Kippis さん プロフィール

  •  
Kippisさん: Kippis! from Finland
ハンドル名Kippis さん
ブログタイトルKippis! from Finland
ブログURLhttps://kippisy.exblog.jp/
サイト紹介文フィンランド・ラップランドの田舎在住。北欧雑貨ウェブサイト運営・ホームステイを引き受けています。
自由文日本でフィンランド人男性と知り合って結婚。
2007年にテキスタイルデザインを学ぶためラップランド大学に入学。
在学中に娘が生まれ休学。息子も生まれ、田舎の村に引っ越しました。
住まいは村の小学校の校舎の一角。
流行ものよりも古くてレトロな物が好きです。昔の生活を求め暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/02/21 17:08

Kippis さんのブログ記事

  • A-Jのお財布事件
  • かれこれ17年くらい使っている私のお財布。わに革なんだろうか。今まで壊れる事なく愛用しています。使い込んで黒ずんできたリテカテカしているのも勲章のような感じです。ここまで使ったらボロボロになるまで愛用したい、そう思っているお財布。むふふふ、「お財布」と言えば、もしかしてピンッとくる方もいるかな... 2018年3月22日のインスタにも書いたのですが、A-Jが大事な用事を控えた外出で、夜行で南へ行くという日の午前 [続きを読む]
  • クマさんのようなミトン ロヴィッカ
  • 冬が長いからこそ毛糸を使って楽しめる編み物。2月にクロスカントリーに行った時に、雪が光に照らされピュアな白い色が印象的でした。真冬の暗い時期に見るのとは違った白。普段は白いものをあまり取り入れないのですが、そんな魅力に魅せられて白のミトンを編みたくなったのです。いつもは3-3.5ミリ用の細身の毛糸を使用しているのですが、今回は何だか気分も変えたくて5.5-6ミリの編み棒を使ってみました。白のミトンを編み終え [続きを読む]
  • 2-3月の楽しみ方 クロスカントリー アイスフィッシング
  • ラーヌヤルビのある村は北極圏内。太陽の光が出てくるのが1月上旬過ぎから1月中旬位。今までの冬の暗さを取り戻すかのように2月はとても綺麗な光景が見られます。-30度近くの極寒の日もあれば、-10度にも満たない日もあったり気温差が激しいですが...私の感覚では、晴れの日、気温が-15度前後の日はクロスカントリーに適した気温です。森を抜けると凍ったラーヌヤルビの湖の上に行けます。丁度ここは誰かがクロスカントリー用の [続きを読む]
  • 日本滞在4週間 実家へ
  • 家族と日本へ行く時は実家に帰るのですが、今回は札幌に先に着いたため、はじめの1週間は子供達から毎日のように「いつ、じーじのお家に行くの、早く行きたい。」そう言っていました。特に4歳のこゆきにとっては、じーじの家に行ったら日本に来たと言えるくらいな感じ。そんな大好きな、じーじに会いに行ってきました。最後に会ったのは約2年前。子供達は、じーじと、実家に住む私の姉の事が大好き。遠く離れていても子供達にとっ [続きを読む]
  • 日本滞在4週間 子供達から見た日本
  • とあるお店に行ったらランドセルが売っていました。そっか、日本は4月が入学式だっけ。私の時は赤か黒が主流でしたけど最近は色も豊富で可愛い模様もついて素敵だな〜。あの私の使っていたボロボロになった赤いランドセルは一体何処に行ってしまったのだろうか。フィンランドでは8月から新学期が始まり、小学校は制服も体育着もなく指定のバッグもなく個人の自由です。ピアスもオッケーで、ネイルをしていったり髪を染めたり邪魔に [続きを読む]
