ブリスフル・タッチ さん プロフィール

  •  
ブリスフル・タッチさん: Blissful Touch?ダンスをもっとナチュラルに
ハンドル名ブリスフル・タッチ さん
ブログタイトルBlissful Touch?ダンスをもっとナチュラルに
ブログURLhttp://www.blissfultouch.info/
サイト紹介文ダンスのための「ナチュラリゼーション」について。赤ちゃんの動きに学ぶ♪
自由文ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。HPはhttp://www.blissfultouch.org/です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供459回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2013/02/19 21:34

ブリスフル・タッチ さんのブログ記事

  • 手先の不器用さ
  • 親御さんは手先が不器用だとばかり思っていたその子がナチュラリゼーションを始めて暫くしたころからお絵描きや工作でも細やかな作業ができるようになって驚いているとお祖母さまにあたる知人から伺いました。お仕事としてのレッスンという訳では無く以前、知人のお宅に伺った際にいらしていたそのお子さんと顎のワークと手のワークを一緒に遊ぶような感じで行っただけなのですが。手は指を立てるワーク程度でしたがその時、ちょっ [続きを読む]
  • 不離一体 ― 肩と股関節
  • ナチュラリゼーションをやっているとターンアウトに於いても上半身と下半身は不離一体であることをありありと感じることがとても多いですが昨日も、一歩踏み込んだ肩のターンアウトのワークをじっくりやっていった後にまだスパイダーなどはやる前でしたがずり這いの際の股関節の開きがまた変化していることに「おや⁉」と気付き「ナンダコレハ」と思いながらとりあえず前進はいつものリズムで動いていけたのですがリバース、つまり [続きを読む]
  • 2年目のハイハイ
  • 今月のまつじゅん先生のレッスンで最初にこのところ生じてきた変化の感触をちょこっとご報告しました。実際のところ、話すまでもなく動きやカラダを見れば先生にはわかるのでしょうけれどどんなに小さなことでもやはり嬉しい変化は話したくなる…まるで子どもと一緒ですね(笑)今月は新しいワークもやってまた、自分の中にない回路を発見したような出来なさ加減に思わずウフフと笑いが生じてくる。いえ、決して不真面目なわけでは無 [続きを読む]
  • 「こっちが快よ」― 正中感覚の微妙なズレ
  • 先月のレッスンから3週間の間にまたちょっと左股関節周りの感触が変わり始めそうして変わり始めている身体と更新されていない正中感覚の微妙なズレを数日前から歩行中に違和感として覚えるようにもなってきました。何か、脳は「もっと左だったよ」と、馴染んだ場所に戻そうとするのに身体の感触は「いや違う」と言っているみたいな(笑)私、こういう小さな混乱、大好きなのです。その混乱の先に新しい秩序が生まれてくるから。鏡を [続きを読む]
  • 寝返り2― 違う質の動きができてみて違いがわかる
  • 寝返りって、最初の内はそれだけでゼーハーしてしまうような方もいるのですがある程度慣れて余分な力が抜けてくるとご褒美ワークのようにもなって(笑)お仕事でお疲れ気味の方などに今日は寝返りをいっぱいしましょうか?などと言うと「やった♪」と喜ばれるほど本当は気持ちの良い動きなのです。また、ある程度できるようになってきても終始腕や脚の力が入り切ったままになってしまう方や足や骨盤からの動きになってしまう方にはち [続きを読む]
  • 赤ちゃんの動画いろいろ
  • 最近、スタジオなどでずり這いをする時は方向変換も手抜き(足抜き?)せずにターンを右回転・左回転織り交ぜながらやるようにしてみています。(今までは、お腹を軸にクルンで楽していたので(^-^;)ずり這いの中でも、赤ちゃんたちは結構趾を使っていますが(摩擦が少ない環境だと、ほぼ足だけで進む子も!?)そこから向きを変えるというプロセスもやはり、ちゃんと辿っておきたいなと思いまして。今日は色々と赤ちゃんの動画を [続きを読む]
  • 寝返り
  • 寝返りの動きからはああ、きっとこういうところがそれより高度な動きのぎこちなさに繋がっているのだろうなと思えるような事が色々と表れてきます。寝返りが上手くできなかったり出来ても余計な力が抜けないだから寝返りを一生懸命練習するのも良いですがでも、一歩引いてその前の段階で何をやっていたのかということを考えてみると動物のように回旋運動のなめらかな伝達が見えるようなしなやかな寝返りに必要な要素が見えてくるの [続きを読む]
