R さん プロフィール

  •  
Rさん: 世界の果てまで
ハンドル名R さん
ブログタイトル世界の果てまで
ブログURLhttp://kaigainisundeimasu.blog.fc2.com/
サイト紹介文5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活終了しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/02/18 11:37

R さんのブログ記事

  • 6カ国目の駐在先決定
  • いつの間にか、8月に。。。先日、辞令が出ました。私が最も恐れていたエリア…。夫はこっそり希望を出していたみたいで、希望が通ってしまいました…。さて、どこでしょう?ヒントはこちら。また南アジアやアフリカに戻るもんだと思っていたのに…。オセアニアのとある島国。こんなところ、旅行で行くから楽しいんであって、住むなんて大変過ぎ…。アフリカの僻地レベルに、モノが手に入らず、日本人がほぼいない国。お野菜もお肉 [続きを読む]
  • ユニクロのムスリムファッション
  • めっちゃご無沙汰しています。だいぶブログをサボってしまいました…。連日の 「暑い!」というアホみたいなニュースにうんざり。夏なんだから、暑いんだよ!暑いっていうと余計暑く感じるんだよ!なんて思う2018年の日本滞在。 会いたい人に会って、美味しいお酒に美味しい日本食を堪能していたら、あっっっという間に増量…苦笑痩せるのって大変なのに、太るのってホント簡単。。5カ国目時代、仲良くしてくれたクウォーターの友 [続きを読む]
  • ロシアが最高に楽しい件
  • ロシアから帰ってきましたー。ロシア、めちゃくちゃ楽しい!!特にお酒を飲む人にとって、最高の場所◎バーで飲んでいると、ふらっと私たちの方へやってきては、ウォッカをご馳走してくれるの。ご馳走してもらってばかりはポリシーに反するので、今度はこちらがご馳走して、エンドレスみたいな 笑全然英語できないくせに(笑)、一生懸命コミュニケーションを図ろうとしてくれるの。モスクワの方はもろヨーロッパだから全く違う雰 [続きを読む]
  • ロシア夫婦旅1 〜旅の準備〜
  • とうとう、30代最後のバースデートラベル。選ばれた先はー!!日本に一番近いヨーロッパ、ロシアロシア行きの経緯は、、、駐在中に行けない国に行くのは絶対条件。ロシアに行きたいけど、ロシアはビザ取得に半端なく手間と時間がかかるから夫が乗り気じゃない…。それでもなんとな〜くロシアのことを調べていたら、なんと!!2017年8月から、日本国籍者は、オンラインで電子ビザが取得できるようになったのー!(一部地域のみ)これ [続きを読む]
  • アラブから帰還
  • アラブの国々から帰ってきましたー。自分でもビックリなんだけど想像以上に楽しめました。中でも一番のお気に入りは、レバノン!半端なく、人が良いー!カタール、バーレーン、クウェートは出稼ぎ者だらけなので、自国民と接することがほぼないのでよくわかんないのが現実。とても親切で、人懐っこくて、ウザい人がいなくて、戦争続きなのに人がスレてない!珍しくアジア人差別を受けなかったー!そして、アラブ料理発祥の地だけあ [続きを読む]
  • 中東夫婦旅1 〜旅の準備〜
  • 駐在中には行けない国・行きたいとは思わない国へ今の内行っておこう!超お久しぶりの、どイスラム圏!フリーダム・お酒・露出好きな私が行っても、楽しめなそうだけど…笑比較的安全でアライバルビザで入国できる国を選びました。中東の天国、バーレーン1990年イラクに侵攻された、クウェート中東一の富裕国、カタール中東のパリ、レバノン●旅程日数移動移動手段 観光先宿泊先1日本→香港油麻地尖沙咀2深水?・旺角・中環・展望 [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅7 〜食い倒れツアー終了〜
  • 1月4日(木) 最終日重慶で食べ逃した、毛血旺!(ダックの血を固めた血豆腐入りの激辛煮込み料理。)重慶滞在中の5日間、めっちゃくちゃお世話をしてくれたお父さん。この日も毛血旺が食べられるお店をわざわざ探してきてくれたんです。人気店を検索したり、ホテルのスタッフに聞いたり、自分たちで何とでもなるのに…。泣けるわ…。こ洒落たレストランや観光客が多いレストランは私たちはスキじゃない。ということを初日に伝えまし [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅6 〜辣子肥腸が絶品〜
  • 1月3日(水) 5日目ランチ↓温泉↓夕食↓ホテル重慶名物、エンドウ豆入りピリ辛ラーメンの名店へ。12時前からこの賑わい〜!紅油猪耳?RMB5(¥100)ミミガーのピリ辛和え。座ると自動的にでてくる看板メニュー。重慶啤酒1本RMB7(¥140)アルコール度数3.3%豌豆面RMB8(¥160)こちらが重慶名物、エンドウ豆入りピリ辛ラーメン。豌豆?醤面RMB10(¥200)エンドウ豆と肉みそ入りラーメン。こちらは辛くないスープで。紅焼肥腸面RMB12(¥24 [続きを読む]
