状態で行ったが、今回は問題もなくワクワクしながら行くことが出来た。途中車窓から何度も蝶を見たり、幸先が良かった。神社巡りをするようになったのは去年からだが、本当に神様はいると思ったのはやはり好 [続きを読む]
  • 毒薬と劇薬
  • 政治が大変なことになっている。安倍首相は野党が弱体化している今なら勝てると解散をした。過半数を目標にして自分は続投で信任を得たから「モリカケ」はチャラという青写真だったのだろうが、いきなり小池劇場が始まり民進党も合流することになった。元々民進党は解党が見えていたほど弱体化していたから一気に流れが来たのかもしれないが、どうもそう単純な話でもないらしく後ろで振り付けをする演出家がいるらしい。かつて彗星 [続きを読む]
  • エネルギーの混濁
  • 秋めいてきて朝晩は涼しくなったが、寒くなると人肌恋しくなって来る人もいるのではないだろうか。若者が街で楽しそうに恋人同士手を繋ぎ合っているのを見たり中年や老夫婦でも手を繋いでいる男女を見かける。一目で仲睦ましい老夫婦だと分かる男女は不思議に何となく顔が似ていたりする。これはスピ的には説明のつくことで、常にエネルギー交換をしているから同じエネルギー、波動になり、雰囲気、顔まで似てくるのだ。恋愛はエネ [続きを読む]
  • 仮面をたくさん持つ人
  • 私は画家をしているが、秋は大きな展覧会がありそれに出品する作品を馴染みの業者が昨日取りに来た。個人でやっているところなので同じ人でもう何年もの付き合いになり、色々個展の時なども融通を利かせてくれたり助けられている。なので来ると必ずよもやま話になる。時には人生相談のようなことになったり、仕事が大変な時愚痴を聞いたりすることもあった。彼は様々な作家に会うので美術界の裏面も知っていたりするが、今回はある [続きを読む]
  • 「病」と「気」
  • 人間の体は不思議だ。「病気」という言葉は文字通り病は気からという意味でもある。特に念の強い人間はその矛先を自分に向けると、本当に病気になったりする。子供が「学校へ行きたくない」と思うと実際におなかが痛くなるのは、気持ちが体に直結して神経が胃腸の動きに影響を与えるためだ。緊張したら動悸がしたり赤面したり、胃腸が痛くなったりトイレが近くなったりするのも気持ちが体を動かしている。私もパニック発作のような [続きを読む]
  • スピリチュアルと政治
  • 突然安倍総理が臨時国会の冒頭で解散をすると言い出した。勿論「モリカケ」隠しや東京オリンピックの買収など都合の悪いことを吹っ飛ばし、北朝鮮脅威を煽って国民が思考停止している間にやってしまおうということだろう。野党がごたごたして求心力を失っている間の今しかないと踏んだようだが、誰のための政治なのか?言うまでもなく安倍総理は自分のための政治と解散だ。それを批判もしないマスコミもおかしいし、何より北朝鮮危 [続きを読む]
  • 人間の闇
  • 人間は誰でも心に闇を持っている。嫉妬や嫌悪、憎しみなどは人としての感情なので誰でも一度は経験するだろう。それが高じれば相手の不幸を願ったり呪ったり生霊を飛ばすこともある。人は自分の中に光と闇を必ず持っている。その割合により黒っぽい人間だったリするし、時期によっては割合が変わることもある。そういう人や場所、集団に関わると影響を受けたりするし、スピリチュアリストが闇落ちするのは自分の黒い部分に魔が入っ [続きを読む]
  • スピリチュアルの功罪
  • 人間は誰でもスピリチュアル能力を持っている。しかし大方の人はそれに気が付かないが、ある程度自覚している人はもともとその能力が開いていた人だ。ぼんやり友達のことを考えていたら電話が掛かって来たり、嫌な予感がする時は大抵当たる。先日も知人が職場でトラブルがあり、上司と一年以上も前に配置換えになった人がいてくれれば助かったのにという話をしたら、すぐ後でその人の訃報が入ったと言っていた。いわゆる虫の知らせ [続きを読む]
  • 気持ちが乱れる時
  • ここ数日大きな太陽フレアのせいで磁気嵐が地球に到達したようだ。これは地球の異常気象や地震も誘発するし、事実メキシコでⅯ8.2の地震が起きた。電気障害だけでなく人心にも影響があるようだ。体調不良になったり精神的に不安定になったり。その上満月もあったので影響を受けた人もいたのではないだろうか。ただでも北朝鮮のミサイルと核実験で世界は振り回されている。北朝鮮が何かすると日本国民は動揺するが、お隣の韓国は [続きを読む]
  • 赤坂氷川神社
  • 昨日は六本木へ行って来た。来月行く出雲大社の分祠があるので参拝しようと行ったのだが、さすが都会のど真ん中でビルの3階にあるという近代的なお社だった。こじんまりしていたが拝殿の中は荘厳な感じだった。あまりにコンパクトなので境内を散策は無理で(笑)、早々に失礼しカフェでコーヒーを飲んだのだが、六本木には他にも神社があり時間もあったので少し離れているが赤坂氷川神社に行ってみることにした。最近は祭神を調べて [続きを読む]
  • アレルギーとスピリチュアル