  • 日本滞在4週間 札幌 美味しい
  • 大晦日、お正月の記事を書く間もなく、既に2月に突入〜。私達一家は1/11-2/6までの約4週間、札幌滞在をしていました。ここ4年の間に主人は毎年札幌出張があったのですが、今回は最低4週間の出張だった事もあり、家族も便乗する事になりました。主人は、ラップランド大学で工業デザインを教えている大学講師ですが、大学でも、副業でも雪と氷のデザインやホテル内装云々しております。丁度、札幌雪祭りにかぶっていましたが、その関 [続きを読む]
  • 2017年 クリスマス 料理
  • 2017年のクリスマスはロバニエミの街中に住む義理母のお家へ1泊しました。大きな窓のあるキッチンで皆でランチ。フィンランドのクリスマス料理、メインは豚ハムですが魚料理や野菜料理も多いです。ビーツや人参のサラダもクリスマスの定番。食器の使い方もほんと上手で勉強になります。遅めのランチをしてまったりしていたら、義理母の所にサンタさんがやってきました!白樺の幹で出来た杖にベルがくくりつけられていて、サンタさ [続きを読む]
  • 2017年 クリスマス やっぱり今年も生木
  • 2017年のクリスマス、余ったクリスマスツリーの枝を使って2階のドアに飾り付け。今年も生木を伐りだしに我家の森へ...木と木が重なり合っている場所から1本鋸で切り倒しました〜。お手伝いさんは7歳の息子。どれがいいかな〜雪深いので青いソリにはスノーシューを入れて、それから鋸も。「切れた〜!」スノーシューを履いたA-Jが森から出てくると、何処かのおじさんがスノーモービルで登場。おじさんは立派はクリスマスツリーを [続きを読む]
  • トナカイ皮・角・骨 ラップランドの作家ラウン君が阪急うめだに!
  • ラップランドと言えば、オーロラ、サンタクロース、トナカイを思い浮かべる方が多いと思います。中でも特にトナカイはラップランドの人達にとって大事な存在です。トナカイは食肉用ですが、毛、皮、角、骨も大事な資源になります。私の知っている限りでは鶏、豚、牛の管路方法とは全然違ってきます。トナカイを飼うという事は家族ぐるみでのお世話となり、家族代々トナカイを管理してきているという家庭が多いので、歴史深くとても [続きを読む]
  • フィンランド国民に愛される 裂き織カーペット
  • フィンランドでは裂き織カーペットが使われている家庭が凄く多いです。日本同様に玄関で靴を脱ぐ習慣があるので、玄関はもちろんの事、廊下、キッチン、リビング、サウナやシャワー室ほんと便利な裂き織カーペットは何処に置いても役割を果たし、模様や色も様々で見ていて飽きません。いらなくなったシーツや服を裂いて織ったり、ひも状の天竺素材を使ったりします。家族や親戚の方が織ったのよ〜よいうのも良く聞きます。昔の博物 [続きを読む]
  • 使って見て分かった良さ トナカイのショルダーバッグ
  • 2017年12月6日はフィンランドの独立100周年記念日。今年は各地で100周年イベントが開催されています。ラップランド在住の作家、オーダさんは、こんな素敵なバッグを制作されました。トナカイの皮&フィンランド各地の伝統衣装の布(ウール)を合わせたショルダーバッグ。私は大阪滞在中、お店でも長時間ずーっとショルダーバッグを下げていました。中には...カードやコインが入った分厚い二つ折りのお財布・パスポート・ハンカチ [続きを読む]
  • 日本の居酒屋最高!
