たろう さん プロフィール

  •  
たろうさん: サラリーマンの愚痴と音楽とか趣味の話題がちょっと
ハンドル名たろう さん
ブログタイトルサラリーマンの愚痴と音楽とか趣味の話題がちょっと
ブログURLhttp://kentaroguitar.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味についての内容ばかり書いています。 主に音楽、ガジェット系統、バイクです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/02/18 20:54

たろう さんのブログ記事

  • ワンダー 君は太陽
  • 割と話題作ですが「ワンダー 君は太陽」を見てきました。なんで君は太陽ってつけちゃったのかダサい邦題あるあるな状態ですが内容は素晴らしかったです。あらすじは書くまでもなく生まれながらに障害を持ってしまった少年の話です。個人的に大好きなシーンは主人公のオギーの友達のジャックがなぜオギーと仲良くしているのかいじめっ子に聞かれるシーンがあるのですがそこでの立ち振舞が本当に理解できるんですよね。子供の中にも [続きを読む]
  • Brigsby Bear感想
  • ここ一年ずっとみたかったBrigsby Bear ブリグズビーベアーって映画、日本では今日公開初日でようやく見られました。お客さん20人くらいしかいなかったけどじわじわ拡大して行く系の映画ではないかなと思います。Brigsby Bear日本公開決定!今一番見たい映画、「Brigsby Bear」結論から言うと最高でした。あらすじは前回ブログで紹介したとおり。ブリグズビーベアーはジェームスのためだけに作られた子供向けのテレビ番組。ある日 [続きを読む]
  • KNOWERのライブは圧巻だった。
  • KNOWERは2年前ヤセイコレクティブとの対バンでみているのですがその時はボーカルのジュネヴィーヴとシンセ・ドラムのルイスの二人だったのですが今回はバンドできました。メンバーは下の動画の編成に近いのですがサックスのSam Gendelの代わりにキーボードを一人追加してRai Thistlethwayte - keyboard, Sam Wilkes - bass, Jacob Mann -Keyboardでした。 キーボードのライは90's前回の見た目でホールアンドオーツかよみたいな見 [続きを読む]
  • Mark Guiliana Jazz Qualtet見てきた
  • マーク・ジュリアナのジャズカルテットを見に行きました。2年前に来日した時とメンバーとしてはピアノがシャイマエストロからファビアンアルマザンに替わりました。曲にきれいに溶け込むシャイとは対象的に曲の中に違和感を作るファビアンはユニークでした。マークとシャイが似たタイプなので対象的なメンバーを入れたのは良い効果が合ったのではないかと思います。今回のマークのキット。14SD/14FT/12TT/18BDのグレッチUSAカスタ [続きを読む]
  • Mark Guiliana インタビュー"How to be a drummer"
  • 英語の勉強も兼ねてインタビューをよく見るのですがここでマークジュリアナはとてもいいことを言っています。ざっくりと。ドラムを始めたのは15歳で親になんかやれって言われて選んだのがドラム。講師のジョーバガミーニがドラムへの扉を開いてくれたようです。デビッド・ボウイと演奏したのはマリア・シュナイダーのビッグバンドと彼のコラボレーションがきっかけ。ここでは "nothing has changed" の中の一曲だけだったけどボウ [続きを読む]
  • Eric Johnsonの機材
  • みんな大好きエリックジョンソンの機材です。まずはギター。サンバーストと白の新しいEric Johnson Signature Stratocaster Thinline。サンバーストはストックのままだけど白い方はリアピックアップをDimarzio HS-2に交換しているそうです。理由としてはこのツアーがAh Via Musicomの再現ツアーのためですね。※当時、54年製のリアにHS-2を載せたストラトを使用。↓これですかね日本製のストラトにフェンダーとしては初のFホールス [続きを読む]
  • Brigsby Bear日本公開決定!