  • 先日知り合いの個展に行ったら、絵描き仲間の年配の女性がお嫁さんとその孫を連れて来ていた。孫が生まれたがひどいアレルギーで入院したという話を数年前に聞いていたが、その男の子が6歳ぐらいになって元気な姿を見せていた。初対面だったが母親であるお嫁さんとアレルギーの話になり、少々スピ的な事を言ったら実は彼女もスピ人間でかなり突っ込んだ話になった。男の子は小さい頃は彼と入れ替わりのように亡くなったおじいさん [続きを読む]
  • 天の世直し
  • 今日から9月だ。雨ばかりの8月だったような印象があるが、今夏の日本列島は大雨被害が相次いだ。大雨は日本に限らず世界中で異例の大洪水が起きており、今もアメリカではハリケーンハービーのせいでテキサス州で記録的な大雨が続き大地が水没している。ここ数年、地球規模で気象の大きな変動が起こっている。歴史的にも異常気象は一定のスパンで繰り返されているが、これは必ず歴史上の大事件に連動しているようだ。後進国では干ば [続きを読む]
  • 波動が変わる時
  • 波動というのはスピリチュアル用語だ。よく波動が高い、低いなどと使い、波動を上げるのがスピに足を踏み入れた時の事始めだ。波動、周波数、エネルギー、気なども似たような意味で使うが、いずれも魂磨きで霊的成長を目指しているということだろう。魂に着眼するからそうなるが、普通の人間として生きていく上で人間性を磨いたり高めたりすればこれは自動的に行われるものだ。人格者や高潔な人、徳の高い人は自ずと波動も周波数も [続きを読む]
  • 北朝鮮ミサイル
  • 今朝、北朝鮮がミサイルを太平洋に向けて発射した。安倍総理は前日から幽霊が出て普段は怖くて住めない公邸に泊り、準備怠りなく朝の会見で「我が国に北朝鮮が弾道ミサイルを発射」、[これまでにない深刻さ」などと言っている。官邸は前回も今回も発射を知っていたくせに、国民にはJアラートで驚かせている。まず「我が国に北朝鮮が弾道ミサイルを発射」というのは大間違いで、一歩間違えれば戦争の引き金を引く重大発言だ。ミサ [続きを読む]
  • 想念は飛ぶ
  • 昨日自己啓発セミナーについての記事をアップした。「拍手」も戴いていたが、どうも居心地が悪く記事を削除してしまった。単に私の個人的な意識の問題なのだが、記事を書くときは批判にならないように最大限の注意をしているつもりだ。政治や時事問題については批判も批評もしているが、それ以外のことについては犯罪に抵触したり倫理に悖らない限りは極力否定も批判もしないというポリシーで書いている。元よりスピリチュアル的に [続きを読む]
  • 自己啓発セミナーの闇
  • 昨今自己啓発セミナーが大流行だ。個人で受講する場合もあるし、会社が新入社員の研修として組織的に受講させる場合もある。私は何事も是非をつけるつもりはないが、自己啓発セミナーとはある種カルトに近いものがあると思っている。知り合いの若者が新入社員研修でその手の研修を受けたが、あれは洗脳だったと言っているのを聞いたことがあった。自分に自信のない人や処世術が分からない人が社会生活を営む上でのスキルを身に着け [続きを読む]
  • 神社仏閣巡り
  • 三峯神社へ行って来たのだが、ブログに詳しく内容を書いたところ何とも公開に迷いが生じ結局止めてしまった。とにかく今回も助けてもらったのだと思って感謝している。神社仏閣に行き出したのは去年からだ。3年前に節目のようなことがありそれから自分の中で見えない世界をはっきりと肯定するようになった。するとあれよあれよという間に色々な人と知り合い私にとって必要なことを与えてくれて去って行った。必要なものは必要な時 [続きを読む]
  • 憑き物落し
  • 三峯神社へ行って来た。本当は先日の台風の日に行く予定だったがさすがに無理で宿坊にも日延べをお願いしていた。そんなこともあって今回は無事行けるか心配だったが、そのせいか前日にもちょっとアクシデントがあってかなり肝を冷やした。無事に着いて三つ鳥居をくぐった瞬間空気が変わりひんやりと神気を感じる。最近は白い気守りのせいで参拝客や観光客が殺到して神様はいなくなったと一部では言われているが、絶対にそんなこと [続きを読む]
  • 霊の存在
  • 偶然にもここ数日いわゆる霊が見えるという人と話した。一人はメールで、一人は実際に会って話したが、二人とも年配の人でその歳まであまり人に話したことはないと言っていた。タイムリーにもお盆の時期だったが、やはり普通に生活している人でも人知れず見える人はいてそれを隠して生きてきた場合も多いのだろう。一人は見ようと思って見えるわけではなく、気持ちがフラットの時や危機の時に見えるそうだ。事故に遭いそうになって [続きを読む]
  • 過去を変えれば未来も変わる
  • 久しぶりにアカシックリーディングの若い女性と会ってきた。今回彼女はアカシックという観点から見た過去への考え方を話してくれた。人は誰でも過去を顧みて否定したり自責に駆られたり罪悪感を持つことがある。しかしそれを悔いるあまり過去の自分を否定してしまうと、現在の自分まで否定することになる。折角苦しみや困難を乗り越えてここまで辿り着いたのにそれ自体を悔いたり自分の至らなさのせいだと思うと、それがあっての今 [続きを読む]