  • 見守る時間
  • 先週レッスンにいらした園児のお母様からメールを戴きました。バレエを習わせようかどうか迷っているというお話でしたが今のところお母様のご意向でお子さんはまだ余り興味がない感じでしたのでまず、一緒にナチュラリゼーションをしてみてお子さんが「動く」ことが本当に好きでは無いのか少し様子を見てみたり「何故、来年なのか?」をもう一度考えてみても良いのではないですか?ということをお話しました。お母様の肩の力が抜け [続きを読む]
  • ドレス探し
  • 今日は娘のウェディングドレス探しに付き合って横浜に出かけました。腕や背中を美しく見せるためのちょっとしたアドバイスなどもフィッティングを担当した店員さんから受けていたりもしてそうそう、キミもバレエやってたはずだけどPTの仕事で培った?逞しさはやはり確かに来春まで少し何とかしないとねー(^-^;などと思いながら眺めました(笑)既に入籍して、実質的には嫁いでいますが女親なんてこんな感じなのかなというくらいあっ [続きを読む]
  • 焦りは禁物ですよ(^-^;
  • 8月からパーソナル・レッスンを始め出張講座にも参加している方に昨日、最初に問いかけたのは「苦手な事はあまりやらないでバレエにすぐに役立ちそうと思えることだけやっていませんでしたか?」という言葉でした(^-^;お答えは図星で(笑)正直な方なので顎のワークは苦手で余り重要ではないように思ったのと周りの方に少しでも早く追い付きたいと思って…と(^-^;その気持ちはすご〜くよくわかるのです。けれども、ナチュラリゼー [続きを読む]
  • 引き上げを全く注意をされなくなった
  • 9月のスタート当初、下腹を引き上げるようにというバレエの先生のご指摘があるけれどなかなか上手くいかないと言っていた小学生さん。その引き上げについては全く注意をされなくなったと今月のレッスンの最初にお話してくれました。できるようになったことも勿論ですができないという事態に出合った時も恥じることもなくむしろ楽し気な表情でよく集中した目で取り組めるお嬢さんでお家でもよくワークしてきたからこそ結果として引 [続きを読む]
  • 足元
  • 時々、意識せずに歩いている時の足元の写真や動画を撮ってみると色々と面白かったりします。左右差も含め、足の軌道や足首の動き、歩幅やリズムが長期的にはどう変わってきているかを見てみたりどういう瞬間に乱れが出るかだとかその時、少し足ではない例えば手や脇の働く感じを少し変えてみるとどうなるのだろうかとか。写真左上は2015年5月まだナチュラリゼーションに出合う前の写真で右は先日、日曜日に撮ってみた動画からいず [続きを読む]
  • 日曜日のセッション
  • 日曜日、最初のセッションにいらした大人の方がそういえば最初に来た頃は身体がしんどくてバーレッスンでさえ最後まで続かなかったことを最近お教室に入った方がとてもきつそうにしているのを見て思い出したとお話して下さました。今は週に2回のバレエのレッスンも元気に楽しまれていますが何か、その最初の頃を忘れてしまうくらい自然にゆっくりと変化している感じが良いなと思いました。その後は、新体操のOBの方が久しぶりにい [続きを読む]
  • 脆弱性
  • 私がインターネットをよく使うようになったのは今から20年弱くらい前ですがその始めた当初にはまだブログというものが無くHTMLでHPを作って発信しデイリーに更新するものはCGIの日記システムを使いコミュニケーションは別途設置した掲示板やチャットでというような時代でした。まだ、四六時中ネットに繋げていられるような状態ではなかったので定額になる夜間だけ、そうしたコミュニケーションの場に触れていたように記憶していま [続きを読む]
  • Anniversary
  • おかげさまで、Blissful Touchも7歳の誕生日を迎えることができました。暖かい祝福のメッセージのメールを戴いたりお花を贈って戴いたりココロがぽかぽか暖かい1111の日となりました。本当にありがとうございます。 [続きを読む]
  • 「何でだろう?」は成長の芽
  • 金曜日の和泉多摩川レッスンは今回が3回目の小学生さん。まだまだ、顎や手がメインテーマですが少しずつ寝返りなどもしています。それは、寝返りが今すぐできるようになるためではなく例えば、ナチュラリゼーションの寝返りは手がリードする動きですが左手がリードしていくはずの時にどうして脚が先に動きたくなってしまうのだろう?という感じで問いが立つ。手のワークで感じたことと次の段階の寝返りの中で感じたことそれが少し [続きを読む]