  • おお〜これが有名なアレですね!おお〜これはもしかして、アレの事?そんな感じで難波を友人夫婦と楽しみました。大阪は大きい上、結構道も広くて居心地が良いです。かと言え、飲食店は凄く狭くて昔ながらの雰囲気たっぷりで。そのギャップが落ち着いて&人懐こい大阪の人達のお陰で大阪の魅力に惹かれています。昔、田舎が嫌で出たのに、結局田舎に落ち着き...都会好きでもないのに、大都会大阪を満喫し...人生こんなもんで [続きを読む]
  • エコハウス 森の家つくり 思い出の床削り
  • 建設中の森の家、もう何年もかけてA-Jが建設しています。現在は、外観、屋根は終わり、窓も一部を除いて取り付けし、エコ便器用の排水タンクも敷地に埋め、ソーラーパネルも取り付け、エネルギーを貯蓄するバッテリーも設置。1階の断熱材は終わり、(2階は一部断熱材入れ作業有、床貼や階段などは後ほど)1階の室内の壁も一部貼り、室内のドアを付け、夏には床を削り... もう住めるのでは!と思えますが、水回りや電気の配線、風力 [続きを読む]
  • 初雪 今年は10月20日
  • 今年の秋は秋晴れが少なかったな〜 そもそも、夏も夏らしい日は少なく、そして初雪=冬の到来となった感じです。でも、北フィンランド=ラップランド地方は雪の似合う所です。今年の初雪は10月20日。この日は珍しく晴れ間が見え、森を抜けてラーヌヤルビの大きな湖まで散歩。4年前に我家にホームステイに来られた女性が再度、我家でホームステイ。世界一周旅行の途中に。国々を巡った話はとっても興味があって、そして再会=友達 [続きを読む]
  • またお誕生日シーズンが来ました。
  • 私の住むラーヌヤルビという小さな村には小学校があります。すぐ隣です(同じ建物の壁1枚越し)。小学校には我家の子供を含め15人います。目の前の幼稚園には6人。皆お友達です。そんな村は春からお誕生日会ラッシュが始まります。ある時は毎週末続きでお誕生日会という事もありました。子供だけではなく大人も親戚も来たりと、お家中を公開〜といった感じです。準備をする親としてはケーキ作りに、塩っけのある軽食を用意したり、も [続きを読む]
  • 我家でのホームステイ体験 草木染マジック
  • 我家は年中を通して両者のスケジュールが合えばホームステイ受け入れをしています。特に夏は白夜な上、色々な収穫物があって楽しいですよ。可能な場合はジャムにして日本へ持ち帰って頂いたりしています。このルバーブ、初夏に太目のを収穫してしまったので8月上旬に収穫したのは細身。でも茎はジャムにしたりケーキにしたり美味しく調理できました。葉はシュウ酸が多いので一般的には食べないのですが今年は草木染に使ってみまし [続きを読む]
  • 森は食の宝庫 きのこ
  • この写真は8月上旬のものになってしまうけど、散歩中に見つけた食用のキノコ。長い冬が終え次の冬が来るまで森は食の宝庫、これがフィンランドです。我家の周辺は森なので、散歩に行く時にはカゴが必須です!こちらは8月中旬に家の近くの森で見つけた食用のキノコ。上段はポルチーニ。むっくりした形が可愛いし味も最高です。左下のキノコは切った後に切り口が紫〜黒に変色するのが特徴ですが、どちらのキノコもクリームと相性抜群 [続きを読む]
  • ブルーベリーの国 フィンランド
  • 今年の夏は到来が遅く、そして既に秋めいてきているラーヌヤルビ村。例年ですと最高+30〜+33度の日が夏に1.2回あるのですが、今年の最高は+27度前後だったかな。その影響か、一時期は蚊が多かったもの夏全体で見ると少ない方かな。8月も中旬になるとラップランドにも夜がやってきます。と言っても今現在で23時頃でも真っ暗になる事はないのですが、少し前までは夜中でも明るいまま=白夜でしたけど、今では夜中にも街灯も灯るよう [続きを読む]
  • お菓子焼放題の7月
  • 7月は沢山、砂糖と粉を使った月でした。7月の第3・4の土曜日はラーヌヤルビの村のバザーで、8歳の娘・ことりと一緒にお菓子を焼き出店しました。これが定番のシナモンロール。形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!プッラ(菓子パン)の生地を作る時は粉を1キロ位使うレシピなので今回は1/3はシナモンロールに、2/3は、カスタードクリームの入ったダラスプッラを焼きました。もう少しカスタード [続きを読む]