鉄火のマキ さん プロフィール

  •  
鉄火のマキさん: 右往左往のイギリス大学受験記
ハンドル名鉄火のマキ さん
ブログタイトル右往左往のイギリス大学受験記
ブログURLhttps://ameblo.jp/tekkanomaki/
サイト紹介文オックスブリッジ受験レポートなど。イギリスの大学は中国人留学生ばかり。日本人も世界で勝負してほしい!
自由文イギリスの大学は中国・韓国人留学生で溢れかえっています。日本の若者も世界で堂々と勝負できないと日本は立ち直れません。他にも教育情報を満載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/23 01:41

鉄火のマキ さんのブログ記事

  • GCHQのスパイ養成「奨学金付き」サマースクール
  •   英国を代表するインテリジェント機関GCHQが、サイバー技術者養成のサマースクールの募集を開始しました。参加者にはコースが無料どころか宿泊費や毎週£250のおこづかいまで支給されるという厚待遇ぶり。→ GCHQ 学生応募サイトトップ→ GCHQ 現役学生・新卒キャリアオプションGCHQは情報分析・暗号解読を専門とする諜報機関 応募できるのはハッカーの脅威から国を守るスキルを学びたい18歳以上の英国籍を持つ若者で、最低 [続きを読む]
  • 海外在住の日本人の子に対するいじめ相談窓口
  •  遅きに失した感じがしますが、海外在住の日本人子女に対するいじめ相談窓口ができました。日本人の国民性からして反撃はしませんから、こういった窓口は絶対に必要ですね。海外では声を上げて自己主張する姿勢が正しいのであり、日本人が「黙って我慢するのが美徳」とやりすごせば、それは相手の言い分を認めることになり、いじめの行動をつけ上げらせる原因にもなりかねません。 子供同士のいじめの問題はまず学校へ相談するこ [続きを読む]
  • IGCSE数学のアディショナル版
  •   GCSEの英語には英文学と言語の2種類のペーパーがあり、理科には化学・生物・物理の3科目がありながら、どうして数学には1科目しかないのかと思ったことはありませんか?このIGCSE数学のアディショナル版は主に数学が強みであるアジアのインターナショナル生からの声に答えて生まれたものです。 IGCSEはケンブリッジの登録商標で後発のピアソンは使えないが価値は同等  イングランドでメジャーなイグザムボードのOCRやAQA [続きを読む]
  • 日本語が学べるイギリスの中学高校のまとめ
  • 英国で外国語教育が義務づけられているのは7〜9年生の3年間のみ。世界中で英語が教えられている中、イギリス人の外国語を学ぶ意欲が高いはずはありません。それではいけないと GCSE試験に外国語を組み込むことを奨励 したり、 7歳からの外国語活動を義務付け たりといった動きはあるものの、もともと移民の多い国で外国語学習への足並みが揃うのは難しいのが現状です。その中で「日本語」は、正規の資格試験(GCSE,A-Levels)の [続きを読む]
  • Aレベルの結果発表(クリアリング)に備えて
  •  Aレベルの結果発表の日が近づいてきました。IBやスコットランドの試験結果は一足早く出ていますが、イギリス国内の受験生が期待と不安で心待ちにしているA-Levels の結果発表日は例年8月半ばの木曜日に設定されています。受験生の9割は選んだ本命か滑り止めのどちらかに入れるのですが、残りの1割に入ってしまう最悪の状態に備えておく必要があります。めでたく合格しているとUCASトラックの「Conditional Offer」とあったステ [続きを読む]
  • 新GCSEグレードの最低ラインは4か5?
