たろう さん プロフィール

  •  
たろうさん: サラリーマンの愚痴と音楽とか趣味の話題がちょっと
ハンドル名たろう さん
ブログタイトルサラリーマンの愚痴と音楽とか趣味の話題がちょっと
ブログURLhttp://kentaroguitar.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味についての内容ばかり書いています。 主に音楽、ガジェット系統、バイクです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/02/18 20:54

たろう さんのブログ記事

  • Gretchen Parlatoを最高のバンドで観れた。幸せだった。
  • ブルーノートにグレッチェンパーラト観に行きました。マークジュリアナとアランハンプトンがいるバンドの時点で最高すぎる。メンバー的にはピアノだけ違うけど↓の動画が近い編成。上の動画が2013年とかそこらなのですが4年の時を経てグレッチェンの存在感とマークジュリアナのレンジの広さがものすごいことになっていました。一曲目のWithin meのイントロが始まった瞬間にセンシティブでレンジが広くてしかもハッピーな空気が会場 [続きを読む]
  • PE'Zの門田"JAW"晃介さんがやっているバンドBARBを見てきた。
  • ヤセイコレクティブのリズム隊ということでずっと気になっていたバンドBARBを見てきた。ベースの中西さんはこの日は意外にスタインバーガーでものすごくエフェクターとの相性がいい感じで良い音でした。松下マサナオさんと中西道彦さんのリズム隊はガッドとウィルリーじゃないですけどなにか魔法が起きるんじゃないかと期待させてくれる最高の組み合わせの一つかと思います。2時間ちかくの長いステージで大満足のライブでした。鍵 [続きを読む]
  • Roland×Strandbergのギター超よさそう
  • ことしはRolandが頑張っている感じ。Bill Delapオーダーしてなかったらこれ買ってたなあ。そもそもいつ完成するんでしょうねDelapギター。Billさんホールズワースの件とかでものすごくモチベーションダウンしてるんですよね。https://www.boss.info/jp/products/v-bdn/Boden J standardにGR-3つけただけかと思っていましたがV-guitarの一部を本体に幾つか内臓しているっぽいStrandbergはピッチがいいからギターシンセとの相性も良 [続きを読む]
  • 久々にスティック折れた
  • ピエール中野さんのモデルかVic-Firthのボレロをよく使いますが、前者の方が折れました。このスティックはおよそ半年くらい(スタジオでの使用は8時間/月くらい)使っていますがいい感じに手に馴染んでいたので残念。個人的には多少太くて長くないスティックが好きなのでこのモデルは最高です。塗装が薄いおかげかしかも軽い。僕が使っている限りでは木目に沿って折れることが多いです。 [続きを読む]
  • Nate Smithのクリニック/Ludwigの新商品発表会に行ってきた。
  • 国立音楽院で行われたNate Smithのドラムクリニックに行ってきました。Ludwigの輸入代理店である野中貿易による運営ですが、Ludwig主導でNate Smithをデモンストレーターとしてラディックの新製品発表会をするという趣旨に感じました。コマーシャライズされたクリニックですがデモがよくて新商品の発表も素晴らしかった。構成は2部に分かれていて最初にLudwigの新商品発表と休憩を挟んだ後半にネイトによるクリニックでした。前半 [続きを読む]
  • Lage LundがWestvilleを弾いていた模様
  • 渋谷ウォーキンさんのFBより引用僕も大好きなラーゲルンドですが、今回はいつものStefan Schottmuellerだけではなく渋谷Walkin'プロデュースのWestvilleも使っていた模様。サウンドは気になりますがきっといつもの"Lage Lund"って感じの音なんだろうとは思います。SS-15使ってたときとES-350T使ってたときの音にそこまで大きな違いを感じませんでしたし。でもStefan SchottmuellerのThe Semiを使っていたときはちょっとだけセミア [続きを読む]
