S-Myanmar さん プロフィール

  •  
S-Myanmarさん: Mechanics in MYANMAR
ハンドル名S-Myanmar さん
ブログタイトルMechanics in MYANMAR
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/s_myanmar/
サイト紹介文ミャンマーメカニックスの痛痒い毎日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/02/21 19:58

S-Myanmar さんのブログ記事

  • 登録するか?しないか?
  • オーナーズ・ブック( 車両登録手帳 )です。中を1枚めくると・・・・裏表紙にフレームナンバーの石刷り第1ページ目に緒元です。自分は6年前からの情報しか知りませんが、現在に至っては自国生産車に限って所有者変更が可能となっています。MYANMAR での自国生産車の定... [続きを読む]
  • カウスエ ベスト3
  • ■ 第三位みんな大好き、『 シャン・カウスエ 』ご存じ、シャン州発祥のカウスエです。緬は米緬、これに油で炒めたミンチのようなものがチョロッと乗って出てきますから、これにメチャクチャ酸っぱいシャン漬物を乗せたら、あとはグチャグチャにかき混ぜて食べます。NO ス... [続きを読む]
  • センゲッテー
  • 少ない人員とリフトもない青空整備の中、オフィスだってみんなで共同なんです。となるともう、事務所の感じももう限界ってくらいぐちゃぐちゃになってしまいました。wwそんなこんなでもみんな日々新しい事を学び実践し、失敗して叱られるという毎日を乗り越えています。しか... [続きを読む]
  • IMA の泣き所
  • ミャンマーでも 『 燃費が悪い気がする 』というお客さんがたまにみえます。とはいっても 16〜17 万km 走行車や、果ては 20 万km 超のお車となるともう、エンジン交換をお薦めするしかありません。幸い 当社ではパーツセンターも併設してますのでそのほうがうちとしても... [続きを読む]
  • 日本通り
  • MYANMAR TRADITIONAL FOODです。ここまでこんもりとミャンマー野菜が盛られているレストランは久しぶりです。自分が選んだのはセィッ・ター(山羊肉)ミャンマー料理店で選ぶメインは主に■セイッ・ター(山羊肉)■アメー・ター(牛肉)■ワ・ター(豚肉)■ンガー(魚)全... [続きを読む]
  • 黒いお金
  • 懐かしい サファリYANGON RV CLUB の方のお車です。ことの起こりは、先日お預かりしたランクル 80の修理。『パワーが感じられない』という症状です。その時の原因のひとつが吸気系のコッテリ・カーボン。その後、『パワーが回復した』と、とてもお気に召していただいたよう... [続きを読む]
  • Myanmar Repair Style 考察
  • 画像はシリンダーヘッドガスケットの交換です。こちらではごく一般的に新品のガスケットにもシリンダーヘッドとの接合面全体にシーリング剤を塗ります。これは、ガスケットが 日本製の 1/5 程度の価格の中国製ということで低品質なのか、ミャンマー人気質のこだわりなのかわ... [続きを読む]
  • さすがに安らぎます
  • 本日の主役はこのお二人SUPER MYANMAR 社長のご子息の披露宴です。場所は NOVOTEL HOTEL 1階大広間10人掛けのテーブルが66で総勢660人での大披露宴でした。そのうちの外国人は1 / 660 の自分一人。関係者でもあるので入口で参列者様に会釈をしてお迎えいたしました。入... [続きを読む]
  • 何、コレ?
  • キーボードをパチパチしているとこの男がいきなり入ってきて・・・これ食べますか?と言ってきた。( 食べるって言って これ生芋でない?、今食べれんでしょ・・・)と思い『 OK, OK, ヤーレ、チェーズーバーノゥ 』(いいよ、ありがとう。)というと、あれよあれよと... [続きを読む]
  • 悩んだら・・・まずはピョウッ・メー
  • 前回 掲載したポルテウェルキャブ車です。これのリフトアップシート不動修理なのですが、日本でも見たことがない特殊車。しかも足の不自由な方用の車両ということで特殊車の中の特殊車。スタートして早々、これは洗礼か?・・・とは言うものの、データがまったく入手できず、また正常な作動もわからずでお手上げ。wwしかたないのでシートモーションを全部分解したら横スライドレール2本のうち1本のベアリングが錆びてロック。 [続きを読む]
  • 力の法則