  • 以前、今一番見たい映画、「Brigsby Bear」の記事で紹介していたブリグズビーベアーがなんと日本公開が決まった模様です。6/23から。 音楽がもう最高ですよね。外の世界と触れたことのない主人公が周りとの適応に苦悩する話。このテーマって特に日本人には刺さるとテーマだと思うんです。あとスターウォーズのルーク役で有名なマークハミル出ています。余談ですが最後のジェダイは最低の駄作ですね。 [続きを読む]
  • ものんくるをブルーノート東京で見てきた
  • 「世界はここにしかないって上手に言って」でFUYU氏だったり石若駿氏だったりと最高のドラマーを起用していたり、ライブでは横山和明氏が叩いていることもあったりとドラマーに興味を惹かれてずっと気になっていたグループのライブをようやく、Bluenoteで見ることができました。メンバーが超豪華。吉田沙良(ヴォーカル) 、角田隆太(ベース、ギター)、 宮川純(キーボード)、 桑原あい(キーボード)、 伊吹文裕(ドラムス [続きを読む]
  • KEYON HARROLD Presenting "The Mugician" 見てきた
  • コットンクラブにキーヨンヘラルド見に行きました。ギターのNir Felderが出るということで前情報ほとんどなしで言ったのでキーヨンの新譜を聞かないままどんなものかもよくわからないまま行ったけど良かった。キーヨンの曲はドラマがあってトランペットにはエフェクターが掛かっていたけど生生しくて叫び声のようだった。これからのジャズトランペッターの時代を牽引していくのではないでしょうか。キーヨンのエフェクター。僕が見 [続きを読む]
  • 多動力 堀江貴文
  • 堀江貴文氏の言っていること、やっていることはある一定の層の神経を逆撫でするようですが「多動力」も例に漏れず。ド頭の寿司屋の修行期間は無駄を断定しているところはすこし前に炎上したところですね。僕も無駄とは言いませんが、一人の下で何年も他に目もくれず修行し続けるって物事を学習するという観点では損するのではないかと思います。2つ以上のものが組み合わさると新しい新しいものやサービスが誕生するチャンスがある [続きを読む]
  • ギターをオーダーして完成するまでのまとめ。
  • 僕がBill Delapにギターをオーダーしてから完成して手元に届くまでをまとめてみました。ギターをフルオーダーしようと思っている助けになればと思います。まずはFacebookにBill Delap氏のアカウントがあったので拙い英語力を駆使して雑な質問をぶつけました。すると、後日Delap氏からFBにメッセージが来てメールアドレスを教えてくれます。彼にメールを送るところからオーダーのやりとりがスタートです。彼は過去にも日本人とやり [続きを読む]
  • 幸せの丘ありあんす【山梨県甲府市】
  • 宗教チックなんだけど宗教法人ではない「株式会社宗家日本印相協会」が運営する施設幸せの丘ありあんすにいってきました。門構えはこんな感じ。象牙がモチーフになっています。印鑑の会社ですしね。そして建物。すごく立派。厳かな音楽も流れてますのでやっぱり宗教的なアレに思えてしまいます。ヘリポートまであります。個々にヘリコプターで来る人いるのかな。そして入り口。団体は自動ドアなのに、個人客は手動ドア。行ってみて [続きを読む]
  • Gretchen Parlatoを最高のバンドで観れた。幸せだった。
  • ブルーノートにグレッチェンパーラト観に行きました。マークジュリアナとアランハンプトンがいるバンドの時点で最高すぎる。メンバー的にはピアノだけ違うけど↓の動画が近い編成。上の動画が2013年とかそこらなのですが4年の時を経てグレッチェンの存在感とマークジュリアナのレンジの広さがものすごいことになっていました。一曲目のWithin meのイントロが始まった瞬間にセンシティブでレンジが広くてしかもハッピーな空気が会場 [続きを読む]
  • PE'Zの門田"JAW"晃介さんがやっているバンドBARBを見てきた。
  • ヤセイコレクティブのリズム隊ということでずっと気になっていたバンドBARBを見てきた。ベースの中西さんはこの日は意外にスタインバーガーでものすごくエフェクターとの相性がいい感じで良い音でした。松下マサナオさんと中西道彦さんのリズム隊はガッドとウィルリーじゃないですけどなにか魔法が起きるんじゃないかと期待させてくれる最高の組み合わせの一つかと思います。2時間ちかくの長いステージで大満足のライブでした。鍵 [続きを読む]
  • Roland×Strandbergのギター超よさそう