  • GCSE pass levels causing confusion over university entry GCSEのグレード評価がこれまでのA*ABC〜から数字で表す9876〜に変更されました。これまで足切りの最低ラインはグレードCでしたが、それに今度相当するのがグレード4なのかグレード5なのか、大学によって対応が異なることが判明しました。 こちらの新旧GCSEグレード比較換算表をごらんいただければ分かるように、旧グレードCは新グレードの4と5をまたが [続きを読む]
  • ガーディアン版 イギリス大学ランキング2018年
  •   ガーディアン紙の全英大学ランキングの最新版が出ました。ここは学生の立場から見た満足度や就職率を中心に「学部のみ」を評価の対象にしており、大学院の研究の成果などは考慮されていないのが特徴。そのため有名大学が固定化されている他のランキングと異なり、意外な大学が上位にあったり、一年で激しく順位が乱高下しているケースもあり見逃せません。  イギリス大学総合ランキング [ガーディアン版]       1. ケ [続きを読む]
  • イギリス大学ランキング 2018年度版
  •   Complete University Guide版の最新ランキングが発表されました。「合格UCAS点」「学生満足度」「リサーチ」「就職率」「学位2.1以上の割合」「学生・スタッフの割合」など細かい項目を することでそれぞれの順位に並べ替えることができ、目的にあった比較がし易いのが特徴。総合ランキング創設50年の若い大学が上位に躍り出たり、逆に古い名門が順位を落としたりと、イギリスの大学は常に激しい競争にさらされている [続きを読む]
  • GCSEとAレベル日本語のサンプルと過去問題
  •  日本語試験のGCSE と A Level の最新版がアップされましたのでご紹介。問い合わせの多かった難易度の高い母国語版のある IGCSEのリンクも加えました。印刷をして受験勉強にお役立てください。こちらのGCSEのスペックは2018年夏の試験をもって終了し、2019年からは新スペックへ移行します。そしてAレベルの方は今年2017年夏で現スペックが終わり、来年から新スペック試験になります。マイナー扱いだからかスペック移行期間中の20 [続きを読む]
  • 学部別 世界大学ランキング QS版2017年
  •   イギリスの大手教育調査機関QS社が毎年発表している世界大学ランキング。分野別に世界のトップ200大学最新版をご紹介。QS社のランキングは企業からの評価や就職率が加味されている特徴があります。もう一方の大手タイムズ・ハイヤー・エデュケーション版の世界ランキングとは分野の分け方などが異なるので比較して検討してみると面白いでしょう。  ・工学技術分野 世界大学ランキング トップ200   化学工学 土木工学  [続きを読む]
  • イギリス公立中学結果発表とフェアバンディング
  •    例年3月1日は Year 6 のお子さんをお持ちの方にとっては待ち焦がれた公立中学のナショナル・オファーデー。グラマースクールのある地域では去年の夏〜秋に試験を受けていますから、その結果が出るのは半年以上も先という長丁場戦。先の見通しの付かない宙ぶらりんのストレスは相当なものです。第1希望から6校まで申し込む側の希望と学校側の優先基準を自動的に照らし合わせ、できるだけ志望順位が上の学校があてがわれ [続きを読む]
  • 大学の空き情報、UCAS Extra を活用しよう
  •  一月半ばに全大学への願書申し込みが一旦締め切られ、オファーのあるなしの結果が出揃う時期になりました。それに伴い毎年2月終わりに UCAS Extra と呼ばれる学部コースの空きリストが公開され、再チャレンジが可能になります。これは願書提出後どこからもオファーを貰えなかった時の最初の安全網です。   Adding Extra Choices  まず、通常のUCASトップの Serch for courses から 地域とコース名を絞るなどして Search を [続きを読む]
  • 大学受験準備の年間計画スケジュール 
  •   2018年秋大学入学の際のタイム・スケジュールをまとめてみました。この年間計画表は現在ASレベルを勉強中の12年生(16〜17才)を対象にしています。全体のおおまかな流れを把握し余裕をもって受験準備に取り組んでいきましょう。             2017年2月〜 ・UCASの親向けページやビデオを見ておく。        ・夏学期〜夏休みに就業体験のできる場所探し。        ・学校の進路指導説明会で資料 を [続きを読む]