  • 毎日休みなく作業が進み、工場内部がほぼ完成して側溝拡張に突入しました。通常、ミャンマーでこのように新規工場を建設し始めると、『 窓が大き過ぎる 』『 屋根が高過ぎる 』『 看板用のステーが少しはみ出している 』とかなんとか、YCDC がいちゃもんをつけて工事をストップさせてその都度罰金と称する金銭を要求します。話は変わって先日ニュースで流れた 例のロヒンギャの話。国内ではバングラデイッシュから入国許可 [続きを読む]
  • 平滑な床
  • 時は1月5日新たな年の仕事が始まった日本ですが、ミャンマーでは1月1日は平日、祝祭日も太陽暦ではなく月の満ち欠けによる旧暦です。そんな生活の中、知り合いも仕事関係も相方も全てミャンマーの方々ばかりで色々な感覚がミャンマーになりつつあるこの頃なんですが、でもやはり『 正月 』だけはちょっとグッときます。1年に1度のこの正月ぐらいは 『 日本に帰りたい・・・ 』というのだけはどうしてもなくならないすね [続きを読む]
  • 塩ください。
  • 塩分の取りすぎは寿命を縮めるといいますが、昔、北朝鮮で囚人の足腰を弱めて逃亡を防ぐために塩分を絶ったといいます。この 叩き暑い YANGON で外仕事をしていると日本人の自分はやはり多少発汗が多く、どうしても水分とともに塩分が欠乏しがちです。そんな日の仕事帰りに外食するとたまに塩をもらいたいときがあるんですが、店員によっては『塩』という言葉がなかなかヒットしてくれないんです・・・塩はミャンマー語で『 サ〜 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます in INSEIN
  • あけましておめでとうございます。言葉もままならぬこの地で幾多の困難に遭遇し、そのたびに色々な方々から助けていただいた年でございました。本当ににありがとうございました。そして今年から新規の仕事がスタートいたします。本年もよろしくお願い申し上げます。この2名は向かって左が Sai Wa Nna Tun(サイワナトゥン) 19才、父上が経営している小さな修理工場から修行にきております。そして右が Thet Aung Khing(テッアウ [続きを読む]
  • まずはココにブチ当たります
  • あと1か月はかかるだろうとのことですが、なぜか工場の進み具合を見るのが毎朝の日課になってしまってます。ミャンマースピードってのもありますが、とかく仕上がりの汚さがウリのミャンマー建築の中、細かい部分の仕上がりがとてもよくコレなら待つ甲斐もあるってもんです。ダペメ!(しかし)そのあおりを食っているのは作業をしている者たちデス。(もちろん自分も・・)リフトもエアーもない素朴な作業を、気温 31℃の中で [続きを読む]
  • 意外かもしれませんが、寒いんです。
  • 今日は日曜日。毎朝の日課で工場の進み具合を見に行くと続々と建築作業員の男たちが集まってきました。この2か月、彼らに休みはありません。通常 ミャンマーの場合、工期の 1.5〜2 倍ぐらいかかるのが常識です。ということで葉っぱかけられてんでしょうか・・・でもこの屈強な男たちは『 ミンガラーバー!』(おはようございます)と爽やかな笑顔でこの外国人を迎えてくれます。完成が楽しみデス。そんなこんなで朝の日課を終え [続きを読む]
  • 青空工場
  • ご多聞にもれず、工場の建設が遅れています。本体のガソリンスタンドの一角で青空修理工場の日々が続いております。ビーチパラソル広げて修理するなんざ、日本では見られん光景ですよね。いい味というかなんというか・・・それにしても・・・・・暑いんデス。彼らは1日のほとんど屋外ですので可哀想なんですが皆 頑張っております。とはいえ、今のこの時期、ヤンゴンの気候は冬なんです。冬と言ってもそこはミャンマー、昼間はや [続きを読む]
  • ヤンゴンの電気代
  • これは2017年11月分の電気代の領収書です。わかりにくいのですが11月1か月分の電気代は5,640ks、現在のレートで470円デス。使用状況はというと・・・24時間営業は冷蔵庫のみ。帰宅後の夜7時からは照明、テレビ、エアコンが常時稼働。なにかと暑い国ですのでエアコンは朝までつけっぱなしデス。&休日は朝からこの3点セットはつけっぱなしとなります。そしてコンロはIH、お湯を沸かすのもケトルと、ほぼ『 オ [続きを読む]
  • リフトアップシートが回転しない
  • 車両はPORTE WEL CABNNP10 2007年デス。ユーザーはSUPER MYANMAR AUTO SERVICE の母体であるYUZANA GROUP の会長の娘婿さんてこともあり、いつもニコニコしているSUPER MYANMAR BRANCH MANAGER(支社長)も ちとピリピリしちゃってます。日本でもそうそう見かけないWEL CAB & 足の不自由な運転者用ですんでMYANMARでの修理事例はほぼないんじゃないか・・・て感じです。これが標準の状態。運転席のドアを完全に閉めた状態で成立す [続きを読む]