山手真理 さん プロフィール

  •  
山手真理さん: 心の相談室WITH山手心理
ハンドル名山手真理 さん
ブログタイトル心の相談室WITH山手心理
ブログURLhttp://ausoudan2.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文大阪市中央区のカウンセリング、スキルトレーニングルーム山手心理相談室のサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/02/13 22:55

山手真理 さんのブログ記事

  • カウンセラー格差とカウンセリング料金
  • カウンセリングルームにもいろいろあって、一人で営業しているところから多人数で営業している大手まで様々です。カウンセリング料金が高すぎるという点については再三取り上げてきましたが、ここでは「カウンセラーの格差」という点について記載してみます。 たとえば、Aカウンセリングルーム(架空)では3人のカウンセラーが所属しているのですが、カウンセラーK(オーナー)1時間12,000円カウンセラーO(中堅) [続きを読む]
  • スピリチュアルという矛盾
  • カウンセリングという言葉には、いくつもの意味が含まれています。医療行為の一部から、占い・退行催眠・霊感・スピリチュアルなどさまざまな要素や手法があります。 ところで、現代のようにAIがすべての仕事を奪うかのように言われる時代になっても、依然として「神の力を使う」手法は存在しています。最近では、故・小林麻央さんが「気功」にハマって医学的な治療を受けなかったという話も出ています。カウンセリングという手 [続きを読む]
  • 発達障害とマルチタスク
  • ずっと以前ですが、「ルービックキューブ」なるものが流行していたことがありました。キューブを回して色をバラバラに崩し、それを再度揃えるだけというシンプルなもの。ある意味 当時は「情報処理のスピード」が企業などが求める「できる人間」の条件でした。どんな 現象にでも「正解」があるという時代だったのです。*どうすれば「正しい」のか。*何をすれば「正解」なのか。その正解をいかに早く発見す るのかという頭の回転 [続きを読む]
  • こころの状態が良くならない理由
  • お盆になりました。朝晩は少しずつ涼しくなってきましたが、まだ暑い日々が続くますから、お身体には十分ご注意ください。 暑い時期であろうがなかろうが、精神的な不調がある方にとっては辛いものですが、特に夏休みだと・手をつないで歩くカップル・談笑しながら歩く家族連れこれらの情景が、症状悪化の要因にもなります。あまりに辛いので、カウンセリングを受けた場合、*「先生のため(カウンセラーが自分のことをこう呼びま [続きを読む]
  • ギャンブル依存症の改善  
  • 安倍晋三首相がなぜか乗り気な「カジノ特区」ですが、これって「ギャンブル依存症を増やす」のかどうかなどという不毛な議論が延々と続いています。           よく”依存症は完治しない”と記載している方がありますが、依存することの意味が理解できない方なのかと不安になります。実際、依存症をカウンセリング(だけ)で改善することはできません。カウンセリングを受ける意味が分からないので、1回2回で [続きを読む]
  • 俯瞰  〜SSTの1万円は高すぎませんか〜
  • 梅雨が明けましたが、東京ではダムの水が干上がっているところもあるそうです。「まだ70%くらいあるように見える場合でも、ダムの形状が逆三角形なので下の方には水が貯まらない」のだそうです。その件では、東京地区の人口が増えすぎているのが問題だという点が議論されないのは不思議ですね。極端な話、日本中の人口が東京に住むと水がどうなるかは明白ですから。 アスペルガー症候群など発達障害の方の場合は「俯瞰」(物事 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンはどこへ行くのか
  • 東京都議選で浮き彫りになったのは、自民党がおごり高ぶっているという以上に、国政でも代わりになれる政党があれば変えたい・ということではないでしょうか。某蓮舫さんの政党が政権党になった場合★消費税は増税する★内紛は頻発する★トランプさんとは対立する★毎日「キーッ!!」というアノ顔を見ないといけないこれでは、国民はどこに行けばよいのか分からず、迷うばかりですね。 山手心理相談室では、アダルトチルドレン( [続きを読む]
  • 悪霊おだまり! 〜恐怖症と漠然とした不安〜
  • 同じ人間である以上、警察官が絶対「人を守る」存在でないことは理解していますが、それでも・・・・。 テレビなどで見ることができる「不安症」や「恐怖症」、例えば ☆上司に叱責される ☆家庭内が不和になっている ☆不倫の相手方から結婚を迫られている などについては、困難なケースはあっても、具体的な状態が見えています から、弁護士・労働基準監督署等それぞれの専門家に依頼し、ある程度は解決 します。ところが、です [続きを読む]
  • 夫婦カウンセリングとは
  • 夫婦問題の解決を図るカウンセリングを「夫婦カウンセリング」と一般的には呼んでいるのですが、実は「夫婦」を定義づけるのは難しいと思います。 不倫・浮気・金銭問題・DV・依存症・発達障害・親の介護・子供の非行などどこまでを「夫婦」の問題とするのかもはっきりしません。そのため、夫婦問題専門カウンセラーに相談すると、「夫と妻」問題に矮小化されるケースもあるわけです。その中で「夫婦間の適応障害」と呼べるのが [続きを読む]
  • カウンセリングとスピリチュアルをなぜ併用するのですか?