  • Yasei Collectiveのツアーファイナル観てきた
  • 新代田FeverにYasei Collectiveのツアーファイナルを観に行きました。この日出演のWONKとMONO NO AWAREは初めて見ました。Sold outだったみたいです。OAのMONO NO AWAREはギターポップな感じな編成なのですが不思議な感じの楽曲で面白かったです。若いのもあるのかもしれませんが勢いもあって好印象。玉置 周啓さん(Gt, Vo)のボーカルは味があって良いし、加藤 成順さん(Gt)はただうまいだけではないポスト浮雲さんになれる可能性 [続きを読む]
  • 井上銘さんの新譜は意外にフュージョンだった
  • CRCK/LCKS以外ではジャズをやっている姿しか見たことがなかったので結構意外な方向性。ちょっと80sっぽい瞬間があったりウェインクランツ入ってる瞬間があったりかなりかっこいい。僕の中の彼の像ってこんな感じなんですよ。メセニーっぽい曲をマルティーノみたいに弾いたりカートっぽく弾いたりのジャズの超優等生な感じ。正直この路線だとあんまり興味が湧かなかったけどこの新譜の感じはかなりgoodな感じだと思います。Adam Rog [続きを読む]
  • 小田朋美さんというボーカル/鍵盤プレイヤーがすごい
  • 最近のお気に入りでずっと聴いているCRCK/LCKSのメンバーでもある小田朋美さんのソロアルバムを買ったのですが超いい。 もうひとつ新しいグッバイブルーというアルバムもあったのですがAmazonにはダウンロード版しかなかったので、ファーストアルバムのシャーマン狩りのみ購入しました。 一曲目のperfumeカバーからノックアウトされましたが 宮沢賢治や谷川俊太郎の詩に曲をつけたりとユニークな内容が多いです。 Perfumeのカバー [続きを読む]
  • 今一番見たい映画、「Brigsby Bear」
  • プロットを見てこれは見るしかないと思った映画が発見されました。タイトルは「Brigsby Bear」、日本の公開が決まっていないので邦題はまだですがそのままブリグズビーベアーですかね。海外の映画データベースのIMBdに書いてあるおおよそのあらすじはこんな感じ。http://www.imdb.com/title/tt5805752/plotsummary?ref_=tt_ov_plより抜粋。Brigsby Bear Adventures is a children's TV show produced for an audience of one: Jame [続きを読む]
  • Gotchさんのソロが良い
  • 個人的にバンドやっている人のソロって好きです。バンド(アジカン)でやっていることとは違うことをやろうとか、自分のルーツをもっとむき出しにしようとかいろいろなものが音に出てきて本当に素晴らしいですこの動画。ビートルズだったりニールヤングだったり、BECKだったりそんな人たちのサウンドに影響を受けつつ自分のサウンドとしてアウトプットしているように僕には聞こえます。バンドは以下のとおり。Gotch & The Good New [続きを読む]
  • キラーインサイドミー見た。
  • 前知識なしで見たので快楽殺人者の話かと思ってましたけど全然違いました。どちらがいいとは言いませんがこちらも随分とタチが悪い人の感じ。自己保身のために人を次々と殺すのですが、嘘をごまかすために嘘を重ねるちょっとダメなやつの上位互換といいますかとにかく主人公のルーはクズ。主人公のルー演じるケイシーアフレックが癖があって淡々と話すせいか展開も抑揚が少なく、嫌いな人は嫌いなんじゃないかなこれ。淡々としてい [続きを読む]
  • ATVのエレドラ、aDrumがよさげ
  • 音源だけ売っていたaDrumがついにエレドラのハード出すみたいですね。見た目もわるくない。今日はATV社のaDrumを見に九州放送機器展にお邪魔してきました♪アコースティックさながらのルックス&サウンドで2017年最注目アイテムですね!8月発売予定。正式な販売価格・発売日が決まれば福岡店でもご予約開始いたしますよ!あ〜待ち遠しい〜。 pic.twitter.com/fkmTFZg8Zz― イシバシ楽器福岡パルコ店 (@1484fukuoka) 2017年7月7日エ [続きを読む]
  • Allan holdsworthモデル、KieselとCarvin何が違うの?