  • ことしはRolandが頑張っている感じ。Bill Delapオーダーしてなかったらこれ買ってたなあ。そもそもいつ完成するんでしょうねDelapギター。Billさんホールズワースの件とかでものすごくモチベーションダウンしてるんですよね。https://www.boss.info/jp/products/v-bdn/Boden J standardにGR-3つけただけかと思っていましたがV-guitarの一部を本体に幾つか内臓しているっぽいStrandbergはピッチがいいからギターシンセとの相性も良 [続きを読む]
  • 久々にスティック折れた
  • ピエール中野さんのモデルかVic-Firthのボレロをよく使いますが、前者の方が折れました。このスティックはおよそ半年くらい(スタジオでの使用は8時間/月くらい)使っていますがいい感じに手に馴染んでいたので残念。個人的には多少太くて長くないスティックが好きなのでこのモデルは最高です。塗装が薄いおかげかしかも軽い。僕が使っている限りでは木目に沿って折れることが多いです。 [続きを読む]
  • Nate Smithのクリニック/Ludwigの新商品発表会に行ってきた。
  • 国立音楽院で行われたNate Smithのドラムクリニックに行ってきました。Ludwigの輸入代理店である野中貿易による運営ですが、Ludwig主導でNate Smithをデモンストレーターとしてラディックの新製品発表会をするという趣旨に感じました。コマーシャライズされたクリニックですがデモがよくて新商品の発表も素晴らしかった。構成は2部に分かれていて最初にLudwigの新商品発表と休憩を挟んだ後半にネイトによるクリニックでした。前半 [続きを読む]
  • Lage LundがWestvilleを弾いていた模様
  • 渋谷ウォーキンさんのFBより引用僕も大好きなラーゲルンドですが、今回はいつものStefan Schottmuellerだけではなく渋谷Walkin'プロデュースのWestvilleも使っていた模様。サウンドは気になりますがきっといつもの"Lage Lund"って感じの音なんだろうとは思います。SS-15使ってたときとES-350T使ってたときの音にそこまで大きな違いを感じませんでしたし。でもStefan SchottmuellerのThe Semiを使っていたときはちょっとだけセミア [続きを読む]
  • Yasei Collectiveのツアーファイナル観てきた
  • 新代田FeverにYasei Collectiveのツアーファイナルを観に行きました。この日出演のWONKとMONO NO AWAREは初めて見ました。Sold outだったみたいです。OAのMONO NO AWAREはギターポップな感じな編成なのですが不思議な感じの楽曲で面白かったです。若いのもあるのかもしれませんが勢いもあって好印象。玉置 周啓さん(Gt, Vo)のボーカルは味があって良いし、加藤 成順さん(Gt)はただうまいだけではないポスト浮雲さんになれる可能性 [続きを読む]
  • 井上銘さんの新譜は意外にフュージョンだった
  • CRCK/LCKS以外ではジャズをやっている姿しか見たことがなかったので結構意外な方向性。ちょっと80sっぽい瞬間があったりウェインクランツ入ってる瞬間があったりかなりかっこいい。僕の中の彼の像ってこんな感じなんですよ。メセニーっぽい曲をマルティーノみたいに弾いたりカートっぽく弾いたりのジャズの超優等生な感じ。正直この路線だとあんまり興味が湧かなかったけどこの新譜の感じはかなりgoodな感じだと思います。Adam Rog [続きを読む]
  • 小田朋美さんというボーカル/鍵盤プレイヤーがすごい
  • 最近のお気に入りでずっと聴いているCRCK/LCKSのメンバーでもある小田朋美さんのソロアルバムを買ったのですが超いい。 もうひとつ新しいグッバイブルーというアルバムもあったのですがAmazonにはダウンロード版しかなかったので、ファーストアルバムのシャーマン狩りのみ購入しました。 一曲目のperfumeカバーからノックアウトされましたが 宮沢賢治や谷川俊太郎の詩に曲をつけたりとユニークな内容が多いです。 Perfumeのカバー [続きを読む]
  • 今一番見たい映画、「Brigsby Bear」
  • プロットを見てこれは見るしかないと思った映画が発見されました。タイトルは「Brigsby Bear」、日本の公開が決まっていないので邦題はまだですがそのままブリグズビーベアーですかね。海外の映画データベースのIMBdに書いてあるおおよそのあらすじはこんな感じ。http://www.imdb.com/title/tt5805752/plotsummary?ref_=tt_ov_plより抜粋。Brigsby Bear Adventures is a children's TV show produced for an audience of one: Jame [続きを読む]