  • 最近の記事で「出雲大社」の読み方が「いづもおおやしろ」が正しいと記載されていました。地方にある分社は「***いづもたいしゃ」なのだそうです。気が早すぎますが、10月のことを古典的用語では「神無月」つまり「神様がいない月」という呼び方をします。では、神様はどこに旅立たれたのでしょうか。日本では出雲地方だけが「神在月」と呼ばれています。(俗説です)    これだけ科学が進歩した世の中にあって、なぜ「占い [続きを読む]
  • 発達障害のピアカウンセリング
  • ずいぶん昔のことになりますが、テレビドラマ等では・ガードマンが犯人を逮捕する。・ジオン公国より地球連邦の方が正義だ。・武田信玄を旗印にお家を再興する。といったテーマの番組が全盛でした。(今でもありますが)つまり、「自分なりの正義」というものに世間が沸いていたのです。当時は「情報処理のスピード」が企業などが求める「できる人間」でした。どんな現象にでも「正解」があるという時代だったのです。その正解をい [続きを読む]
  • 「やる気」はどこから来るのか
  • 秋篠宮眞子さまのご婚約が近いということで話題になっていますが、お相手は「海の王子」様とはいっても一般の方ですから、これで正真正銘の王子様になられるということなのでしょうか。おふたりの顔相を拝見する限り(チラ見しただけですが)。眞子様のほうが「しっかり」で王子さまは「ほんわか」のようです。皆様はどのように思われたでしょうか。それにしても、イギリスのように開けた王室なら、たとえ気が合わなくても離婚すれ [続きを読む]
  • 「事実を話す」と「気持ちを伝える」
  • ある歯科医さんのブログに以下のようなことが書いてありました。『私の実家は資産家で、私も歯科医の傍ら県会議員の職を務めたり、株式投資で数億円儲けたりしました。また、不動産も多数所有していますので、患者さんが望まない治療や高額な治療を勧めたり、無理に治療を延長したりすることはありません。これが私の矜持です』 ブログ主の方の言いたいことは分かります。<無理な治療はしません>ですね。でも一般的には<私は金 [続きを読む]
  • 発達障害なのかアダルトチルドレンなのか
  • 5月から「心理カウンセリング」に住民票(笑)を移しました。アダルトチルドレンや発達障害の方・ご夫婦に少しでもお力添えできればと考えています。今後とも山手心理相談室ならびに山手スタイルをよろしくお願いいたします。 最近では、スマホやゲームの影響かどうかは分かりませんが、ずいぶん簡単に不倫をしたり、強盗殺人・強姦などの犯罪が発生するようになりました。覚せい剤による立て籠もりなど、ここってアメリカや他の [続きを読む]
  • カウンセラーなんてなるもんじゃないよ
  • 最近、「公務員への就職が30%!」や「社会経済実務に対応できる学生を育てます」というように、いかにも社会適応能力を高めるような宣伝を掲げる大学が増加しているようです。ところが、これって誰が教えるのかというと、第一義としては「社会経験のマッタクない大学教授とその弟子たち」なのだから、当然疑ってかかるべきでしょう。同じような状況にあるのが歯科医師・接骨マッサージ師・臨床心理士・理容師・・・と、残念なが [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク中の営業について
  • 4月も半ばを過ぎ、やっと春らしくなってきました。(というより、暑いかも) GWも近づいてきましたが、山手心理相談室では今年も4日(木・定休日)を除いて営業します。 *今しかできない夫婦のご相談 *平日に休みがとりにくい方*アダルトチルドレンと発達障害について知りたい方 *海外から帰国されたバイリンガルさん *九州・北海道など遠方の方ふだんの土日に比べると格段にご予約いただきやすいですので、他のカウンセ [続きを読む]
  • W不倫?