  • Going and Coming ー 理解を将来に残す
  • 今日は大学生のバレリーナさんとのレッスンの後お茶をしながらアームスの感覚についての話題になりこんなお話をしました。昔、" アラベスクはGoingのパ "という言葉に触れてそれは、とても当時の私の感覚には響いたのだけれどでも、今の自分の言葉で表すとしたらGoing and Comingかな…。私は、例えば1番アラベスクで前に伸ばしたアームスであれば、胸鎖関節から示指・母指間のアーチに繋がるラインでGoingを感じ、脇や肩甲骨でCom [続きを読む]
  • 11月・12月のレッスン情報
  • 江ノ島でも、新宿でも、和泉多摩川でもレッスンで移動する度にそれぞれの街の「冬の香り」を感じるこの頃です。11月と12月のレッスンのご案内です(^^)ご予約お待ちしております♪ 湘南江の島/グループレッスン 代々木/パーソナル・レッスン 和泉多摩川/パーソナル・レッスン湘南江の島/グループレッスン11/28(火)16:00〜17:3012/5(火)16:00〜17:3012/19(火)16:00〜17:30代々木/パーソナル・レッスン [続きを読む]
  • 感じていることと、やっていることのギャップ
  • シンプルな動きでも特に、視覚を頼りにできないときなどに自分が感じていることと実際に行っていることの間にはギャップがあったりすることに気付いたりします。昨日の江の島レッスンは脱力のワークやダイナミックアーチのワークなどでそのギャップを感じていくことに少しフォーカスを向けていきました。仰向けに寝て、足を寄せてくるような動きの中でも色々な「気付かなかった癖」を発見したりそれがどこかの過剰であれ、不足であ [続きを読む]
  • フォルムから感じること
  • 昨夜は寝入りばなにまた足を色々動かしていて皮膚の感触だけでなく骨の動きをビジュアライズしているうちに大腿骨のフォルムや、脛骨のフォルムを思い浮かべながら形には意味があるとしみじみ思うところがありました。膝から下、つまり脛骨はそのフォルムが掴みやすく粗面から前縁のラインを視認することもできますが大腿骨はそれに比べてわかり難い。でも、ダイナミックアーチを保って動かしている時により強くイメージが湧き上が [続きを読む]
  • 舐めるような拇趾の動きの感触
  • 先日の微睡の中で再発見した舐めるような拇趾の動きの感触を味わうということが気に入って最近、眠る前と目覚めた時に毎日行っています。バレエの中にも、glissadeやflic-flacなど床を滑るような動きや、叩くような動きのパがあるけれどもっとやさしく、ゆっくり、最低限の力でダイナミックアーチを感じながら指の感触を、同時に足首や膝、股関節という具合に全身の働き合う感触を丁寧に味わう感じです。すごくシンプルだけど足裏 [続きを読む]
  • 背骨の動きを感じてみる
  • バレエをしている子どもたちが自分の身体が硬いと感じている時でも案外、限られた動きの中でそれを捉えていて例えば背骨の動きでも実際どこがどの方向に動かしにくいのか断片的にしか感じられていないことも結構あります。この日曜日にいらした、今回が3回目の中学生さんにはナチュラリゼーションを始める前にちょっと壁ワークをやって戴いてどこが動かしにくいのか、或いは感覚が薄いのか感じてもらった上で顎のワークに入りその [続きを読む]
  • そろそろ次のフェーズへ
  • 昨日は小学生のバレリーナさんのレッスン。春からずっと手や肘のワークずり這いなどお腹を床につけて這うワークを重点的に続けてきましたがそろそろ、ターンアウトのためのワークやダイナミックアーチのワークにもフォーカスを向けていこうかと思える感じになってきました。まだまだ完成形ではありませんが「あれ?初めて足が床に着いた!?」とちょっとキツネにつままれたような表情(笑)ここから更に、ゆっくり少しずつハイハイや [続きを読む]
  • バレエなプロモーション
  • イタリアに[C]STUDIO(Cinellistudio)というダウンのメーカーさんがありましてシルエットや色の美しい製品が多くお気に入りのメーカーさんなのですが今期、秋冬コレクションのプロモーションビデオや写真がなんと、バレエがテーマなのでちょっとだけご紹介させて戴きますね(^^)www.c-studio.it[C]STUDIOさん(@cstudio_official)がシェアした投稿 - 2017 9月 21 4:56午前 PDTインスタには、動画がありホームページ等で使われ [続きを読む]