  • 満足度の低いニューカレドニア
  • ニューカレドニアから帰ってきましたー。結論から言うと、かなり満足度が低かったです!笑海はとびっきりキレイなわけじゃないし、海以外のプラスアルファが特にないし、イルデパン(離島)のホスピタリティーはモルディブ並みに超低いし、離島の食事は美味しくないし。。似たようなリゾートは、タヒチ、モルディブ、モーリシャス、セイシェルに行ったけど、唯一リピートしたいとは思わないリゾートでした。。期待してた分、ガッカリ [続きを読む]
  • ニューカレドニア夫婦旅1 〜旅の準備〜
  • 超久々にリゾートへ〜。選ばれた先は、天国に一番近い島ニューカレドニア4カ国目時代、フライトやホテルの予約までしていたのに諸事情により断念したニューカレドニア。代わりに行ったリゾートはタイのサムイ島…苦笑めっちゃテンション下がったよ。。そして今回、7年振りのリベンジー!タヒチと同じく、日本から行くのが、早い!安い!簡単!なので今のうちに行っておくことに。●旅程日数移動移動手段観光先宿泊先1成田12:30-ヌ [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅5 〜重慶の朝ごはん〜
  • 1月2日(火) 4日目二厂文?公园↓重慶抗戦遺址博物館↓夕食↓南山植物園↓ ?嘉??物公园↓ホテル重慶の最新スポット二厂文?公园。銀行などの跡地にショップやレストランがオープン。重慶の昔ながらの朝食をトライ。油茶、蛋巻、湯園セットRMB25(¥500)油茶は中国各地で食べられる朝食。見た目も材料も味も地域によって全然違います。重慶油茶は、粘りがでるまで上新粉を茹で、ラー油やコリアンダーをお好みでトッピング。果子( [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅4 〜B級グルメ食べ歩き〜
  • 1月1日(月) 3日目磁器口で食べ歩き↓李子?駅↓秘書とお父さんと一緒に夕食↓鵝嶺公園で夜景↓ホテル昔ながらの街並み磁器口へ。食べ物屋がずら〜り。街並みよりも、食べ歩きを楽しむところ 笑それにしてもこの人混み!連休はどこへ行っても人だらけ〜。早速食べ歩きスタート〜。重慶に来たからには一度は食べておきたい、小ぶりの碗の麺、小面。左下はドリンクとデザートだけど、それ以外は麺類。麺の種類が半端ない!肥腸小面RM [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅3 〜風船サイズの胡麻団子〜
  • 12月31日(日) 2日目解放碑↓長江索道(ロープウェイ)↓朝天門広場↓洪崖洞↓夕食↓洪崖洞↓二次会↓ホテル地下鉄で重慶一の繁華街、解放碑へ。重慶は地下が発達してました。坂の町重慶は、中国全土で流行っている乗り捨て自由チャリは存在しません。坂が多いので、荷物は人力で運びます。重慶一の繁華街、歩行者天国の解放碑。長江を渡るロープウェイ乗り場へ行くと、長蛇の列が。。チケット片道一人RMB20(¥400)運が悪いことに、2 [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅2 〜重慶火鍋は内臓好きにはたまんない〜
  • 12月30日(土) 1日目年末年始休暇を利用して、夫の秘書の故郷へ。特に何もないところなので、グルメツアーになりました。ホテルは重慶万友康年大酒店。朝食込み1泊RMB280(¥5,600)地下鉄が2路線使える便利な立地で、夫の秘書の実家からは徒歩1分。日本人の長期滞在者が50人近く在住。日本語レベルが高い日本語スタッフが5,6人。ほんっっっと、中国には日本語話者が多く、レベルも超高い〜!お部屋が広く、サービスが良く、清潔で、 [続きを読む]
  • 重慶夫婦旅1 〜旅の準備〜
  • 2017年の年末年始休暇は5連休。1日代休を取得して5泊6日で、夫の秘書の故郷、重慶へ。ノリで話してたら、いつの間にか本当に行くことになりました 笑私たち好みの観光先は重慶にはありませんっ><四川料理の発祥地なので、グルメツアーになりました。北京から約1,800km離れた重慶市。元々は四川省。1997年3月、直轄市になりました。●場所長江上流、四川省の東南部に位置。●面積8,24万km?(国内26位)UAEの国土(8.36万km?)とほぼ [続きを読む]
  • 1年半振りの日本で感じたこと
  • 本帰国して早1カ月!早っ!今回も飛行機の預け荷物のみ(6箱!)で本帰国 笑相変わらず荷物が少ないです。駐在員の本帰国の際は、夫婦二人で段ボール200、300越えは余裕 笑日系企業は使った分のお引っ越し代が支払われるけど、我が家の場合は最初にどか〜んとお引っ越し代が振り込まれ、それをどう使おうが自由。パッキングにかかる時間や労力がバカバカしいし、モノが多い生活が夫も私もキライなので、いつも最小限のモノで生活。北 [続きを読む]