  • ちょっと前までアラン・ホールズワースモデルのCarvinの方持っていましたが、多分アンプ部門とギター部門で別れたためブランド名が変わったKieselギター。アランホールズワースモデルの仕様がほんのすこしだけ違うのが気になる所。ポジションマークがちがったり。なにかちがうんでしょうかね?変えてほしかったところでいうとブリッジ。ぶっちゃけたところJ-customのは最悪です。僕が使った個体はアームダウンしたらチューニングが [続きを読む]
  • CRCK/LCKSの新譜が良い。
  • 7月4日に発売したCRCK/LCKS(クラックラックス)の新譜「Lighter」が本当にいいのですよ。楽曲について解説は特にするつもりはないのですが、むちゃくちゃうまい人がいい感じにポップスをやった感じ。個人的に大好きな一曲目。前作における「Goodbye Girl」の一曲目からがっちり掴んでくるというよりはもう少しソフトですがそれでもキャッチーでポップで難解で素晴らしい。これもライブで見て最高だった。このバンドは絶対生で見る [続きを読む]
  • Luge Lund来日するみたい
  • とても好きなギタリスト、ラーゲルンドが来日します。 ピアノとデュオですが残念ながら今回は行けず。 youtubeにもアップしてるこのデュオです。 ラーゲはデビューからどんどん進化していってとてもやっていることを理解できる気がしません。 しかも指板の使い方の可能性もどんどん開拓しているので本当に尊敬。 ギターなんてできて100年以上経つ楽器のなかから今でも全く新しいことを発見できるのが異常。 でも同年代のジャズギ [続きを読む]
  • SuhrからScott Hendersonがまた出るみたい
  • https://www.suhr.com/instruments/classic/scott-henderson-signature/ しばらくHPから消えたスコヘンモデルですがまたリリースされるみたいです。3495ドルだから日本に入ってきて40万強ですかね?昔白にべっ甲柄のピックガードのスコヘンモデル持ってましたがネックがなかなか太くて指板がフラットでよかったです。感触はアラホモデルみたいな感じといいますか。スペックのコピペ。白は出ないんですね。結構使っていたのに。tree [続きを読む]
  • Jose jamesってなんでNate SmithとRichard Spaven使い分けてるんだろうか
  • Jose JamesはNate SmithとRichard Spaven使い分けてますが明らかにちがう二人を起用するところに面白みを感じます。だいたい大きくくくれば同じようなカテゴリに入る人を起用するじゃないですか普通は。ギターですが例えば、Mike MorenoとGlad Hekselmanとか。彼らは彼らで全然違いますが近い音は出そうとするといいますか。とにかくNate SmithとRichard Spavenは出音から自分のままというか。比較するなら同じ曲ということでVangu [続きを読む]
  • Nate Smithってやっぱり化物じみていると思う。
  • スティックを振り上げる速さが異常に早いんですよね、この人。そのせいか音もすごくタイトだしすごくグルーヴしてる。16分裏、できれば32分裏で振りあげてタイミングがばっちしになれば僕もこんなかっこいいバックビートが叩けるようになるのだろうか。Nateでいればこの動画が個人的にすきなライブ。Nir Felderのバンドでピアノがマークジュリアナのバンドにも参加しているシャイマエストロだしということで。 Jose Jamesのバンド [続きを読む]
  • Zafeedo,クラックラックスみてきた
  • ZAFEEDOを見に行ったらずっと見たかったドラム石若駿くんも参加しているCRCK/LCKS(クラックラックス)をようやく生で見ることができました。ギターが井上銘くんがいなくてトラの方でしたがそれにしてもすごかった。若くてセンスがある上に技術まで持っている人がポップスをやるとこうなるんだって感じ。ものスゴイ以外言えない状態です。新曲のMVも上がってますね。 そういえはこのクラックラックス、新譜出るみたいです。非常に [続きを読む]
  • 映画の感想 メッセージ
  • ちょっと前に観てきました。 ばかうかに似てるというので一瞬話題になりましたね、このメッセージという映画は。 SFで主人公が言語学者というところが新しかったと思います。 監督のドゥニは数年前に観た複製された男でも監督をやっていますね。 面白いのですが原作を既読の方にはやや不評のようでして。この映画の原作のあなたの人生の物語は、アメリカSFファンタジー作家協会が主催する権威ある文学賞“ネビュラ賞”や、その年 [続きを読む]