  • 困ったものです。いよいよトランプさんが「ジャイアンぶり」を発揮してきました。「シリアへのミサイル攻撃」宣伝効果最大ですから、一般的な国民はやっぱりトランプは有言 実行だ。スゴい男だぜ!ということになる方が多いかもしれません。一般的な不倫の言い訳としては「魔が差した」「気が付いたらハマっていた」というものが多いのですが、これはアルコールや覚せい剤・ギャンブル依存症の方とまったく変わりありません。依 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンは嫌われ者?
  • 最近、安倍晋三首相の奥様・安倍昭恵さんが「首相夫人には相応しくない」という記事が頻発しています。実際、一般人としては大丈夫であったとしても、トランプ氏のような例もありますから、会社や役所のトップのパートナーさんはやはり一定以上の資質が求められるのでしょう。ところで、今回は男性が「精神年齢が低い」と思ってしまう女性の特徴がネット上で掲載されていました。次のようなものだそうです。●(1)常識が無い●(2 [続きを読む]
  • 「無意識」の恐怖〜記憶と盗撮・万引き・痴漢・不倫〜
  • みなさんは、今日一日したことを覚えておられますか。朝起きて、お昼までゆっくり過ごして・・・・それは随分うらやましい話ですが、実際には「意識があった」と思える時間はとても短いのではないでしょうか。・駅まで歩いていると、いつの間にか電車に乗っていた。・昨日の晩御飯、何を食べたんだっけ。・いや待てよ、朝何時にトイレに行ったかさえ覚えてないぞ。など、つい最近のことでもはっきりとした記憶に残らないことが大半 [続きを読む]
  • 発達障害をカミングアウト!
  • まず、3月1日付の当相談室担当者ブログ「週刊山手心理相談室」で”ゼブラアスペルガー症候群”という記載がありましたが、その件について多数のご質問をいただきました。アスペルガー症候群に限らず、発達障害の症状はもともと持っている素質(先天性)と成育歴(後天性・アダルトチルドレンなど)によって一人ひとり違うといっても過言ではない状況にあります。発達障害そのものには該当しなくても、どうも生きづらい [続きを読む]
  • 時代遅れのカウンセリング
  • 最近、遺体を切り刻んだり、高射砲で殺害したり、毒薬を吹きかけたりといった残忍な手口での殺人が増加しています。ただ、これは日本や某北朝鮮など比較的弱小国家で発生しているから公になりますが、プーちんさんのお家やトラン・プーさんのお家で発生したりすれば、まったく闇に葬られるかもしれません。最近ブーム(マスコミが”捏造”したようにも思いますが)になっているアドラー心理学ですがたとえば、異性にモテ [続きを読む]
  • カウンセリングの適正料金と手法〜カウンセラーに騙されないために〜
  • 最近、各所であった価格競争をなくそうと(?)会社の合併が相次いでいます。その結果、スーパーマーケットを例にとると、イオンが一強になってしまい、「他社より良いものを安く」という理念がすっかり薄れてしまったようです。接遇もしかり。その結果スーパーそのものが危機的状況になっているのは不思議ですね。カウンセリングにはたくさんの種類がありますから、どれが適正価格か判断できにくいとは思いますが、ある自称カウン [続きを読む]