  • 5カ国目の我が家 〜お部屋編〜
  • これまで住んだお家の中では狭いのでお掃除がとーっても楽でした。床拭きもカロリー消費のためと思えば、全く苦じゃありませんでした 笑天井が高く、バスルーム以外全室窓があって明るいお家。玄関を開けるといきなりダイニング。他のアパートを内覧した時、いきなりキッチンという間取りもありました 笑超殺風景なリビング。モノに囲まれた生活がキライ。。これまで住んだお家の中で一番使いやすいキッチンでした。広さ、高さ、収 [続きを読む]
  • 5カ国目の我が家 〜外観とショップ編〜
  • 3年間住んだお家。お家賃は2LDKで52万円。。我が家が特別高いんじゃなくて、ペキソ駐在員の平均的なお家賃。。ペキソや上海は、東京や大阪以上にお家賃や物価が高い。。(日本レベルの生活をするのであれば)東門から入ると、、、1階には、スタバ米系のハンバーガーショップ米系のテイクアウェイのピザ店カフェスペイン料理店日系スーツ専門店ネイルサロンエステサロン美容院プール2階には、イタリアンレストランエステサロンクリニ [続きを読む]
  • 2017年下半期いただきもの
  • 2017年下半期のいただきもの。またまた日本のモノばかりだけど、アップしちゃいます。7月右下:1年前までペキソに住んでた友人が来京。たくさんの日本土産をいただきました。左上:ハワイ土産のコーヒー。でも私はコーヒーが飲めない。。8月夏休み、北海道や沖縄が人気〜。9月右下:夫の秘書からのローカル土産が超美味でした!10月3年間で一番いただきものが少ない月だったかな?11月11月も少なめ〜。12月右下:9月に本帰国した夫 [続きを読む]
  • 送別会 〜夫の同僚とラストダック 〜
  • 最終夜は、夫と私の希望で、夫の職場の方々と共に過ごしました。随分前から最終夜はペキソ料理って決めてました。この国のお料理は、国が違うのかってくらい、地域毎にホント違いがあります。3年住んでも、知らないお料理が山ほどあります。ローカルですら知らないお料理があるので、やっぱりこの国は大きい〜!2年前に本帰国したクウォーターの友人がペキソ料理を教えてくれました。多くの日本人駐在員は、ペキソ料理を知らずに、 [続きを読む]
  • デポジットの返金
  • お家賃のデポジット(52万円)。本帰国前日にしか返金してもらえない。。こちらの銀行口座に残ってるお金と共に日本に送金して、銀行口座も閉じなきゃいけないのに。。アパート内には、お家賃を支払うオフィスもあるのに、車で片道30分くらいのヘッドオフィスのみで返金。。せめてアパートで返金して〜。日本語ペラペラの不動産屋が車で連れてってくれるから、私は何もしなくて良いんだけど・・・汗不動産屋が同行して下さったおかげで [続きを読む]
  • 送別会 〜友人と最後の晩餐〜
  • なんだかんだラスト2週間は、ほぼ毎日飲み会になりました。。最後の方は、行きたいレストランが思い浮かばなくなるほど、常におなかいっぱ〜い 笑なかなか自分で決められず、友人お勧めの四川激辛火鍋へ。もちろん夫も一緒〜。超人気店で、1時間くらい並びました。たーっぷりのニンニクみじん切りにコリアンダーとネギをプラス。タレ1つ120円缶入りのごま油を入れて、タレの出来上がり。お好みで、唐辛子とピーナッツを。1つ100円 [続きを読む]
  • ラストジム
  • ペキソで一番時間を費やし、思い出の場所。それは、間違いなくジム。最後のジムの日がやってきました。帰国する実感が全くなかったんだけど、、、本帰国前日、回想シーンに入っちゃって、とうとうマシーンを使いながらポロポロ涙が…。楽しいと思える日もあれば、放り出したい日もありました。もうね、ホント止めたくて、泣き出してしまいそうになる日も何度ありました。それでも取り憑かれたように、休館日と病気と離ペキソ以外は [続きを読む]
  • 送別会 〜ローカル友と最後の晩餐〜
  • ペキソダックでタブーな話、ペキソ名物 羊肉しゃぶしゃぶで本音トーク、何でも話せるローカル友と、最後の晩餐。二人とも小さな子どもがいるし、ハードなお仕事もしているのに、時間を作ってくれました。一人はお子がインフルエンザ中なのに、来てくれました。泣ける。。ペキソっ子との最後の晩餐は、これしかないでしょ!ペキソ名物 羊蠍子をリクエスト!羊蠍子(小)2,180円羊の背骨周りのお肉と骨髄を煮込んだお料理。背骨の形が [続きを読む]
  • 送別会 〜夫の職場 告白〜
  • 夫の職場の方々と内輪送別会。四川料理をリクエストしました。人気レストランで予約ができないため、無職の私が早めに行って席取りを。熱拌肥腸1,120円モツの和え物。大スキなやつー!大刀白肉1,360円茹で豚バラのピリ辛ソース和え。重慶で食べて超美味だったんだけど、ココのも◎清炒豌豆尖1,040円エンドウ豆の葉炒め。こちらも重慶で食べて美味だった!鴨血780円ダックの血を固めたもの。夫の職場の方々は何でも食べられるので一 [続きを読む]