ムラカミ さん プロフィール

  •  
ムラカミさん: いえのつくりかた。
ハンドル名ムラカミ さん
ブログタイトルいえのつくりかた。
ブログURLhttp://mm-archi.com
サイト紹介文奈良の設計事務所です。アトリエのDIYの様子、家づくりについて記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/02/18 15:45

ムラカミ さんのブログ記事

  • アトリエDIY60-天井をDIYで塗装。
  • 戸建住宅の2階を、アトリエ(事務所)にDIYしています。前回はDIYで床と壁の塗装を行いました。 (前回までの記事はコチラ→「アトリエDIY」) 今回は天井を塗ります。天井の仕上は赤身のラワン合板。塗料は壁と床で使用したものと同じ、太田油脂株式会社の「匠の塗油 彩速 濡色」を使います。 「匠の塗油 彩速 濡色」は柔らかく粘度があるのでとても塗り易い。ただ天井を塗る場合は塗料が垂れ落ちてきます。なので塗ってすぐ [続きを読む]
  • 家づくりの記録219-朝顔、蔓が伸びてます。
  • 5月中旬、「緑のカーテン」用に種を蒔いた朝顔。 「緑のカーテン」とは室内の温度上昇を和らげるために、植物をカーテンのように育てることです。省エネ、節電効果と育てる植物によっては実が収穫出来たり、花を楽しむことが出来ます。 (前回の記事はコチラ→「家づくりの記録218-今年の緑のカーテン。」)順調に育ってますね。葉っぱもぎっしり。ちょっとしおれているのは水やりが足りていない為。このあとしっかりと水やりをし [続きを読む]
  • 建築探訪-farmer’s kitchen(大阪茨木のカフェ)。
  • 大阪の茨木市にある、関西最大級の園芸センター「the farm universal」へ行きました。 (過去の建築探訪はコチラ→「建築探訪」) 「the farm universal」は観葉植物、植木、花、園芸グッズといった園芸に関するありとあらゆる物が販売されていて、過去に何度か行っているのですが、今回は初めて施設内にあるカフェ「farmer’s kitchen」入ってみました。今までも何度か入ろうとしたんですが、常に満席。周辺に飲食店が無いので仕 [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション19-ビニルクロスの下地パテ処理。
  • 築45年の平屋住宅を、2世帯住宅にリノベーション、工事の進捗をお伝えします。(今までの記事はコチラ→「姫路のリノベーション」) 上の写真は子世帯のリビングです。ビニルクロスの下地となる石膏ボード貼りが完了し、パテ処理の工程に移ります。石膏ボードのつなぎ目やビスの頭の段差をパテで埋め平滑にします。この作業をしっかりとしないと下地の段差を拾ってしまいクロスの表面が凸凹になります。クロスを貼ってしまうと隠れ [続きを読む]
  • お勧めアイテム027-エコバックを買う。
  • エコバックを買いました。外出時のかばんを小さくしたいという理由。最小限の荷物とエコバックを小さなかばんに詰め、必要に応じてエコバックを使う。スカスカの大きなかばんを持つのではなく、小さなかばんとエコバックを持って身軽に外出したい、そんな理由です。 色々と候補があったのですが、購入したのはコチラ。 アメリカのオレゴン州のブランド「JULY NINE(ジュライナイン)」のスシサックというナイロン製のエコバックで [続きを読む]
  • アトリエDIY59-床と壁をDIYで塗装。
  • 戸建住宅の2階を、アトリエ(事務所)にDIYしています。 前回までで内装仕上のDIYが終わりました。(前回までの記事はコチラ→「アトリエDIY」) 続いては木部の塗装を行います。 使用した塗料は太田油脂株式会社の「匠の塗油 彩速 濡色」。料理でも使われるえごま油を使った自然塗料で、価格が安く、塗り易すい塗料です。DIYにピッタリな塗料です。 早速、塗装のDIY!まずは床の杉フローリングを塗ります。塗り方は簡単。刷毛 [続きを読む]
  • アトリエDIY59-床と壁をDIYで塗装。
  • 戸建住宅をDIYで、アトリエ改修していきます。DIYも終盤です。仕上の最終工程、木部の塗装を行います。塗料は太田油脂株式会社の「匠の塗油 彩速 濡色」を使います。 料理でも使われるえごま油を使った自然塗料です。使ったことは無いのですが、価格が安く、塗り易そうなので試しで使ってみてます。色は全部で7色あるのですが、今回は「濡色」(透明)を選択。塗り方は簡単。布に染み込ませて、床を拭くように塗ります。そして [続きを読む]
  • 家づくりの記録218-今年の緑のカーテン。
  • 今年も緑のカーテンします。もはや毎年の恒例行事となっている緑のカーテン。緑のカーテンとは室内の温度上昇を和らげるために、植物をカーテンのように育てることです。省エネ、節電効果と育てる植物によっては実が収穫出来たり、花を楽しむことが出来ます。 さて、上の写真は昨年の緑のカーテンで植えた朝顔から収穫した種を植えたところです。のんびりといつ芽が出るかな、と待っていたら、なんと1週間も経たずに芽がでました! [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション18-内装下地が進んでます。