  • Aレベル リーグテーブル、学校ランキング 
  •   前回の記事「GCSEのリーグテーブル」 と同時に、昨年夏受験分のAレベル試験の結果順位も発表されています。イングランドにある全4300あまりの高校の試験のスコアだけでなく、トップ大学合格に必要とされる主要科目でAABを取得した割合のデータが、学校選びの参考になるでしょう.   →イングランド教育省:AレベルリーグテーブルGCSEのリーグテーブルが国際版にあたるIGCSEの結果を排除した結果、イートン校をはじめとする [続きを読む]
  • GCSEリーグテーブルの新評価、プログレス8とアテインメント8
  •   義務教育終了試験であるGCSEの成績にもとづいてイングランドの学校を順位化した最新のリーグテーブルが発表されています。これまでは5科目でグレードA*-Cを取った生徒数の割合が使われていましたが、これですと学校の教育力より成績の良い子供の集まるグラマースクールや裕福な地域の学校に優位に働いてしまうため、プログレス8と呼ばれる新システムが今年から導入されることになりました。新方式では試験の点数を問わず、 [続きを読む]
  • イングランドの小学校リーグテーブル 2016年版
  •  イングランドの教育省のホームページから、小学校6年生のSAT's試験 の結果が発表されています。2万を超える小学校の結果がずらっと並んでその情報量は圧巻。下のリンクからお住まいの地域の学校を絞り込んだり、ランキングを項目別に目的に合わせて並び替えることができます。  →Department of Education: Key Stage 2 Performance Tables →BBC English primary school tables(地域別に学校検索ができる) [続きを読む]
  • 15歳の世界学力調査 PISAランキング 2015年版
  •  フランスに本拠地をおく経済協力開発機構 OECD が世界70カ国から抽出した15歳を対象に2015年に行われた学習到達度テスト PISA の結果を発表。 この国際試験は3年おきに数学・理科・読解力の3種類の試験が行われており、今年は理科重視で科学的な応用力を試す問題が出ています。   科学的応用問題→PISA 2015 Science & Problem Solving questions   オリジナルレポート→PISA 2015 Results in Focus& [続きを読む]
  • ダイソンが授業料無料の実習訓練大学を設立
  • 斬新なデザインとテクノロジーが融合した掃除機や洗濯機で有名なダイソンが未来のエンジニアを育てる大学を設立することになったというニュース。 Dyson Institute of Technology 「英国の製造業復活にはアジア諸国と並ぶエンジニア育成が急務だ」  ダイソンの創立者でサーの勲章を持つジェイムス・ダイソンが教育に乗り出すのは、芸術専門大学院のロイヤル・カレッジ・オブ・アートに校舎を建て奨学 [続きを読む]
  • 9割がA*,英国No.1 アジア式スーパー私立高校の秘密
  •  英国のトップ私立高校と言ったら、イートンやウェストミンスター、セントポールなど歴史ある名門校を思い浮かべますが、Aレベルの私立6thフォームカレッジのランキングで1位なのは設立からまだ数年の Cardiff Six Form College です。   →2015年Aレベル私立校ランキング  →[体験談] Aレベルから間に合うイギリス高校留学  →自国の統一試験よりAレベルを選ぶ中国人受験生たち カーディフ・カレッジ の [続きを読む]
  • 廃止されるAレベル科目
  •  Aレベル試験改定に伴い、2017年度より以下の科目が廃止される運びとなりました。廃止決定の要因として考えられる3タイプをあげてみました。また、廃止科目リストの中には、ケンブリッジ大学が推奨しているAレベル科目のリストにあるものは上がっていませんので、一般的には容易に代替可能であり大きな影響はないと思われます。  ・ Critical Thinking や General Studies などのアカデミック科目とし [続きを読む]
  • イートン校の生徒達がプーチンと面会
  •  キャメロン前首相はじめとする19人の歴代首相を生み、ウィリアムとハリー王子が通っていたことで知られる名門イートン校の生徒達がロシアを訪問、なんとクレムリンに招待されてプーチンと2時間に渡る会談までしているのです。英国EU離脱後のメイ首相を出し抜いて15歳〜18歳の高校生達がなぜそんな機会を与えられたのでしょう。 イートンの11人グループのロシア側との通信担当をしたのが香港系の留学生Da [続きを読む]