  • 築45年の平屋住宅を、2世帯住宅へのリノベーションします。(今までの記事はコチラ→「姫路のリノベーション」) 上の写真は子世帯リビングの工事状況です。内装の下地となる石膏ボードが貼られ部屋の輪郭がはっきりしてきました。四角い開口の奥は和室です。振り返るとこんな感じ。右側奥が玄関、その奥が親世帯になります。こちらは親世帯の工事状況。壁の石膏ボードはまだですね。天井のラワン合板は完了してます。ラワン合板は [続きを読む]
  • 家づくりの記録217-観葉植物の植え替え。
  • 観葉植物を購入して約3年。そろそろ植え替えの時期です。観葉植物は2、3年に一度、植え替えてやらないと、根詰まりを起こし枯れてしまいます。また、土が古くなり水分、養分を保持する力が失われて、これも枯れる原因となります。 ということで観葉植物の植え替えを行います。これは観葉植物の定番エバーフレッシュの根。3年でこんなにもびっしりと根が詰まります。これは一刻も早く植え替えを行わないと。。。 さぁ、植え替えです [続きを読む]
  • 建築探訪-京都のカレー屋asipai+HIBICOFFEE。
  • 休日を利用して、雑誌で見つけた京都にあるカフェ&カレー屋さん、asipai+HIBICOFFEE(アジパイ+ヒビコーヒー)に行きました。 (過去の建築探訪はコチラ→「建築探訪」) 知らないと通り過ぎてしまうこんな路地の奥にあります。路地を進めばこんな空間。建物だけじゃなくて外構もしっかりデザインされてます。一番最初に目がいったのが左側に見えるのは錆びた鉄板。一般的には錆びるのは良くないことですが、これはわざと錆びさ [続きを読む]
  • アトリエDIY58-床の養生を取る。
  • 戸建住宅の2階を、アトリエ(事務所)にDIYしています。前回はシンプルな机のDIYを紹介しました。 前回の記事はコチラ→「アトリエDIY56-シンプルな机をDIYその1。」「アトリエDIY57-シンプルな机をDIYその2。」 これで部屋内での工具は使った作業は終わりです。というわけで床の養生を剥がします。久しぶりの床面。床は杉の間伐材のフローリングです。本来は捨てる木をフローリングにしたものです。節は多めですが、足触りは杉そ [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション17-内装下地、天井材。
  • 姫路のリノベーション。築45年の平屋住宅を2世帯住宅にリノベーションします。工事の進捗です。(今までの記事はコチラ→「姫路のリノベーション」) 天井断熱材の充填が完了し、仕上材となるラワン合板が貼られました。上の写真は親世帯の様子。正面に見えるのはキッチン。キッチンは既製品を使用しますが、木材を貼った腰壁で囲い雰囲気よく仕上げようと思います。こちらが子世帯のキッチンの様子。親世帯と同じように既製品キッ [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション-天井断熱、フローリング。
  • 姫路のリノベーション。天井の下地の骨組みが終わり、天井断熱材の施工です。断熱材はロックウールの100ミリを2重に設置します。天井野縁の上に敷き詰めます。断熱材を敷き詰めると天井ラインがはっきりし、空間の輪郭が見えてきます。フローリングの施工も始まりました。フローリングは杉の無垢板です。あっという間に一部屋完了です。 NEXT→姫路のリノベーション-内装下地、天井材。PREV→姫路のリノベーション-天井下地。OUTLINE→姫路のリノ [続きを読む]
  • アトリエDIY57-シンプルな机をDIYその2。
  • 机のDIYの続きです。前回は机の天板のDIYを紹介しました。今回は机の脚を組み立てます。使うのは上の写真にある材料。・赤松の角材45ミリ角・ラワン合板4ミリどちらもホームセンターで購入。赤松の角材を組み合わせ、フレームを造り、これを脚にします。出来上がった脚を天板に取り付けます。固定には木ねじを使用。4本の脚だけだとグラグラするので、足元に振れ止めとして1本補強材を入れてます。(これでもグラつくので後に金物 [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション-天井下地。
  • 姫路のリノベーション。2月末時点での進捗状況です。耐力壁の設置、柱梁の補強といった構造補強が終わりました。続いては天井の下地工事。野縁という部材を格子上に組んでいきます。この姫路のリノベーションは2世帯住宅。上の写真は親世帯のLDK。平天井にし、落ち着きのある空間に。こちらは子世帯のLDK。一部の天井を高くし、開放感がある空間にします。梁は隠さずあらわしにします。 NEXT→姫路のリノベーション-天井断熱、フローリング。P [続きを読む]
  • 家づくりの記録216-ウッドデッキの塗り替え。
  • ウッドデッキの塗装が剥げてきました。このまま放っておくと木材の腐食が進みます。。。木材は腐食するものですが、塗装をこまめに行いメンテナンスすれば長持ちさせることができます。ということで塗りなおします。塗料は施工時に塗ったのと同じもの、キシラデコール。塗膜を作らない浸透タイプの塗料です。大きなホームセンターであれば置いてます。エンバイロ キシラデコール  1.6L ピニー【D】【KS】だいたい1リットルで5〜7 [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション-構造補強。
  • 前回に引き続き、姫路のリノベーションの進捗状況を紹介します。 床組みの工事が終わりました。さぁ、構造の補強です!新しい間取りに合わせ、柱を新設します。新築だと工場でプレカット(機械加工による加工)を行い現場では組み上げるだけなんですが、リノベーションなので現場に合わせ1本1本大工さんによる手刻みです。技術がないと出来ない。今回は寺社仏閣も手掛けている工務店にお願いしています。柱を建てた後は柱頭、柱脚 [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション-床組み。
  • 姫路のリノベーション。基礎が終わり、内部の大工工事が始まりました。設備屋さんによる配管が終わったので、床組みに取り掛かってます。新しい基礎に土台を敷き、大引きを渡し、根太を設置します。根太の間には断熱材を敷き込みます。コストと性能のバランスでグラスウールを採用しています。このお住まいは床下、壁、天井と断熱材が入って無かったので今回のリノベーションでしっかりと断熱補強します。床組が完了すれば、構造補 [続きを読む]
  • お勧めアイテム026-DIYで窓の簡易断熱。
  • 今回は、DIYで出来る窓の断熱改修を紹介します。これは私のアトリエの窓です。複層ガラスではなく、シングルガラスのアルミサッシ。夏場はそれほど感じませんが、冬場はシングルガラスの断熱性能の無さを感じます。とにかく冷気が凄い。。。窓の断熱改修といえば、内窓を付けたり、ガラスを入れ替えたり。。。大がかりで費用そこそこ掛かります。今回紹介するのはとても安価で出来ます。使うのはこれ。ニトムズ 窓ガラス断熱シート [続きを読む]
  • ウェブマガジンに掲載されました。
  • 「ホソナガハウス」が2つのウェブマガジンに掲載されました。1つ目はHOUZZの特集「奈良の土地の個性と暮らす家15選」https://www.houzz.jp/ideabooks/102243607/list 2つ目はhomifyの特集。https://www.homify.co.id/ideabooks/4788694/7-inspirasi-gaya-interior-ala-cafe-cantik-untuk-rumah-andaインドネシア語です(笑)宜しければご覧ください。 その他の掲載情報はコチラ→「掲載情報」ムラカミマサヒコ一級建築士事務所は建築 [続きを読む]
  • 建築探訪-八幡堀を散策(近江八幡市)。
  • 滋賀県の近江八幡市にある「八幡堀」。近江八幡市の代表的な観光スポットです。「八幡堀」は琵琶湖と近江八幡を結ぶ水路です。戦国時代に造られ今もその当時の面影が残ります。 上の写真は八幡堀をまたぐ橋の上から撮った写真です。どこまでも続く水路に水面に写る木々。美しい〜。 脇にある階段を下りると水路沿いを歩くことが出来ます。階段を下りるこんな光景。石垣のお堀、お堀に沿って並ぶ木板と白壁の日本家屋、そして穏やか [続きを読む]
  • 雑誌「男の隠れ家」に掲載されました。
  • 「屋根裏アトリエ」が、三栄書房出版の「男の隠れ家」に掲載されました。特集記事は「ひとり時間を愉しむ自分だけの隠れ家空間、小さな秘密基地を造る裏技」です。自分だけの小さな秘密基地空間の一例として「屋根裏アトリエ」を紹介されています。よろしければお近くの書店でご覧ください。 男の隠れ家 2018年 03月号 [雑誌]価格:680円(税込、送料無料) (2018/1/31時点) NEXT→アトリエDIY57-シンプルな机をDIYその2。PREV→ア [続きを読む]
  • アトリエDIY56-シンプルな机をDIYその1。
  • 住宅をDIYにてアトリエに改修しています。(前回までの記事はコチラ→アトリエDIY)内装仕上が終わり、照明器具のDIYも終わりました。次は何をするか。。。床の塗装をしようかと思いましたが、机をDIYします。まだ床の養生をしているので剥がす前に机を作ってしまいます。 天板は上の写真の使わなくなった木製の建具を使います。白い面材はポリ合板。このまま天板にしたいところですが、掘り込みの引手もありちょっと相応しくない [続きを読む]
  • 姫路のリノベーション-屋根の葺き替え。
  • 仮置きされた大量の瓦屋根。淡路のいぶし瓦です。姫路のリノベーションの現場では、屋根の葺き替えが始まりました。屋根の形状はそのままで、老朽化した屋根材を交換します。瓦の下に見える紫色のシートがアスファルトルーフィングで防水の役割を果たします。ルーフィングも新しく敷き直してます。 このお住まい、屋根の形状がとても複雑。なので防水の弱点になりそうなところはしっかりと納まりを確認します。上の写真は二つの屋 [続きを読む]